ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サスペンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サスペンス」に関する情報が集まったページです。

監禁された少年、助けを求める手段はTwitterだけ 毎日更新のサスペンス漫画に引き込まれる
作中の時間経過に合わせて漫画が毎日更新される展開が新しい。(2019/4/23)

脳内で「バカにするやつは殺せ」「殺せ」と声が――ナマケモノと頭の中の声の漫画、まさかの展開に「優しい世界」「私もほしい」の声
よくあるサスペンス展開かと思いきや。(2019/3/8)

@ITセキュリティセミナー2018.2:
デジタルフォレンジックの専門家が伝える、情報持ち出しという「内部不正」が起こる理由――リクルートテクノロジーズ
@ITは、2018年2月15日、大阪で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、特別講演「悪意と善意が交差する内部不正という名のサスペンス」の内容をお伝えする。(2018/3/29)

「れんこんを返せ」「政府を許すな!!」 サスペンス童謡漫画“おべんとうばこのうた”がブラックすぎる展開で話題
○「おにぎりおにぎり」 ×「おにぎりをにぎり」。(2018/3/3)

実写「ジョジョ」本編映像&ティーザーポスター初公開! 注目キャラも一挙に登場
サスペンスフルな映像に期待が高まります。(2017/3/7)

あなたは命を救えるか? AEDと心臓マッサージを学ぶサスペンスゲーム「心止村湯けむり事件簿」、日本循環器学会が公開
AEDや心臓マッサージをドラマ仕立てで学べるサスペンスゲーム「心止村湯けむり事件簿」を日本循環器学会が公開した。(2016/2/1)

AEDや心臓マッサージの方法が身につくサスペンスゲーム「心止村湯けむり事件簿」公開
心止村……なんとも不穏な村名です。(2016/2/1)

電子コミック・プチレビュー:
19歳の私を殺したのは誰? 教えて――『デッドコピー』
「記憶を保存できる世界」で、14歳の少女は、19歳の女性として目覚める――。『デッドコピー』はSFマンガですが、サスペンスの要素もあり、小説を読むように楽しめる作品です。(2014/12/19)

ある意味「死んだように」眠れる血だまり型枕
サスペンスな寝姿になれます。(2014/2/11)

オヤジの色気、新ジャンル:
落合正幸監督原作のコミックが「オヤジズム」に登場
NTTソルマーレが配信しているデジタルコミック誌「オヤジズム」に新ジャンルのサスペンスコミックが登場。原作は『パラサイト・イヴ』などの落合正幸監督。(2013/9/6)

映画『ミッシングID』、逃亡劇で主人公が身に着けている腕時計は?
映画『ボーン・アイデンティティー』のDNAを受け継ぐサスペンスアクション映画『ミッシングID』。敵も味方も分からない逃亡劇で主人公ネイサンが守護神として身に着けている腕時計とは?(2012/5/28)

PS3/Xbox 360向けアドベンチャーゲーム「DUNAMIS15」、今夏発売
孤島の学園を舞台にした、5pb.の新作サスペンス・フィクションアドベンチャーゲーム「DUNAMIS15」が今夏登場する。(2011/4/15)

レベルファイブが放つ初のサスペンス作品「タイムトラベラーズ」はニンテンドー3DS
イシイジロウ氏移籍後初のタイトルは、ニンテンドー3DS向けタイムトラベルサスペンス。(2010/10/20)

面白くなければ返金します! 「TSUTAYA発掘良品」第2弾は1977年のSFサスペンス
TSUTAYAは、1960年代から1990年代の「知る人ぞ知る面白い作品」をお勧めする「TSUTAYA発掘良品」第2弾を9月17日に開始する。新たに22作品を追加する。(2010/9/16)

癒しとサスペンスなドラマをキャストも絶賛! 「劇場版“文学少女”」舞台あいさつ
ライトノベル「“文学少女”」シリーズの劇場用アニメ完成記念イベントが開催された。(2010/5/17)

本山由樹子の新作劇場:
銀行の不正はまかりとおる――「ザ・バンク 堕ちた巨像」
クライヴ・オーウェンとナオミ・ワッツ共演、メカバンクの陰謀を描いた実話ベースの骨太サスペンス・アクション。(2009/8/3)

誰とともに脱出を試みるか――謎と疑心あふれる密室での人間模様を描く「極限脱出 9時間9人9の扉」
スパイクとチュンソフトが仕掛けるサスペンスアドベンチャーゲーム「極限脱出 9時間9人9の扉」を紹介する。ノナリーゲームとはいったいなんだ?(2009/7/7)

本山由樹子の新作劇場:
息子が行方不明、戻ってきたら赤の他人だった!――「チェンジリング」
アンジェリーナ・ジョリーが信念を貫くシングルマザーを熱演。イーストウッドの骨太かつ精巧な筆致が光る傑作サスペンス・ドラマがBlu-ray Disc化。(2009/6/8)

