ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トイレ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「トイレに行きづらくなった」 アンジャッシュ児嶋、YouTube開設で相方・渡部の“不倫騒動”後の変化や芸人仲間の支え明かす
さんまさんからのメッセージうれしいな。(2020/7/4)

個室トイレで動画広告 壁にタブレット設置、混雑時は本数減 都内のビルで実験
東京建物とバカンが、ビルの個室トイレで動画広告を流すサービスの開発に着手。壁にタブレット端末を配置し、約30秒の広告を複数本再生。IoTセンサーと連携し、混雑時は本数を減らす。(2020/6/30)

誰もが抱く疑問「巨大なガラス玉に洋式便器を高速でぶつけるとどうなるか問題」をシミュレーション → ガラス玉が粉々になることが判明
小さいころから気になってました。【訂正】(2020/6/30)

菅田将暉、「出費27万円」最悪のトイレ事件に疲弊……リスナーに“詰まり”の恐ろしさを説く
予想以上の大工事だったようで……。(2020/6/22)

イノベーションのレシピ:
始まりはCEATECの出会いから、LIXILのIoTサービスは親子の絆を再び強める
LIXILグループ傘下のNITTO CERAは、遠隔地に住む親のトイレ使用状況を可視化するIoTサービス「omu」を開発し、クラウドファンディングを開始した。omuの開発はどのように進められたのか。開発を担当したLIXIL WATER TECHNOLOGY JAPANの浅野靖司氏と稲田ゆか理氏に聞いた。(2020/6/18)

製造業IoT:
LIXILの“親を想うきっかけを作る”IoTサービスがクラウドファンディング開始
LIXILグループのNITTO CERAは、乾電池型IoTデバイス「MaBeee」で知られるノバルスと共同で、遠隔地に住む親のトイレ使用状況を可視化するIoTサービス「omu」を開発したと発表した。2020年6月16日からMakuakeを活用したクラウドファンディングを開始している。(2020/6/16)

「光り輝く股間w」「なんなんだよ(半ギレ)」 実家のトイレをリフォームしたら“股間が光った”人の体験漫画が話題
「なぜそこが光ったw」と思いきや超便利な機能だった!(2020/6/11)

喜びすぎだろ! トイレ用洗剤が支給されてめちゃくちゃうれしそうな掃除係の写真がこちらです
給付前が大変だったんだろうな……。(2020/6/10)

睡眠不足で「脳がバグった」珍行動を描いた漫画があるあるすぎる 食事の支度中にトイレへ向かったら……
自覚のないまま引き起こされる怪現象。(2020/6/10)

全てのコンテンツを“車内”で楽しむ音楽イベント「ドライブインフェス」が楽しそう 音楽はFM電波で車内に直接配信
飲食は車内からのオーダー制、唯一車内で完結しないトイレも行列ができないようLINEで管理。(2020/6/9)

【うっかりおうちで死にかけた】トイレ前のダンボールが倒れて“セルフ監禁状態”に 「このままではここで死ぬ」
「一人暮らしでしたし、スマホも手元になく外部に連絡することもできません」。(2020/6/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「新聞紙をトイレ代わりにせよ」……モンスター株主のトンデモ議案が無くならないワケ
「役員及び社員は排便の際、洋式便器の便座の上にまたがるべき」「トイレットペーパーの代用品として、古い新聞紙で便座を作り、そこに排便すべき」。株主から三井金属鉱業に、こんな株主提案がなされた。取締役会はこれに大真面目に反対する書面を公開したが、なぜこんなトンデモ議案が再来するのだろうか。(2020/5/22)

ファシリティマネジメント フォーラム 2020:
空調の自動制御やトイレットペーパーの使用量を見える化するシステムを開発
ウフルは、IoTセンサーやカメラなどを利用して、得られたデータを活用した空調の自動制御やトイレットペーパーの使用量を見える化するシステムの開発を進めている。(2020/5/22)

パンデミックが招くサプライチェーンへの影響【前編】
コロナ禍の“トイレットペーパーパニック”を「ブルウィップ効果」で説明する
新型コロナウイルス感染症の拡大によって世界各地で買いだめの問題が生じている。その結果、一部の商品の流通に「ブルウィップ効果」が生じる可能性があるという。どういうことなのか。(2020/5/15)

「お前LINEスタンプじゃねえか」 トイレに閉じ込められLINEで公式アカウントに助けを求め続けてしまった人に爆笑
LINEスタンプ「えぇ……」(2020/5/14)

