ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Oracle Coherence」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Oracle Coherence」に関する情報が集まったページです。

Docker Storeで展開 WebLogic Server、Coherenceなども対象:
オラクル、Oracle Database、MySQL、Java SEなどを「Dockerコンテナ」として提供
オラクルがDockerと提携。Docker Storeで自社の主力データベース、ミドルウェア、開発者ツールをDockerコンテナとして提供を開始した。(2017/4/21)

需要と供給のバランスが鍵
今どき給与アップにつながるIT認定資格とは?
ベンダーが主導するIT認定資格の価値はこの7年間下落傾向にあったが、セキュリティ意識の高まりに伴い、再び注目を集めつつある。(2015/9/30)

ビッグデータ活用の全てのステップを網羅。クラウドでも同じ環境を提供:
PR:どこが違う? 何がうれしい? オラクルならではのビッグデータソリューション
「ビッグデータの有効活用」が企業ITの枠を超えたビジネス課題として浮上する今日、多くの企業が自社に適した活用アプローチの模索を続けている。創業以来、データマネジメントをコアビジネスに「データがもたらす価値の最大化」を追究してきたオラクルは、この新領域に対しても無二かつ最善のアプローチを用意している。[ビッグデータ][Big Data](2015/9/14)

クラウドだからと言って、もう何も犠牲にしない:
PR:オンプレミスと同じアーキテクチャだからこそ実現できる! 既存IT資産を無駄なく生かすクラウド「Oracle Cloud Platform」のユーザーメリットとは
今日、「初期投資が不要ですぐに導入できて、従量課金で使える」というパブリック・クラウド・サービスの利点が、多くの企業を魅了しています。しかし、これまでのクラウド・サービスには、重要なものが欠けていました。それは「既存資産との連続性」です。お客さまがこれまでに築いたIT資産を生かせず、独自の作法を強いるサービスは、新たな囲い込みに過ぎません。これに対して、オラクルは「既存資産を生かしながら、オンプレミスとの間を自在に行き来することのできるパブリッククラウド」を提唱しています。本稿では、2015年より国内でも本格提供を開始したPaaS「Oracle Cloud Platform」の特徴とお客さまが得るメリットについて説明します。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2015/8/17)

あらゆる業種の企業に新たな価値をもたらす二つのキーテクノロジ:
PR:ビッグデータとIoTを組み合わせて使い、さらに高い価値を得る。オラクルのソリューションが可能にしたベストプラクティス
ビッグデータとIoTは、いずれも企業に新たな価値をもたらすテクノロジとして期待を集めているが、これらを組み合わせて活用すれば、さらに高い効果を得ることができる。ただし、両者の特性を生かしながら使いこなすためには、それに適した処理基盤が必要だ。オラクルは、既存資産も生かしたビッグデータ/IoT活用を可能にするソリューションを包括的に提供している。[ビッグデータ][パフォーマンス改善][Big Data][Engineered System](2015/7/21)

東京電力はスマートメーター運用管理のDB基盤にOracle Exadataを採用:
PR:日本の電力システム改革を支えるオラクルの先進ITソリューション
スマートメーターから得た各種情報を用いて効率的な送配電を実現する鍵となるのは、それらの情報を短時間で処理して事業者に提供する高性能なデータベース基盤の構築だ。オラクルは、Oracle Exadataをはじめとする先進のデータ活用ソリューションにより、送配電の最適化からビッグデータを利用したビジネス革新まで、電力ビジネスを全面的に支援する体制を整えている。[パフォーマンス改善][Engineered System](2015/7/6)

IoT活用の先駆者が選んだ先進データ処理基盤:
PR:100万台超の複合機をグローバルに結ぶ! キヤノンの基幹サービスを支えるIoT基盤の全容
「世界中の顧客オフィスで稼働する100万台超の複合機をネットワーク経由で結び、管理効率やサービス品質を高める」──この世界的にも先進的なIoT活用を実践しているのがキヤノンだ。Oracle Exadataをはじめとするオラクルの先進ソリューションを駆使した同社サービス基盤の全容が明かされた。[ビッグデータ][プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Data Integration](2015/4/13)

車載ソフトウェア:
クルマとJavaの深イイ関係、オラクルがアピール
日本オラクルは、「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン(FTF Japan)2014」において、自動車におけるJavaの活用事例を示すコンセプトカーを展示した。(2014/12/8)

組み込み開発ニュース:
オラクルが組み込みJava搭載のIoTカーを開発
日本オラクルは、同社の組み込みJava「Oracle Java Embedded」やビッグデータのアナリティクス基盤を用いたIoT(モノのインターネット)時代のコンセプトカーを開発したと発表した。(2014/12/2)

