ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「風評」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「風評」に関する情報が集まったページです。

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(40):
アルミ電解コンデンサー(7)―― 複数負荷モードでの寿命計算
今回は複数の負荷モードが繰り返される場合の機器の寿命をいくつかの負荷モードに区分して考えます。(2020/2/25)

アパホテル、新型肺炎で客室単価下落 自粛ムードの風評被害懸念
ホテル大手、アパグループの元谷外志雄代表は20日、神戸市内で開いた新ホテル開業の記者会見で新型コロナウイルス感染拡大による事業への影響に触れ、東京都内では客室1室当たりの単価が下落していることを明らかにした。(2020/2/21)

感染したのこのクルマじゃないよね? SNSで勤め先探し
日本国内で新型コロナウイルスの感染拡大が広がっているが、職場ではどのようなことが起きているのか。沖縄県のタクシー会社をみると……。(2020/2/18)

検証・リニア静岡問題:
リニアを阻む「水問題」 専門家の指摘で分かった“静岡県のもっともらしいウソ”
リニア中央新幹線静岡工区の工事が、静岡県によって止められている。両者の交渉が停滞しているのを見てきた、河川工学の専門家に取材を進めると、“静岡県のもっともらしいウソ”が浮かび上がってきた。トンネル工事で大井川の水は減らない――。(2020/2/14)

新型肺炎、ネット上でデマ拡散相次ぐ TBSは「和歌山で感染者を確認」と誤報
中国で拡大が止まらない新型肺炎だが、ネット上のデマ拡散も止まらない。中国に限らず、日本やマレーシアでも影響が出ている。テレビ局では誤報もあり、慎重な姿勢で情報を入手する必要がある。(2020/2/7)

武漢からの帰国者受け入れた「勝浦ホテル三日月」、「神対応」に賞賛の声
中国・武漢市などからチャーター機第1便で帰国した日本人のうち191人を受け入れたのが千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」だ。(2020/2/4)

中古マンション市場で分析:
「高級タワマン台風被害」で武蔵小杉・豊洲の人気は結局落ちた? 独自データで検証
台風上陸でタワマンへの被害が話題になった武蔵小杉エリア。こうした高級再開発エリアへの台風の風評被害の影響は?豊洲と合わせ独自データから検証する。(2019/12/19)

叶恭子、「どんなに露出度高くても、興奮しないのはなぜ?」にファビュラスな回答 「裸=興奮する、がすべてではありません」
恭子さんが分かりやすく答えています。(2019/10/18)

駅ナカで始まる「サブスク自販機」、狙いと勝算を仕掛け人に聞く 「反対意見が出て当然。それでこそ知ってもらえる」
8月末に発表され、「使ってみたい」「メリットが分からない」などとネットで賛否両論を呼んだ「サブスク自販機」。このサービスを仕掛けた、JR東日本ウォータービジネスの担当者に、狙いと勝算について聞いた。認知度アップや消費増税への対応など、さまざまな狙いが隠されているという。(2019/9/30)

豚コレラ〜感染源に囲まれた石川県で発生しない理由
(2019/9/24)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(6):
トラックレンタル業界の“異端児”が繰り広げた「違法すれすれの錬金術」――見せかけの急成長が招いた倒産事件
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/15)

コロプラ、「最果てのバベル」セルラン操作問題で調査結果を公表 森先プロデューサーは取締役辞任、社長も3カ月の報酬減額に
セールスランキング操作を目的に、約850万円を不正課金していた問題。(2019/8/13)

ビルシステムにおけるサイバーセキュリティ対策座談会【前編】:
“ICSCoE”の育成プログラム修了メンバーが語る、ビルのセキュリティが抱える課題と対策には何が必要か?
ICSCoE(Industrial Cyber Security Center of Excellence:産業サイバーセキュリティセンター)は、IPA(情報処理推進機構)傘下の組織として、社会インフラや産業基盤のサイバーリスクに対応する人材や組織、技術などの創出に取り組んでいる。今回、そのICSCoEの中核人材育成プログラムで、ビルシステムのセキュリティに関して学んだメンバーが講師を交え、BUILT主催の座談会を開催した。2019年6月に経済産業省が公開したガイドラインをベースに、セキュリティ対策がなぜ必要なのか?導入障壁となっているものは何か?などを多面的に論じた座談会の模様を前後編の2回にわたってお届けする。(2019/7/29)

京アニ事件の報道めぐり、精神疾患への偏見助長を危惧 NPOがコメント
容疑者に精神的な疾患があると一部で報道されていることを受け、配慮ある報道を求めています。(2019/7/21)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(32):
フィルムキャパシター(2)―― メタライズド品の特徴と構造
フィルムキャパシターの1つの特徴であるメタライズド品の構造や使用上の注意点について説明するとともに、フィルムキャパシターのディレーティングについて考えます。(2019/6/24)

「冷蔵庫が汚いかどうかで、その人のデータ管理能力が分かる」と判明
カスペルスキーの調査によると、個人情報や機密データを含む文書を職場に保管している人はグローバルで72%(日本で59.2%)で、ほぼ同数の71%がアクセス権限を保証する責任は上層部やIT部門、セキュリティチームにあると回答するなど、セキュリティ意識の甘さが露呈した。(2019/5/27)

