ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大谷翔平」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大谷翔平」に関する情報が集まったページです。

2021年:
米誌タイム「世界の100人」に、日本人は
米誌タイム(電子版)は15日、2021年の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が選ばれた。(2021/9/16)

CMキャスティングに利用:
アスリートイメージ総合ランキング 「羽生結弦」や「久保建英」を抑えて1位になったのは?
博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区)は、「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表した。CMキャスティングの際に使用する基礎データとして活用することを目的としている。トップになったのは?(2021/9/12)

まるで少年漫画 ダルビッシュ、かつて大谷翔平とかわしたエモいメッセージを公開「お互い約束を果たせました」
どっちもかっけぇ……。(2021/9/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界で最も稼ぐ女性アスリート、大坂なおみ選手にスポンサーが苦悩する事情
全米オープン3回戦で敗退した大坂なおみ選手の記者会見が話題になっている。再休養を検討しているようだが、スポンサーなどは「ビジネスだから」と割り切れない複雑な事情がありそうだ。それは……。(2021/9/9)

SNSに躍動する姿やオフショット、フォロワー集めるアスリートたち
著名人のSNSによる発信がニュースにならない日はない時代。写真共有アプリ「Instagram」で、自らの躍動する姿やオフショットでフォロワーを集めているのがアスリートたちだ。アスリートたちはどれだけのフォロワーを集めているのか。(2021/8/31)

大谷翔平選手が両リーグ最速40号で本塁打王へまっしぐら、投手としても8勝目  「クレイジーすぎる」と開いた口がふさがらない
大谷翔平選手は、レジージャクソンを抜いてシーズンのチーム最多本塁打を記録しました。(2021/8/19)

「#大谷翔平」ツイート ホームラン数とともに出現数が伸長
「#大谷翔平」を対象にしたTwitterトレンドの調査結果。結果は?(2021/8/18)

メジャー本塁打王争いトップの大谷翔平へ、2位選手が熱視線 直接対決切り取ったフィクション顔負けの動画にファン「アツいな」
ゲレーロJr.選手は大谷投手に対して2打数1安打1四球に終わりました。(2021/8/14)

百貨店などで:
東京オリパラの経済効果は? 「アスリートを称えるセール」を試算
東京オリンピック・パラリンピックの経済効果は、どのくらいあるのだろうか。関西大学の宮本勝浩名誉教授が試算したところ……。(2021/7/30)

ダルビッシュ有投手、故障者リスト入り理由は「左股関節より体調面」 妻・聖子「休みの日があって良かった」と一安心
8日のナショナルズ戦では3回で降板をしていました。(2021/7/14)

大谷翔平選手、初のホームランダービーは1回戦敗退 ソト選手との熱戦に「プロのエンターテイナーやなぁ」「惜しかった」と称賛相次ぐ
オールスターゲームは先発投手と「1番・指名打者」で出場します。(2021/7/13)

イチローと大谷翔平がシアトルで再会、メジャーリーグの“伝説”共演にファン興奮「永久保存やろ!」
こんな光景が見られる日が来るとは……。(2021/7/11)

大谷翔平選手、松井秀喜に並ぶ日本人最多31号 連日の快挙に「朝起きるとオオタニサンがホームラン打っている」
フアン・レガレス選手のサヨナラ適時打でエンゼルスはオリオールズに逆転勝利しました。(2021/7/5)

大谷翔平選手、本塁打&走塁でサヨナラ勝ちに貢献 「漫画でもここまでない」スリリングな展開にファンも心酔
開幕から81試合で30本塁打と10盗塁を達成したのは、大谷選手でメジャーリーグ史上3人目。(2021/7/3)

大谷翔平選手が2打席連続本塁打で両リーグ単独トップ「バットに当たると全部ホームランになっちゃう」と笑うしかない衝撃
試合はエンゼルス投手陣が序盤から打ち込まれてヤンキースに大敗しました。(2021/6/30)

大谷翔平選手、NY初安打が両リーグトップタイの26号ソロ本塁打 放たれた弾丸ライナーにヤンキー・スタジアムがざわつく
30日には投手としてヤンキー・スタジアムのマウンドに立ちます。(2021/6/29)

大谷翔平選手、23号ホームラン放った動画が80万回再生の反響 本場のファンも驚きを隠せず
第12週の週間MVPを獲得。記録した8安打中6安打が本塁打でした。(2021/6/22)

