ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Sabine」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Sabine」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

総投資額は16億ユーロ:
インフィニオン、300mmウエハー新工場の操業開始
Infineon Technologies(以下、Infineon)は、オーストリアのフィラッハに建設中だった300mmのウエハー対応の新工場の操業を開始。2021年9月17日(ドイツ時間)に開催したオープニング式典や記者会見で、その内容を説明した。(2021/9/22)

工場ニュース:
インフィニオンが300mmパワー半導体新工場を稼働、熱や水素を循環させCO2削減
ドイツのインフィニオン テクノロジーズは2021年9月17日、オーストリア フィラッハの敷地内に薄型の300mmウエハーを使用したパワーエレクトロニクス向けチップの最先端工場を正式にオープンしたと発表した。投資額は16億ユーロ(約2057億円)。(2021/9/22)

写真展:
写真展「Philippe Salaün Collection」- プリントアーティストが贈る、ロベール・ドアノー他6名の珠玉のモノクロプリント -
(2016/3/10)

イマドキのイタモノ:
「Bulldozer“改”!」というPiledriverを導入した「Trinity」の実力を試す
AMDは、第2世代のFusion APU「Trinity」が発表した。ノートPCモデルから登場するPiledriver導入のAシリーズは、Sabine世代からどれだけ“腕”を上げたのか?(2012/5/15)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2011年のCPU
“イマドキのイタモノ”で2011年に検証したCPUは10モデル。業界関係者の正月の三が日を吹き飛ばし、クリスマスの三連休を消滅させたCPUレビューを振り返る!(2011/12/30)

“Sabine”のコストパフォーマンスは?:
もはや“3万9900円のノートPC”でもここまで使える時代――「HP Pavilion g6-1100AU」に驚く
ついこの前までNetbookでワイワイ騒いでいたかと思ったが、気が付けば、もっと“使える”ノートPCまで驚くほど安くなっていた。その代表格ともいえる1台をレビューする。(2011/8/2)

イマドキのイタモノ:
自作PCユーザーが使える“デスクトップ版Llano”はどこまで遊べる?
Zacate、Ontario、SabineとノートPC向けが先行したAMDのFusion APU。ようやく自作PCユーザーが使えるLlanoがやってきた。待たされただけのことはあったのかなかったのか!(2011/6/30)

ようやく自作PCユーザーもLlanoで遊べます:
AMD、デスクトップPC向けLlano「Aシリーズ」
AMDは、6月30日にAMD Fusion APUのデスクトップPC向けメインストリームモデル「A8」「A6」シリーズを発表した。(2011/6/30)

ねっと知ったかぶりβ版(6/11〜6/17) 新ガンダムから「画像で画像を検索」まで
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週はガンダム新シリーズの発表にネットが盛り上がりました。「画像で画像を検索」するGoogleの新機能も話題に。(2011/6/17)

ノートPCからLlano始まる:
AMD、“Llano”世代APUを採用するノートPCプラットフォーム「Sabine」
AMDは、6月14日に“Llano”世代のFusion APU「Aシリーズ」とAシリーズを採用するノートPC向けプラットフォーム“Sabine”を発表した。(2011/6/14)

イマドキのイタモノ:
ようやく「Llano」登場──“Sabine”ノートで実力をチェック
メインストリーム向けFusion APU“Llano”と、ノートPC向けプラットフォーム「Sabine」が登場。クアッドコアAPUが発揮する性能を検証する。(2011/6/14)

COMPUTEX TAIPEI 2011:
MSIブースで「クアッドコアのAPU」が動いていた!
MSIのブースに展示されている液晶一体型PCで「A8-3510MX」なる“クアッドコアAPU”が動いていた。ならば! 速攻で! アレとアレとアレをチェックだ!(2011/6/2)

元麻布春男のWatchTower:
2011年のAMDは“APU”で総攻撃
AMDが2010年のFinancial Analyst Dayを開催した。金融アナリスト向けだが、最新ロードマップと“決意”を示す重要な機会。今回はどんな決意を示しただろうか?(2010/11/15)

AMD TFE 2010:
動く「Northern Islands」と「Llano」と「Zacate」で自慢する
AMDが台湾で行っているAMD TFE 2010では、“次世代”のGPUとAPUを実際に動かして、その性能を訴求した。競合の「3倍で半分」というLlanoの実力を垣間見る。(2010/10/20)

元麻布春男のWatchTower:
Analyst Dayで分かった「Bulldozer」の強味
Nehalem、Westmereと世代更新が進むインテルに対し、AMDは「2011年」まで待ちの構え。その2011年に大きく変化する新世代CPUの概要が明らかになる。(2009/11/13)

Signal Integrity:
音響理論に学ぶ反射信号の扱い方
(2009/2/1)

AMD、超軽量・低価格ノートPC市場への参入を表明
AMDはハイエンドサーバ用45ナノメートルOpteronとHPC向けの新しいグラフィックスチップを発表。「Yukon」でNetbook市場に参入する計画も明らかにした。(2008/11/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。