ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大谷翔平」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大谷翔平」に関する情報が集まったページです。

20・30代の「理想の上司」は天海祐希さん 「理想の部下」はあの人気俳優
人材会社エン・ジャパンが「理想の上司」と「理想の部下」に関する調査結果を発表。20・30代が考える理想の上司1位は女優の天海祐希さんだった。(2019/6/12)

財布のひも緩む?:
高級腕時計、イベント機に攻勢 大手メーカー、限定モデルや新店舗で販売加速を狙う
国内消費が足踏みを続ける中、「高額消費の代表選手」ともいえる腕時計のメーカーが反転攻勢に出ようとしている。腕時計市場では高価格商品の販売が回復傾向にあるほか、改元や国際スポーツイベントの開催も財布のひもを緩めるとの見立てだ。各社は新店舗の出店や収益性が高い限定モデルなどの発売で、販売加速を狙っている。(2019/3/13)

「新しいファンを獲得したい」:
変わる野球観戦スタイル VRで自宅にいながら球場の臨場感
プロ野球の観戦スタイルが変わりつつある。パ・リーグの共同事業会社、パシフィックリーグマーケティング(PLM)は昨年、「VR(仮想空間)」を活用して試合を観戦する「パーソル パ・リーグTV VR」の配信を開始した。専用ゴーグルをつけると、球場にいるかのように試合風景が視界に広がる。自宅にいながら臨場感あふれる観戦が可能で、PLMは「VRという新たな分野で、新しいファンを獲得したい」としている。(運動部 浜田慎太郎)(2019/1/23)

Googleが2018年の検索ランキングを発表 5位「漫画村」、2位「オリンピック」、1位は……?
ドラマ部門では「今日から俺は」、映画部門では「カメラを止めるな」が首位に。(2018/12/12)

2018年の「赤ちゃんの名前ランキング」 男の子&女の子の1位は?
「蓮」が3年連続の1位に!(2018/11/14)

18年はスポーツの年?:
新語・流行語大賞候補に「そだねー」「半端ないって」「悪質タックル」など選出
「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が選出。「そだねー」「半端ないって」「翔タイム」などスポーツ分野の用語が多く選ばれた。「U.S.A.」「TikTok」なども候補に挙がった。(2018/11/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボコボコに打たれても、斎藤佑樹の不思議なポジティブ思考
日本ハムの斎藤佑樹投手が、また大炎上した。阪神戦に登板したものの、終始めちゃくちゃな内容で試合をぶち壊したのだ。二軍と一軍を行ったり来たりして、結果を出すことができない。プロ8年目の彼は、いつまでユニフォームを着続けるのだろうか。(2018/6/14)

大谷翔平並みの頼もしさ:
「アルバイト川柳」、1位は「二刀流? ピッチャー運んで レジ打って」
パーソルキャリアが「アルバイト川柳」の優秀作品を発表。グランプリに輝いたのは、飲食店のホールスタッフと野球の大谷翔平選手の活躍ぶりを掛けた句だった。(2018/6/4)

「早速折ってしまいました」 ダルビッシュ有、幸運の“大谷翔平バット”を折り傷心モード突入
やっちまった。(2018/5/1)

大谷に挑戦! 高いマウンドから投げれば素人でも球速165キロ出せるのか?
いろんな意味での高みを目指す。(2018/4/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清宮の体調はイマイチなのに、日本ハムが一軍にこだわる事情
早くも清宮フィーバーが風前の灯だ。オープン戦7試合に出場して、19打数連続無安打。さらにコンディションを崩して、戦線離脱を強いられることに。それでも日本ハムは清宮を開幕スタメンで起用したいようだ。その理由は……。(2018/3/16)

来週話題になるハナシ:
全米最悪クラスの空港の「類を見ない変貌」とは
ロサンゼルス国際空港が大きく変わろうとしている。空港内には、8つのターミナルと国際線専用のターミナルがあり、2016年は前年比8%増となる約8100万人もの乗客が利用した。世界第4位の空港がどのように変わるかというと……。(2017/12/27)

時速何キロでスーパーボールをバウンドさせたら、スカイツリーを越えられるか?
人間の肩でもいける?(2018/1/10)

常見陽平のサラリーマン研究所:
稼ぐためだけの副業はオススメできない
「全てはお小遣いのために」という副業について、否定するつもりはない。ただ、お金だけが目的ではなく、自分のためになる副業の方が楽しいことは言うまでもない。私がオススメしたい副業はこの3つのタイプだ。(2017/12/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またしても毒舌炎上 張本勲氏とイチローの「本当の関係」
張本勲氏の毒舌が止まらない。大谷翔平投手の渡米について「もう吐いて捨てるほどおるよ」とコメントしたり、イチロー選手に対し「戻ってほしくないわね」と暴言を吐いたり。当然、視聴者やネットユーザーから怒りを買ってしまったわけだが、彼の発言の真意はどこにあるのか。(2017/12/14)

