ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オセロ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オセロ」に関する情報が集まったページです。

オセロを紙とペンだけで遊ぶアイデアが賢い 黒vs白を奇数vs偶数に置き換えて勝負
裏返るときに消して書き直す必要がなく、書き足すだけで済むのがいい。(2019/5/27)

オセロとテトリスを組み合わせたゲームが令和初日に誕生 「天才の発想」「感動した」「オチに笑った」の声集まる
テトリス要素があるだけにオチが秀逸。(2019/5/5)

『幼稚園』6月号の付録は牛角コラボの「やきにくリバーシ(オセロ)」 リアル&珍妙なプレー風景に騒然
「焼いた肉」と「焼いていない肉」を白石と黒石に見立てて戦います。(2019/5/1)

オセロの一手ごとにスパロボ風の戦闘演出 「スーパーオセロ大戦」が楽しそうだけど時間かかりそう
セリフのかけあいがZガンダムみたい。(2019/4/23)

Web解析にも使える! 強化学習超入門(3):
じゃらんnetをリアルタイムUX改善、強化学習が実現する次のWebサイトの形とは
Webサイトで強化学習を実装すると何を実現できるのか。リクルートの実践例を基に、使い方や失敗しないためのコツを紹介する。(2019/3/27)

何一つ普通じゃない「ごく普通のシカのゲーム」が狂気のクラウドファンディング開始 目標金額は100万円
この世界に普通はない、あるのはシカだけ……。(2019/1/29)

スピン経済の歩き方:
「南青山の児相反対派」をボコボコに叩く、そんな風潮がよくない理由
南青山の児童相談所建設をめぐって、議論が紛糾している。「児相ができれば青山ブランドが棄損する」といった反対派に対して、「口撃」する人が多いように感じるが、こうした風潮はどうなのか。筆者の窪田氏は、よろしくないと主張していて……。(2018/12/25)

世界中で最もツイートが盛り上がった日は「平昌五輪閉会式」 Twitter公式が振り返る2018年
最も話題を呼んだ個人のツイートとして、渋谷のハロウィーン騒動や「ボン・ジョヴィで盆踊り」などがとりあげられています。(2018/12/5)

水曜インタビュー劇場(4.5畳公演):
築46年なのに、なぜ「中銀カプセルタワー」に人は集まるのか
新橋駅から徒歩5分ほどのところにある「中銀カプセルタワービル」をご存じだろうか。立方体の箱がたくさん積まれていて、丸い窓が並んでいる。1972年に建てられたこのビルが、数年前からジワジワ人気が出ているのだ。その謎に迫ったところ……。(2018/11/14)

「いつ見ても美人姉妹!」 平愛梨&祐奈、過去イチそっくりな“丸かぶりショット”にファン歓喜
祐奈さんが大人っぽくなってきてる。(2018/10/17)

「少し気が散るオセロが生まれました」 → 少しどころじゃなく気が散る狂気のオセロゲーム動画が話題に
毎度毎度、発想がすごいです。(2018/10/17)

第42回世界オセロ選手権で小学5年生の福地啓介六段が優勝! 11歳128日で最年少優勝記録を4年更新する快挙
先読みの天才が世界でその力を発揮。(2018/10/14)

PLMフォーラム Autumn 2018 講演レポート:
上流のシステムがおかしい!? 新PLM導入で工場の課題解消に取り組むシンフォニアテクノロジー
「PLMフォーラム Autumn 2018」(主催:東洋経済新報社)では、“製造業のデジタル変革を支えるPLMの最適解”をメインテーマに、PLMの現場導入に取り組むユーザー事例講演が行われた。本稿ではその中の1社、シンフォニアテクノロジーによる「Windchill導入による工場業務効率の改善」について取り上げる。(2018/9/26)

Oculus Go! Go! Go!:
VRのキラーアプリはアダルトではなく「釣り」だ
これがホントの釣り記事。(2018/9/5)

Oculus Go! Go! Go!:
「Oculus Go」でバーチャル編集会議をしてみた結果
「Oculus Go」で“バーチャル編集会議”を敢行。リアル会議やビデオ会議とは何が違うのか。(2018/8/28)

もともと別物だった「リバーシ」が「オセロ」の別名になった理由
実はルールが違うとか。(2018/7/23)

「父さん70年間じゃんけんのルール知らずにグーだけ出してた」 妹からの衝撃LINEにネット騒然
「人生にじゃんけんは必要ないんだね」。味わい深い言葉である。(2018/6/26)

