ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「大友克洋」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大友克洋」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

東京の新名所へ:
三菱地所が手掛ける日本一の高層ビル「Torch Tower」 空中散歩道の設計者に狙いを聞いた
東京・丸の内周辺の大地主である三菱地所が、世界に誇る日本の新たなシンボルとして、東京駅前常盤橋街区の再開発プロジェクト「TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)」に着手している。超高層ビル「Torch Tower」に加えて、このビルの低層部に巻き付くようなデザインの全長2キロの空中散歩道は世界に例を見ない斬新な設計だ。完成すれば東京の新名所になるのは間違いない。この建築のコアアーキテクトとデザインアドバイザーに話を聞いた(2021/6/15)

アトム春麗ベイマックス…… 古今東西のキャラ木彫りがズラッと並んで壮観&かわいい
ジャンル不問のオールスター大乱闘感。(2021/2/16)

漫画家の高橋留美子さん、秋の紫綬褒章を受章 『うる星やつら』『めぞん一刻』など
「これを励みに今後ますます努力を重ね、読者の皆様が気楽に楽しめる漫画をお届けし続けたいと思っております」とコメント。(2020/11/2)

Netflixオリジナルアニメ「スプリガン」、2021年に全世界配信決定! 銃を構える御神苗優をとらえたティーザービジュアルも公開
御神苗カッコいい!(2020/10/6)

SF漫画の金字塔『AKIRA』が講談社コミック初の100刷に到達 10月上旬に店頭へ
100刷目からは用紙を変更。(2020/9/24)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『千年女優』の今 敏監督作品が世界で「千年生き続ける」理由――没後10年に捧ぐ
『千年女優』『東京ゴッドファザーズ』などを手掛けた今 敏監督。没後10年、今なお特に海外のファン・評論家から愛され惜しまれる。その作品が世界で「千年生き続ける」理由にビジネス・作品論から迫る。(2020/8/24)

映画「AKIRA」の製作費は「11億円」ではなく「約7億円」 ネット情報を関係者が訂正
ありがたい情報。(2020/6/8)

ABEMAで5月から大友克洋監督作品が無料配信へ 「AKIRA」「スチームボーイ」など4作品
4週に渡って無料配信。(2020/4/27)

「めちゃくちゃBLじゃん」 未経験者と映画「AKIRA」の鑑賞会をしたら思わぬ結末になった話
BLリテラシーの高いメンツで「AKIRA」を見るとこうなる。(2020/4/25)

「AKIRA」を今見るべき「3つ」の理由 大友克洋の予言者ぶりをあらためて考える
「AKIRA」をこの世に送り出した大友克洋は、あらためて予言者である。(2020/4/12)

アニマックスが“東京オリンピック開催迄あと147日”の日に「AKIRA」を放送
完璧なタイミング。(2020/2/26)

ニンテンドーやポケモン、AR……! 11月22日にリニューアルオープンする「渋谷パルコ」はちょっとしたテーマパークだった
1日中遊べそう!(2019/11/21)

22日オープンの渋谷PARCOで『AKIRA』の展示会 アートウォールモチーフのグッズも多数販売
『AKIRA』をコラージュアーティストの河村康輔さんが大友克洋さんと共同で再構築した作品。(2019/11/19)

『AKIRA』が渋谷PARCOの新ミュージアム&ギャラリーに登場 「ART WALL」が巨大コラージュとしてよみがえる
これは熱い。(2019/9/19)

編集部員のつぶやき:
「映画化するわ」「やっぱやめるわ」の無限ループはいつ終わるの? AKIRA信者がハリウッド実写版AKIRAの無期延期にブチギレている話
「再アニメ化があるから良いじゃん」とかいう問題じゃないんだよ!!(2019/9/1)

クリエイターズ・サバイバル アーティストの戦略教科書 第2回 藤田和日郎:
自分に正直な漫画を毎回全力で描く
『うしおととら』『からくりサーカス』などの藤田和日郎さんにインタビュー。(2019/8/26)

