ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「REST(Representational State Transfer)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
デジタルアイデンティティこそがデジタル覇権の行方を左右する――東京デジタルアイディアーズ崎村夏彦氏
GAFAを成功に導いたデジタルアイデンティティとは? デジタルの世界で劣勢に立たされている日本が再び立ち上がるポイントとして、明治維新の歴史に学び、「デジタル変法」が必要だと呼びかけた。(2024/5/15)

SCM改革:
PR:中堅製造業こそSCM改革が必要だ! 予測業務や計画業務のDXを助ける心強い味方
SCM改革に関心はあっても、導入コストや対応できる人材の不足がネックになり二の足を踏んでいる中堅製造業は多い。そんな企業を助けるのがザイオネックスの「PlanNEL」だ。多数のSCM支援のノウハウを詰め込んだソリューションを低コストかつ万全のサポート体制で導入できる。(2024/5/7)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(7):
RustとDioxusで投稿アプリのSPAを作ってみよう
第7回からは、第6回で作成した投稿アプリのREST APIを利用して、UI作成フレームワークDioxusでアプリのフロントエンド部分をSPAとして開発していきます。第7回では、API呼び出し関数の実装と、その呼び出し結果をページに反映するコードを通じて、Dioxusの基本動作を理解します。(2024/4/19)

「Adobe Summit 2024」レポート:
アドビの生成AI戦略は「コンテンツサプライチェーン」に焦点 大規模パーソナライゼーションをどう実現する?
Adobeの年次イベント「Adobe Summit 2024」の基調講演から、生成Aiを前面に打ち出した同社の顧客体験管理ソリューションの最新アップデートに付いて詳しく紹介する。(2024/4/5)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(6):
RustとActix Webで投稿アプリにREST APIを導入しよう
第6回は、第5回の続きとして、投稿アプリにREST APIを導入し、後続の回で利用できるようにします。(2024/3/15)

「GPT-4」などのOpenAIモデルに対応:
Microsoft、任意のデータで生成AIサービスを構築できる「Azure OpenAI Service On Your Data」を提供開始
Microsoftは、「Azure OpenAI Service」で独自のデータを使用できる新機能「Azure OpenAI Service On Your Data」の一般提供を開始した。(2024/3/5)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(5):
RustとActix Webで投稿アプリに状態管理を導入しよう
第5回は、第4回の続きとして、テンプレート化した投稿アプリにセッションによる状態管理の仕組みを導入し、それを利用した入力情報の記憶やフラッシュメッセージの実装例を紹介します。(2024/2/16)

問題点がメリットを上回るケースも:
開発者が注意すべき「マイクロサービスの問題点」、そのトップ10を解説
TechTagetは、「マイクロサービスの問題点」に関する記事を公開した。多くのメリットが得られるマイクロサービスだが、管理やコスト、デバッグの難易度などアプリケーション開発者が注意すべき点も多いという。(2024/1/5)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(3):
RustとActix Webで投稿アプリの登録画面を開発しよう
第3回は、第2回の続きとして、投稿アプリに投稿表示、作成、更新、削除の機能を実装していきます。この過程で、リクエストの受け取り方法、レスポンスの生成方法の詳細を理解します。(2023/12/15)

サイバー攻撃の増加に備える:
IoT機器の脆弱性を3ステップで可視化、キーサイトの検査ツール
キーサイト・テクノロジーは「EdgeTech+ 2023」で、IoT(モノのインターネット)機器におけるセキュリティの脆弱性を容易に可視化できるテストツール「IoT Security Assessment」を展示した。既知と未知、両方の脆弱性を確認できるという。(2023/12/13)

ヨドバシの中の人が語る、開発中のヨドバシAPIが目指す機能、仕組み、そしてセキュリティ(後編)
ヨドバシAPIがどのように設計され、開発、実装されていくのか。ヨドバシの”中の人”が解説。(2023/12/6)

ヨドバシの中の人が語る、開発中のヨドバシAPIが目指す機能、仕組み、そしてセキュリティ(前編)
ヨドバシAPIがどのように設計され、開発、実装されていくのか。ヨドバシの”中の人”が解説した。(2023/12/6)

メッセージベースのシステム、クラウドベースのサービスなど:
重要なのは3つ――バックエンド開発者を目指すに当たって必要なスキルとは
バックエンド開発者になるために必要なスキルとは何か。新たにバックエンド開発者を目指す際に役立つ、3つの重要なスキルを紹介する。(2023/10/17)