本山由樹子の新作劇場:
鏡の中に何かがいる!――「ミラーズ」
キーファー・サザーランドがジャック・バウアーなみの大暴走を見せるサスペンス・ホラーが7月3日にBlu-ray Discで登場。(2009/6/1)

本山由樹子の新作劇場:
“実に面白い”人気ドラマの劇場版――「容疑者Xの献身」
ドラマの延長線上でしょ、と敬遠している映画ファンにこそおススメ。推理サスペンスよりも人間ドラマに重きを置いた優れもの!(2009/2/23)

本山由樹子の新作劇場:
1997年の犯罪サスペンスの傑作――「L.A.コンフィデンシャル」
ラッセル・クロウらスターを輩出、アカデミー賞2部門に輝く名作がBlu-ray Discで登場。メイキングなど新たに制作された特典も満載。(2008/12/15)

+D Style 最新シネマ情報:
「ミラーズ」
“24”でおなじみキーファー・サザーランドが主演するホラー・サスペンス「ミラーズ」。鏡に潜む邪悪な存在が主人公を襲う。恐怖を演出するため丁寧に作り込まれた美術は見応え十分だ。(2008/12/10)

「428」レビュー:
誰もが知らず知らずのうちに誰かの運命に干渉している――パズル的な要素が面白い“実写”サウンドノベル
渋谷を舞台にスリルとサスペンスに満ちた物語が展開される「428」。実写とサウンドノベルの絶妙な融合が新たなエンターテイメントの境地を切り開いた!(2008/12/9)

本山由樹子の新作劇場:
いまだ終わることのない戦争の悲劇――「告発のとき」
「クラッシュ」のポール・ハギス監督が放つサスペンス・ドラマ。トミー・リー・ジョーンズが缶コーヒーのCMではお目にかかれない迫真の演技を披露。(2008/11/25)

この事件……実におもしろい――「ガリレオ」
シリーズ最新映画「容疑者Xの献身」が公開されるTVドラマ「ガリレオ」をゲーム化。不可思議な事件の謎を華麗に暴く、本格推理サスペンスがディスリー・パブリッシャーから発売される。(2008/9/30)

本山由樹子の新作劇場:
アカデミー賞4部門受賞の話題作――「ノーカントリー」
静けさの中に恐さあり。コーエン兄弟が手掛けた不条理サスペンスがBlu-ray Discで登場。(2008/9/29)

TECMO PRESS CONFERENCE 2008 AUTUMN:
東京ゲームショウに向けて、冒険あり戦いありサスペンスあり
テクモは9月3日、現在開発中の家庭用ゲーム機向け新作タイトルの紹介と、10月に開催予定の東京ゲームショウ2008の出展内容を発表した。スペシャルゲストとして登壇した西村京太郎先生のお誕生日会も!(2008/9/3)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」Vol.21:
オンキヨー「TX-SA706X」で「ノーカントリー」のリアルな音を聴く
アカデミー賞で4冠に輝いたコーエン兄弟の「ノーカントリー」。最近試聴したAVアンプの中で、このサスペンスフルな音響設計をもっともリアルに再現したのがオンキヨー「TX-SA706X」だ。(2008/8/20)

本山由樹子の新作劇場:
もみ消したいことがあれば、この男に頼め――「フィクサー」
出世コースから外れた弁護士が、トラブル処理専門のもみ消し屋に。ジョージ・クルーニー主演、アカデミー賞にノミネートされた骨太な社会派サスペンス。(2008/8/18)

本山由樹子の新作劇場:
2分先の未来が見えるニコラスの珍作――「NEXT−ネクスト−」
スリリングだけど、ツッコミどころも満載。フィリップ・K・ディックの短編小説をもとにした、ニコラス・ケイジ主演のサスペンス・アクション。(2008/7/22)

本山由樹子の新作劇場:
人気ゲームを実写化――「ヒットマン」
「トランスポーター」のヨーロッパ・コープ製作のスタイリッシュ・アクション。いちいちカッコつけるのは笑えるが、サスペンス、ラブストーリーも盛り込まれた良作。(2008/7/14)

本山由樹子の新作劇場:
大統領襲撃テロが8人の視点から明かされる――「バンテージ・ポイント」
演説中に発生した大統領狙撃事件。その瞬間の前後を、目撃者8人それぞれの視点で繰り返し描写するアイデア勝利のサスペンス・アクション。(2008/6/16)

本山由樹子の新作劇場:
「デスノート」のスピンオフ作品――「L change the WorLd」
主人公のキラ以上に目立っていた天才探偵Lの最期の23日間を描いたサスペンス・アクション。通常版と3枚組のcomplete setの2種類で6月25日にDVD化!(2008/4/28)

地縛霊を成仏させるサスペンスアドベンチャー「悲しみの幻影」
(2008/4/16)