大友克洋監督の最新作「ORBITAL ERA」が制作決定 『AKIRA』の新アニメ化プロジェクトも始動
うおおおおおおおお!!(2019/7/5)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『AKIRA』悲願のハリウッド映画に! 日本作品の実写化が止まらない真相
『AKIRA』が17年越しでハリウッド実写化についに日の目。背景には日本アニメを取り巻く世界市場の変化がある。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。(2019/7/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
「日本発アメコミ」の挑戦 アジア系ヒーローは世界で勝負できるか
映画『アベンジャーズ』の大ヒットで、これまで以上にアメコミが注目されている。その独特のスタイルになじみがない人も多いかもしれないが、いま日本で新たな挑戦が動き出している。それが「日本発のアメコミ」だ。(2019/5/16)

『それ町』で注がれていた視線の正体を、大童さんを見てやっと理解できた―― 『天国大魔境』石黒正数×『映像研には手を出すな!』大童澄瞳 特別対談
出自が全く異なりながらも相思相愛ともいえる、二人のマンガトークをお届けします。(2019/3/23)

「スプリガン」が再びアニメ化! Netflixがデイヴィッドプロダクションなどと包括的業務提携契約を締結
スプリガンやったぁぁぁ!(2019/3/12)

SF×時代劇な異色の漫画が話題に 超能力者が悪代官に殺された父の仇を討つ悲しい復讐譚に「泣ける」「絵柄が最高」の声
劇画調のアクションシーンがかっこいい。(2019/1/28)

「AKIRA」のクリエイターが再び集結! NHKスペシャル「東京リボーン」12月23日放送
「ほぼAKIRA」といった声も。(2018/12/20)

OOH:
渋谷PARCO建替え工事の仮囲いで「AKIRA」第2章
2019年秋の開業が予定されている新生「渋谷PARCO」の建設工事仮囲いで、世界的にも人気の高い近未来のディストピアな東京を描いた漫画作品「AKIRA」の第2弾となる掲出を行った。(2018/5/21)

フジテレビ、「ノイタミナ」以来14年ぶりに大型深夜アニメ枠「+Ultra」を立ち上げ “破格な製作費”で世界に通ずる作品を目指す
どんな作品が見られるか楽しみ。(2018/3/8)

「BANANA FISH」アニメ化を記念して、元書店員がブックフェアの打線を組んでみた
世界により深く潜ってみませんか……?(2017/11/26)

建て替え作業中の渋谷PARCOの工事仮囲いが「アートウォール」に 河村康輔さんによる「AKIRA」アート掲出
カッコイイ。(2017/5/17)

かつて、吾妻ひでおは神だった
マイナー漫画の魅力にはまった筆者の30年来の思い出とともに。(2017/4/15)

「ヒャッハー!」からの「ネオ東京」だと……? 原哲夫、大友克洋、トミカ、ストIIがコラボしたトヨタ新CMが濃すぎる
展開についていくのがやっとな世界観。(2017/3/24)

押井守監督がアニー賞生涯功労賞を受賞! 宮崎駿監督や高畑勲監督などに続き日本人6人目
(2016/11/29)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ハイパーソニックの伝道師が手がけた「AKIRA」の世界
「AKIRA」のオリジナルサウンドトラック「Symphonic Suite AKIRA」が、DSD11.2MHzでお目見えした。芸能山城組を主催する大橋力氏が手掛けた本作には、ただのハイレゾとは一味も二味も違う。またオマケコーナーの「麻倉印・秀作UHD BD紹介」は「インデペンデンス・デイ」。(2016/11/24)

浦沢直樹、「バンド・デシネ」の著名ベルギー人作家と対談 デビュー当時の原稿料もぼそり
手塚作品をマネした子ども時代から、カラーページに苦労したデビュー後の話まで。(2016/10/24)

「芸術新潮」7月号に大友克洋の新作漫画! 邦題は「悪いロボットも死んだら地獄に行くの?」
デザイン中のコマ画像も入手しました。(2016/6/15)

海外オタク見聞録:
「ウィザードリィ」とアニメの意外な関係 作者ロバート・ウッドヘッド氏インタビュー
「ウィザードリィ」の作者として知られるロバート・ウッドヘッド氏。実は日本のアニメを翻訳する事業も手がけています。(2016/3/30)

健康優良不良少年御用達! 大友克洋「AKIRA」のLINEスタンプ登場でネオ東京が沸く
一度は言ってみたかったあの名台詞も送り放題。(2016/1/29)