本気の日産 不参戦のトヨタ、ホンダ:
フォーミュラE参戦に見る「仁義なきEV主導権争い」
「電気のF1」と呼ばれ、電気自動車推進のツールとなっているフォーミュラE。メルセデス、BMW、アウディの「ドイツ御三家」などが参加する一方、日本勢のトヨタ、ホンダは不参加。そこで繰り広げられる「EV主導権争い」の実情とは――。(2018/6/8)

マストドンつまみ食い日記:
ActivityPub対応国産SNS「Misskey」、LTLも実装
非常に凝った作りのTwitterライクなSNS「Misskey」がActivityPub、ローカルタイムラインに対応。マストドンユーザーもそのリッチなUIに興味を持ちそうだ。(2018/4/17)

コーヒー好きはブラック派の特権じゃない! 砂糖・ミルクを入れるのに重圧を感じるマンガに共感の声
砂糖とミルクはたっぷり入れたい(2018/4/11)

オセロ史上最速(?)30秒で負け 3歳児のかわいすぎる奇手動画にネット民ほっこり
これはつよい(確信)。(2018/3/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
グーグル&Uberつぶしのトヨタ・タクシー
現在開催中の「第45回 東京モーターショー」。その見どころについて業界関係者から何度も聞かれたが、その説明が面倒だった。自動運転車や固体電池のクルマとかなら「ああそうですか」で終わるのだが、今回はタクシーなのだ。(2017/10/30)

夏目の「経営者伝」:
サイバーエージェント社長が実践する「強い組織」の作り方
サイバーエージェント、藤田晋社長の経営哲学に迫る連載。最終回は「組織作り」「マネジメント」を中心にお伝えする。藤田社長が子会社の経営を若手社員に任せる理由とは?(2017/10/9)

人間VSコンピュータオセロ 衝撃の6戦全敗から20年、元世界チャンピオン村上健さんに聞いた「負けた後に見えてきたもの」
20年前。歴史を変えたAIとの戦いに、1人の日本人チャンピオンが挑んでいた。(2017/10/21)

盤面を組み替えられる「拡張オセロ」に注目集まる 製作者に開発の経緯を聞いてみた
商品化してほしい!(2017/8/4)

人間対コンピュータ:
AIが囲碁や将棋の必勝法に及ぼす影響は?
コンピュータ囲碁プログラム「AlphaGo」が中国や韓国のプロ棋士を打ち負かしたのは記憶に新しい。今後ますます人工知能(AI)が発展するにつれて、囲碁や将棋の必勝法にどのような影響を与えるのだろうか……?(2017/7/19)

「きのこたけのこ戦争」に決着! トップ棋士や達人たちによる“きのたけ”オセロゲームでの全面対決がニコ生で放送決定
リアルな「きのこの山」「たけのこの里」のコマを使って勝負!(2017/3/16)

「きのこの山」VS「たけのこの里」プロ棋士対決イベント開催 日本棋院・日本将棋連盟など協力
「きのこの山派」と「たけのこの里派」に分かれて勝負に挑みます。(2017/3/16)

車載半導体 ルネサス インタビュー:
ルネサスは自動運転で出遅れたのか、「オセロの論理で四隅からひっくり返す」
自動運転の高度化、さらには無人運転へとクルマが進化しようとしている。運転の在り方が変わればコックピットも変化する。その方向性について、車載半導体大手のルネサス エレクトロニクスに聞いた。(2017/3/15)

ねっと部:
「きのこの山」VS「たけのこの里」オセロ誕生 ほぼ原寸大
見た目もすごい。(2017/1/17)

「きのこvsたけのこ戦争」をオセロで白黒つけようぜ! 発想の勝利と言うべきボードゲームが登場
(2017/1/17)

今年で4回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい! 2017
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」、毎年恒例の特別企画。2016年に発表された作品の中でUKお気に入りのマンガベスト10を発表!(2017/1/14)

セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡 2016レポート(後編):
サイバーセキュリティのプロになるための3箇条とは――熱気あふれた「セキュリティ合宿」
2016年9月16日から19日にかけて開催された「セキュリティ・キャンプ九州 in 福岡2016」から、専門講座のレポートをお届けする。(2016/10/21)

女子高生AI「りんな」、オセロの実力は?
(2016/7/26)

