ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TANDBERG」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TANDBERG」に関する情報が集まったページです。

こんなこともあろうかと
今よみがえる、“あのとき使えなかった”ストレージ技術
今も多種多様なストレージ関連の新技術が誕生している。しかし、生き残るのはほんのわずか、と思いきや、思わぬ理由で主役に返り咲くことがあったりなかったり。(2015/10/16)

ビデオ会議を重視:
PR:社員17万人のグローバルコミュニケーション改革に挑む富士通
富士通は数年前から世界的規模でのコミュニケーション基盤の構築に取り組んでおり、いよいよプロジェクトは大詰めを迎えている。その基盤の中核となるツールが「ビデオ会議システム」だという。果たしてそのわけとは――。(2015/10/26)

ビデオ会議システムのセキュリティ問題に研究者が警鐘――産業スパイに利用される恐れも
侵入者が外部からビデオ会議システムのカメラを操作して、パスワードを盗み見したり、社内の会話を傍受できたりする恐れがあるという。(2012/1/27)

テレプレゼンスを体験、65インチ液晶3枚よりリアル音声マイクに驚く
テレプレゼンス製品を提供するポリコムが、社内に本格仕様のデモルームを開設した。この度プレス向けに初公開したので参加してきた。(2011/11/4)

清澄ギャラリーコンプレックスがサイレントオークション
東京・江東の清澄ギャラリーコンプレックスでは、東日本大震災にともない、被災地支援の寄付を募るためのサイレントオークションを開催する。(2011/4/8)

ビデオ会議システム紹介:日立製作所
H.264/SVCをいち早く採用、パケットロスに強いHDビデオ会議「Wooolive」
日立HDテレビなどと同じブランド名を冠した「Wooolive」は、高品位かつ臨場感あふれるビジュアルコミュニケーションを実現する。その一方、SD端末が混在しても一定品質を保つ工夫が見られるのも特徴だ。(2011/3/11)

こんがり肉を食べてパワー回復――焼き肉チェーン「安楽亭」、3月22日まで「MHP3rd」とのタイアップフェアを実施
焼き肉レストラン「安楽亭」に「MHP3rd」の「こんがり肉」にちなんだ骨付きメニュー4品が期間限定で登場。限定メニューの注文で「モンスターハンターポータブル3rd」グッズが抽選で当たるほか、「モンハン部員」向けの特別サービスも。(2011/1/21)

TechTargetジャパン会員限定サービス
計40名さまに当たる豪華プレゼントセット
(2010/12/15)

NEWS
シスコがコラボレーション用途の仮想デスクトップ製品 Androidタブレット「Cius」は2011年投入へ
シスコは、ビデオ会議などコミュニケーション製品群の大規模な発表を行った。Androidタブレットや仮想デスクトップといった新機軸の製品を2011年上半期に投入する。(2010/11/25)

Web会議システム紹介:シスコシステムズ
強固なセキュリティとモビリティを両立させるWeb会議システムの雄「WebEx」
全方位型でHDビデオ会議システムを提供するシスコは、一方で世界市場トップシェアを握る「WebEx」という強力なWeb会議システムを150カ国で展開している。WebExが世界中で評価されている理由はどこにあるのか。(2010/11/19)

「TANDBERG Profile 65」「TANDBERG EX90」「Cisco WebEx」製品紹介
「会って話す」以上の価値がある――IT活用で会議スタイルに“喝”
会って話せることがいつも最善とは限らない。“だらだら会議”や“ながら会議”になってはいないだろうか。そんな会議の悪弊を解決し、業務効率の向上とコスト削減を同時に実現するソリューションを紹介しよう。(2010/11/17)

ビデオ会議のセキュリティ、5つのアプローチを紹介
ファイアウォールを利用したセキュアなビデオ会議
ファイアウォールの外側にいるメンバーとのビデオ会議を安全に失敗なく行うための5つのアプローチと、それぞれの問題点を紹介する。(2010/11/15)

“業務改善型”UCを導入する【最終回】
業務改善型ユニファイドコミュニケーション、その導入に向けてすべきこと
ユニファイドコミュニケーション(UC)の本来の導入目的は、生産性やビジネスプロセスの改善。業務を改善するためのUCソリューションを検討、導入する際に求められる視点、実施すべきことをまとめた。(2010/9/17)

ビデオ会議システム紹介:ライフサイズ・コミュニケーションズ
コストパフォーマンスに優れた手のひらサイズのHDビデオ会議「LifeSize Passport」
ビデオ会議システムの業界再編が急速に進んでいる。その中で、いち早くHD対応製品を投入したライフサイズは今後、コンシューマー市場に強いLogitechとの統合で、どのような路線を打ち出すのか。(2010/7/29)

