ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「Red Hat Enterprise Virtualization」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Red Hat Enterprise Virtualization」に関する情報が集まったページです。

なぜストレージ変更でコストが下がるのか
SANをハイブリッドフラッシュに置き換えて年1140万円のコストを削減
HDSのSANストレージをTintriのハイブリッドフラッシュにリプレースすることで、年間で約1140万円のコストを削減したという。コストが下がった要因とは?(2017/10/17)

データベースアプリ、CAD/CAM環境も視野に:
物理サーバよりも高速化が期待できる「Red Hat Enterprise Virtualization 3.6」
米レッドハットは、KVMを基に開発した仮想化ソリューションの最新版「Red Hat Enterprise Virtualization 3.6」の提供を開始する。vCenterと直接接続できる他、PCIデバイスアサインメント機能が盛り込まれている。(2016/3/22)

Docker、HTTP/2、マイクロサービス対応も見据えて:
容易にWebサービスを高速化できるNginxを使いこなすための秘訣とは
高速で軽量なOSSのWebサーバとして注目されている「Nginx」。使いこなすための課題や有効なアーキテクチャ構成などをサイボウズでの導入事例と共に明かす。(2016/3/17)

最大の価値は“ユーザーの選択肢”:
PR:“クラウドの選択肢をフルオープンに”――マイクロソフトとレッドハットの提携がもたらすものとは
企業向けクラウドに関して包括的な提携を結ぶことを発表したマイクロソフトとレッドハット。ソフトウエアの開発と提供ではライバルと目されてきた両社の提携は、クラウドを中心としてソフトウエア業界が大きく変化していることをあらためて印象付けた。両社の提携はユーザーにどのようなメリットをもたらすのか――@IT編集長の内野宏信が、マイクロソフトの新井氏とレッドハットの藤田氏に話を聞いた。(2015/12/25)

一般企業のOpenStack採用は:
レッドハットのホワイトハーストCEOに、OpenStack、Ceph、Ansibleについて聞いた
レッドハットは11月4日、東京都内でRed Hat forum 2015を開催した。来日した米レッドハットのCEO、ジム・ホワイトハースト氏は、プレス向けの説明会で同社の戦略を説明するとともに質問を受け付けた。筆者は、同社にとってのOpenStackの戦略的な意味、およびCephのInktank、Ansibleを買収した狙いについて聞いた。(2015/11/9)

ESXi、KVMに続きHyper-V対応:
汎用「仮想化環境専用ストレージ」になったティントリのVMstore
ティントリジャパンは2015年3月5日、同社の仮想化対応ハイブリッドファイルストレージ製品「Tintri VMstore」がHyper-Vに対応、これによって3つの主要ハイパーバイザーを同時にサポートするようになったことを発表した。当初は事実上VMware vSphere専用だったVMstoreは、汎用的な仮想化環境専用ストレージになろうとしている。(2015/3/11)

Red Hat Enterprise Virtualization導入事例
Red Hatの仮想化と自動化で「イノベーションを生む余裕」を実現
ダウンタイムが許されないニュースサイトが、Red Hat Enterprise VirtualizationとSatelliteを導入。得られたのは可用性だけではなかった。(2015/2/19)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :クラウド価格競争の意外な結末
巻頭特集は、クラウド市場の価格競争の現状をリポート。価格はお幅に下がったが、その影響は意外なものだった……。他に、Red Hat Enterprise Virtualizationの導入事例、メルセデスAMGおよびVMwareのCIOインタビューなどの記事をお届けする。(2015/2/9)

富士通とのOEM提携で国内販売も強化:
米ティントリのストレージ製品がマルチハイパーバイザー対応に
仮想マシン単位でのモニタリングや制御など、独自の機能を持つTintri VMstoreがRHEV 3.0にも対応、年内にはHyper-Vも同様の管理が可能になるという。富士通ETERNUSブランドへのOEM供給と併せて発表があった。(2014/9/11)

差別化よりも利用環境を整備:
レッドハットがOpenStackのIcehouse版を国内発表
レッドハットが同社OpenStackディストリビューションの新版、「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」の国内におけるサブスクリプション・ライセンス提供を同日に開始すると発表した。同社にとっては、クラウド技術の利用環境をどう整えていくかがテーマだ。(2014/7/24)

国内企業の関心は高い:
レッドハット、OpenStack/仮想化の最新製品を説明
レッドハットは1月28日、米国本社が1月22日、全世界的な提供開始を発表したOpenStack/仮想化製品の最新版について説明した。国内企業におけるOpenStack製品の導入例が出始めているという。(2014/1/29)

