ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「T-Mobile G2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「T-Mobile G2」に関する情報が集まったページです。

IBM、Cloudera、Domino Data Lab、Oracle以外にも
人工知能(AI)で急成長のデータサイエンスツール、商用とオープンソースの違いは?
商用製品からオープンソースまで、人工知能(AI)を使ったデータサイエンスツールの選択肢が広がっている。うまく利用すれば、データアクセスや分析モデル作成、データ管理の共同作業が簡便になるだろう。(2019/4/15)

海外Wi-Fiルーター「Jetfi」、14カ国対応の使い放題プランを提供開始
世界100カ国以上で利用できる4G対応モバイルWi-Fiルーター「jetfi」は、4月24日に使い放題プランを提供開始。対象国は中国、台湾、韓国など14カ国で、割引価格で利用できる先着100台限定「GWスタートキャンペーン」も実施する。(2018/4/25)

これでお前はグンマを知る 水から造り手まで“オール群馬”の日本酒が誕生、その名も「群馬」
米もグンマ、水もグンマ、酵母もグンマ、酒蔵もグンマ。(2017/10/25)

マネーの達人:
これから起こる「トランプリスク」とは
ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に決まりました。選挙期間中の発言をもとに、トランプ氏が大統領に就任した際のリスクを考えてみましょう。(2016/12/12)

東京ゲームショウ2015:
未発売の注目ゲーミングデバイスをまとめてチェック――アイ・オー、東プレ、マッドキャッツ、ロジクール
最新PCゲーミングデバイスが多数展示されている東京ゲームショウ2015。アイ・オーのディスプレイ、東プレのキーボード、マッドキャッツのマウス、ロジクールのヘッドセットをまとめて見ていこう。(2015/9/20)

いろんな意味で6月は激戦のとき!:
売れ筋10万円台前半ゲーミングノート「G-GEAR note N1562J」の実力を試す
最近のゲーミングノートPCは、価格を抑えつつ性能を維持するために工夫を凝らした製品が多い。その激戦区に登場したG-GEAR最新モデルを検証する。(2015/6/26)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年5月第4週
小学館の決算は減収ながら「雑誌」分野は12誌で前年売り上げを上回り、18年ぶりに増収したことなどが話題に。(2015/5/25)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(42):
「滑らか」って何だ!? ――曲線と曲面のお話
今回は「滑らか」とは一体どういうことか詳細に解説します。G1やG2、NURBSなど3次元CADを使っているとよく出てくる単語についても説明します。(2015/2/18)

医療機器ニュース:
運転能力を低下させる白質病変、東京大学らが実車実験で確認
東京大学と高知工科大学は、医学的に症状のない軽度の大脳白質病変(以下、白質病変)と診断された高齢の運転者は、そうでない高齢の運転者に比べて、運転能力が低下していることが実車実験で確認できた、と発表した。(2014/10/14)

はじめての格安SIM&SIMフリースマホ 第14回:
Huawei、LG、ASUS、freetel――注目メーカーの最新SIMロックフリースマホ
2014年は、さまざまなメーカーがSIMロックフリーのスマートフォンを投入し始めた。ミッドレンジからローエンドモデルが中心だが、キャリアが販売する端末よりも安く購入できるのが魅力でもある。4月以降に発表された注目機種と注意点などを紹介したい。(2014/7/25)

「G2」の本体価格は1万円台に:
ドコモオンラインショップでXiスマホの月々サポートを増額
ドコモオンライショップで、2013年冬のXiスマホの月々サポートを増額するキャンペーンが実施されている。(2014/7/16)

石野純也のMobile Eye(6月23日〜7月4日):
3社横並びの新料金プラン、何が違う?/BIGLOBEの音声通話サービスにも注目
KDDIが6月25日に新料金プラン「カケホとデジラ」を発表したことで、3キャリアから音声定額+パケット定額の新しい料金プランが出そろった。サービスを開始したauとソフトバンクのプランを中心に比較した。ビッグローブが発表した音声通話SIMにも注目したい。(2014/7/4)

AWS情報アップデート:
AWS、「Amazon AppStream」を全デベロッパに公開
Amazon Web Servicesは2014年3月12日、これまで限定プレビュー段階だったAmazon AppStreamを一般ユーザーに公開することを発表した。(2014/3/13)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
写真で比べるLGの「G2」「isai」「Nexus 5」
2013年後半から相次いで登場したLGエレクトロニクス製の「G2」「isai」「Nexus 5」。似ているようでまったく違う3機種について、まずは基本スペックや外見などを比較してみよう。(2014/2/21)

曲がってる理由はサイズにアリ:
auの変化球は“カーブ”でした 写真で解説する「G Flex LGL23」
春商戦を控えたスマートフォン市場にauが投じた“カーブ”という変化球。国内初の曲面ディスプレイ搭載ファブレット「G Flex」は、ユーザーの心を仕留める決め球になるのか。それとも……。(2014/1/23)