「手塚治虫文化祭」特別対談 上條淳士×手塚るみ子が語る“漫画”と“吉祥寺”と“手塚治虫”
漫画の神様の娘と神様に影響を受けた漫画家、二人から見た手塚治虫。(2015/12/22)

気分はもう新人? ギャグ一筋30年の漫画家がストーリーものに挑む「中川いさみのマンガ家再入門」が勉強になる
これが現代の「なるには」シリーズか!(2015/10/16)

伝説のSFアニメ映画「AKIRA」のリバイバル上映会が開催! デジタルリマスターのクリアな映像を体感せよ
218人以上がチケットを申し込まないと上映会は開催されません!(2015/10/7)

藤原カムイ&じゃんぽ〜る西が熱弁 マンガ界に影響を与えた「バンド・デシネ」の魅力とは?
日本初の電子書籍化を記念してトークイベントが開催された。(2015/9/12)

人は変わらない、じゃあ亜人なら? 劇場アニメ前に読みたい桜井画門『亜人』
eBook USERがお勧めのマンガ作品を毎週ピックアップしてお届け。今回は、3部作での劇場アニメ化も間もなく封切り予定の『亜人』を改めて紹介。(2015/9/4)

東亜重工モデルもお披露目:
「音楽とホビーの融合」 グッスマの変形可動式“トランスフォーミング・ヘッドフォン”「THP-01」が生まれたワケ
グッドスマイルカンパニーは、変形可動式の“トランスフォーミング・ヘッドフォン”「THP-01」の新商品発表会を開催。共同開発者である人気ロックグループ「LINKIN PARK」のメンバーMr.Hahn氏なども登壇した。(2015/7/15)

表紙イラストは大友克洋 映画『天の茶助』原作小説発売
小説はSABU監督自らが執筆した。(2015/5/27)

大友克洋描き下ろしの陶板レリーフが仙台空港に完成 記念して本人直筆サイン入り複製画が限定250点で発売
大友さんの原画を特殊美術印刷で再現し、サインとシリアルナンバーを入れたファン垂涎もの。(2015/4/15)

人気5作品をアニメ化する「comico」、AnimeJapanでは“アニキ”水木一郎が熱唱
3月21日に、AnimeJapan 2015のcomicoブースで行われたアニメ制作発表会と、コスプレステージの様子をお届けする。(2015/3/25)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
これぞ高画質&高音質のBlu-ray Disc、第7回DEGジャパン・アワード”(後編)
前編に続き、「第7回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」の審査委員長を務めたAV評論家・麻倉怜士氏に各賞の評価ポイントや審査の裏話を聞いていこう。(2015/3/13)

教えて! 絵師さん:
ネットやテレビ横目に「集中しない」 描き込みと余白のバランスがこだわり へびつかいさん
細かいモチーフを使いながらもすっきりと整然と見えるへびつかいさんのイラスト。秘密は「描き込んでいない箇所」へのこだわりでした。(2015/2/2)

仏アングレーム漫画祭で大友克洋さんが最優秀賞を受賞
「AKIRA」などの作品が評価。日本人が受賞するのは初。(2015/1/30)

海外マンガフェスタ2014 リポート:
どうなる漫画の未来――海外のデジタル化への取り組み、その現状
11月23日に東京ビッグサイトで開催された海外マンガフェスタ。その会場内で開催されたシンポジウムから世界の漫画事情をお届け。(2014/12/3)

薄くなりゆく物語、「NAZO」に注がれた物語編集力――松岡正剛ロングインタビュー
サイバードが9月にリリースしたジグザグ・シアターオペラ「NAZO(ナゾ)」。その開発に携わった知の巨人・松岡正剛氏。物語性や編集工学といった氏の“哲学”がふんだんに盛り込まれたこのアプリの知られざる物語をひもといていこう。(2014/11/14)

大友克洋デザインの陶板レリーフ 仙台空港に設置へ
仙台空港のターミナルビル1階国際線ロビーに、宮城県登米市出身の漫画家・大友克洋が原画を描き下ろした陶板レリーフ作品が登場する。完成は2015年3月を予定。(2014/9/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。