POST、PUT、PATCH、GET、DELETEの5つ:
RESTful API開発における5つの重要なHTTPメソッドとは
開発者が知っておく必要がある5つの一般的なRESTful API HTTPメソッドについて、方法の違いと使用方法を解説する。(2023/9/21)

API管理ツールのメリットは? 何ができる?:
API管理ツール「Postman」と「Insomnia」を比較、どちらが適しているのか
あなたの組織にはPostmanのようなフル装備のプラットフォームが必要なのか、それともInsomniaのような軽装備のプラットフォームが必要なのか。2つのAPI管理ツールのポイントをまとめる。(2023/9/13)

脱メインフレームの難しさ、どう解決?【中編】
「COBOL」のスキルは要らない メインフレーム統合ができる“魔法”の正体
メインフレームを巡って、プログラミング言語「COBOL」といったスキルの不足が問題になっている。COBOLができなくてもメインフレームのシステム連携を成功に導く方法とは。(2023/7/26)

JetBrains調査:
【比較表付き】2万9000人が選ぶベストCI(継続的インテグレーション)ツールの第2位はJenkins、第1位は?
JetBrainsが開発者エコシステムの現状をレポートする「Developer Ecosystem Report 2022」からCI/CDツールに関する調査結果を発表した。レポートでは、世界中の2万9000人を超える開発者の回答に基づいて、最もよく使用されている17のCIツールがランク付けされている。(2023/7/22)

フルスタックフレームワーク、T3 Stack入門(2):
T3 Stackの要、tRPCとは? tRPC、Zod、TanStack Queryについて解説
フロントエンドエンジニアに向けて、Webアプリケーション開発のためのフルスタックフレームワークT3 Stackを解説する本連載。第2回はT3 Stackの要となる要素であるtRPCと、tRPCに含まれて連動しているZod、TanStack Queryについて解説する。(2023/7/6)

「2023年はオーケストレーションが成長を遂げる」:
データエンジニアリングは世界的な景気減速に直面 データエンジニアリングの現状をlakeFSがレポート
オープンソースのデータレイクバージョン管理システムを提供するlakeFSは、公式ブログで2023年のデータエンジニアリングの現状についてまとめたレポートを紹介した。(2023/6/16)

Cloud Nativeチートシート(28):
リリース/ロールバックの自動判断&実施で運用コストを絶大削減「プログレッシブデリバリー」をArgo Rolloutsで実践しよう
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、先進的なリリース戦略「プロフレッシブデリバリー」を「Argo Rollouts」で実践する。(2023/6/15)

スキマ時間にこっそり学ぶ「gRPC」入門(終):
Goとgrpc-gatewayでリバースプロキシを開発する――gRPCサービスのRESTful API化
第8回は、gRPCをサポートしないWebブラウザなどのクライアントからgRPCサービスを利用するためのリバースプロキシgrpc-gatewayを紹介します。プログラミング言語はGoです。(2023/6/9)

フルスタックフレームワーク、T3 Stack入門(1):
TypeScriptベースのフルスタックフレームワーク「T3 Stack」で極上の開発体験を 何がすごいのか?
フロントエンドエンジニアに向けて、Webアプリケーション開発のためのフルスタックフレームワークT3 Stackを解説する本連載。第1回はT3 Stackの概要とTodoアプリ作成を例にしたチュートリアルを紹介する。(2023/5/11)

業界標準のSPDXフォーマットのJSONファイルを生成:
GitHubリポジトリからSBOMを簡単に生成できる新機能をリリース、GitHub
GitHubは、GitHubのクラウドリポジトリからワンクリックで、米商務省のNTIAのガイドラインに準拠した「SBOM」(ソフトウェア部品表)を生成できる新機能を発表した。(2023/4/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(188):
Azure VMのデプロイ自動化にも役立つ「マネージド実行コマンド」、従来の「アクション実行コマンド」との違いは?
MicrosoftはAzure仮想マシンの新機能として、「マネージド実行コマンド」の一般提供を開始しました。既に提供されていた「アクション実行コマンド」とは何が違うのでしょうか。(2023/2/16)

AWSチートシート:
APIテストに便利! 「Amazon API Gateway」と「Amazon S3」で作る、レスポンスを動的かつ簡単に変更できるAPIモック
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は「Amazon API Gateway」と「Amazon S3」を利用して、レスポンスを動的かつ簡単に変更できるAPIモックを作る方法を紹介します。(2023/2/2)

