ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SUBARU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SUBARU」に関する情報が集まったページです。

お姉さんたちのスマイルにメロメロ 「東京オートサロン2020」会場を彩った美女コンパニオンまとめ第2弾
美女コンパニオンたちを激写してきました。(2020/1/16)

モビリティサービス:
次世代モビリティの姿、自動運転、MaaS、エアモビリティ、地域連携がキーワードに
「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)の関連イベントとして2019年10月18日、リレーカンファレンス「Mobility Summit〜近未来の移動空間の姿を浮き彫りに!〜」が開催された。Society 5.0具現化に向けたスマートモビリティによる、近未来の姿を自動運転、MaaS、エアモビリティ、地域連携をキーワードに展望し、新たなイノベーションの社会実装の可能性を議論した。(2020/1/15)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
【最新版】自動車メーカーの経営安全性を比較!自己資本比率ランキング
最新の有価証券報告書をもとに国内自動車メーカー9社の自己資本比率を算出し、ランキングにしました。(2020/1/15)

うそ、だろ!? 「EVスープラ」すげぇ 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合【写真37枚】
分かりやすく「本気」なのがすごくいい〜。(2020/1/14)

「農道・林道の○○」をなめんな〜w 東京オートサロンでキラ目立ち「鬼改造ごっきげん軽トラ」まとめ
ミクさんカスタムから、あの「バモスホンダ(!!)」まで、わくわくカスタムな軽トラいろいろ。(2020/1/14)

自動車メーカー生産動向:
東南アジア市場低迷の影響続く、2019年11月の自動車生産実績
日系乗用車メーカー各社の2019年11月の生産実績は、SUBARU(スバル)を除く7社が国内、海外ともに前年割れとなった。(2020/1/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスGR-FOURとスポーツドライビングの未来(前編)
トヨタでは、このGRヤリスを「WRCを勝ち抜くためのホモロゲーションモデル」と位置づける。AWSシステム「GR-FOUR」を搭載したこのクルマは、ハードウェアとしてどんなクルマなのか。そして、乗るとどれだけ凄いのだろうか。(2020/1/13)

「メーカー各社も気合い入りまくりだぁぁ!」 ついに登場! 東京オートサロンで発表された注目の新型車まとめ
カスタムショップやチューナーだけでなく、メーカーも超〜気合い入っていますよ。(2020/1/11)

ワックワク魔改造ときれいなお姉さんたくさん カスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」開幕
2020年もやってきました! 開催は1月12日まで。(2020/1/10)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
自動車業界の2020年のイベント、大規模実証も新型車も楽しみ
いいことで忙しい1年になりますように。(2020/1/8)

国内新車販売3年ぶりマイナス 台風など響き1.5%減
 昨年の国内新車販売台数は前年比1.5%減の519万5216台だったことが6日、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)のまとめで分かった。前年割れは3年ぶり。10月以降の台風の影響で受注が停滞したことが響いたほか、今年前半に発売予定の新型車を待つ動きも減少につながった。(2020/1/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2020年の中国自動車マーケット(後編)
今回の米中摩擦は一時的な問題ではなさそうだ。おそらくは中国の統治体制に何らか異変があるまで、この経済戦争は終わらないだろう。世界の自動車メーカーはどうなるのだろうか? やはり中国依存度が高いところが危ない。筆頭は欧州だ。これは自動車産業のみならず金融なども含めて中国と蜜月を深めすぎている。(2020/1/7)

スピン経済の歩き方:
企業不祥事トレンドは「人口減少型」、2020年はどうなる?
2019年も、さまざまな企業不祥事があった。レオパレス21やセブン-イレブン、かんぽ生命など、そうそうたる大企業が次々にやらかしたわけだが、20年はどうなるのか。筆者の窪田氏が分析したところ……。(2019/12/31)

