ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「印刷会社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「印刷会社」に関する情報が集まったページです。

大日本印刷、宅配伝票のCO2削減 製造時、有機溶剤を使わず
大日本印刷が製造工程での二酸化炭素(CO2)の輩出を抑えた宅配伝票を開発し、切り替えを進めている。(2024/2/20)

製造マネジメントニュース:
DNPがUBEと協業、素材分析における新たな価値創出を目指し
大日本印刷は、素材分析における新たな価値創出を目指し、2024年4月から合弁会社でUBEと協業を開始することに合意したと発表した。(2024/1/30)

スマートグラスに周りの声を感情表現豊かに字幕表示するシステム、DNPが開発 
大日本印刷は22日、美術鑑賞会などで解説者や周囲の参加者の声をテキストにしてスマートグラスに字幕表示するシステムを発表した。(2024/1/22)

デジタル変革の旗手たち:
存亡の危機感がDX推進の原動力――大日本印刷 金沢貴人氏
1876年に東京・銀座で秀英舎として発足し、約150年の歴史を持つ大日本印刷(DNP)。現在、DNPグループでは、「未来のあたりまえをつくる。」というブランドステートメントを掲げ、事業戦略、財務戦略、非財務戦略を推進している。取り組みの一環として展開している、DX推進、生成AI利活用、プラットフォーム事業について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/1/17)

製造業×生成AI インタビュー:
“超高速”でアイデアを具体化 DNPが「生成AIラボ」で目指す共創活動
生成AIに関心を示し、自社サービスや業務への導入を検討する製造業は多い。だが、生成AIで何かできるのか、どういったサービスを作れるのかをイメージし、具体化していく仕組みが社内にあるだろうか。そのための仕掛けとして、東京都内に生成AIの共創施設をオープンしたDNPの和田剛氏と大竹宏之氏に話を聞いた。(2024/1/11)

石川県珠洲市の同人誌印刷会社が被災、直近のイベントに向け同業他社が支援に名乗り
(2024/1/3)

人工知能ニュース:
生成AIの誤回答を9割削減、DNPがデータ整形技術を開発
大日本印刷(DNP)は、PDFやWordなどのさまざまな形式のドキュメントを、生成AIの学習に適した形式に整形する技術を開発した。同技術を使用した実証実験では、誤回答を約90%削減した。(2023/12/28)

材料技術:
DNPが3nm相当のEUVリソグラフィ向けフォトマスクを開発
大日本印刷は、3nmに相当する、極端紫外線リソグラフィ向けのフォトマスク製造プロセスを開発した。2024年下期には、マルチ電子ビームマスク描画装置を増設し、稼働を開始する見込みだ。(2023/12/26)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
大日本印刷、生成AIの回答精度を向上させる独自のデータ整形技術を開発
生成AIに整形したデータを活用することで誤回答を約90%削減。(2023/12/22)

要素ごとにコンテンツを分割し、学習させる:
生成AIの誤回答を9割削減する、学習用データの整形技術をDNPが開発
DNPは、ドキュメントを生成AIの学習に適したデータ形式に整形する技術を開発した。同社の生成AI環境で試したところ、従来の生成AIと比べて誤回答が約90%削減したという。(2023/12/22)

工場ニュース:
米国でEV向けリチウムイオン電池用外装材の工場建設へ、2026年の稼働を予定
大日本印刷は、EV向けリチウムイオン電池用バッテリーパウチ工場を建設するため、米国ノースカロライナ州に用地を取得した。同生産拠点は2026年度の稼働を予定しており、需要に応じてジャンボロール製造も検討する。(2023/12/19)

生成AI向けのデータ整形技術をDNPが開発 その効果は?
生成AIが正しく認識できるようにデータを整形する技術をDNPが発表した。その効果と方法とは。(2023/12/15)

「先進半導体パッケージの事業化を支援」:
富士通が新光電気を売却へ JIC、大日本印刷、三井化学に
富士通が、半導体パッケージ基板を手掛ける子会社の新光電気工業を、政府系ファンドの産業革新投資機構(JIC)などに売却すると発表した。買収総額は約6850億円に上る見通し。(2023/12/13)

