ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「手話」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手話」に関する情報が集まったページです。

「de:code 2019」ブレークアウトセッションレポート:
AIは人間のように「文脈」から「意味」を理解できるのか――「自然言語処理」の重要性とは
2019年5月29日に開催された「de:code 2019」で、Microsoft Research Asiaの副所長である周明氏がAIと自然言語処理の最新動向を語った。(2019/7/5)

IT化と業務効率化を同時に進める
医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは
EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。(2019/6/6)

いらすとやに「令和」のイラスト 「仕事早すぎ」と話題
フリー素材サイト「いらすとや」に新元号「令和」に関するイラストが追加された。(2019/4/1)

Googleさん:
言い間違いも直してくれるGoogleの「音声文字変換」、かなり使える
Googleが早期アクセス版として公開した音声をリアルタイムで字幕にして表示する「音声文字変換」アプリを使ってみました。多少滑舌が悪くても意味が通るよう解釈してくれ、書籍タイトルなどもばっちり正しく表示してくれます。(2019/2/11)

汐文社が「尊いの手話」の誤情報についてコメント 本来は「鳥」を意味する手話、訂正情報の拡散に感謝も
誤った情報を紹介するツイートが8万回以上RTされていました。(2018/11/21)

スマホとエンタメの未来:
SHOWROOM前田裕二社長らが語る「スマホファーストの次」
スマホファーストの考え方が定着した今、エンターテインメント領域のトップランナーたちは次の世界をどう見ているのか。【更新】(2018/9/3)

水曜インタビュー劇場(瞬時公演):
会話が見える! 世界最速の「リアルタイム字幕」にびっくり
「UDトーク」というアプリをご存じだろうか。目の前の会話が次々に字幕になるサービスだが、その仕組みはどうなっているのか? アプリを開発した青木秀仁さんに聞いたところ……。(2018/2/28)

NTT DATA Innovation Conference 2018レポート:
テクノロジーが自律的に拡張する時代に、いかにビジネスの勝機を捉えるか
人類は、歴史上何度かの転換点を乗り越えて進化を続けてきた。コンピュータがあらゆる領域で人類を超えるシンギュラリティの到来が叫ばれる今、破壊的に成長を続けるテクノロジーを企業はいかにビジネスに取り込んでいくべきなのか。(2018/2/21)

ロボホンは手話通訳を覚えた! AIを活用した手話認識アプリをシャープらが共同開発
未来感ある!(2017/11/8)

NTTデータ、AI技術を活用したロボホン向け手話通訳アプリを発表
NTTデータとシャープ、NTTデータSBCの3社は、ディープラーニングを用いたロボホン向け手話通訳アプリケーションを開発した。(2017/11/8)

「iOS 11.1」配信開始 大量の新絵文字、3D Touch問題の修正、「KRACK」対処を含む20件のセキュリティ修正など
Appleが「iOS 11.1」の配信を開始した。吸血鬼や新しい顔文字など70以上の絵文字が追加された。3D TouchでAppスイッチャーにアクセスする機能が復活し、セキュリティ修正は20件。(2017/11/1)

Apple、「iOS 11.1」で「I Love You」や吸血鬼などの絵文字を追加へ
iPhoneやiPadの「iOS 11.1」アップデートで、米国手話の「I Love You」や「しーっ」の顔文字、餃子やハリネズミなどの絵文字が使えるようになる。(2017/10/8)

週末珍ゲー紀行:
手を使って手を操作するという無理ゲー 人体の神秘をイヤというほど体験できる人体シミュ「Hand Simulator」
こんな複雑な手を余裕で操作している脳みそってすごい。(2017/9/29)

iPhoneよりも人生を変える、Apple Watch
もし突然目が見えなくなったら、手元のスマートフォンを操作できる自信はありますか?(2017/6/23)

デフリンピック公認応援テーマソング「HERO」、ろう者も聴者も”聞こえる”MVに
デフリンピックという夢の舞台に立つ選手たちはみんなヒーローである、という思いが込められている。(2017/5/27)

NHK技研公開2017:
手話をリアルタイムで自動生成する技術がすごかった IOCと連携、東京五輪で活用へ
NHK放送技術研究所の一般公開イベントに行ってきた。数ある展示の中から気になった展示を紹介する。(2017/5/26)

天気予報の「手話CG」、データを基に自動生成 NHKが開発
天気予報を表す手話をCGで自動生成する技術をNHKが開発。表現が自然かどうか、Webサイトで意見を求めている。(2017/2/20)

NHK、手話CGの自動生成システムを開発 関東7都県の気象情報サイトで検証中
気象庁発表のデータと、あらかじめ用意した手話モーションを組み合わせて自動で生成。(2017/2/20)