新型レヴォーグSTIが登場するぞぉぉぉ! スバル「東京オートサロン2020」展示車両ラインアップ発表
BRZ STI SportやWRX S4 STI Sportにもカスタムコンセプトが登場(2020/1/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2019年読まれた記事ランキング
クルマ好きの間でよくいわれることのひとつに、「1989年は日本車のビンテージイヤー」という言葉がある。トヨタ・セルシオ、日産スカイラインGT-R、ユーノス・ロードスター、一年遅れだがホンダNSXがデビューした。ちょっとツブが落ちてもいいなら発売順に、スバル・レガシィ(BC/BF)、日産フェアレディZ(Z32)、トヨタMR2(SW22)、こちらも一年遅れなら日産プリメーラ(P10)もあった。後年評価されるとき、19年は89年に続く第2のビンテージイヤーとして記憶されるかもしれない。(2019/12/30)

バンドリ旋風がキテる! 大阪「EXPO痛車天国」写真まとめ第4弾、ラブライブやアイマスなど「アイドル」たちをピックアップ
イベントのたびに増え続けるガールズバンド痛車(2019/12/28)

無人航空機が飛行中の緊急事態に対応、自律的に危険を回避――NEDOらが技術実証
NEDOら6者は、無人航空機が緊急時でも自律的に危険を回避する技術の実証実験を行った。飛行中の故障や悪天候などの緊急事態に対応し、無人航空機が自らの判断で経路を変更して、事前に設定された緊急着陸地点まで飛行する。離島間物流などへの適用を目指す。(2019/12/26)

オートモーティブ 年間ランキング2019:
みんな気になる○○○の電動車戦略、60年に1度のパラダイムシフトを目撃
MONOistのオートモーティブフォーラムでも、さまざまなニュースや連載を掲載してきました。ここで、2019年に公開された記事の中から、年間ページビュー(PV)のトップ10を振り返ります。(2019/12/24)

スバル、トヨタとコネクテッドカーのサービス基盤を共通化へ
スバルとトヨタ自動車は、コネクテッドカーに関するサービス基盤を共通化する方針を示した。両者で差が少ない基盤部分を統一して開発コストを抑える狙いがある。(2019/12/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーにとっての安全性と、ボルボ
自動車メーカーの安全に対するスタンスは、大別して3つあると筆者は思っている。代表的なメーカーでいえば、1つ目がテスラ、2つ目がダイムラーやBMW、そして3つ目が日本の自動車メーカーだ。という中でボルボは少し特殊だと思っている。ご存じの通り、「安全」というキーワードは、ボルボというブランドの価値の中で大きな部分を占める。(2019/12/16)

スバル、トヨタと「つながる」サービス基盤共通化へ
車そのものではなく顧客からは見えないシステムやサーバー、コールセンターなど違いのない基盤部分から着手することで、増加し続ける次世代技術開発費の早期抑制を図る。(2019/12/13)

推しの誕生日会をする猛者も コスプレ美女と痛車で盛り上がった「EXPO痛車天国」写真まとめ
西日本最大級の痛車イベントを取材しました。(2019/12/13)

製造マネジメントニュース:
日系自動車メーカーの生産、10月は国内海外で前年割れ
日系乗用車メーカー各社の2019年10月の生産実績は、全てのメーカーが国内、海外ともに前年割れとなる厳しい結果となった。(2019/12/12)

「Re:ゼロから始める異世界生活」第2期&新規カットを追加した第1期の新編集版が放送決定 2020年はRe:ゼロYEARだ!
エミリアたんマジ天使!(2019/12/10)

「異常発生を家族に通知」──クルマの運転、IoTで見守り オートバックスが月額980円で提供
カー用品量販店大手のオートバックスセブンが、車載型IoT機器を使った運転見守りサービスの提供を始めた。(2019/12/6)

スマートファクトリー:
カムシャフトの加工品質をAIで全数判定、スバルが大泉工場で実証スタート
SUBARU(スバル)と富士通は2019年12月4日、スバルの群馬製作所 大泉工場の量産ラインにおいて、カムシャフトの加工精度をAI(人工知能)で判定する実証実験を開始すると発表した。(2019/12/5)

