ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「印刷会社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「印刷会社」に関する情報が集まったページです。

ブックライブ、「上半期売り上げランキング」を発表 『SPY×FAMILY』をおさえた1位は?
凸版印刷のグループ会社であるBookLive(東京都港区)は、運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」で独自に集計した「2022年 上半期ランキング」(集計期間:1月1日〜5月31日)を発表した。(2022/6/24)

6月15日〜12月14日:
「ビュウウウン」「プシュ〜」 駅の音をオノマトペに変換「エキマトペ」、JR上野駅で実証実験
JR上野駅(東京都台東区)の1・2番線ホームに流れるアナウンスや電車の発着などの音情報を、文字や手話で表現する実証実験が始まる。富士通、JR東日本、JR東日本クロスステーション、大日本印刷(以下、DNP)が視覚化装置「エキマトペ」を用いて、6月15日〜12月14日に実施する。聴覚に障がいのある人をはじめ、駅の利用者全員に共通の体験を提供し、ダイバーシティーへの理解を促す。(2022/6/9)

メタバースを「じゅん散歩」 テレ朝、仮想空間にショップ出店 高田純次さんのアバターも登場
凸版印刷が運営するメタバースモールアプリ「メタパ」にテレビ朝日が出店。番組グッズなど販売。高田純次さんのアバターが仮想空間内を散歩する。(2022/6/6)

印刷会社「デジタ」で3.6万人分の情報漏えいか メール本文やアドレスなど流出の恐れ
印刷会社のデジタは、不正アクセス被害によりメール本文やアドレスなど最大で3.6万人分の情報が漏えいした可能性があると発表した。(2022/5/27)

製造IT導入事例:
大日本印刷が基幹システム基盤をオラクルのクラウドサービスに移行
日本オラクルのクラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」が、大日本印刷の基幹系システム基盤として採用された。段階的に移行を進めており、2022年11月には移行を完了する見込みだ。(2022/5/25)

エンジニア以外の社員にもアジャイルを:
「開発者が体調不良、どうする?」 アジャイル開発を学習できるボードゲームを大日本印刷が開発
大日本印刷は、「アジャイル開発が体験できるボードゲーム〜目指せスクラムマスター〜」の試作品を開発した。できるだけ早く小さい成果物を積み重ねるプロセスを、ゲームを通じて経験することで、アジャイル開発の本質を理解できる。(2022/5/23)

アジャイル開発を学べるボドゲ、DNPが開発 トラブル乗り越え案件達成を目指す
大日本印刷が、アジャイル開発を学べるボードゲームを開発した。「案件」を達成して、最も早く一定の対価を取得したプレイヤーが勝利するというゲームで、アジャイル開発の一種である「スクラム開発」を体験できる。(2022/5/20)

大日本印刷が基幹システム700超のVMをOCIに移行、ITリソース最適化を推進
大日本印刷は「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、オンプレミスの「VMware vSphere」環境で稼働する700以上の仮想サーバを「Oracle Cloud VMware Solution」に移行させる。同社がレガシーシステムのモダナイゼーションによって実現したい、コスト最適化以上のこととは。(2022/5/11)

大日本印刷 フィルム型アンテナ:
曲面設置可能な5G-Sub6帯対応アンテナ
大日本印刷は、5GのSub6周波数帯に対応した、フィルム型アンテナを開発した。直径15cmの円柱にも巻き付けられるしなやかさと屋外設置可能な耐候性を有しつつ、5G-Sub6帯で100MHz以上の帯域幅に対応する。(2022/4/26)

電柱に巻ける5G対応のフィルムアンテナ DNPが開発、2023年度に量産化
大日本印刷(DNP)は、5GのSub-6帯域に対応し、直径15cmの細い円柱などに巻き付けることが可能なフィルム型アンテナを開発した。直径15cmの細い円柱にも巻き付けられる可撓性(かとうせい:しなやかにたわむ機能)を持たせた。電子線(EB:Electron Beam)を照射してフィルムにコーティングした機能性樹脂等を硬化させるDNP独自のEBコーティング技術を活用した。(2022/4/14)

キリがないOSSの脆弱性や人手によるミス、開発工数増にどう対応すべきか:
PR:DXを急ピッチで推進する凸版印刷が「GitHub Advanced Security」で実現するOSSセキュリティ対策とは
凸版印刷は2020年4月に全社横断でDX施策を推進する「DXデザイン事業部」を新設した。同事業部でサービス開発を行うICT開発センターは、開発プロセスをモダン化し、DevSecOpsを推進するコード管理プラットフォームとして「GitHub Enterprise」と「GitHub Advanced Security」を導入して、その活用範囲を広げている。GitHubの選定理由や感じたメリット、今後の展望などについて、ICT開発センターのメンバーに聞いた。(2022/4/21)