アメリカで白熱する「お尻洗浄器」市場、なぜ?
日本では「ウォシュレット」は「クリネックス」と同じくらいごく当たり前のものになっている。しかしアメリカでは、「お尻洗浄器=温水洗浄便座」を見ることは家庭でも公共のトイレでもごくまれだ。しかし……(2020/5/7)

加盟店からの要望に対応:
ローソンが「トイレの使用休止」方針を一部変更 社会を支えるドライバーはOK
ローソンは4月28日にトイレ、ごみ箱、灰皿の使用を一時休止すると発表した。しかし、29日にトイレの利用方針を変更すると発表した。社会を支えるドライバーなどには開放する。(2020/5/1)

ファミリーマート、一部店舗でトイレを使用制限 新型コロナウイルス感染拡大予防のため
各店舗の状況に応じて、イートインの利用時間制限やゴミ箱の使用休止も。(2020/4/30)

「PCR検査を受けて陰性だった」体験描く漫画がためになる 意外な教訓「トイレはあらかじめ自宅で済ます」
感染の可能性がある場合、よそのトイレはおいそれと使えないわけで……。(2020/4/30)

ローソン、トイレ・ゴミ箱・灰皿の提供を一時休止 新型コロナウイルス感染拡大予防のため
あわせて、接触機会を少しでも減らすべく、セルフレジの活用も加速させるとのこと。(2020/4/28)

お客や従業員を守るため:
ローソンが「トイレ・ごみ箱・灰皿」の使用を一時休止 使用済みマスクが捨てられている実態に不安の声
ローソンが「トイレ・ごみ箱・灰皿」の使用を一時休止する。お客と従業員の安全のため。セルフレジの活用も一方で進める。(2020/4/28)

いつもは上手にできるトイレ、愛猫が失敗した原因とは……? 怖がりな猫を描いた漫画が抱きしめたくなるいとおしさ
怖かったんだねぇ。(2020/5/2)

職場のトイレがハイテク(?)になってた! 段ボール製の「ドアノブ触らないシステム」が貧相だけど秀逸
ハイテクとは。(2020/4/22)

ユーザー認証は「お尻の穴」──尿や便で健康状態をチェックするスマートトイレ 米研究
トイレにガジェットやセンサーを取り付けることで、用を足した人の尿や便から健康状態をチェックするシステムを開発した──米スタンフォード大学医学大学院は4月6日(現地時間)、こんな研究結果を発表した。備えたカメラの映像と機械学習で、肛門の模様などからユーザーを特定し、尿の成分や流量、便の形状から、医師と同程度の精度で健康状態をチェックできるという。(2020/4/8)

「トイレが入ってこない」 マンション業界にもリーマン以来の危機到来か
新型コロナウイルスの影響が予想以上に広がっている。経済へもリーマン・ショック以上の危機をもたらすことが指摘されだした。当然、マンション業界にとっても大きなマイナスだろう。(2020/3/18)

トイレ利用状況をモニタリング:
個室トイレでサボっている社員をIoTで検知「トイレットマスター」
オフィス内の“個室トイレ占有問題”などを解決できるトイレIoTサービスをセンスウェイが開発した。(2020/3/13)

トイレットペーパーはタイムマシン? トイレから始まる非日常を描いた漫画に引き込まれる 「SCPみがある」「素晴らしいSF」
トイレットペーパー買い占め問題、真の狙いはもしや……?(2020/3/13)

中央快速線E233系にトイレ設置、なんのために?
JR東日本の中央線快速で、トイレの使用が可能になることをご存じだろうか。「通勤電車にトイレ?」と思われた人もいるかもしれないが、なぜトイレを導入するのか。その背景に迫る。(2020/2/24)

国際物流総合展2020:
物流倉庫でトイレが足りない問題、LIXILが新発想で解決へ
LIXILは、「国際物流総合展2020 -INNOVATION EXPO-」において、さまざまな施設に簡単にトイレを追加設置できる可動式アメニティーブース「withCUBE」を展示した。物流倉庫を中心に2020年4月から受注を開始する予定だ。(2020/2/21)

トイレで手を乾かす「ハンドドライヤー」はウイルスを拡散させて不衛生? 2010年前後から囁かれるウワサ、メーカーの見解は
便利だから使いたいけど……。(2020/2/20)

「子持ちの専業主婦ってなんでそんな忙しいの?」を説明した漫画にママたちから「わかる」と共感の嵐
トイレに行きたい時に行けないことも。(2020/2/14)

トイレに閉じ込められた女性、居間には赤ちゃんが……! 何気ない日常が脱出劇に変わった実録漫画
想像すると恐ろしい。(2020/2/7)

トイレが来い TOTOが出資した「クルマのように移動するトイレ」が話題に、すでに米国でロケテストも
快適なトイレを手軽に利用できるように。(2020/2/3)