ビデオ会議システム紹介:日本タンバーグ
シスコとの“共同戦線”でビデオ会議の適用領域を拡大する「TANDBERG Profileシリーズ」
ビデオ会議システムのグローバル市場シェアの一角を占めてきたタンバーグ。シスコシステムズの傘下に入り、縮小するどころかテレプレゼンスの領域をさらに押し広げた。主力となる2つのHD対応製品を紹介する。(2010/7/15)

“業務改善型”ユニファイドコミュニケーションを導入する【第4回】
ユニファイドコミュニケーションの真骨頂、ビデオ会議が支えるワークスタイルの変化
会議における意思決定のスピード向上は、業務の効率化だけではなく、企業の競争力に影響する。新しいワークスタイルに対応した快適なオフィス会議環境を、UCでどこまで実現できるのだろうか。(2010/6/30)

ビデオ会議システム紹介
ユニファイドコミュニケーションの主要コンポーネントであるビデオ会議システム。HD化の波に乗って、教育、医療など活用の場が急速に広がっている。ベンダーごとにさまざまな特色があるビデオ会議製品を紹介していく。(2010/6/18)

ビデオ会議システム紹介:ポリコム
HD映像でも利用帯域は半分に、音声にも優れる「Polycom HDXシリーズ」
企業のHD対応ビデオ会議システムの採用が進んでいる。映像が高品質化する半面、帯域の圧迫という問題が浮上してくる。業界に先駆けてH.264ハイプロファイルに対応し、利用帯域の削減を実現した製品を紹介する。(2010/5/20)

通話だけじゃない! IP電話による業務コミュニケーション活性化【第3回】
導入効果は2倍に? IP電話の役割を変ぼうさせるビデオ会議システム
IP電話の価値を高めるアプリケーションを考える場合、会議システムを外すことはできないだろう。Web会議やビデオ会議の音声ツールとしての役割を担わせると、新しい価値が引き出せる。(2010/4/28)

“業務改善型”ユニファイドコミュニケーションを導入する【第3回】
距離の離れた社員・外部企業をUCでつなぐ
業務上の問題をユニファイドコミュニケーション(UC)で改善していく本連載。フロアが離れた社員同士、あるいは外部の協力会社との情報伝達をUCでどこまで円滑にできるか解説しよう。(2010/4/15)

CiscoのTANDBERG買収、EUと米司法省が承認
Ciscoは欧州委員会および米司法省からの買収承認を受け、数週間以内に取引を完了させたいとしている。(2010/3/30)

NEWS
業務用テレビ会議は用途に応じて端末/Web/音声を使い分ける傾向に――シード調査結果
シード・プランニングが業務用テレビ会議市場の動向調査結果を発表。2002年からWeb会議の参入企業が増加し、ユーザーは用途に応じて端末タイプを使い分ける傾向にあるという。(2010/3/24)

“業務改善型”ユニファイドコミュニケーションを導入する【第2回】
「連絡が取りづらい社員」をUCでつかまえる
外出がちな営業マンへの電話取り次ぎが大変――このような悩みを持つ企業ユーザーは多いはず。日々起こる、電話にかかわるコミュニケーションロスを極力排除するソリューションを紹介する。(2010/3/19)

“業務改善型”ユニファイドコミュニケーションを導入する【第1回】
これからのユニファイドコミュニケーションに必要な「業務改善」の視点
その導入効果や適用範囲が分かりにくいといわれるユニファイドコミュニケーション(UC)。本連載はUCをどの業務へ適用したらいいのか、どのように検討・導入を進めていくのかを業務改善の観点から解説する。(2010/2/25)

Google、MS、IBMに挑戦状:
Cisco、新WebメールサービスとUCポートフォリオの拡充を発表
Ciscoは、Outlookと互換性のあるWebメールサービス「Cisco WebEx Mail」と、さまざまな企業向けソーシャルネットワーキングツール、全61製品を発表した。(2009/11/9)

Cisco、モバイルネットワークソリューションのStarentを29億ドルで買収
世界のIPトラフィックが年率40%で伸びると予測しているCiscoが、IPベースのモバイルインフラ提供企業を買収した。(2009/10/14)

Cisco、ビデオ会議システムのTANDBERGを30億ドルで買収へ
Ciscoがユニファイドコミュニケーション製品拡充を狙い、ビデオ会議端末市場で41%のシェアを持つノルウェーのTANDBERGを買収する。(2009/10/2)