看板や音も再現した「バーチャル秋葉原」公開、アキバ文化を世界に発信 「オンラインメイド喫茶」も
AKIBA観光協議会と大日本印刷は4日、秋葉原の街を再現したメタバース「バーチャル秋葉原」を公開した。アニメやゲームの情報発信やグッズ販売の場として活用する。(2022/4/4)

流通小売向け販促支援サービス:
店頭POPやWebサイトなどの販促情報をSaaSで一元管理 凸版印刷が「PROMO CORE for cloud」を提供
流通小売業の効果的な営業活動を簡単かつ安価に実現する。(2022/4/4)

就職人気から占う今後のIT業界:
学生に聞く、SDGs観点で選ぶ「働きたい企業」 パナソニックが総合2位 上位だったIT関連企業は?
SDGsへの積極的な貢献と持続可能な成長を続けるイメージがあり、学生自身が働きたいと思える企業はどこか。人材育成のためのSaaSサービスを提供するVISITS Technologiesが調査した結果、3位は凸版印刷、2位はパナソニックとなった。(2022/4/4)

社会人eスポーツリーグ「B2eLEAGUE」設立 DNPとNTTe-Sports 5月開幕へ
DNPとNTTe-Sportsが社会人eスポーツリーグ「B2eLEAGUE」を5月に開幕する。試合開催に必要な基盤システムやサービス提供などのビジネスも展開する。(2022/3/22)

同人誌印刷大手・栄光が価格改定 原材料の値上がり受け 「たいへん心苦しいお知らせ」
いろいろなものが値上げされていく……。(2022/3/11)

製造ITニュース:
製造DX支援ソリューションにRFIDによる製造進捗管理機能などを追加
凸版印刷は、同社の製造DX支援ソリューション「NAVINECT」に、RFIDを活用した製造進捗管理機能とERPとの連携機能を追加した。生産工程管理の質を向上し、管理業務を省力化する。(2022/3/11)

クラウド活用企業が続々と立ち上げる組織「CCoE」とは? 成功例・失敗例から見る機能と役割
NTTドコモやDNP、KDDIなどが続々と設置する組織「CCoE」。チームとしての役割や機能、設置に当たっての注意点を、各企業の例を参考に解説する。(2022/3/7)

凸版印刷 部活動からeスポーツ参入 社会人対象のeスポーツリーグを2020年に開始
長引くコロナ禍で「eスポーツ」が注目されている。遠隔で対戦もでき、社内外のコミュニケーション強化の一環として導入する企業が急増。凸版印刷でも2020年に社会人のeスポーツプレイヤーを対象としたeスポーツリーグが立ち上がった。(2022/3/4)

第26回「震災対策技術展」横浜:
凸版印刷が津波と風水害の事前学習システムを開発、ストリートビューで浸水体験可能
凸版印刷は、防災科学技術研究所と共同で、住民が津波と風水害の事前学習を行えるオンライン避難学習システム「リアルハザードビュワー」を開発した。今後は、自治体をメインターゲットに2022年4月にリアルハザードビュワーをリリースする予定だ。(2022/2/28)

医療機器ニュース:
iPS細胞から創生したミニ腸が栄養素の吸収評価に有用であることを確認
大日本印刷は、ヒトiPS細胞から創生した小腸の立体臓器「ミニ腸」が、三大栄養素の糖質、タンパク質、脂質の吸収評価において有用であることを確認した。三大栄養素の吸収評価ツールとしての活用が期待される。(2022/2/25)

わずか6カ月で消し込み業務の約7割を完全自動化した方法とは?
凸版印刷のRPA導入に学ぶ、バックオフィス改革の秘訣
財務部門における労働集約的業務の50%削減を目指してRPA活用を推進する凸版印刷は、約20人が半月かけて対応していた消し込み業務の自動化に挑戦した。新ツールは要件定義からわずか6カ月で完成したという。その方法とは。(2022/2/24)

製造業メタバース:
メタバースをビジネス用途で、誰でも簡単にワールドを構築できるサービス
凸版印刷はビジネス用途向けメタバースサービス基盤「MiraVerse」を発表した。メタバース内に現実世界の色や質感を忠実に再現する“真正性”を追求するとともに、ビジネス利用に必要となる各種構成要素のデータ管理機能や改ざん対策に加え、アバターの本人認証と安全なコミュニケーションをワンストップで提供する。(2022/2/22)

第2弾:
2万円で使える「移動会議室」、日産が実験 ハイヤーの車内でWeb会議
日産自動車、大日本印刷など5社が「移動会議室」の実証実験の第2弾を始めた。料金は2万円から。(2022/2/20)