JR東海、新型通勤電車「315系」を2021年度に導入 国鉄時代の211系はついに消滅へ……
「何か」に似てる……!? 全編成トイレ付きがうれしいところ。JR東海の新しい顔になりそうです。(2020/1/24)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「衛陶技能選手権(トイレ作りの大会)」の取材をレポートする
感想「……画は地味だな」(2020/1/22)

「トイレに入ったら紙がなかった」そんなときに叫ばずに済む トイレットペーパー運搬ロボが誕生
スマホ操作で運んでくれます。(2020/1/7)

「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない」 くも膜下出血で療養中のSHEILA、7カ月ぶりにインスタ更新
所属事務所が療養することを伝えていました。(2019/12/23)

ずっと空耳アワー! 日本語にしか聞こえない本格ジャズ曲「B/ENJOY」が世界一オシャレに“トイレ”を歌ってる
空耳のクオリティー高い。(2019/12/19)

便器をツルツルにして流れやすくするコーティング、米大学が開発 節水や便のこびりつき解消に期待
人間の髪に似た極小の毛でトイレの流れをなめらかにします。(2019/11/22)

トイレのIoT電球で安否確認、孤独死を早期発見 バッファローなど開発
バッファロー・IT・ソリューションズなどが、高齢者見守りサービス「まもるむ」を開始。トイレの電球が2日間オン・オフされていないと、孤独死の可能性があるとし、オーナーや管理会社に通知する。(2019/11/20)

「塊魂」の高橋慶太新作「Wattam」、12月発売決定 市長と鼻と口とスシとうんこと便器が手を取り合う奇妙な世界
なんだかよく分かりませんが、見ているだけで楽しそうな世界。(2019/11/12)

記者会見で強調:
社長自らお店でゴシゴシ ローソンがトイレ掃除に注力している理由
ローソンの竹増社長は、決算会見で何度かトイレ掃除について言及。店舗を訪れた際、トイレに直行して掃除をすることもあるという。トイレ掃除に大きな意義を見いだす日本の経営者は少なくない。(2019/10/18)

CEATEC 2019:
“AIトイレ”で大便の状態を自動判定、LIXILが開発 「教師データは社員の便」 介護施設などの需要見込む
住宅設備機器を手掛けるLIXILが、便の形状や大きさを自動判定する“AIトイレ”のプロトタイプを「CEATEC 2019」で展示している。(2019/10/15)

うんちでぬりえが完成する斬新なトイレットペーパー誕生 お子さまのトイレトレーニングに
トイレでうんちがしたくなる、トイトレ専用ペーパー。(2019/10/10)

「花子さん、遊びましょう」「時と場所考えろ!」 トイレの花子さんがキレのあるツッコミを入れる漫画に「ホラーとは?」の声
トイレの花子さんも現代に合わせてアップデートしてる。(2019/10/5)

うんこのリーディングカンパニーに:
なぜ、人々はうんこにひき付けられるのか うんこミュージアムの魅力に迫る
お台場にある「うんこミュージアムTOKYO」に行ってみた。場内はウンスタジェニックエリア、ウンタラクティブエリアなどに分かれる。一定時間ごとに「うんこ・ボルケーノ」が噴火すると、場内はうんこのシュプレヒコールであふれた。なお、場内にトイレはなく、うんこはできない。うんこにとことんこだわったミュージアムの裏側には「うんこのリーディングカンパニーになる」という熱い思いがあった。(2019/9/28)

人工知能ニュース:
AIトイレが便の形と大きさを自動判定、LIXILが高齢者施設向けに開発中
LIXILが高齢者施設の入居者の排便管理をAI技術でサポートする「トイレからのお便り」について説明した。排便のタイミング、便の形と大きさをAI技術により自動で判定、記録し、介護スタッフが詰める施設のステーションで入居者の排便状況を一括確認できるようにする。(2019/9/26)

猫先生「みなさんが静かになるまで5分かかりました」 トイレで踏ん張る猫の凛々しいお顔がじわじわくる
むしろ叱られたい。(2019/8/22)

スーツケースが引き起こした“セルフ監禁事件” トイレに閉じ込められた本人が注意喚起
とくに一人暮らしの人は携帯電話を手放さないのは大切なのかもしれない。(2019/8/20)

駅の改札口から出国手続き前まで:
国土交通省、成田国際空港の屋内電子地図を無償公開
国土交通省は成田国際空港の屋内電子地図を無償公開した。ターミナルの各フロアについて、通路や階段、トイレなどの位置に加え、商業施設エリアについては店舗の区画も整備されている。(2019/7/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。