新ベンダー/新製品じろじろウオッチ(3):
プログレス・ソフトウェア、ITインフラ管理製品にトラフィック分析の「Flowmon」、ロードバランサーの「LoadMaster」を追加
ITインフラ管理のソリューションを提供するプログレス・ソフトウェアがネットワーク・ITインフラ監視の主力製品「WhatsUp Gold」の他、ロードバランサーの「LoadMaster」とネットワークトラフィック分析、ランサムウェア検知の「Flowmon」をラインアップに加えた。(2022/12/23)

人材不足、属人化、ブラックボックス化の悪循環も課題:
PR:余裕がないのに「安定運用」と「スピード対応」の両立が求められる時代、ITインフラにおける“自動化”はどうすれば実現できるのか?
DXのトレンドが進展する一方、ITインフラを運用する現場には「安定運用」に加え、「DX推進のためのITインフラ刷新」「スピード感を持った対応」までが期待される事態となっている。余裕のない状況下で、どのような取り組みを進めることが有効なのか。(2022/12/21)

.NET 7は2022年11月に正式リリース:
「.NET 7 RC2」登場 C# 11や.NET MAUI利用可能で、現場への影響は?
Microsoftは、アプリケーション開発プラットフォームの次期バージョン「.NET 7」のRelease Candidate 2(RC2)を発表した。(2022/10/14)

「Azure OpenAI Service」でAI画家「DALL・E 2」利用が可能に
Microsoftは、「Azure OpenAI Service」で利用できる言語モデルに「DALL・E 2」を追加すると発表した。玩具のMattelがミニカーの「ホットウィール」設計に利用していると紹介。(2022/10/13)

VMware CEOと振り返るVMware Explore 2022(1):
VMware CEOが唱える「マルチクラウドのカオスからの脱出」は、後ろ向きなものなのか聞いた
VMware CEOのラグー・ラグラム氏への単独インタビューの内容を軸に、VMware Explore 2022を2回に分けて振り返る。連載の第1回は、VMware Explore 2022のテーマ、および大きな発表のあった統合管理製品群と仮想化プラットフォームを取り上げる。(2022/9/27)

SQL Server 2022がリリース候補版に到達 Amazon S3へのバックアップ・リストアなどに対応
米Microsoftが開発中のリレーショナルデータベース「SQL Server 2022」がリリース候補版に到達した。ブロックチェーンの技術をデータベースに組み込むことでデータの改ざん防止などを可能にする機能に加え、「Amazon S3」互換ストレージとも連携できるという。(2022/8/26)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(3):
検索API量産環境の短期構築、改善事例で分かる、「AWS Codeシリーズ」によるCI/CDパイプライン自動化のコツ
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。今回は、API開発システムの全体構成と構築の流れについて解説する。(2022/8/23)

リアルタイムOS列伝(25):
NXP/Freesclaeのプロセッサならタダで使えるRTOS「MQX」はそつがない作り
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第25回は、NXP/FreesclaeのMCUやMPUであればロイヤルティーフリーで利用できるRTOS「MQX」を紹介する。(2022/8/3)

RPAは「自動化ツール」にあらず!?:
PR:RPAは「ローコード開発環境」と捉えよ IT業務改善のプロに聞く、RPAを使いこなしてDXを推進するカギ
「RPAは自動化ツールではなく、ローコードの開発環境だ」――そう話すのが、RPA製品「AutoMate」を導入し、自社のワークフローサービスをアップデートしているケートリックの田付氏だ。果たして、その言葉の真意はどういったところにあるのか。そして、日本企業がRPAをこれまで以上に活用するためのカギとは。同社の事例から探る。(2022/7/28)

AWSチートシート:
サーバレス初心者向け「AWS Lambda」「Amazon API Gateway」「Amazon EventBridge」を組み合わせたSlack通知
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は「AWS Lambda」と「Amazon API Gateway」を使って、Slackにメッセージを送るAPIを作成する方法、「Amazon EventBridge」を利用して一定間隔でメッセージを自動送信する方法を紹介する。(2022/7/28)

脅威の侵入後を想定したセキュリティ対策を:
PR:激化するランサムウェアをはじめとしたマルウェア攻撃になぜ「特権ID管理」が有効か?
ランサムウェアをはじめとしたマルウェア被害を報告する国内企業が増加する中、脅威の侵入を防ぐエンドポイントの保護は重要だが、侵入後を想定したセキュリティ対策も求められている。これに向けて特権ID管理が果たす役割を解説する。(2022/7/14)