メタバースでのなりすましを防ぐ 3Dアバターの本人証明ができるセキュリティ基盤 凸版印刷が開発
凸版印刷が、メタバース向けセキュリティ基盤「AVATECT」を開発した。3Dアバターの情報管理機能、唯一性を証明するためのNFT化、コピーガードとしての電子透かし付与など、他者のなりすましを防止する機能を備える。(2022/2/18)

ストIIの売り上げは1550万本:
「ストリートファイター」35周年記念『俺より強いやつらの世界展』が開催 カプコンとDNPがタッグを組む狙い
「ストリートファイター」の35周年を記念した展示会「ストリートファイター展『俺より強いやつらの世界展』」が始まった。カプコンとDNPがタッグを組む狙いに迫る。(2022/2/17)

製造ITニュース:
製造業DX支援ソリューションにLPWA規格ZETA連携機能を搭載
凸版印刷は、製造業向けDX支援ソリューション「NAVINECT」に、次世代LPWA規格「ZETA」と標準連携できる機能を搭載する。連携が可能になるのは、「NAVINECTクラウド」の工程管理サービスと「NAVINECTエッジ」の生産監視パッケージだ。(2022/2/15)

VR/AR/MRニュース:
透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功
凸版印刷と情報通信研究機構は、透明ARディスプレイにフォトリアルな3D映像を表示する実証実験に成功した。高精細な顔計測データから生成した3D映像は、複数人が同時に3Dメガネなしで見ることができる。(2022/2/14)

週末に「へえ」な話:
「魔法の虫めがね」で何が見えてきたのか “ヒヨコ”が出てきて消えた理由
大日本印刷が「魔法の虫めがね」なるモノを開発した。クラウドファンディングで販売したところ、目標金額を大幅に上回ることに。それにしても、このデバイスはどのような特徴があるのだろうか。(2022/2/12)

フードロス低減にも:
プラ使用量を90%削減した“密封できる紙トレー” DNPなどが開発を開始
DNPと東京食品機械は、プラスチック使用量を抑えた環境配慮型の密封性を有する紙トレーの共同開発を開始した。(2022/2/8)

製造ITニュース:
製造DX支援ソリューションと生産管理システムがクラウド連携
凸版印刷の製造DX支援ソリューション「NAVINECT」とエクスの生産管理システム「Factory-ONE 電脳工場」が、クラウド連携を開始した。製造現場の実データに基づく、工場経営全体の生産マネジメントが可能になる。(2022/1/31)

なみえバーチャル商店街サービス:
VRでリアル店舗の商品を購入し配送 日産と凸版印刷などが実証実験
日産自動車と凸版印刷、NoMAラボは、福島県双葉郡浪江町の協力のもと、浪江町在住の住民を対象に「なみえバーチャル商店街サービス」の実証実験を開始した。(2022/1/25)

モビリティサービス:
タブレット端末で売り場を見ながら買い物、買った商品は乗り合いタクシーで届ける
日産自動車は2022年1月24日、凸版印刷やNoMAラボとともに、福島県浪江町の住民を対象とした買い物/宅配サービスの実証実験を実施すると発表した。(2022/1/25)

製造ITニュース:
製造DX支援ソリューションに装置の稼働管理機能を追加
凸版印刷は、クラウド型製造DX支援ソリューション「NAVINECTクラウド」に、製造装置の稼働状況やロス内容の記録を効率化する「稼働管理」サービスを追加した。簡単な画面操作で、装置の稼働予定や実績、イベント、ロス内容などを記録できる。(2022/1/24)

今日のリサーチ:
Webユーザビリティランキング2022<企業サイト編> 第1位は大日本印刷
どの企業Webサイトが分かりやすく使いやすいのか、全15業界150社のユーザビリティを評価しています。(2022/1/20)

製造ITニュース:
DNPのセキュリティ対策リーダーが経験した「エポックメイキング」な出来事
大日本印刷は2021年11月30日、同社のCSIRTの取り組みについて、リーダーを務める同社 情報セキュリティ本部 本部長 DNPシーサート シーサート長の辺見匡氏が紹介する説明会を開催した。CSIRTの基本的な活動や、活動の中で意識している点について解説を行った。(2021/12/10)

会話を録音しなくても利用可能:
「相手がこの会話に興味があるかどうか」をAIで判定するシステムを大日本印刷が開発
大日本印刷は、顧客が話す声から顧客の感情をAIでリアルタイムに解析し、その結果を接客オペレーターに通知するシステムを開発した。リモートで接客中のオペレーターに顧客の感情を伝えることでより効果的な接客、商談を支援するという。(2021/12/1)