リアルタイム経営強化の一手として、NTTドコモも期待:
PR:Oracle Database In-Memoryは従来のインメモリDBと何が違う? 徹底解剖した
リアルタイム経営強化に向け、データ活用のさらなるスピードアップを求める企業に決定打となるソリューションが登場した。日本オラクルが2014年7月にリリースした「Oracle Database In-Memory」だ。その特徴を、製品のベータテストに参加したNTTドコモの声も交えて紹介する。[パフォーマンス改善][ビッグデータ][Big Data](2014/12/1)

1分で分かる 日本オラクルのビジネス戦略
データベースの会社として名が知られている日本オラクルだが、近年は製品、サービスをはじめ事業領域の幅を広げている。(2013/12/12)

外国為替情報の配信基盤に「Oracle Coherence」を採用 三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行は、マーケット情報の配信基盤を刷新した。(2013/8/21)

Oracle Database 12cとの親和性などを強化:
日本オラクル、WebLogicとCoherenceの最新版を提供開始
WebLogic Server 12.1.2では、Oracle Database 12cとの親和性などを強化された。一方のCoherence 12.1.2では、データベース側のデータ変更を検知し、自動で変更を反映するHotCache機能などが加わった。(2013/7/31)

“クラウド時代”のミドルウェア製品群を発表 日本オラクル
WebLogicやCoherenceの最新版を日本オラクルが提供開始した。(2013/7/31)

製品動向:
「Oracle Super Cluster T5-8」はExadataの高速処理ロジック、SPARCサーバの性能・拡張性を併せ持つ構成に
「Oracle Super Cluster T5-8」が発表された。Exadataの高速処理ロジック、SPARCサーバの性能・拡張性を併せ持つ構成で市場展開する。(2013/7/9)

導入事例:
三井住友海上あいおい生命、契約者情報管理システムをクラウド化
業務処理の大幅な増加を見込み、三井住友海上あいおい生命保険とMS&ADシステムズは、オラクルの「SPARC T5」サーバによるクラウド基盤を構築した。(2013/7/4)

ホワイトペーパー:
スマートフォン対策、展開拡大に向けて行われた大手ECサイトの選択
ECサイトを運営する企業にとって、これからの競争激化、スマートフォン拡大をどのように想定すべきか。それに対処しうる基盤をどう用意すべきか。このホワイトペーパーでは、ANAや楽天など、ECサイトの展開拡大を成功に導いている大手企業の事例を紹介する。(2012/11/13)

導入事例:
NTTドコモ、スマホ通信のリアルタイム処理にOracleミドルウェアを採用
1354万台のスマートフォンのトラフィックをリアルタイム処理するためにOracleのミドルウェア製品を導入した。(2012/10/4)

クラウドマシン「Exalogic」のためのソフトウェア最新版 日本オラクル
新たなソフトウェアコンポーネント「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0」を日本オラクルが発表した。(2012/7/31)

Coherenceが実現する3つの効果
大手航空会社でも導入された これからのEコマースサービスのための“切り札”
ECサイト運営企業にとって、スマートフォンによるトランザクションの爆発的増加や、突発的なアクセス集中への対応は死活問題だ。「これからどれだけ増加するのか」予測が難しい問題に、どう立ち向かうべきだろうか。(2012/2/29)

ビッグデータ処理の常識をJavaで身につける(3):
いまさら聞けないKVSの常識をHbaseで身につける
Hadoopをはじめ、Java言語を使って構築されることが多い「ビッグデータ」処理のためのフレームワーク/ライブラリを紹介しながら、大量データを活用するための技術の常識を身に付けていく連載(2012/2/27)

エース交易、インメモリデータグリッドを活用したFXシステムを導入
オラクルのインメモリデータグリッド製品「Oracle Coherence」を活用したFX取引システムをエース交易が導入した。(2012/2/6)

もうサービスは止めない!:
毎日11億円を売り上げる「ANA SKY WEB」システム刷新の舞台裏
全日本空輸は今年5月にインターネット航空券予約サイト「ANA SKY WEB」のシステム基盤を刷新。これまで割引キャンペーンの発売日には必ずといっていいほどダウンしていたシステムからの脱却を図った。(2011/12/6)

UCOM、データグリッドの採用で加入者データの処理速度を向上
インターネット事業者のUCOMは、IP電話サービスのシステム基盤を刷新。パフォーマンスを高めるためにオラクルのインメモリ・データグリッド製品を採用した。(2011/11/21)

全日空、異種業務システムの連携基盤にオラクルのSOAを採用
約70の基幹業務システムを連携させる共通基盤を全日空が構築した。(2011/11/1)