大谷翔平選手、日本人最速20号本塁打を弾丸ライナーで達成 連日の投打にわたる活躍にファン「Ohtani is a beast」
オールスターゲーム前日の本塁打競争にも日本人として初出場の快挙達成。(2021/6/19)

どこで売ってるんです? モー娘。牧野真莉愛、大谷翔平推し全面プッシュコーデの圧がめちゃくちゃ強い
オオタニサン……!(2021/6/9)

「飛びすぎ飛びすぎ」「飛距離エグ」 大谷翔平選手、“超特大”17号2ランホームランに世界のファン驚愕
今シーズン16度目のマルチ安打を達成し、チームも連勝しました。(2021/6/9)

年代別の傾向も明らかに:
好きなスポーツ選手 3位「大谷翔平」、2位「イチロー」、1位は?
「スポーツライフに関する調査2020」が発表された。好きなスポーツ選手の1位は、2018年の前回調査と同じ結果となった。(2021/5/25)

新卒1万7000人が殺到する会社の心得:
入社後3カ月以内の超スピード退職、会社・人事は受け入れるしかないのか?
ゴールデンウイーク明けに「辞めたい」と言ってきた新入社員に、どう対処すべきか。引き留めてもいいのか、対応方法をお伝えします。(2021/5/15)

「オオタニサン」の勢い止まらず! 大谷翔平選手、日本人最速10号本塁打達成 「化け物過ぎる!」と古巣ファン大興奮
今シーズンは「2番・投手」でリアル二刀流が実現しています。(2021/5/8)

29項目で評価:
アスリートのイメージ総合ランキング 3位は大坂なおみ、2位は大谷翔平、1位は…… CMキャスティングに活用
博報堂DYメディアパートナーズが「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表した。CMキャスティングの際に使用する基礎データとして活用する。1位になったのは?(2020/12/19)

大谷翔平、メジャー開幕前に公式Instagram開設! 懐かしの動画公開で小粋なジョークを放つ
プライベート気になる。(2020/5/29)

スポーツマーケティング最前線:
2位渋野日向子、3位羽生結弦、4位大谷翔平 「2019年度に注目されたアスリート」ランキング1位は?
世界で活躍するスポーツ選手の知名度を利用して、CMやイメージキャラクターに起用する企業のトレンドが続いている。NTTレゾナントが「gooウェブ検索」において検索ログを用いて調査した「2019年度に注目されたアスリート」ランキングでは、2位渋野日向子、3位羽生結弦、4位大谷翔平と続いた。1位は?(2020/3/9)

単独インタビュー:
福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始動。これからの方向性について聞いた。(2020/2/28)

デジタル変革の旗手たち:
3年目の覚悟、実体なきイノベーションからの脱却――みずほフィナンシャルグループ 大久保光伸氏
みずほフィナンシャルグループは、金融APIを公開してスタートアップや異業種とつながり、新たな価値を創出するオープンイノベーションに力を入れてきた。渦中で指揮を執る大久保氏はどのように取り組んできたのか。(2020/2/13)

理想の上司1位は? 男女ともに4年連続でトップ
理想の上司は誰ですか? この春、就職する学生に聞いたところ、トップは……。明治安田生命保険調べ。(2020/1/27)

「大谷選手よりはるかに大きい」 八村塁選手&大谷翔平投手、日本を代表するスーパースター2ショットの身長差に驚きの声
デケェ。(2019/11/30)

動画の世紀:
ニュースプラットフォームとしてのTikTok
注目のショート動画SNS「TikTok」は、もはやおもしろ動画だけではない。(2019/6/26)

20・30代の「理想の上司」は天海祐希さん 「理想の部下」はあの人気俳優
人材会社エン・ジャパンが「理想の上司」と「理想の部下」に関する調査結果を発表。20・30代が考える理想の上司1位は女優の天海祐希さんだった。(2019/6/12)

Googleが2018年の検索ランキングを発表 5位「漫画村」、2位「オリンピック」、1位は……?
ドラマ部門では「今日から俺は」、映画部門では「カメラを止めるな」が首位に。(2018/12/12)

2018年の「赤ちゃんの名前ランキング」 男の子&女の子の1位は?
「蓮」が3年連続の1位に!(2018/11/14)