顔写真1枚でリアルなアバター生成 声や表情、人格も再現へ 凸版「メタクローン」
顔写真1枚からリアルな3Dアバターを自動生成できるサービス「メタクローン・アバター」が凸版から。アバターに本人の肉声や表情、人格を再現するサービスを追加するといった計画も。(2021/11/30)

凸版印刷、NTTドコモなど4社と「デジタル通貨フォーラムNFT分科会」設立 実証実験へ
凸版印刷、KDDI、NTTドコモ、HashPort、ディーカレットは11月24日、デジタル通貨フォーラムNFT分科会を設立したと発表した。第一フェーズとして、NFTマーケットプレイスでの決済を想定した実証実験の検討に着手する。(2021/11/25)

JOINT2に参画、2024年量産目指す:
DNP、次世代ICパッケージ用インターポーザを開発
大日本印刷(DNP)は、次世代ICパッケージに向けた「インターポーザ」を開発した。今後、次世代ICパッケージの実装/評価技術を開発するコンソーシアム「JOINT2」に参画する企業と協業し、2024年の量産化を目指す。(2021/11/16)

使用済み紙おむつをリサイクル 凸版印刷など4社が都内で実証実験
凸版印刷など4社は、家庭ゴミとして出た使用済み紙おむつのリサイクル事業の実現に向けた実証実験を、東京都内で始めると発表した。回収コストなども試算し、事業化可能か検証する。(2021/11/12)

量子コンピュータ:
凸版印刷が量子アニーリングによる物流業務効率化の共同実証実験開始
凸版印刷とシグマアイは、量子コンピューティング技術の1つである量子アニーリングを活用し、物流業務効率化に向けた実証実験を開始した。計画算出時間や配送計画精度の向上など、配送計画における業務負担軽減の効果を検証する。(2021/11/9)

DNP、Apple Pay対応を支援するクラウドサービスを提供 WAONで導入
大日本印刷は、Apple Pay対応を支援するクラウドサービス「DNP電子マネーエミュレーションサーバ」を提供開始。導入する事業者は、発行済みのICカード(電子マネー)をiPhoneやApple Watchで利用できるようになる。(2021/11/5)

電子マネーのApple Pay対応を支援するクラウドサービス、「WAON」で採用
大日本印刷は、電子マネーを発行する流通/小売事業者や地方を含む交通事業者を対象に、電子マネーのApple Pay対応を支援するクラウドサービスを始めたと発表した。(2021/11/5)

粗い銅面で樹脂との密着性を向上:
DNP、QFNパッケージ向けリードフレーム開発
大日本印刷(DNP)は、車載用ICなどに用いられるQFNタイプのパッケージ材料として、高い精度と信頼性を実現した「リードフレーム」を開発した。DNPは今後、生産設備を増強し、2023年度には新製品の生産能力を現在の約2倍に引き上げる計画である。(2021/11/1)

紙と電子ではどっちが情報伝達効率いい? 中央大学と凸版が研究 結果は“慣れ次第”
中央大学とトッパン・フォームズは、紙媒体と電子媒体の情報伝達効率の違いについて共同研究した結果、年齢や媒体の性質以上に、読者の媒体への“慣れ”が情報を読み取る速さや理解度に影響していると発表した。(2021/10/29)

アスリートの動き分析してトレーニングに活用 「トッパン・スポーツサイエンスラボ」開設
凸版印刷が、モーションキャプチャー技術を活用したトレーニングシステムを軸に、企業や研究機関とビジネス開発などを行う「トッパン・スポーツサイエンスラボ」を開設した。(2021/10/29)

3つのアルゴリズムを活用:
スパコンも量子も不要 「組み合わせ最適化問題」を高速で解くDNPの新発表とは?
大日本印刷は、GPUを使って組み合わせ最適化問題の解を高速で求める「DNPアニーリング・ソフトウェア」を開発した。開発の過程では3つの異なるアルゴリズムを実装した。(2021/10/27)

量子コンピュータ:
量子計算機より「はるかに安価」、GPU搭載PCで組み合わせ最適化を高速解決
大日本印刷は2021年10月26日、GPUを搭載したPC上で組み合わせ最適化問題を高速で解決できる「DNPアニーリング・ソフトウェア」を開発したことを発表した。従来手法と比較して10倍の高速化を実現し、また量子計算機を用いるより低コストで問題解決が図れる可能性がある。(2021/10/28)

展示物にスマホかざすと説明文やCG合成 凸版、博物館ガイドシステム発売
博物館の展示物にスマホをかざすだけで、解説文やCG映像などを重ね合わせて表示できる「博物館ガイドシステム」を凸版が開発。(2021/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。