EUVリソグラフィ向け:
DNP、3nm相当のフォトマスク製造プロセスを開発
大日本印刷(DNP)は、3nm相当のEUV(極端紫外線)リソグラフィ向けフォトマスク製造プロセスを開発した。DNPは今後も、imecとの共同開発などを通じて、2nm以降のプロセス開発などに取り組んでいく。(2023/12/13)

大阪・関西万博:
大阪・関西万博「いのちの遊び場 クラゲ館」の制作をDNPが担当 中島さち子氏や長坂真護氏とコラボ
DNPは、大阪・関西万博の「いのちの遊び場 クラゲ館」の企画・制作を担当すると発表した。その一環で、テーマ事業プロデューサーの中島さち子氏と美術家の長坂真護氏とのコラボレーションによる「ミドルクラゲ“海月(うみつき)”プロジェクト」が始動する。(2023/12/7)

総合書店「honto」、本の通販サービスを終了へ ネットサービス縮小 大日本印刷が発表
大日本印刷が運営する実店舗やネット書店をまとめた総合書店「honto」は、本の通信販売サービス「本の通販ストア」を終了すると発表した。(2023/12/1)

製造ITニュース:
サイバー攻撃発生時の対応をメタバース上で学習する演習プログラムを開発
大日本印刷は、サイバー攻撃などを受けた場合の緊急対応と組織間連携を、メタバース上で効率良く学習できる「組織連携コース_メタバース演習」を開発した。(2023/10/25)

光透過率90%超:
極細で長い銀ナノワイヤが決め手、透明導電フィルム
大日本印刷とマイクロ波化学は2023年10月3日、高い透明性と導電性を両立した透明導電フィルムを開発したと発表した。同フィルムは、マイクロ波化学が開発した直径11nmの銀ナノワイヤを材料に、大日本印刷が独自の塗工技術を使って薄膜形成したものだ。(2023/10/13)

材料技術:
DNPが透明導電フィルム市場に再参入、直径11nmの銀ナノワイヤを採用
DNPは粒径11nmの銀ナノワイヤ分散液を用いた透明導電フィルムを武器に、一度撤退した透明導電フィルム市場に再参入する。(2023/10/3)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
情報漏洩にとどまらず、ビジネスリスクの観点でのサイバー攻撃対策を実践―― サプライチェーン全体を視野に取り組む凸版印刷
凸版印刷では単に自社や顧客の安心・安全を守るだけでなく、サプライチェーン全体でビジネスを加速するためのセキュリティを目指し、技術的対策、ガバナンスによる対策、人的対策という3つの側面から対策を進めてきた。(2023/10/3)

「原因は何だ」「顧客にどう説明すればいい」:
セキュリティインシデント対応の“ヒリヒリ感”をメタバースで体感できる演習 大日本印刷が開発
大日本印刷は「組織連携コース_メタバース演習」を開発した。サイバーセキュリティ人材育成サービス「サイバーナレッジアカデミー」の新しいコースとして2023年11月8日から受講できる。(2023/9/29)

材料技術:
開閉に対応した「世界初」の調光ガラス、センチュリーで採用
トヨタ自動車の「センチュリー」の新モデルに凸版印刷とAGCの調光ガラスが採用された。(2023/9/11)

PR:大日本印刷が「購買DX」実現 法人向けEC“Amazonビジネス”で調達コスト削減、工数10分の1へ 情熱の改革、その裏側に迫る
(2023/8/31)

人工知能ニュース:
複数ロボットの行動を最適化するアルゴリズムの共同研究を開始
凸版印刷は、東京農工大学と共同で、複数のロボットの行動を最適化するアルゴリズムに関する研究を開始する。物流倉庫における自動搬送ロボットの搬送経路の最適化を目的とするAI技術を開発する予定だ。(2023/8/29)

材料技術:
凸版印刷が水素エネルギー市場に参入、高性能なCCM/MEAを販売開始
凸版印刷は、水素エネルギー市場への参入に向け、世界初となる独自の製造方式による、触媒層付き電解質膜/膜電極接合体の生産設備を高知工場(高知県南国市)に導入したと発表した。(2023/8/18)

脱炭素:
有機溶剤不使用の剥離紙を用いた環境配慮型「ラベル伝票」の提供を開始
大日本印刷は、宅配や通信販売、物流事業者向けに、環境配慮型の「ラベル伝票」を提供する。荷物に貼付するラベル伝票に、有機溶剤不使用の剥離紙を使うことで、伝票製造時のCO2排出量を削減する。(2023/8/16)