FIT2011(金融国際情報技術展)リポート
金融機関がiPadに注目する理由を探った
金融機関がiPadを活用し、基幹システムをクラウド上で利用する日は来るのか。金融機関向けの展示会からは金融機関が注目する次のソリューションが垣間見えた。(2011/10/27)

メールの接続情報システムを刷新 ソフトバンクモバイル
インターネットおよびメールの接続情報システムの基盤として、ソフトバンクモバイルが「Oracle Coherence」を採用した。(2011/7/25)

ミドルウェア製品で高速データ処理を実現 オラクル
日本オラクルがミドルウェア製品に関する説明会を開催。併せてJava SEの新製品を発表した。(2011/7/1)

ANAがプライベートクラウドを導入、ネット予約の運用基盤に
全日空のインターネット予約サイト「ANA SKY WEB」を運用するシステム基盤をCTCらが構築した。資産はCTCが保有する。(2011/6/14)

「ひかりTV」の料金計算を高速化 NTTぷららがシステム刷新
NTTぷららはブロードバンド映像配信サービス「ひかりTV」の新システムとして、インメモリ技術を利用したデータベース製品を採用した。(2011/5/23)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Oracle Exalogic登場、Facebookの世界中の処理要求をたった2台のフルラック構成で処理できる
米サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld 2010」は、会長兼CEOであるラリー・エリソン氏の基調講演で始まった。エリソン氏はOracleの定義するクラウドコンピューティングについて解説し、それを実現するための新たな製品として、Oracle Exalogic Elastic Cloudを発表した。(2010/9/21)

クラウド・イン・ア・ボックス:
Oracle、「Exalogic Elastic Cloud」発表――エリソンCEOがクラウドを語る
ラリー・エリソンCEOがOpenWorldの基調講演で、同社のクラウド戦略とそれを支える新システム「Exalogic」を披露した。(2010/9/21)

Oracle、Eclipseベースの開発環境「Oracle Enterprise Pack for Eclipse 11g R1」の最新版をリリース
最新版ではOracle CoherenceやGlassFish Serverに対応した。(2010/8/3)

Oracle、ESB製品「Oracle Service Bus 11g」をリリース
「Oracle SOA Suite」のコンポーネント「Oracle Service Bus」に、キャッシングとサービスガバナンスに関する新機能が追加された。(2010/7/22)

クラウド時代のデータべース新潮流:
変化するデータベース
人によって定義が異なるなど不確かな要素も多いクラウドコンピューティングだが、今後のITシステムの主流になると考える人が多いのも事実だ。その鍵を握るのがデータベースである。(2009/10/5)

Oracle Coherenceを採用:
高速・安定処理のFXシステム、フラクタルシステムズが再構築
フラクタルシステムズは、Oracleのインメモリ技術を利用してFXサービスのための新システムを構築。システムを稼働しながら柔軟な拡張が可能になるという。(2009/4/2)

Oracle OpenWorld San Francisco 2008 Report:
BEA製品を取り込むOracle、「Application Grid」を実現
「Oracle OpenWorld San Francisco 2008」のジェネラルセッションにFusion Middlewareを統括するクリアン上級副社長が登場し、同製品のロードマップを明らかにした。BEAの技術や製品が融合され、アプリケーションサーバ層のグリッド化も実現していくという。(2008/9/24)

ホワイトペーパー:
低コスト・ハードウェアで機能性&可用性向上 グリッド型アプローチの活用シーン
ハードウェア面ではなくソフトウェア面からの機能向上を図ることで、コストを抑えて高速レスポンスと高スケーラビリティを実現する「Oracle Coherence」の概要を紹介する(提供:日本オラクル)。(2008/9/9)

Tech・Ed Developer 2008:
Microsoft、開発者とデータの関係をより密にする取り組みとは?
Microsoftの開発者の間で、データに対する関心がにわかに高まっている。(2008/6/4)

日本オラクル、インメモリ・データグリッド製品の最新版
日本オラクルは、Oracle Fusion Middlewareの新たなコンポーネントとして、インメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence 3.3」を提供する。(2007/9/5)

Oracle OpenWorld Asia Pacific 2007 Report:
新たな買収ソリューションで進化を続けるOracle Fusion Middleware
上海で開催されているOracle OpenWorld。3日目の基調講演では、買収によって獲得した技術を取り込み、さらに完成度を高めていくOracle Fusion Middlewareの紹介が行われた。(2007/8/2)

Oracle、データグリッドソリューション企業を買収
Oracleがデータグリッドソリューション開発のTangosolを買収する。(2007/3/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。