18年はスポーツの年?:
新語・流行語大賞候補に「そだねー」「半端ないって」「悪質タックル」など選出
「2018ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が選出。「そだねー」「半端ないって」「翔タイム」などスポーツ分野の用語が多く選ばれた。「U.S.A.」「TikTok」なども候補に挙がった。(2018/11/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボコボコに打たれても、斎藤佑樹の不思議なポジティブ思考
日本ハムの斎藤佑樹投手が、また大炎上した。阪神戦に登板したものの、終始めちゃくちゃな内容で試合をぶち壊したのだ。二軍と一軍を行ったり来たりして、結果を出すことができない。プロ8年目の彼は、いつまでユニフォームを着続けるのだろうか。(2018/6/14)

大谷翔平並みの頼もしさ:
「アルバイト川柳」、1位は「二刀流? ピッチャー運んで レジ打って」
パーソルキャリアが「アルバイト川柳」の優秀作品を発表。グランプリに輝いたのは、飲食店のホールスタッフと野球の大谷翔平選手の活躍ぶりを掛けた句だった。(2018/6/4)

「早速折ってしまいました」 ダルビッシュ有、幸運の“大谷翔平バット”を折り傷心モード突入
やっちまった。(2018/5/1)

大谷に挑戦! 高いマウンドから投げれば素人でも球速165キロ出せるのか?
いろんな意味での高みを目指す。(2018/4/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清宮の体調はイマイチなのに、日本ハムが一軍にこだわる事情
早くも清宮フィーバーが風前の灯だ。オープン戦7試合に出場して、19打数連続無安打。さらにコンディションを崩して、戦線離脱を強いられることに。それでも日本ハムは清宮を開幕スタメンで起用したいようだ。その理由は……。(2018/3/16)

来週話題になるハナシ:
全米最悪クラスの空港の「類を見ない変貌」とは
ロサンゼルス国際空港が大きく変わろうとしている。空港内には、8つのターミナルと国際線専用のターミナルがあり、2016年は前年比8%増となる約8100万人もの乗客が利用した。世界第4位の空港がどのように変わるかというと……。(2017/12/27)

時速何キロでスーパーボールをバウンドさせたら、スカイツリーを越えられるか?
人間の肩でもいける?(2018/1/10)

常見陽平のサラリーマン研究所:
稼ぐためだけの副業はオススメできない
「全てはお小遣いのために」という副業について、否定するつもりはない。ただ、お金だけが目的ではなく、自分のためになる副業の方が楽しいことは言うまでもない。私がオススメしたい副業はこの3つのタイプだ。(2017/12/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またしても毒舌炎上 張本勲氏とイチローの「本当の関係」
張本勲氏の毒舌が止まらない。大谷翔平投手の渡米について「もう吐いて捨てるほどおるよ」とコメントしたり、イチロー選手に対し「戻ってほしくないわね」と暴言を吐いたり。当然、視聴者やネットユーザーから怒りを買ってしまったわけだが、彼の発言の真意はどこにあるのか。(2017/12/14)

山浦恒央の“くみこみ”な話(101):
バグ検出ドリル(1)「さあ、バグを見つけよう」
記念すべき連載第100回を突破した「山浦恒央の“くみこみ”な話」。今回の第101回からは、新シリーズ「バグ検出ドリル」が始まります。山浦氏が出題する問題に取り組んで、バグを見つけ出す力を養おう!(2017/12/15)

今年の漢字が「北」に決定 北朝鮮の動向や北海道日本ハムファイターズへ注目が集まったことから
2016年は「金」でした。(2017/12/12)

休刊中の『輝け甲子園の星』、復刊支援のクラウドファンディングが高校野球ファン胸熱
また輝いてほしい。(2017/12/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大リーグ移籍をめぐって、大谷翔平と吉本興業の関係
メジャーリーグ移籍を目指す大谷翔平投手の新天地が注目されている。連日、複数のメジャー球団と交渉を続けているわけだが、大谷側に“影のサポーター”が存在していることをご存じだろうか。吉本興業である。(2017/12/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日本ハムはどうする? 中田と清宮が同じポジション問題
北海道日本ハムが早実のスーパー高校生、清宮幸太郎内野手と正式に契約を結んだ。ただ懸念材料もある。それは、チームの中心である中田翔内野手の処遇だ。ポジションは同じ一塁なので、どのように……。(2017/11/24)

日ハム大谷翔平が精巧なアクションフィギュアに 柔軟な可動と豊富なパーツで投打の二刀流を実現
2つ買えば大谷vs大谷も可能。(2017/7/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。