テスト配信スタート:
天気予報の手話、CGで自動生成 NHKが開発
気象電文から手話の天気予報動画を自動生成する技術をNHKが開発した。(2017/2/20)

「ありがとう」「またね」「ちゅ きっ」――「聲の形」のLINEスタンプが登場 ヒロイン・西宮硝子の豊かな表情に和む
主人公・将也の熱いセリフや結弦、永束友宏、植野直花ら脇役キャラのスタンプも充実。(2017/1/17)

ゴジラ、紅白歌合戦に襲来! 長谷川博己ら出演の本格速報VTR演出でNHKがガチっぷりを見せつける
矢口蘭堂がさりげなく出世していた件。(2016/12/31)

CEATEC AWARDでグランプリを受賞:
1人の学生との出会いが生んだ「しゃべり描きUI」
三菱電機の「しゃべり描きUI」は、2016年10月4〜7日に幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2016」の「暮らしと家でつながるイノベーション部門」でグランプリを受賞した。(2016/10/7)

リオパラリンピック閉会式の引継式、NHKがノーカットで公開中 YouTubeで全編見られる
ピチカート・ファイヴ「東京は夜の七時」が流れて野宮真貴さんも「うれしかったなぁ〜♪」(2016/9/19)

手話って自由! ウサイン・ボルトの手話表現が「あのポーズ」で思わず納得 NHK「ロンドン五輪前から使っています」
手話にはあだ名のような「サインネーム」というものが。実はEXILEもあのダンスで表現!(2016/8/16)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
「現実がSFじみてきた」 NHKの考える未来の放送技術
今年の「技研公開」では、4K/8Kで賑わってきた過去数年と異なり、裸眼立体視ディスプレイが主役に踊り出た。麻倉怜士氏によると、“8Kの次”を強く意識した展示だったという。(2016/7/13)

映画「聲の形」の予告編が解禁 aikoが歌う主題歌「恋をしたのは」をバックに硝子&将也の甘酸っぱいシーンも
メインビジュアルも公開されています。(2016/7/8)

「格安SIMに通話定額がないのはドコモのせい?」 ドコモ株主総会でも目立ったMVNOの広がり
ドコモの株主総会で感じられた格安SIM/格安スマホの広がり。4年ぶりの増収増益を達成し、社長が交代するドコモの経営陣に、どんな質問が寄せられたのだろうか。(2016/6/22)

8人のデザイナーの自主研究から生まれた?:
指でなぞると話した言葉が軌跡になるUI技術
三菱電機は、話した言葉を指でなぞった軌跡に表示できる音声認識表示技術「しゃべり描きUI」を開発したと発表した。お絵かきや多言語翻訳などの機能を組み合わせることで、手話/外国語ができなくても、聴覚障がい者や外国人との円滑なコミュニケーションを実現できるという。(2016/2/10)

音声翻訳や新しいスポーツ体験を動画で紹介:
2020年に向け開発が進む先端技術、待ちきれない
パナソニックは2016年2月4日、顧客向けプライベート展示会「Wonder Japan 2020」の事前内覧会を開催した。本記事は、展示会の一部から、新しいスポーツコンテンツ体験技術や多言語音声翻訳機、光ID技術を活用した「バリアフリーナビ」などを紹介する。(2016/2/5)

サンタさんはやっぱりすごい 話すことができない女の子と手話で会話したサンタさんの神対応に称賛の声
サンタさんは手話もできるんだ……!(2015/12/12)

TBSテレビ「アッコにおまかせ!」に人権侵害があったとしてBPOが勧告 佐村河内守さん謝罪会見に関する放送で
「聴覚障害」というテーマに対して正確な説明がなされる必要があった。(2015/11/17)

手話ができる天才ゴリラのココちゃん かわいい子猫2匹のママになった姿に思わずほっこり
しあわせ家族だー!(2015/10/17)

リトライ! 触って学ぶTCP/IP(1):
最初はやっぱり「プロトコル」
SDNのような新しい技術が登場しても、ネットワークを支える基礎はそうそう変わりません。一度は学んだことがある「TCP/IP」。本当にふに落ちていますか? 本連載ではツールを使って、実際に手を動かし、目で見ながら、TCP/IPの仕組みを基本から「実感」していきます。(2015/7/31)

iOSのアクセシビリティを知ろう! 活用アプリ後編
iOSのアクセシビリティ機能を生かすようなアプリの数々から、今回は聴覚障がい者向けのアプリを取り上げます。(2015/7/23)

確実なコミュニケーションのために
豊島区が実現した「情報共有における脱メール」 UCが変えたワークスタイルとは
日本一人口密度が高い街である豊島区が2015年5月に新庁舎を開庁した。それに合わせて、コミュニケーション基盤を一新し、組舎内コミュニケーションの方法を変えてきたという。(2015/7/23)