辞める同僚につらく当たっていませんか?:
「退職予定者をいじめる」会社には重いツケが回ってくる、意外な理由
退職を表明した途端、上司などがつらく当たる問題。実はひどい対応を取った会社側に深刻なデメリットが発生するケースも。誰も不幸にならない「退職の作法」とは?(2019/5/20)

「凍天」で知られる福島県の「木乃幡」が自己破産へ 震災・原発事故で苦境、東電の補償はわずか……「苦渋の決断」
「実損8億円に対して、東電の和解額は1600万円」だったとのことです。(2019/4/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
三陸鉄道リアス線 JR山田線移管を“予言”できた理由
3月23日、三陸鉄道リアス線が全線開通。東日本大震災で不通となっていたJR山田線沿岸区間を復旧し、三陸鉄道に移管した。この枠組みを7年前の2012年に予想していた。「どうしても鉄道で」を実現する解決方法が他に見つからなかったからだ。(2019/4/5)

「やりすぎでは」「ただの私刑」 “バイトテロ”投稿主の個人情報暴露、法的に責任はないの?
弁護士は「不適切動画問題と、再拡散や特定拡散は別の問題」と語ります。(2019/2/18)

頭脳放談:
第225回 なぜ「IntelのCPU不足」はなかなか解決されないのか?
2018年からIntelのCPU不足が続いているという。その原因は最新の10nmプロセスの立ち上げが思ったように行かないこと、といわれているが、筆者は他にも原因があるように思う。(2019/2/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルよ変われ
スバルが相次いで不祥事を引き起こす原因は一体何なのか? スバルのためにも、スバルの何が問題なのかきちんと書くべきだろうと思う。(2019/2/18)

ドラクエV原案の映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」 期待する結婚相手はビアンカ? フローラ?
デボラ、ルドマンという選択肢も。(2019/2/14)

NGT48騒動が飛び火 Z会グループが「一切関係ございません」とコメントを発表
加害者の所属グループが「Z会」と呼称され話題に(2019/1/15)

Mobile Weekly Top10:
やはり関心の高い「Xperia」/予断を許さない「Huawei」問題
今回のITmedia Mobile Weekly Top10では、2018年12月24日から2019年1月6日までのアクセスを集計。年末年始に最も読まれた記事は、「Xperia XZ3」の開発者インタビューでした。iOS 12で進化した「Apple Pay」についてまとめた記事も好調でした。(2019/1/9)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
“余計なもの”報道の真相は? 「Mate 20 Pro」の売れ行きに影響は? Huawei呉波氏を直撃
日本でも発売したHuaweiのフラグシップスマホ「Mate 20 Pro」は完成度が高く売れ行きも好調のようだが、現時点では猛烈な逆風が吹いている。一部では「余計なものが入っている」といった報道も出ている。同社の端末事業部は現状をどのように見ているのか。(2018/12/25)

経営判断には正しいデータを
CIOならば「データの質は量でカバーできる」という考えを捨てよ
「質の悪いデータからでもよい分析結果が得られる」という考え方は、ビッグデータ分析には有効かもしれない。しかしCIO(最高情報責任者)であれば、このアプローチをビジネス変革に用いるのは我慢した方がよい。(2018/12/20)

「女性との関係など事実無根」 羽生ゆずれない、フィギュア小塚崇彦との“女性ホテル連れ込み”報道に反論
報道を強く否定したゆずれないさん。(2018/12/13)

JIMTOF2018:
若者に支持される町工場の作り方、事業承継の苦労と工夫
「第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)」(2018年11月1〜6日、東京ビッグサイト)の特別講演として、ダイヤ精機 代表取締役の諏訪貴子氏が登壇した。「町工場の娘〜ダイヤ精機代表取締役諏訪貴子氏に学ぶ2代目の事業継承〜」をテーマに、急な事業引き継ぎにもかかわらず、従業員の力を集結し危機を乗り越えた「経営改革」、若手採用に当たって自社の強みを効果的に伝える重要性や、キメ細やかな育成方針で退職を防止する「人財育成」などについて紹介した。(2018/12/10)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
続・自動車メーカーの下請けいじめ
「大手自動車メーカーは悪」「中小企業の下請けは正義」みたいな決めつけを止めないと、この国の経済は良くならない。サプライヤーがしかるべき原価低減も行わず、新技術の開発もせずに現状を維持していたら、それでこの国が幸せになれるのかをちゃんと考えてみた方が良い。(2018/12/3)

「リスペクトの欠片もない」 キンタロー。ある意味“タブー”な「欅坂46」平手友梨奈のものまね披露で再燃
やり続ける姿勢は認めよう。(2018/12/1)

石野純也のMobile Eye:
“王道”の戦略で国内外のシェアを高めるHuawei 課題は米国市場の攻略
トリプルカメラ搭載の「Mate 20 Pro」を日本で発売したファーウェイ。グローバルでハイエンドモデルの拡販に力を入れているファーウェイだが、日本でも、その成果が徐々に出始めているようだ。市場動向や同社の戦略を解説していく。(2018/12/1)