SMBCの次期DX推進基盤にも採用 NECがメインフレーム新製品を発表【訂正あり】
NECが「メインフレーム継続宣言」通りに新製品を発表した。独自プロセッサも開発を継続。担当者は「変える必要がないところを変えずにDXを推進するのが最高効率」と語る。(2022/6/30)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(2):
ペットと家畜、KISSの原則、SREの導入――AWS上のシステムをクラウドネイティブ化する際に用いるべき原理原則
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。今回は、AWS上のシステムをクラウドネイティブ化する際に用いるべき原理原則について解説する。(2022/6/21)

Cloud Nativeチートシート(16):
DockerがKubernetesのコードから消滅した理由、歴史的背景、ツールごとの対応方法総まとめ
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Kubernetes 1.24でDockerサポートが削除された背景と対応方法について解説する。(2022/6/3)

IoT&5Gソリューション展:
オムロンのIoTゲートウェイ、モジュールコンセプトで通信を自由自在に
オムロンは、「第11回 IoT&5Gソリューション展 春」において、モジュールコンセプトによってデバイスやセンサーとクラウドをつなげるための通信機能を自由自在に選べるIoTゲートウェイを披露した。(2022/4/8)

多彩なデータソースを利用可能
Dockerで簡単に試せるOSSのローコード開発ツール「Budibase」
オープンソースのローコード開発ツールが登場した。Dockerコンテナも用意されているので、簡単にインストールして試すことができる。GitHubには日本語READMEも用意されている。(2022/3/16)

セキュリティ組織にデータ民主化を――「次世代セキュリティDWH」大解剖(1):
マーケティング分析で使われるビッグデータ基盤をセキュリティ業務に応用した理由
マーケティング分析で用いられているデータ基盤サービスを活用した、リクルートの「次世代セキュリティDWH」の構築事例を中心に、最新のセキュリティログ基盤の動向を紹介する連載。初回は、その背景やきっかけ、考え方について解説する。(2022/2/4)

.NET 6移行入門(2):
「C# 10」の新機能で、コーダーにうれしいこと8選
.NET 6の現状を把握し、具体的な移行方法を学ぶ連載。今回は、C# 10の新機能について。(2022/1/27)

WordPressのSEO対策プラグインに「緊急」の脆弱性 早急な対処を
WordPressのSEO対策プラグイン「All In One SEO Plugin」に2つの脆弱性が見つかった。深刻度は一つが「緊急」、もう一つが「重要」に分類される。該当プラグインを使用している場合には直ちにアップデートを適用することが望まれる。(2021/12/23)

AUTOSARを使いこなす(21):
AUTOSARの最新リリース「R21-11」(その1):新規コンセプトの他に変更や廃止も
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第21回からは、2021年11月25日に発行された最新規格文書の「AUTOSAR R21-11」について紹介する。(2021/12/20)

「Windows 365 Business」がWindows 11に対応 月額2720円で最新OSをクラウドで利用可能に
米Microsoftは12月15日、サブスクリプション型クラウド仮想PCサービス「Windows 365 Business」がWindows 11に対応することを明らかにした。今週中に対応を始めるとしている。(2021/12/17)

SaaS利用や情シスのテレワークにも対応:
PR:ゼロトラスト前提の今「特権ID管理」を見直すべき理由
SaaSの普及やランサムウェアをはじめとした脅威の高度化、複雑化など、特権ID管理を取り巻く環境は大きく変化している。クラウド移行やテレワークにも柔軟に対応する、次世代の特権ID管理に必要なポイントとは。(2021/11/26)

AutoML OSS入門(5):
ノーコードでAutoMLを実現、Javaアプリと簡単に連携できる「H2O」
AutoML OSSを紹介する本連載第5回は、ノーコードでAutoMLが実行できるOSS「H2O」を解説します。H2Oは、最小限の時間で最適なモデルの構築を目指すだけでなく、分散処理フレームワークを活用した大規模なデータセットの高速処理や、Python以外の手法による機械学習の実現など、さまざまなニーズを満たす機能が実装されています。(2021/10/29)

テスト自動化をざっくり解説:
5分で分かるテスト自動化
現在のソフトウェア開発に欠かせない「テスト自動化」について、およそ5分でざっくり解説します。(2021/10/27)

インフラ全体を一気通貫でモニタリング:
PR:「AIの活用」で変わるITインフラ監視は、IT担当者を救う最善手となるか
ビジネスのあらゆるシーンでITが活用されるいま、複雑化するITインフラの運用や監視はますます重要で、負荷の高い作業になっている。そこで期待されているのが「AI」を活用したITインフラ監視ツールだ。AIを活用した最新のITインフラ監視ツールとはどのようなものなのか。IT担当者をどうやって支援するのだろうか。(2021/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。