レッドハット、OpenStackベースのクラウド管理ソフト群の最新版リリース
「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 4.0」および「Red Hat Cloud Infrastructure 4.0」、仮想化基盤ソフト「Red Hat Enterprise Virtualization 3.3」などの国内提供を開始した。(2014/1/28)

レッドハット、OpenStack対応のクラウド管理製品を提供
「Red Hat CloudForms 3.0」は、レッドハットのOpenStack製品の管理機能が追加された。(2013/11/13)

いまのうちに検証を進めたい人へ:
レッドハット、OpenStack製品を国内提供開始
レッドハットが7月23日、同社のOpenStack製品を国内で販売開始したと発表した。当面は直販のみ。将来に向けて検証を進めたい事業者やユーザー組織に対し、レッドハットが直接、全面的にサポートできる範囲で提供していくという。(2013/7/23)

レッドハット、OpenStackベースのクラウド基盤ソフトをリリース まずはアーリーアダプター向け
RHELベースでクラウド基盤を構築するユーザーと、既存環境にOpenStackベースのクラウド基盤を組み合わせていくユーザー向けに、2つのラインアップを展開する。(2013/7/23)

ハイブリッドクラウド技術提供ベンダへ進化:
米レッドハットのトットン氏に聞いた、「OpenStack戦争」をどう生き抜く?
米レッドハットのバイスプレジデント兼プラットフォーム事業部門長であるジム・トットン氏は、同社がオープンなハイブリッドクラウドのコンポーネント提供ベンダになると説明した。筆者は、IT業界の主要ベンダのほとんどがOpenStackに力を入れてきている状況で、レッドハットはどのような存在価値を今後発揮していくのかと質問してみた。(2013/5/23)

UNIXやWindowsからLinuxにシフトする Red Hatが描く成長戦略
RHEL事業を率いるジム・トットン氏が来日し、ハイブリッドクラウド時代を見据えた同社の成長戦略を語った。(2013/5/22)

レッドハットが2014年度事業戦略を発表、OpenStackなど新領域に注力
仮想化やストレージ、クラウド関連、OpenStack関連など、Linuxディストリビューション以外の事業分野に特に注力していく。(2013/4/25)

エコシステムを活用した事業を今後も推進:
レッドハット、「ビッグデータとクラウドはOSSが主役」
レッドハットの日本法人は3月28日、ビッグデータ関連の同社の戦略について国内で説明した。同社は、ビッグデータとクラウドにおける主役はオープンソース・ソフトウェアだと、改めて強調した。(2013/3/28)

既存のIaaS/仮想化ツールを補完:
Red HatがManageIQを買収、ハイブリッドクラウド管理サービス強化へ
米Red Hatは12月20日、エンタープライズクラウド管理・自動化ソリューションを手がける米ManageIQを1億400万ドルで買収することで合意したと発表した。(2012/12/21)

「サーバ仮想化」導入完全ガイド
物理サーバを統合することでさまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化。その基本機能を解説した上で、製品に関する最新動向を紹介。さらに主要な製品や導入/運用時の注意点などをまとめた。(2012/12/4)

アクロニス、バックアップ/リカバリ製品の最新版発売 物理・仮想対応を強化
Acronis Backup & Recoveryの新バージョンではディザスタリカバリやデータ保護機能が強化されている。(2012/11/21)

VMwareはなぜvRAMライセンスを廃止したのか
VMwareのvRAMライセンス廃止の背後にMicrosoftの影
VMwareはvSphere 5でvRAMライセンスを廃止した。その背景には、Windows Server 2012やSystem Center 2012のライセンスを簡素化するMicrosoftとの競合関係が少なからず存在する。(2012/11/19)

レッドハットがストレージ分野に本格参入、スケールアウト型ソフトを発売
x86サーバで利用可能なオープンソースベースの「Red Hat Storage Server 2.0」の提供を開始した。ハイブリッドクラウド環境でのストレージ利用に適しているという。(2012/7/25)

カシオ、Red Hatの仮想化ソリューションを採用 クラウド環境に対応
カシオ計算機はIBMのシステム製品とRed Hatの仮想化製品を組み合わせてグローバルIT基盤を強化した。(2012/6/27)

レッドハットが新事業戦略を発表、仮想化やストレージに注力
仮想化やストレージ、クラウド関連など、Linuxディストリビューション以外の事業分野の売り上げ規模を2倍以上に拡大していくという。(2012/4/4)

対VMware&脱Microsoft
Red Hatのハイパーバイザー、次期アップデート版でストレージや拡張性が向上
ハイパーバイザーでVMwareへ対抗姿勢を鮮明にするRed Hat。RHEV 3.0次期アップデート版では、ストレージ機能の強化とスケーラビリティ向上でVMwareを追撃する。(2012/2/17)