「AoT」に直面するIoT、AI攻撃も:
東京五輪が標的の攻撃も? CYFIRMAが2019年のサイバーリスクを予測
CYFIRMAは2018年のサイバー脅威を総括し、2019年について予測した。AIを利用した高度で大規模な攻撃や国家によるスパイ活動の増加の他、クラウド環境への攻撃の拡大などを挙げた。東京五輪を標的とする攻撃の発生も予測した。(2018/11/30)

うそをついているときは目を見開く キンタロー。の小島瑠璃子ものまねに本人が「風評被害」とクレーム、謝罪へ
分かるけどもだ。(2018/11/27)

IoT建材:
凸版印刷が「IoT建材事業」をスタート、初弾に単身高齢者の孤独死を防ぐ“センサー床材”を発売
凸版印刷は、強みとする建装材と、IoT技術を組み合わせた“IoT建材事業”を新たに立ち上げる。第1弾として、床材と圧力センサーを融合させた「ロケーションフロア」を開発し、2018年12月から独居老人の見守り用途など、住宅メーカー、医療・介護業界、自治体などへ本格的に販売していく。(2018/11/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
業界3位に躍進した「日乃屋カレー」 リピーターを生む味の原点は“昭和の町中華”
2011年に創業した日乃屋カレーが店舗数を増やし、業界3位に躍進した。家庭的な“ジャパニーズカレー”で、甘辛い味が特徴。急成長の秘密とは?(2018/10/9)

「素晴らしい動画をありがとう」――釧路市の観光PR動画が国内外で人気 担当者「まったく予想していなかった」
(2018/10/7)

本番はこれから:
築地移転の裏で進む“ネズミ駆除大作戦” 都は粘着シートを4万枚準備
築地市場の関係者は豊洲への移転準備を進めているが、東京都は大量に生息しているネズミを駆除する準備を専門業者とともに進めている。これまでにない規模のネズミ駆除作戦の全貌を担当者に聞いた。(2018/9/14)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第8話:全滅(前編)
「ひまわり海洋エネルギー」新生CSIRT結成から数カ月。ようやくインシデント対応に慣れ始めたチームに緊急事態の一報が入る。会社の幹部が所有する端末が繰り返していた“異常な通信”とは一体……?(2018/9/14)

週末珍ゲー紀行:
異世界転生したら墓守やらされるハメになった件 “汚い牧場物語”と話題のゲーム「Graveyard Keeper」の危険な魅力
ダークサイドに堕ちた牧場物語。(2018/8/27)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
「ネットはなぜネガティブなのか」を謝罪マスターと考える 竹中功×おおつねまさふみ対談第3回
ネット炎上対策専門家とリアル謝罪の専門家がネットとリアルの問題について話し合う対談3回目。(2018/7/23)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第3話:妨害工作(後編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――イベントを告知したばかりの「ひまわり海洋エネルギー」を、突然の同時多発インシデントが襲った。社内の各部署やマスコミへの対応を求められ、新生CSIRTがとった行動とは……?(2018/7/20)

豪雨被害はほとんどないのにキャンセルが――「倉敷美観地区は元気」ハッシュタグで風評被害に対抗
豪雨による被害はほとんどないのに観光客が減少……「普段どおりの美観地区を伝えてほしい」との呼びかけが。(2018/7/15)

広告入出稿の自動化を支援:
広告事業に特化したRPA導入コンサルティングサービス、イー・ガーディアンが提供開始
イー・ガーディアンは、広告の入出稿に関わるランニングコストを人×RPAの力で大幅削減するサービスを提供開始した。(2018/6/25)

ディルバート(557):
カッコいい死に様
企業向けに“ネット炎上保険”が登場するなど、リスク管理や危機管理の関心が高まる中、ボスも“風評対策”が気になるようですが……。(2018/6/7)

日体大が日大アメフト部の件で風評被害 誤った問い合わせや誹謗(ひぼう)・中傷が届いていると告知
全くの無関係です。(2018/5/24)

つながった「久大本線」、おかえり「花月川橋梁」 全線復旧間もなく、7月14日に運転再開
特急「ゆふいんの森」も本来の路線で運行。(2018/5/7)

福島県、4人となったTOKIOを今後もPRに起用 「共に悩みながら苦しみながら一緒に活動してきた」
定例記者会見で福島県知事が意向を発表しました。(2018/5/7)

「#今度は福島がTOKIOを応援する番だ」がTwitterで加熱 TOKIOの復興支援に感謝、一方「被害者を無視」と批判も
賛否両論となっています。(2018/5/3)

コインチェック問題などを受け:
「ダークウェブ」への危機感、企業で広がり
犯罪の温床とされる「ダークウェブ」に“ダイブ”する会社が相次いでいる。情報漏えいなどを懸念する企業からの依頼で調査しており、ネットの「闇の世界」への危機感が高まっているようだ。(2018/5/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。