「DS山村美紗サスペンス」発売日決定
(2008/4/9)

Mobile&Movie 第294回:
チーム・バチスタの栄光「手術を止めろ!!」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、医療サスペンスのベストセラーを映画化した『チーム・バチスタの栄光』。「次は死人が出る」という手術にケータイで“待った”がかかります。(2008/2/15)

新作DVD情報:
ラスト7分11秒まで、真犯人は絶対分からない!?――「パーフェクト・ストレンジャー」
ハル・ベリーとブルース・ウィリス共演によるサスペンス。物議をかもしたラストのドンデン返しを見届けよう!(2008/2/4)

山村作品人気キャラクター3人が人間関係のもつれた糸を解きほぐす――「DS 山村美紗サスペンス」
テクモは本日開催されたプレスカンファレンスにおいて、DSサスペンスシリーズの第2弾「DS 山村美紗サスペンス 舞妓小菊・記者キャサリン・葬儀屋石原明子 古都に舞う花三輪 京都殺人事件ファイル」を発表した。(2008/1/30)

ゼンリンが地図を生かしたトリックを仕掛ける――「湯けむりサスペンス」(仮称)
ゼンリンが独自に開発・発売する初のニンテンドーDS用推理アドベンチャーゲーム「湯けむりサスペンス」(仮称)が2008年春に発売される予定だ。(2008/1/15)

新作DVD情報:
オリジナル版を知らない人におススメ――「ウィッカーマン」
行方不明になった少女を捜すため、不気味な孤島を訪れた白バイ警官が見た島の秘密とは? ニコラス・ケイジが念願のカルト映画リメイクに挑戦したサスペンス・スリラー。(2008/1/15)

新作DVD情報:
5人のアイドル・オタクの推理バトル――「キサラギ」
単館系作品として異例の大ヒットとなった密室サスペンス・コメディ。アイドル・如月ミキは自殺したのか、それとも他殺か?絶妙な配役とスピーディーな会話、先の見えない展開が何とも魅力的!(2007/12/17)

Mobile&Movie 第287回:
ミッドナイトイーグル「何かあったら、すぐ連絡して」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは山岳サスペンス・アクション『ミッドナイトイーグル』。極限の戦いで切り札を握るのはケータイです。(2007/12/14)

新作DVD情報:
女の業の深さを知る秀作サスペンス――「あるスキャンダルの覚え書き」
美人教師と教え子の不倫!全米に衝撃を与えた実在の事件をヒントにした英ベストセラー小説を映画化。オールドミスの厳格な教師と、教え子と不倫に走る新任教師。2人の歪んだ関係の行方は!? (2007/10/15)

新作DVD情報:
血のダイヤが男たちの運命を狂わせる――「ブラッド・ダイヤモンド」
ダイヤの不正取引を巡る骨太な社会派サスペンス。他人事ではないアフリカ問題を「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック監督が斬る!(2007/8/27)

「DS 西村京太郎サスペンス 新探偵シリーズ『京都・熱海・絶海の孤島 殺意の罠』」発売日決定
(2007/8/3)

新作DVD情報:
既視感をテーマにしたサスペンス・アクション――「デジャヴ」
遺体で発見された女性のことが妙に記憶にひっかかり、事件の真相を突き止めようとする敏腕捜査官の奮闘。料理しづらいテーマをサスペンス、アクション、SF、ラブロマンスを大胆に盛り込んで、大味にならずに仕上げた娯楽作品。(2007/7/17)

Mobile&Movie 第265回:
キサラギ「私、もう疲れた」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、5人の男が1つの部屋に集まるワンシチュエーション・サスペンス『キサラギ』。自殺したアイドルが残した留守電メッセージの謎とは……。【ネタバレ注意】(2007/6/29)

+D Style 最新シネマ情報:
「ゾディアック」
1960〜70年代のアメリカで実際に起きた連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス・スリラー「ゾディアック」。男たちは築いてきたキャリアや生活を犠牲にし、謎の暗号文に挑む……。破滅していく男たちのドラマとして見応え十分。(2007/6/5)

新作DVD情報:
2匹の犬たちの宿命の闘い――「あるいは裏切りという名の犬」
悪徳の限りを尽くすジェラール・ドパルデューと正義感の強いダニエル・オートゥイユ。フランスの名優2人の対決と、額に刻まれたシワにシビれるサスペンス・アクション。(2007/5/21)

新作DVD情報:
P・K・ディックの世界観を見事に再現――「スキャナー・ダークリー」
覆面麻薬捜査官がドラッグに溺れ、現実と幻覚の区別がつかなくなっていく。フィリップ・K・ディックの小説「暗闇のスキャナー」を映像化した近未来サスペンス。実写のようで実写でない、アニメのようでアニメでない、この不思議な映像に身を任すべし!(2007/5/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。