ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「補欠」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「補欠」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

水曜インタビュー劇場(10秒公演):
25年前に生まれた「inゼリー」は、なぜ過去最高を更新したのか
森永製菓の「inゼリー」が好調である。25年前に発売されたロングセラー商品が、なぜこのタイミングで売れているのか。その秘密について、同社の担当者に話を聞いたところ……。(2019/10/9)

イノベーター列伝:
フェンシング日本代表を支えるアナリストの闘志――日本フェンシング協会 千葉洋平氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/7/25)

「三遊間が鉄壁」「監督はセンチュリーだろ?」 トヨタ公式の「トヨタ車で打線組んでみた」がなかなか絶妙な件
他メーカーのも見たい。(2019/4/1)

常見陽平のサラリーマン研究所:
SNSでニヤニヤしてしまう、「転身ポエム」を分析してみた
SNS上で「転身ポエム」をよく見かける。就職、転勤、転職などのタイミングで、その「想い」が劇的につづられているのだ。この転身ポエム……よーく読むと、その人の過去がいろいろ透けて見えてきて、とても味わい深いのだ。(2018/10/26)

人は見た目が大事って誰が言った? 怖いヤンキーがクールにお役立ち情報を授ける漫画に心が優しくなる
このヤンキー、どこまで萌えさせるんだ……!(2018/10/18)

セネガル戦、ゴール裏のジャンピングヘッド動画が世界中で拡散 カカロニ・菅谷「反射的に『オッケェ!』と叫んでヘディングした」
圧倒的存在感。(2018/6/25)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(8):
IT投資動向調査には現れない、「投資額が決まるまで」〜予算が余る/ひっ迫するしょうもない理由〜
今回はお金(予算)の管理について考えてみたい。従業員目線で言えば経費精算、企業目線で言えば予算管理。こうしたITサービス財務管理(IT Service Financial Management)の在り方を、筆者の苦い経験を基に考えてみたい。(2018/4/20)

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(10):
ソフトウェアテストの未来(前編)――テスト技術者の将来と教育
IoTやAIが一般化する未来においても、ソフトウェアテストは険しい道のりを歩むことになるのだろうか。まずはテスト技術者に焦点を当て、その生きる道と道しるべである教育について見ていきたい。(2017/5/18)

AIやロボット分野への投資を強化:
NEDO理事長が語る、2017年度に注力する3つのこと
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2017年度の事業における注目点を説明した。「人工知能」「ロボット・ドローン」「中小・ベンチャー支援」の3つとなる。(2017/3/9)

来年20周年を迎える「クーロンズ・ゲート」VR映像体験イベントに応募者殺到 新たな販売コンテンツも検討
「クーロンズ・ゲート」の制作陣による企業ジェットマンが、産学連携プロジェクトとして開発。(2016/5/17)

世界を読み解くニュース・サロン:
スーチー派が勝っても、ミャンマーが“変われない”理由
ミャンマーで、5年ぶりに総選挙が実施された。地元メディアが「アウンサン・スーチー党首率いる最大野党が優勢」と伝えているので、現地の経済発展が期待されるが、事はすんなりと進むのだろうか。筆者の山田氏は難しいとみている。その理由は……。(2015/11/12)

ツッコミ捗るぞ! ニコ動の「都道府県ごとに観光地で打線組んだ」動画が興味深い件
京都強すぎ! 埼玉……頑張れ!(2015/8/24)

至高のITマリアージュ:
「悲愴」と「悲壮」の違いは? 分からないなら単語カードだ!
単語カードアプリを習慣的に利用すると、多少覚えが悪くても語彙(ごい)や知識がしっかり吸収できるようになる。ではどうやって習慣化するのか。表計算ソフトを使って、単語カードの“プレイリスト”を作ればいい。(古田雄介)(2014/12/26)

BookLiveのオリジナル電子コミック3作品が単行本で発売
三省堂書店での単行本購入者には、電子版のダウンロードコードをプレゼントしている。(2014/9/26)

飛躍:
ミャンマー市場の開拓
未開拓の豊富な天然資源、若年層が多くを占める6千万人超の人口、中国・インドの中間に位置しASEAN第2の国土を誇る、ミャンマー。急速な民主化を受け世界から熱い視線を集めているが、日本勢にとって「最後のフロンティア」になりうるのか。(2014/7/14)

美とは一体…… 美少年による美少年のためのプロレス団体「美少年プロレス」発足
ツッコミどころしかない。(2014/5/20)

ゲームの可能性を広げるための「Kickstarter」という選択 「ロックマン」の生みの親、稲船敬二氏へのロングインタビュー[2/3]
『Mighty No.9』と『ロックマン』はどこで差別化を図るのか――稲船敬二氏に新ゲームプロジェクトについて聞いた。(2013/9/22)

「ガルパン」キャラが茨城県知事選の選挙啓発に 渕上舞さんのボイスで投票呼びかけ
イラスト入り啓発グッズを配布したり、西住みほ役の声優・渕上舞さんのメッセージを流したりする。(2013/8/16)

元スタバCEOが考える“リーダーの資質”とは?
リーダーには必ずしもリーダーシップが必要とは限らないという元スタバCEOの岩田松雄氏。その理由を、氏の著書から紹介します。(2013/7/2)

