ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

  • 関連の記事

「Qik」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Qik」に関する情報が集まったページです。

PR:タフネス×スイスイ――arrows先生と学ぶ「arrows NX F-01K」
富士通コネクテッドテクノロジーズのスマートフォン「arrows」のフラグシップモデルが、1年ぶりに刷新されました。どんな特徴があるのか、高名な「arrows先生」に解説してもらうことにしました。(2017/12/18)

Microsoft、グループ動画メッセンジャー「Skype Qik」終了へ
Microsoftが、2014年に公開したグループ動画メッセージングアプリ「Skype Qik」の提供を3月24日に終了する。Skypeアプリにグループ動画チャット機能を追加することもあり、Skype Qikの役割は終わったということのようだ。(2016/2/23)

海外先行出荷Winタブの展示も:
日本マイクロソフト、コンシューマー向けオンラインサービスをアピール
2014年秋から年末にかけて投入する新サービスの概要を紹介。Windowsタブレットの展示では、日本未出荷モデルも登場した。(2014/12/2)

「後で消せる」ビデオメッセンジャー「Skype Qik」登場
Microsoft傘下のSkypeが、42秒までのビデオをグループ内でメッセージとして共有する新しいモバイルアプリ「Skype Qik」をiOS、Android、Windows Phone向けに公開した。送ったビデオを後から削除でき、2週間後には自動的に消滅するのが特徴だ。(2014/10/15)

2012 International CES:
キーワードは“融合”、見どころの多いソニー
今年のソニーは、「PlayMemories」や「Crystal LED Display」、新「Bloggie」などトピックが多い。プレスカンファレンスの様子と展示ブースを合わせて詳細にリポートしよう。(2012/1/11)

2012 Internatinal CES:
ソニー、ライブ中継も可能なWi-Fi対応モバイルカメラ「Bloggie Live」発表
モバイルカメラ「Bloggie Live」は、Wi-Fi対応でFacebookやYouTubeに動画をアップロードできるほか、SkypeのQik経由でのライブストリーミングも可能だ。(2012/1/10)

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」のインカメラに、映像が反転する不具合
ドコモのSamsung電子製タブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」に、インカメラの映像が反転する不具合があることが分かった。ビデオチャットなどの利用時に影響がでる。(2011/10/14)

「Xiの不安要素を廃した」ドコモ──LTEタブ+テザリングでWiMAX猛追の構え
NTTドコモがLTE内蔵タブレットを投入。高速なLTEサービスとAndroidタブレットのメリットを「動画サービス」軸に一般層にもアピールする。同時に「タブレットをポータブルルータに」とする訴求策もあるようだ。(2011/9/8)

ドコモマーケットもリニューアル:
ドコモ、Xi対応タブレットに「Hulu」などの映像コンテンツを無料提供
ドコモは、Xi対応タブレットユーザーへの特典として、「Hulu」「よしもとケータイバラエティJOOKEY」「Qik ビデオ」などの映像・動画コンテンツを一定期間無料で提供する。また、オンラインゲームサービス「G CLOUD」向けのクーポンも用意する。(2011/9/8)

冬春モデルでXi対応スマートフォンを4機種投入する――ドコモ山田社長
ドコモはXi対応タブレット2機種の投入に伴い、新たな料金プランや映像系の新サービスを提供する。さらに、山田社長は来春までにXi対応スマートフォンを4機種投入することを明かした。(2011/9/8)

ドコモ タブレット:
Xi対応、ワンセグ搭載の防水Androidタブレット――「ARROWS Tab LTE F-01D」
「ARROWS Tab LTE F-01D」は、NTTドコモの高速データ通信サービスXiに対応する富士通製のAndroidタブレット。10.1インチのボディにIPX5/IPX7防水機能やワンセグを搭載するなど、日本市場向けのアレンジを施しているのが特徴だ。(2011/9/8)

Skype、グループテキストチャットサービスのGroupMeを買収
Skypeが、iPhone、Android、BlackBerry、Windows Phone向けのグループテキストチャットアプリを提供する新興企業GroupMeを買収した。(2011/8/22)

「カバコレ」も提供開始:
ソフトバンクモバイル、「AQUOS PHONE 006SH」を6月4日に発売
ソフトバンクのシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE 006SH」が6月4日から販売される。あわせて、スマートフォンのカバーをオーダーメイドできる「カバコレ」も提供される。(2011/5/31)

まるでフィーチャーフォン:
回転2軸+テンキーに16Mカメラ搭載の防水Android「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」
ソフトバンクモバイルは、防水防塵に対応する回転2軸型ボディのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」を、6月中旬以降に発売すると発表した。緊急地震速報にも対応している。(2011/5/20)

ソフトバンクからも登場――3D液晶×ツインカメラ搭載の「AQUOS PHONE 006SH」
3D液晶やツインカメラ、QHDディスプレイを搭載した“AQUOS PHONE”が「006SH」として、ソフトバンクモバイルからも登場。OSはAndroid 2.3を搭載する。発売は6月上旬の予定。(2011/5/18)

無料IP電話アプリのfring、iPhoneとAndroidのグループビデオ会議を可能に
iPhone、iPad 2、Androidのユーザーが4人まで一緒に使えるビデオ会議アプリが無料で公開された。(2011/4/28)

Skype、モバイルビデオストリーミングのQikを買収
SkypeがiPhoneやAndroid向けにリアルタイムビデオストリーミングサービスを提供しているQikを買収する。(2011/1/7)

Sprint、WiMAX対応Android「HTC EVO 4G」を199ドルで発売
「HTC EVO 4G」は初のWiMAX対応Android端末。2つのカメラと無料の「Qik Video」でビデオチャットが楽しめる。(2010/6/7)

日本の3GとiPhoneで「人生が変わった」 東京マラソン“Ust実況ランナー”が見た景色
英国出身のジョセフ・テイムさんは、日本の3G回線の速さに驚いたという。3G回線で何かやりたいと考え、選んだ舞台は東京マラソン。iPhoneとUstreamを使って自分が走る様子をライブ配信した。(2010/4/20)

「携帯から生放送」のQik、BlackBerryに対応
携帯電話で撮影した動画をWebでストリーミング配信できるサービスQikが、BlackBerryでも利用可能になった。(2008/10/28)

海外ダイジェスト(8月28日)
マーク・アンドリーセン氏が動画サイトQikに出資、Warner Bros.がオリジナル番組を配信するオンラインサイトを立ち上げ、ほか。(2008/8/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。