山浦恒央の“くみこみ”な話(101):
バグ検出ドリル(1)「さあ、バグを見つけよう」
記念すべき連載第100回を突破した「山浦恒央の“くみこみ”な話」。今回の第101回からは、新シリーズ「バグ検出ドリル」が始まります。山浦氏が出題する問題に取り組んで、バグを見つけ出す力を養おう!(2017/12/15)

今年の漢字が「北」に決定 北朝鮮の動向や北海道日本ハムファイターズへ注目が集まったことから
2016年は「金」でした。(2017/12/12)

休刊中の『輝け甲子園の星』、復刊支援のクラウドファンディングが高校野球ファン胸熱
また輝いてほしい。(2017/12/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大リーグ移籍をめぐって、大谷翔平と吉本興業の関係
メジャーリーグ移籍を目指す大谷翔平投手の新天地が注目されている。連日、複数のメジャー球団と交渉を続けているわけだが、大谷側に“影のサポーター”が存在していることをご存じだろうか。吉本興業である。(2017/12/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本ハムはどうする? 中田と清宮が同じポジション問題
北海道日本ハムが早実のスーパー高校生、清宮幸太郎内野手と正式に契約を結んだ。ただ懸念材料もある。それは、チームの中心である中田翔内野手の処遇だ。ポジションは同じ一塁なので、どのように……。(2017/11/24)

日ハム大谷翔平が精巧なアクションフィギュアに 柔軟な可動と豊富なパーツで投打の二刀流を実現
2つ買えば大谷vs大谷も可能。(2017/7/14)

大谷翔平選手がリアルなフィギュアに 投打の“二刀流”再現 バンダイ
大谷翔平選手をリアルに再現した可動式フィギュアが登場。関節を動かしたり用具を付け替え、投球・打撃シーンをどちらも再現できる。(2017/7/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
今オフ、大谷翔平はメジャーに移籍できるのか
ケガで苦しんでいた日ハムの大谷翔平投手が、戦列復帰した。二刀流の復活も近そうだが、気になることがある。それは、今オフのメジャー移籍が実現するかどうかだ。関係者に話を聞いたところ……。(2017/7/6)

「燃えプロ」の「バントでホームラン」は剛速球に当てれば実現できる? 物理エンジンでざっくり検証した結果……
「ドカベン」の岩鬼じゃないとたぶん無理。(2017/6/6)

「お二人は、とってもお似合い」 黒柳徹子、福原愛・江宏傑夫婦と3ショットでニッコニコ
4月12日放送の「徹子の部屋 スペシャル」で共演。(2017/4/12)

野球解説者も人工知能に!? AI「ズノさん」が配球や順位予測、人間にできない解析も
ズノさんの解析によると、「大谷翔平選手は満塁で打席が回ってきた時の三振率が両リーグ1位」だという。(2017/3/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
侍Jの監督は誰に? 簡単には決まらない事情
WBCで、侍ジャパンが米国代表に屈した。早くも次の監督候補の名前が挙がっているが、後任探しは難航するだろう。なぜかというと……。(2017/3/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
何があったのか バッシングを跳ね返した侍Jの小久保監督
日本代表の侍ジャパンが絶好調である。WBCで決勝トーナメントに駒を進めたわけだが、この結果を想像していた人は少ないかもしれない。2015年に開催されたプレミア12の采配をめぐって、大バッシングを受けた小久保監督のその後に何があったのだろうか。(2017/3/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
WBC消滅危機で侍ジャパンが抱え込む苦悩
いよいよワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕する。侍ジャパンも2月22日に合宿がスタートし、本番に向けて準備を整えていくのだろう。しかし、その一方で気になる情報がある。それは、今回限りでWBCは終了するという報道だ。(2017/2/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大谷のWBC参加断念の裏に、大人の事情
侍ジャパンが主役を失ってしまった。日本ハムの大谷翔平投手がケガを理由にWBCの参加を辞退した。この決断について、球団関係者はどのように見ているのだろうか。また、米球界の間で怪情報が流れている。どういう情報かというと……。(2017/2/10)

新卒の男女に聞く:
理想の上司、7連覇中の「天海」さんを破ったのは?
あなたにとって理想の上司は? 今春就職を予定している新卒の男女に聞いたところ、男性上司はお笑い芸人の「内村光良」がトップ。一方、女性上司は……。明治安田生命保険調べ。(2017/2/6)

夢の「ドアラ対つば九郎」が実現! 球団マスコットも参戦するファミスタ新作が4月20日に発売
これは胸アツ。(2017/1/18)

シーズンオフのMVP! 日ハム・杉谷拳士、新年早々メジャー級の“落ち芸”で笑いをお届け「面白すぎです!」
帝京魂!(2017/1/9)