バスケ部の補欠選手を描いたCM「最後の試合」にグッとくる人続出
映画「桐島、部活やめるってよ」の吉田監督が演出を担当しています。(2013/6/21)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/5/28)

ネット選挙解禁で考慮すべき脅威(前編)
ついに日本でも解禁されたネットの選挙活動ではどんな問題に直面する可能性があるのだろうか――。(2013/4/19)

就職は3秒で決まる。:
自己分析をする就活生に見込みはない
自分とはいかなる人間なのか。自分に最適な仕事は何なのか。就活生が取り組む「自己分析」なる研究は本当に意味があるのだろうか。(2012/10/26)

藤田正美の時事日想:
「大きな政府と小さな政府」――ニホンはどちらに進んでいくのか
今年の夏に行われる、参院選の争点の1つは「大きな政府と小さな政府」ということになるだろう。米国と英国という“大きな政府”を見ている限り、この問題は慎重に考えていかなければならない。(2010/1/25)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
週末の米国株が大幅下落となった割りには底堅い堅調な展開
(2009/10/26)

藤田正美の時事日想:
日本郵政の人事は渡りではないのか? 問われる民主党の説明責任
日本郵政の西川善文社長の後任として、斉藤次郎元大蔵省事務次官が起用された。しかしこれは、「官僚依存からの脱却」を掲げ、天下りの全面禁止を主張してきた、従来の民主党の主張とは反する人事。この点を民主党政権はどのように説明するのだろうか。(2009/10/26)

NASA、スペースシャトル打ち上げにTwitterユーザーを招待
NASAがTwitterのフォロワー100人を、スペースシャトルAtlantisの打ち上げ見学に招待する。(2009/10/15)

オルタナティブな生き方 大里真理子さん:
出会いと縁を大切にする、東洋的キャリアの築き方
ITmediaのビジネスブログ「オルタナティブ・ブログ」で「マリコ駆ける!」を執筆する大里真理子さんに、出会いを生かす東洋的キャリアの築き方を伺った。(2009/7/14)

問われるコーチング力:
危機を乗り切るために経営者がすべきこと――スズキ社長に学ぶ
過去に2度の経営危機を乗り越え、現在3度目の至難に直面する軽自動車の雄、スズキ。度重なるピンチをチャンスに変え、決してあきらめることのなかった鈴木社長から学ぶべきことは多い。(2009/4/15)

「NAVYFIELD NEO」、世界大会「GNGWC2008」へエントリー
(2008/8/15)

達人の仕事術:
ナンバー2だっていいじゃないか――三三・角川素久さんが考える起業とは
三三で、経営管理と名刺データベース「Link Knowledge」のオペレーションを兼務する角川素久さん。「いつかは起業したい」と憧れて果たしたが、「自分は社長タイプではないかもしれない」とも迷うという。そんな角川さんの起業とは――。(2008/5/27)

福田首相と小沢代表、好感を持てるのはどっち?
(2008/5/7)

レッシグ教授、連邦議員への出馬見送り
米下院議員への立候補を検討していたローレンス・レッシグ教授が、出馬しないと決定した。(2008/2/26)

ローレンス・レッシグ教授、米議員への立候補検討
クリエイティブ・コモンズ創始者のローレンス・レッシグ教授が、下院議員補欠選挙に立候補するかもしれない。(2008/2/21)

「グラナド・エスパダ」、ワールドトーナメント一般公募出場枠の募集を開始
(2007/8/27)

オルタナブログ通信:
スポーツから政治まで――“責任”はいろいろ
問題が発生した時、誰がどう責任を取るのか。朝青龍、織田信成、そして安倍首相。電話でなくなったケータイ、ラジオ体操の進化系とは……。オルタナティブ・ブログはITの時事ネタを始めさまざまな情勢を独自な視点で発信する。(2007/8/11)

「グラナド・エスパダ」、第2回ワールドトーナメントを開催
(2007/8/2)

「ラグナロクオンライン」日本最強ギルド決定戦「RJC2006」開催
5月21日、東京・ディファ有明は熱気に包まれていた。MMORPG「ラグナロクオンライン」の日本最強ギルドを決める、「RAGNAROK ONLINE Japan Championship 2006」(以下、RJC2006)の決勝トーナメント。1ヶ月にもおよぶ予選をくぐり抜けた勝者たちが集うこの大会の様子をお伝えしよう。(2006/5/23)

「W32S」ロードテストNo.4:
FeliCaロック「クイック解除」のいいところ、イヤなところ
決済機能を搭載している携帯電話にとって、FeliCaロックは重要な機能。「W32S」のFeliCaロック機能を試すと、便利な点と不便な点が見えてきました。(2005/12/13)

2005年5月:
5分で分かった気になる、今月のアキバ事情
ゴールデンウェークが明けたあと、新製品ラッシュに沸いた2005年5月のアキバ。つい先日に登場したPentium Dが大きくクローズアップされているが、入力デバイスやHDDケースなどの新製品も数多く見られた。(2005/5/31)

カブを取り合うチーム戦! シールオンラインでゲーム内イベント
(2005/5/20)

米環境保護団体、メーカーの「成績表」発表
米環境保護団体によると、環境を配慮した製品設計を評価したランキングの上位3社はHewlett-Packard(HP)、Dell、NEC。だが、同団体はこれら3社でさえ「ビギナー」と位置付けている。(2004/5/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。