リサイクルニュース:
印刷済みOPPフィルムを水平リサイクルする実証実験を開始
凸版印刷、三井化学東セロ、三井化学の3社は、印刷済みOPPフィルムを再び軟包材OPPフィルムに水平リサイクルする共同実証実験を開始した。(2023/8/15)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
メタバース&XRをまだ諦めない 有名百貨店やインフルエンサーが見せる本気の取り組み
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、DNPのメタバースとTikTokを連動させたプロモーションなどに注目。(2023/8/4)

警視庁、メタバースでサイバーセキュリティ訓練 DNPのサービス採用
警視庁サイバーセキュリティ対策本部がメタバース上で行う、サイバーセキュリティに対する危機管理訓練などをDNPが受託。(2023/7/27)

FAニュース:
大日本印刷が独自工法でエンコーダーディスクの開発、製造に新規参入
大日本印刷は、「エンコーダーディスク」の開発、製造に新規参入する。独自工法により、割れにくいガラス製ディスクやひずみの少ない金属製ディスク、高反射材を薄膜塗布して反射強度を約1.5倍に高めたディスクなどを製造する。(2023/7/21)

脱炭素:
カーボンフットプリントのコンサルティング事業を開始、CO2削減を支援
大日本印刷は、長瀬産業と共同で、化粧品や医薬などの製品のライフサイクル全体におけるカーボンフットプリントのコンサルティング事業を開始する。同製品を取り扱う業界のCO2排出量の算定と削減をサポートする。(2023/7/18)

インターフェックスWeek 2023:
脱アルミを加速する高機能フィルムと棚卸しで役立つ「RFID一体型パッケージ」
大日本印刷は、従来のフィルムより酸素や水蒸気に対するバリア性と遮光性を高めた機能性フィルム「ハイバリアアルミ蒸着フィルム」や、棚卸しの業務負荷軽減および偽造品対策に役立つ「RFID一体型パッケージ」の開発を進めている。(2023/7/12)

無人搬送車:
大日本印刷が自律搬送ロボットの稼働率を高めるシミュレーターを共同開発
大日本印刷とUltimatrustは、自律走行搬送ロボットの経路を最適化するアルゴリズムと、その導入効果を検証するシミュレーターを開発した。ロボットの最適経路を短時間で導き、搬送時間を短縮する。(2023/7/11)

ボトル内の液体残量がわかるNFCタグ、凸版印刷が開発
凸版印刷は7月6日、静電容量式センサー機能を搭載し、ボトルなど容器内の液体の残量を非接触で検知できるNFCタグラベルを開発したと発表した。8月から、化粧品業界、医療・医薬品業界、酒類業界など全世界に提供するとしている。(2023/7/6)

透明ディスプレイに翻訳を表示 西武新宿駅で実験
この「VoiceBiz UCDisplay」は凸版印刷が開発したもので、話した言葉の翻訳結果を透明ディスプレイに表示。アプリの操作などが不要なため、相手の表情を見ながら円滑な多言語コミュニケーションを実現できるとしている。(2023/7/6)

材料技術:
5Gミリ波を任意の方向に反射可能な、軽量で柔軟な反射シートを開発
凸版印刷は、5Gで使用されるミリ波帯を任意の方向に反射できるシートを開発した。薄くて軽く、柔軟性があるため、従来の金属製反射板に比べて利便性や安全性に優れる。また、表面を木目調や大理石調にデザインして、壁紙として室内に設置できる。(2023/7/6)

地球環境に配慮したクレジットカード DNPが開発、JCBが7月10日から発行 タッチ決済にも対応
ジェーシービー(JCB)は7月10日から、地球環境に配慮した「JCBバイオマスゴールドカード」を発行する。券面の裏表にカード番号を記載しない、ナンバーレスタイプのバイオマスカードについては、発行検討中としている。券面デザインは地球環境への配慮の表れとして、JCB ORIGINAL SERIESの横に葉っぱのマークが付く。(2023/7/4)

組み込み開発ニュース:
最長4000mの通信に対応、資材管理向けの新型アクティブタグを発表
凸版印刷は、次世代ZETA規格「Advanced M-FSK変調方式」に対応する、資材管理向けアクティブタグ「ZETag」の新型3種を発表した。最長通信距離が従来品の2倍となり、感度や転送速度も向上している。(2023/7/3)