アニメ、ゲーム、VTuberも! 万博公園に痛車とコスプレ大集結「EXPO痛車天国」に行ってきたよ
太陽の塔が見守るお祭り広場に全国から痛車大集合(2019/12/6)

10月の自動車国内販売、7社全て前年割れ 「台風」と「消費増税」のダブルパンチ
 自動車大手7社が28日発表した10月の国内販売台数は、全社で前年同月割れとなった。台風で客足が遠のいて販売が伸びなかったことに加え、消費税増税前の駆け込み需要からの反動減も影響した“ダブルパンチ”とみられる。(2019/11/28)

リヤサスペンションなどに不具合:
スバル、「フォレスター」など8万台リコール ばねが折れる恐れ
SUBARU(スバル)は11月28日、「フォレスター」など計2車種8万1343台のリコールを届け出た。(2019/11/28)

昔のバイクはもっと軽かった……!?!? 「乾燥重量」と「装備重量」のよく分からん謎
ひと昔前、「レーサーレプリカブーム」がありました。その頃バイク乗りだった人は……「軽かった」と言うのです。(2019/11/26)

トヨタやホンダなど国内外のクルマがずらり 2年ぶりの「名古屋モーターショー」が開幕
11月24日まで開催されます。(2019/11/23)

そういえばよく分かんない……! 「TNGA」「CMF」……クルマの「プラットフォーム」って結局何のこと?
IT用語に匹敵するくらい略語だらけの世界。(2019/11/21)

製造マネジメントニュース:
グローバル戦略で生産実績に明暗、日系自動車メーカーの2019年4〜9月
日系乗用車メーカー各社の2019年度上期(2019年4〜9月)の生産実績は、メーカーによって明暗がはっきりと分かれる結果となった。グローバル生産台数では、トヨタ自動車、ホンダ、ダイハツ工業の3社は上期として過去最高を更新した。一方で、日産自動車、スズキ、マツダ、三菱自動車の4社は前年同期の実績を下回った。(2019/11/20)

スマートファクトリー:
SUBARU大泉工場でエンジンの指さし検査を効率化、デジタル屋台で人手作業支援
OKIはユーザーイベント「OKI PREMIUM FAIR 2019」(2019年11月14〜15日)において、SUBARUとの共同実証が決まった「プロジェクションアセンブリーシステム」を紹介し、工場での人作業の支援と負担軽減を訴えた。(2019/11/18)

「パンスト」名物夫婦もパパママになって帰ってきた「ひめたまユル会」痛車まとめ第2弾 東方Projectや艦これ、セーラームーンなど
過去イベントで結婚式を挙げた夫婦が赤ちゃん連れて凱旋。(2019/11/18)

SUBARUとソフトバンク、5G&セルラーV2Xを活用した自動運転制御で共同研究
SUBARUとソフトバンクは、5GとセルラーV2X通信システムを活用したユースケースの共同研究を開始。通信環境を構築して基地局と車両、車両と車両間で通信を行い、安全運転支援や自動運転制御に関わるさまざまなユースケースを想定した技術検証を行う予定だ。(2019/11/7)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
【2019年版】役員報酬ランキング―日産元会長がダントツ1位【自動車メーカー】
上場企業は、年間で1億円を超える報酬を得た役員の名前と金額の開示が義務付けられています。2018年度の有価証券報告書をもとに国内自動車メーカー9社を対象に調査したところ、1億円以上の役員報酬を受けた役員は19名でした。(2019/11/7)

「技術の日産」の魂は、死んでいない アライアンスの行方は?
日産自動車経営陣の新体制が固まった。3頭体制への期待は高いが、その周囲の役員の間にはさまざまな思惑がうごめいているという情報もある。日本とフランスの国策企業というプライドが、足を引っ張りあっていくなら、良いクルマやサービスも生まれない。(2019/11/7)

ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト:
“空の道”の整備進む、ドローン37台を運行管理システムに相互接続
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」を推進している。この計画では、インフラ点検などの分野で活用できる無人航空機やロボットの開発、社会実装するためのシステム構築および飛行試験などを実施。物流ドローンが都市部で安全に使える環境の整備を目指している。2019年10月23〜24日、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で行われた運行管理システムの相互接続試験では、一般事業者のドローンとつなげることを成し遂げ、ドローンを危険なく扱える土壌をさらに整えた。(2019/11/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショーで見ておくべきものは?
海外メーカーの撤退が相次いだ東京モーターショー。しかしユーザーとして、あるいは自動車産業に何らかのつながりを持つビジネスパーソンにとっては、多くのメーカーがこぞって商品を持ち寄る場であり、普段なかなか確認できない業界動向を直接観察するチャンスであることは変わりない。見どころを一気に紹介する。(2019/11/1)

「楽しい?」「普及する?」 「話題の電動キックボード」東京モーターショーでぜんぶ乗ってきた!
体験できるだけでなく、拠点移動もできて一石二鳥ですよぉぉ!(2019/10/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スバルはこれからもAWD+ターボ+ワゴン
スバルは東京モーターショーで新型レヴォーグを出品した。レヴォーグはそもそも日本国内マーケットを象徴するクルマである。スバルは、日本の自動車史を代表するザ・ワゴンとして、レヴォーグはGTワゴンという形を死守する覚悟に見える。(2019/10/31)

コンパニオンさん横で思わず急制動! 東京モーターショー2019で注目集めた美人お姉さんまとめ第1弾
モーターショーはコスチュームがどれも高貴です。(2019/10/26)

写真で見る「東京モーターショー2019」
自動運転技術やAIアシスタントを搭載するコンセプトカー、コンパクトEV(電気自動車)など、「第46回東京モーターショー2019」で披露されているクルマを写真で振り返る。(2019/10/26)

東京モーターショー2019:
新型「レヴォーグ」は個性際立つデザインへ、新コンセプト「BOLDER」で大胆に
SUBARU(スバル)は「第46回東京モーターショー2019」において、新型「レヴォーグ」のプロトタイプを初披露した。最先端技術を惜しみなく投入するだけでなく、新デザインコンセプト「BOLDER」も採用している。(2019/10/25)

2020年後半に発売:
スバル、新型「レヴォーグ」プロトタイプを公開 新世代アイサイトで安全性能向上
SUBARUは「東京モーターショー2019」で、新型「レヴォーグ」のプロトタイプを世界初公開。新世代の「アイサイト」や、新開発の水平対向エンジンを搭載。市販モデルは2020年後半に日本で発売する。(2019/10/23)

東京モーターショー2019:
新世代「ツーリングワゴン」、SUBARUが新型「レヴォーグ」プロトタイプを披露
SUBARUは10月23日、「第46回 東京モーターショー 2019」で、次期「レヴォーグ」のプロトタイプを公開した。「誰もが自分の意思で、運転をどこまでも楽しめる未来の実現を目指す」という。(2019/10/23)

体当たりッ!スマート家電事始め:
Clovaが使える「LINEカーナビ」 トヨタのスマホ連携ディスプレイ標準装備が普及の追い風に? 中の人に聞いた
LINEが独自のAIアシスタント「Clova」(クローバ)を搭載したカーナビゲーションアプリ「LINEカーナビ」をリリース。SDL対応に加え、無料で提供されたことでも注目を集めた。(2019/10/23)

盗んだクルマで走り出した14歳の少年 制止するパトカーに当て逃げした先でランボルギーニに衝突
少年はすぐに確保されて週明けに少年裁判所へ。(2019/10/19)

「東京モーターショー2019」開幕直前 クルマの未来を占う、国内メーカーの出展内容まとめ
「第46回東京モーターショー2019」では、トヨタが自動運転EVのコンセプトカー「LQ」、日産が「ニッサン IMk」を披露するなど、未来を占うクルマがそろう。国内大手メーカーの出展内容をまとめた。(2019/10/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。