ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「発電床」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「発電床」に関する情報が集まったページです。

男性こそ必見:
秘密の花園に潜入 渋谷ヒカリエを無料で楽しむ方法
発電床からデザイントイレ、隠れたマーク……。渋谷ヒカリエを無料で堪能できるデジタル技術に注目してみた。(2012/4/26)

貧乏ゆすりでほめられる!? 振動を発電に活用
昔は貧乏ゆすりをすると怒られた。でも、これからは怒られるどころかほめられるかもしれない。それは、さまざまな企業が振動で発電する技術を研究しているからだ。(2010/9/22)

せかにゅ:
Google CEOにブロガーが「侮辱された」と怒り
「もしも新聞編集者の価値について迷うことがあったら、ブログの世界を見てほしい」――GoogleのシュミットCEOの発言に、ブログを低く見ているとブロガーが怒っている。(2010/4/15)

サポーターの躍動を電力に ヴィッセル神戸ホームに床発電を導入
サポーターの応援を電力に。ヴィッセル神戸のホームスタジアムに床発電システムが導入される。(2010/3/3)

まさかの92%オフ 「YUREX」で目指せ貧乏ゆすりのエバンジェリスト
貧乏ゆすりのビートを記録・解析し、集中力を高められるというあの「YUREX」が92%オフで投げ売りされている。時代を先取りすぎて売れなかったらしい。ふびんに思った記者は“BBU”の世界に飛び込むことにした。目指せ貧乏ゆすりのエバンジェリスト。(2010/1/29)

電池不要のテレビリモコン、NECエレなど開発 ボタン押す振動で発電
NECエレと慶大発ベンチャーの音力発電は、電池不要で動作するテレビリモコンを試作した。ボタンを押す際に発生する振動を使って発電する仕組みを採用している。(2009/11/18)

エネルギー技術 エネルギーハーベスティング:
振動発電装置の試作相次ぐ、環境から微少電力を取得可能
振動を電気エネルギーに変換するエネルギーハーベスティング装置の開発が進んでいる。圧電式、電磁誘導式、静電式の3種類の方式があり、得られる電力の大きさや製造の難しさなどがそれぞれ異なる。小型化には静電式が向いている。(2008/12/17)

歩けば発電する「発電床」、改良型をJR東京駅で実験
「発電床」改良版の実証実験はJR東京駅で行われる。乗降客が歩くことで発電し、将来は自動改札機や電光表示器などへの利用を目指す。(2008/12/3)

PR:時代を創る“衝突”を――SFC Open Research Forum 2008
時代を動かす人々が出会って“衝突”し、新しい何かを生み出す――慶應義塾大学SFC研究所が主催する「SFC Open Research Forum 2008」は、研究者やパネリスト、来場者がぶつかり合う仕組みを用意し、次の創造につなげる。(2008/11/6)

エコプロダクツ2007:
来場者参加型ブース満載! 写真で見る「エコプロダクツ2007」
環境に関連する製品・サービスを紹介する「エコプロダクツ2007」。一般の展示会に比べて、来場者が参加できる仕掛けがたくさんあるのが印象的だった。(2007/12/15)

デザインの“今”が一望できる「GDP 2007」開幕
東京ビッグサイトでアジア最大級のデザインフェア「グッドデザイン・プレゼンテーション2007」(GDP 2007)が開幕した。2007年度「グッドデザイン賞」の二次審査に進んだ商品やプロジェクト約2200点が展示されている。(2007/8/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。