凸版、フレキシブルなミリ波反射シート開発 壁紙にも……「5G電波の不感地帯解消」
凸版印刷は、5G通信で利用する波長1〜10mmの電波を、望む方向に反射させられるミリ波反射シートを開発した。(2023/6/27)

工場ニュース:
DNPが高機能光学フィルムの広幅コーティング装置を増設、最大2500mm幅に対応
大日本印刷は、大型化が進むテレビ向けの光学機能性フィルムの製造に最適な最大2500mm幅に対応可能なコーティング装置を新たに三原工場(広島県)に導入する。(2023/6/14)

古文書を解読できるiOSアプリ、凸版印刷が無料配信 手書きや木版のくずし字に対応 解読率は90%
凸版印刷は、くずし字解読アプリ「古文書カメラ」(iOS)の配信を始めた。AI-OCR技術を活用したアプリで、スマートフォンで撮影したくずし字をその場で解析できる。(2023/6/1)

社内業務、事業の双方で活用:
大日本印刷が3万人を対象にChatGPTの社内運用を開始、DX推進のカギに
大日本印刷がChatGPTの利用環境を構築し、2023年5月31日に運用を開始する。社内の情報を組み込んだ独自モデルを、国内外のグループ社員約3万人が活用できる。(2023/5/31)

組み込み開発ニュース:
専用チップ設計の民主化に向けたプラットフォームの研究開発を開始
東京大学、アドバンテスト、凸版印刷、日立製作所、ミライズテクノロジーズ、理化学研究所は、先端システム技術研究組合において、チップ設計に関する先端システム技術の研究開発を開始した。(2023/5/30)

イノベーションのレシピ:
DNPが展開する全分野の技術を集積した共創施設をオープン、「ミニ腸」も展示
大日本印刷は、東京都内のDNP市谷加賀町第3ビルに開設した共創施設「P&Iラボ・東京」を2023年5月8日にオープンした。(2023/5/26)

デジタルの強み:
「バーチャル秋葉原」内で神田祭 未公開資料を含む1500点を公開
大日本印刷は、AKIBA観光協議会(東京都千代田区)と共同で運営するメタバース空間「バーチャル秋葉原」内で4月24日、「3D企画展ミュージアム」を新設・公開した。4年ぶりの実施となった神田祭をテーマにした特別企画展「歌川派絵師が描く神田祭」を開催中。クロスリアリティ(XR)技術を活用して神田明神および江戸・東京の魅力を国内外に発信することが狙い。(2023/5/16)

JSファンダリと協業:
凸版印刷、パワー半導体の製造代行事業に参入
凸版印刷は2023年4月、パワー半導体向けの受託製造ハンドリングサービスを提供開始した。JSファンダリと協業し、2027年度には関連受注を含め、30億円の売り上げを目指すとしている。(2023/5/2)

量子コンピュータ:
凸版印刷とNICT、耐量子計算機暗号対応のプライベート認証局構築など成功
凸版印刷と情報通信研究機構とは、量子コンピュータでも解読が困難な耐量子計算機暗号対応のプライベート認証局構築と、同局における改ざん検知機能などの有効性検証に成功した。(2023/4/20)

大日本印刷が「新たなビジネスモデル」を模索 その中でOCIを選択した理由とは
印刷が収益の主軸にあった大日本印刷だが、近年はデジタル化の影響もあり新たなビジネスモデルを模索している。その中でOCIを採用した背景とは。(2023/4/13)

工場ニュース:
凸版印刷が欧州に透明バリアフィルム生産工場を新設、2024年末に稼働開始
凸版印刷は、透明バリアフィルム「GL BARRIER」の生産工場をチェコに新設する。稼働開始は2024年末の予定。優れた環境適性を備える同バリアフィルムの能力増強により、欧州市場における環境配慮型パッケージの需要拡大に対応する。(2023/4/5)

AWSの資格試験を全ての新入社員に 凸版印刷が新人研修で
凸版印刷が、4月21日まで行う新入社員研修で、全新入社員にAWSの認定資格試験を受験させると発表した。「今後のビジネスにおいて必須スキルであるクラウドに関する知識を早期に習得することで、凸版印刷のDXを強化する」という。(2023/4/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。