Amazon.co.jpが音楽・映像レーベル「Amazon Records」を設立 プラットフォームを活かし企画から販売まで担う
ライブコンサートの音源を、開催から3週間以内にCDとして届ける企画も始動。(2015/5/19)

「究極のテレビへ」――NHK、技研公開で8K衛星放送実験を披露
来年に迫った8K試験放送に向けた準備状況を体感できる。(2015/5/14)

ロボット開発ニュース:
東芝のロボット「地平アイこ」、百貨店で受付嬢になる
東芝の開発したコミュニケーションロボット「地平アイこ」(ちひらあいこ)が百貨店の受付嬢として“デビュー”する。(2015/4/15)

音声認識でリアルタイムに会議をテキスト化 富士通、聴覚障害者支援ツール「LiveTalk」開発
音声認識で会議をリアルタイムにテキスト化し、発言や参加もできるようにすることで聴覚障害者を支援する「LiveTalk」を富士通が開発した。(2015/4/14)

烏賀陽弘道の時事日想:
フクシマの被災者たちは忘れられつつある――社会の「忘却」は“残酷”
東日本大震災から4年が経ったが、避難生活を続ける人は、福島県だけでまだ約12万2000人(2014年末)もいる。避難生活を続ける人たちはどうしているのだろうか。筆者の烏賀陽氏は、ある家族の「一時帰宅」に同行した。(2015/3/30)

ノリノリすぎる手話通訳者が全力でコンサートを通訳した結果、誰が主役だか分からなくなったと話題に
ノリノリ手話ニキ「今日は俺のギグに集まってくれてありがとう!」。(2015/3/18)

インタビュー:
“妹”も生まれる「地平アイこ」、誕生の秘密
東芝の開発したコミュニケーションロボット「地平アイこ」(ちひらあいこ)。自然さにこだわり、展示会では手話も披露した。産業用ロボットは以前から手掛ける同社が、なぜコミュニケーションロボットの事業化を目指すのか。(2015/3/4)

なぜ、日本からGoProが出なかったのか?:
日本人よ、もっと「CES」に参加しよう──日本におけるCESの“意外”な効果
日本で初めてとなるCES Unveiled。米国のそれと異なり、スタートアップ展示のほかに基調講演やパネルディスカッションを行い、「日本復活」のヒントを模索した。(2015/2/19)

2015年の注目技術10:
ウェアラブルは洗練の段階へ、ロボットや自動運転もエレ業界の要に
2015年は、どのような分野で技術革新が期待できるだろうか? 2014年に引き続き、ウェアラブル機器/モノのインターネット(IoT)は主要なトレンドであると見られる。その他、ロボット技術、自動運転/ADASなど、「2015年に注目すべき10の技術」を紹介する。(2015/1/7)

「組み込み開発」年間ランキング 2014:
VAIOはVAIOのあるべき姿を取り戻せるか、ロボットの社会実装に期待 2014年記事ランキング
2014年にMONOist「組み込み開発」フォーラムで多く読まれた記事のランキングを、2015年の注目テーマとともにご紹介します。(2014/12/25)

窪田順生の時事日想:
世界最速! 「リアルタイム文字おこしサービス」で日本の未来が変わる?
モバイル型情報保障サービス「e-ミミ」をご存じだろうか。沖縄県うるま市にある株式会社アイセック・ジャパンが提供しているこのサービスを見て、筆者の窪田氏は驚いたという。何がスゴいかというと……。(2014/11/11)

CEATEC JAPAN 2014:
2015年めどに実用化目指す 東芝の受付嬢アンドロイド「地平アイこ」さん(独身)は手話もたしなむ清楚系
黒髪で白い肌、二重で黒目が大きめです。(2014/10/8)

CEATEC JAPAN 2014:
アイこ32歳、来年世界デビュー
東芝が参考展示した純人間型アンドロイド「地平アイこ」さん。その意外な横顔に迫る。(2014/10/7)

CEATEC JAPAN 2014:
「人間らしい」リアルなロボット「地平アイこ」 手話でごあいさつ【動画】
CEATEC JAPAN 2014で、人間のリアルな表情や動きを再現したコミュニケーションロボット「地平アイこ」を東芝が公開している。(2014/10/7)

CEATEC 2014:
自然!「地平アイこ」さんの手話とおしゃべりを見てきた
東芝が“自然さ”に重点を置いて開発したコミュニケーションロボット「地平アイこ」(ちひらあいこ)さん。CEATECの同社ブースでは、「まだまだ未熟ですが……」とはにかみながら、手話を披露してくれる。(2014/10/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。