紅白ゲスト審査員10人が発表 「逃げ恥」ガッキーに「真田丸」草刈正雄、「こち亀」作者の秋本治も
出演者、曲目、ゲスト審査員が全て出そろった!(2016/12/21)

新人記者が行く(特別篇):
今年の漢字はどうなる? 新人記者が大予想
不倫問題や薬物問題から「PPAP」の大流行まで、さまざまな事が起きた2016年。ITmedia ビジネスオンライン編集部の新人記者が、1年を振り返りながら、「今年の漢字」を予想する。(2016/12/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
プロ野球界の1年を振り返ると、やはり「二刀流・大谷」を避けて通ることはできない。「2018年にメジャー移籍か?」といった話で盛り上がっている一方、“スーパースターになりそこねた投手”の存在が気になる。言わずもがな、斎藤佑樹だ。(2016/12/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
侍ジャパンはこのまま“終わる”のか
野球日本代表・侍ジャパンが、いまひとつパッとしない。第4回ワールド・ベースボール・クラシックの開催まで残り4カ月を切っているのに、なぜ盛り上がらないのか。その最大の要因は……。(2016/11/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“ハンカチ王子”に再来年はあるのか
日本ハムが日本一の栄冠をつかんだ。チームメートは歓喜の胴上げとビールかけを行ったが、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手はかやの外。本人は「来年こそ」と言っているそうだが……。(2016/11/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本シリーズを制するのは? 「昭和的な闘将」と「平成的な策士」に注目
プロ野球の日本シリーズが盛り上がっている。両チームとも全力を出し切っている感が伝わってくるが、ベンチワークに目を向けるとちょっと違う楽しみ方ができる両軍指揮官の性格が対照的で、メディア対応もずいぶん違う。例えば……。(2016/10/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
早くも“銭闘”モード? 日本ハム、優勝しても素直に喜べない2人の「年俸問題」
北海道日本ハムファイターズが、パ・リーグ優勝を成し遂げた。昨晩は選手もファンも勝利の美酒に酔いしれていたと思うが、球団側にはこの優勝を素直に喜べない懸念材料があるのだ。それは……。(2016/9/29)

結婚したいと思うスポーツ選手は? 上位に選ばれたのは……
結婚したいと思うスポーツ選手は?――ワタベウェディング調べ。(2016/9/2)

Macのシステムエラーにおびえながら野球ゲームをプレイしていた頃の話
三振か爆発か。少年の選択は。(2016/7/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大谷翔平が成長した背景に何が? 栗山監督の「二刀流育成術」
日本ハムの大谷翔平投手が世を席巻している。エース兼主力打者を務める“リアル二刀流”は、当初こそ世間から懐疑的な目を向けられていたが、着実に成果を出しつつある。21歳の若者が急成長している背景には、一体何があったのか。(2016/6/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本ハムが“ハンカチ王子”を「クビ」にしない理由
“ハンカチ王子”として一躍有名になった日本ハムの斎藤佑樹投手も今季でプロ6年目。もういい加減、一軍で活躍しないと「解雇」の二文字もチラついてきそうだが、球団はどのように考えているのだろうか。(2016/4/27)

選手が活躍するほどポイントがたまる――リアル連動プロ野球ゲーム「ベースボールマニア」
ゲオが野球ゲーム「ベースボールマニア」を3月1日に提供開始。ユーザーが組んだチームの選手が公式戦で好結果を残すと、ポイントが加算される。料金は月額300円で、iOSやAndroidのブラウザで利用する。(2016/3/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
まだ間に合う、やはり小久保監督は辞任すべき
初の国際大会「プレミア12」で、日本代表の侍ジャパンは3位に終わった。大会前から「世界一を獲る」とぶち上げ続けていた小久保監督に対し、批判が集中。ネット上では今も沈静化する気配はまったくない。(2015/11/26)

1000年に1人のゴムゴム度 橋本環奈さんがルフィのコスプレを週刊少年ジャンプで披露
サラダたべて海賊王になるわ私っ!(ドン)(2015/8/10)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
プロ野球のオールスター戦が、つまらなくなった理由
「昔のオールスター戦は面白かったのに、最近はつまらなくなった」――。そう感じている人も多いのでは。セ・パの一流選手が集まって対戦する貴重な試合のはずなのに、なぜつまらなく感じてしまうのか。その理由は……。(2014/7/24)

実はこんなにいた! プロで投打二刀流を目指した選手たち
今年のプロ野球で話題を集めた日本ハム大谷翔平選手の「二刀流挑戦」。これまでの二刀流選手にはどのような人物が居たのでしょうか。(2013/12/5)

当てはまりますか? 成功する起業家に共通する3つの資質
かつてよりもハードルが下がったといわれる起業。そのため、一度は考えたことが有るという人も多いのでは? 今回は、そんな起業に成功する人としない人の違いを3つ取り上げます。(2013/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。