特定企業の傘下ではなく独立企業として戦う:
呉ルネサス、目指すは「W杯優勝」
ルネサス エレクトロニクスは2016年6月28日、同日付で社長兼CEOに就任した呉文精氏の就任会見を開催し、新CEOとして、戦略的セグメントに特化するなどの経営方針、抱負を語った。(2016/6/28)

パンダっぽいけどイルカだよ!  「イロワケイルカ」が横浜・八景島シーパラダイスにやって来る
オセロにも見える。(2016/5/31)

コンビニ探偵! 調査報告書(特別編):
コンビニ合併話に浮上するチェーンはどこか 2016年は「再編地固めの年」
2015年は「ついに動いた」という1年であった。コンビニの再編である。では、2016年はどうなるのか。某コンビニでオーナーを務めていた川乃氏に占ってもらったところ……。(2016/1/3)

連載スタート:
彼女はiPhoneを使いこなせない 〜嫁とスマホの100日間戦争〜
「スマホは便利。初心者でも直感的に使いこなせる」ってホントか? “超アナログ人間”の妻に最新iPhoneを渡し、その様子を観察してみることにした。彼女とiPhoneの悪戦苦闘の日々が始まる!(2015/11/15)

IT用語解説系マンガ:食べ超(65):
白キュレーションと黒キュレーション
好きなキュレーションメディアを配置して、オセロをしよう!(2015/2/25)

白黒つけたった! 「オセロ世界選手権大会」団体戦で日本チームが10連覇達成!
日本のお家芸。(2014/11/18)

CEATEC 2014:
“鼓動の音”で脈を測定、活動量計で勤怠記録――デジタルヘルスケア・プラザから
「CEATEC JAPAN 2014」では、ヘルスケア向けの測定機器やシステムだけを展示するデジタルヘルスケア・プラザが設けられている。同エリアでは、鼓動の音から脈拍を測定する指輪型活動量計や、活動量計を出退勤の記録代わりに使うなど、さまざまな製品が紹介された。(2014/10/9)

工場を改装して溶接加工のテーマパークを作りたい! 福井の鉄工所が本気で資金調達へ
自社の工場を改装して溶接や金属加工で遊べる場所を提供したい。(2014/10/9)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第21回:
性別ひとつで未熟な心は揺らげども……マンガ「彼女になる日 another」の“性転換”で始まる三角関係が複雑
いわゆる性転換ものですが、「俺、女になっちゃった! どうしよう! でもムフフ……」というようなコメディテイストではありません。(2014/5/16)

“敵”が“先生”になる日――コンピュータ将棋ソフト開発者 一丸貴則さん・山本一成さん(後編)
人間のプロ棋士とコンピュータソフトが戦った「将棋電王戦」。2人のソフト開発者はどんなことを考えて対局当日に臨み、そしてその結果に何を感じたのか。今後の人間とコンピュータとの関わり方についても考える。(2014/4/25)

将棋棋士vs囲碁棋士 団体戦七番勝負、ニコニコ超会議3で
「ニコニコ超会議3」で将棋チームと囲碁チームが、オセロなど複数のテーブルゲームで対決! 戦いを制するのはどっち?配信は4月27日13時30分〜。(2014/4/24)

林信行氏オススメの展示イベント:
最先端のテクノロジーが作り出す風景
プロジェクションマッピングからデジタルアート、医療の歴史、新版画まで、春休みに必ず見ておきたい注目展示を林信行氏が一挙紹介。(2014/3/18)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/5)

KDDI、Smart TV Boxで遊べるクラウド型ゲームサービス「GameNow」を3月1日から提供
KDDIが、「Smart TV Box」で遊べるクラウド型ゲームサービス「GameNow」を3月1日から提供する。月額料金の480円で15タイトルを遊べる。個別課金のゲームも提供する。(2014/2/27)

「ウォーズまん」vs「エリザベスまん」、肉まん対決のゆくえはいかに
11月5日にともに発売。(2013/11/5)

“AI”はどこへ行った?(1):
“AI”は死語!? 検索すると、歌手がずらり……
人工知能(AI)の歴史は古い。今は、「AI」という言葉こそ聞かれなくなったが、Appleの「iPhone」に搭載されている音声認識機能「Siri」や、IBMのスーパーコンピュータ「Watson」などの登場により、人工知能自体は再び注目を集めている。では、いったい何をもってして“人工知能”というのだろうか……。(2013/8/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。