6インチの曲面ディスプレイを搭載――写真で見る「G Flex」
LGエレクトロニクスが6インチの曲面ディスプレイを搭載した「G Flex」を国内で披露した。ボディがカーブしていることによる、通話と操作のしやすさ、横画面での高い臨場感などが特徴だ。(2013/12/26)

isai Press Conference 2013:
KDDIとLGが生んだ異才な存在「isai LGL22」――“ただのコラボモデル”じゃない理由とは
auの2013年冬モデルのなかで、KDDIが戦略モデルと位置付けている「isai LGL22」。なぜLGと共同開発したのか。isaiという名称にはどんな思いが込められているのか。両社の担当者が韓国・ソウルで説明した。(2013/12/5)

AWS情報アップデート:
Amazon EC2でGPUインスタンスが登場、Elastic MapReduceの管理コンソールも刷新
AWSにOpenCLもCUDAも使えるインスタンスが登場。NVIDIA GRIDが使われる。(2013/11/7)

LG Electronics、曲面スマートフォン「G Flex」を発表 Samsungに続き
SamsungのGALAXY Roundとは異なり縦方向のカーブになっており、握ったり通話したりする際のエルゴノミクスが配慮されている。(2013/10/29)

石野純也のMobile Eye(9月30日〜10月11日):
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの冬春モデル戦略を読み解く
この2週間はドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから冬春モデル(KDDIは冬モデルのみ)が発表され、モバイル業界は大いに賑わった。端末に加え、ネットワーク、サービス、料金にも焦点が当たりやすくなった。今回は3社の戦略をまとめた。(2013/10/13)

IFA 2013:
タブレットも「G」ブランドに――「LG G2」「LG G PAD 8.3」をアピールするLGブース
スマートフォンのブランド名を「G」にリニューアルしたLGエレクトロニクスは、タブレットのブランド名も「G」に統一する。IFAのブースでは、スマートフォンの「G2」とタブレットの「G PAD 8.3」を大々的に紹介していた。(2013/9/7)

LGエレクトロニクス、スマホブランドを「G」に統一 新製品は「G2」
LGエレクトロニクスは、次世代スマートフォンのブランド名を「G」に統一すると発表した。これまで展開してきた「Optimus」という名称は廃止する。(2013/7/19)

SamsungやHTCのAndroid端末に脆弱性、不正アプリで情報流出の恐れ
脆弱性は「Desire Z」や「Galaxy S」など複数の端末に存在するという。(2012/8/17)

ノンフィクション作品の課題と未来とは? 制作者らが議論
「ノンフィクション作品はどうやって生まれ、どうやって取材をしているのか」「執筆中のハプニング」「ノンフィクション作家の苦悩」などノンフィクション制作の現場の秘話、課題や未来について語る。出演者はノンフィクションライターの藤井誠二さん、集英社インターナショナル出版部の高田功編集長と、講談社のノンフィクション雑誌「g2」編集部の石井克尚さん。配信は1月16日20時0分〜。(2012/1/16)

永山昌克インタビュー連載:
デジカメの画素数競争は終わった?――キヤノン「PowerShot G11」開発者に聞く
キヤノンのコンパクトデジカメの最上位機「PowerShot G11」は、あえて従来製品よりも画素数を落とし、低ノイズの高感度画質「すっきりクリアフォト」を実現した。その狙いを開発者に聞いてみよう。(2009/11/24)

巨大ボス“グングニル”が登場する「第4司令部」実装――「G2 -Guns Gunner-」
(2009/9/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
「インテルがアップをはじめました」――P55マザーを主役に深夜販売が行われる?
Windows 7発売を前に、インテルから強力な起爆剤が投入される可能性が高い。まもなくの登場が期待されるP55マザー周辺に「深夜販売」の文字が並ぶようになってきた。(2009/8/31)

コミカルシンクロシューティング「G2 -Guns Gunner-」――先行テスター募集開始
NHN Japanはハンゲームで提供するフライトシューティング「G2 -Guns Gunner-」の、日本国内における独占提供契約締結を発表。本日より先行テスターの募集を開始した。記事から応募するとアイテムがもらえる特別企画も実施中!(2009/5/13)

GE、コンパクトデジカメで日本市場に挑戦
GE(ゼネラル・エレクトリック)といえば世界最大規模の複合企業だが、一般的な消費者の目からすると、その名前を聞く機会は多くない。しかし、今年はそのロゴを目にする機会が増えるかもしれない。(2009/3/27)

2008年後半を振り返る:
Android以外は期待外れのGoogle
9月に金融危機がウォール街を直撃する数週間前の8月の猛暑の最中、わたしは2009年を迎えるまでにGoogleに実現してほしいことをリストアップしていた……。(2008/12/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。