レッドハット、仮想化ソフト「RHEV 3.0」の国内提供を開始 管理ツールをOSS化
RHEL 6.2ベースのハイパーバイザーを採用したことでパフォーマンスを強化。管理ツールのオープンソース化によって機能を拡張した。(2012/1/25)

「仮想化分野のリーダーを目指す」――Red HatのLinux事業部門トップ、トットン氏
米Red HatでLinux事業部門のトップを務めるジム・トットン氏が来日し、データセンターの仮想化/クラウド化を支援する同社の取り組みについて説明した。(2012/1/12)

どれを選ぶ? サーバ仮想化製品比較【第1回】
比較表で徹底解明! 各サーバ仮想化製品の特徴と違い
VMware vSphere、Citrix XenServer、Hyper-Vといった各ハイパーバイザーについて、製品構成、機能などをなるべく同じ視点で比較。導入したい環境にマッチした製品を選択できるよう、各製品の特徴と違いを理解しよう。(2011/9/28)

Javaのツールでも管理可能
Red Hatの仮想化製品が一新。運用管理に多数の新機能
Red Hatは2011年末までにRHEV 3.0の管理プラットフォームを一新する。Windows以外でも管理が可能になる他、多彩なオプション管理機能も提供する。(2011/8/19)

TechTargetジャパン電子ブックレット
TechTargetジャパンのコンテンツをスマートデバイスでの表示に最適化したEPUB形式とKindle用のMOBI形式で提供しています。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。(2012/12/10)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第4回】
【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜本番環境における試算
VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を本番環境で導入したケースを想定しコストを試算した。(2011/2/22)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第3回】
【徹底比較】サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品 導入コスト比較! 〜技術検証用途における試算
VMware vSphere、Hyper-V、Citrix XenServer、RHEV for Server。サーバ仮想化ソフトウェア主要4製品の導入コストを比較。サーバ仮想化を技術検証用途で導入したケースを想定しコストを試算した。(2011/2/15)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択
サーバ仮想化を導入する際の検討指針として、ライセンス選択におけるポイントの整理とケーススタディによるコスト試算を提示する。(2011/1/19)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第2回】
サーバ仮想化の導入形態で見る、仮想化ソフトウェアの機能とライセンス
各仮想化ソフトウェアの機能を明確化し、ライセンスとコストを考える上でのポイントを整理する。(2010/12/24)

サーバ仮想化におけるライセンスの選択【第1回】
サーバ仮想化導入の前に検討すべきこと 〜複雑化するライセンスを理解する
サーバ仮想化導入の前に明確化しておくべき観点を整理するとともに、仮想化ソフトウェアの概要を紹介する。(2010/11/22)

Inside Linux KVM(2):
SPICEプロトコルの内側を知る
この連載では、オープンソースの仮想化ソフトウェア、Linux KVM(Kernel-based Virtual Machine)とそれを支える技術の最新開発動向を紹介していきます。(編集部)(2010/8/11)

Trend Insight:
Red Hatの命運を握る「CLOUD ENGINE」とは?
クラウドのインフラ部分で静かに勢力を拡大するRed Hat。同社の成長戦略の鍵となるのは、クラウドサービスAPIを共通化し、どんなクラウドでも透過的に管理する「CLOUD ENGINE」だ。Red HatはうまくCLOUD ENGINEをリリースできるだろうか。(2010/5/14)

Red Hat、仮想環境向けリモートデスクトップ機構「SPICE」をオープンソースで公開
Red Hatは、買収した米Qumranetの技術を使った想環境向けリモートデスクトップ機構「SPICE」をオープンソースとして公開した。(2009/12/11)

Red Hat、WindowsとLinuxを共存させる仮想化管理ツール「RHEV for Servers」発表
Red Hatが、「Red Hat Enterprise Virtualization」のポートフォリオの中心となるハイパーバイザーと管理ツールを発売した。(2009/11/4)

知って見るみるKVM(4):
触って試すKVM運用ツール「oVirt」
アナウンス後わずか2カ月でLinux Kernelにマージされたことで一躍注目を浴びることになった仮想化技術「KVM」。しかし、その具体的な仕組みや使用方法となると、意外と知られていないのではないでしょうか。この連載ではそんなKVMについて紹介します(編集部)(2009/10/20)

Red Hat、KVMベースの仮想化戦略を発表
Red HatはKVMをベースにした仮想化製品のポートフォリオを明らかにした。最初の製品は2009年中旬にリリース予定だ。(2009/2/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。