NEWS
「いつ、どこでも会議を」――シスコがビデオ会議の利便性高めるソリューション
シスコシステムズは、「品質が良くない」「コストが高い」といったビデオ会議システム普及の阻害要因を解消するため、製品を拡充した。iPhoneなどでも会議への参加が可能になる。(2009/9/11)

NEWS
ノーテル、「シスコもMSも統合」するマルチベンダー対応UC製品
UC基盤として専用プラグインや開発ツールを提供することで、他社製のIPテレフォニーシステムやアプリケーションとの幅広い連携を可能にする。(2008/12/5)

目的別に使いこなす「遠隔会議システム」、導入と活用ポイント:
既存PC? 専用端末? 遠隔会議システムの2大主流
出張にかかる交通費や時間をカットできる遠隔会議システムには、2つの主流がある。手軽に始められるタイプとそうでないタイプ。タイプ別に特徴を見ていこう。(2008/10/3)

NEWS
タンバーク、1080pの高精度HDカメラを搭載した大型ビデオ会議システム
テレプレゼンスシステム「TANDBERG Telepresence T3」「TANDBERG Telepresense Server」「TANDBERG Total Services」を発表。TANDBERG Telepresence T3は、65インチ大型ディスプレー3面と1080pの高精度HDカメラを搭載。(2008/10/2)

NEWS
ユニシスグループ3社がMSとシスコのUC製品を5つのソリューションに体系化
日本ユニシス、ユニアデックス、ネットマークスの3社がユニファイドコミュニケーション(UC)ソリューションを体系化して提供。マイクロソフトのUC製品とシスコの「Cisco UC」の緊密な連携も実現している。(2008/7/16)

まる分かりIT基礎解説「Web会議」
読めば分かる! Web会議とテレビ会議の違い
社内にいながらにして遠隔地との会議を可能にするWeb会議。一見テレビ会議と同じように見えるが、異なるものである。Web会議とは何か。そのメリット、導入に当たっての注意点とは?(2008/4/9)

Mobile World Congress 2008:
Ericssonが推進する、IMSを利用した次世代TVサービスのビジョン
固定と無線、通信とメディアの融合が進む中、スウェーデン 通信インフラ大手のEricssonはMobile World Congress 2008で、次世代のTVサービスとしてIMSを利用した「コネクテッドホーム」などのデモを行った。(2008/2/20)

Mobile World Congress 2008:
無線と固定のポートフォリオはほぼ完成している――Ericssonのベリエンダール氏
NECと仏Alcatel-Lucentが合弁会社の立ち上げを発表するなど、通信インフラ市場の再編が進んでいる。モバイルブロードバンドがさらなる高速化に向かう中、モバイル通信インフラ最大手のEricssonはどんな戦略で臨もうとしているのか。マーケティング担当副社長のヨハン・ベリエンダール氏に聞いた。(2008/2/15)

Mobile World Congress 2008:
マルチメディアとモバイルブロードバンドを推進──Ericsson CEOのスヴァンベリ氏
Ericssonは、Mobile World Congress 2008でプレス向け発表会を開催。次世代通信規格を含めたインフラ開発から電力削減の取り組み、同社が以前から推進するインターネット・モバイル・TVの“トリプルプレイ”をより推進する考えとその理由などが示された。(2008/2/12)

Ericsson Strategy and Technology Summit:
モバイルブロードバンドのメインストリームはHSPAに──Ericsson CEOのスヴァンベリ氏
スウェーデンのEricssonは9月11日、英ロンドンで「Strategy and Technology Summit」を開催。モバイルブロードバンドのトレンドはHSPAからLTEへの流れがメインストリームになるとの考えを示した。(2007/9/12)

社内の「見える化」は会議から、日本タンバーグがビデオ会議システムを販売
日本タンバーグは、場所や時間を問わずPC上からビデオ会議を行うことができるシステム「TANDBERG Movi」の販売を開始した。(2007/5/31)

Ericsson、ビデオ技術企業に買収申し入れ
Tandberg Television買収により、IPTV戦略にはずみをつけるのが狙い。(2007/2/27)

タンバーグ、HDビデオ会議システムの新製品を発売開始
ビデオ会議システムを提供するノルウェーのTANDBERGの日本支社は8月1日、会議室から個人用デスクトップまでカバーするHigh Definition(HD)ビデオ会議システムの新製品ラインアップを同日から出荷すると発表した。(2006/8/1)

飛躍するLTOテクノロジー、その知られざる秘密
現在最も成長しているテープストレージ技術といえば、LTOテクノロジーだ。オープンスタンダード技術として、健全な競争を行っている結果、ユーザーが安心した投資を行えると判断できる製品となっているからだ。(2006/7/24)

ハードウェアソリューション導入計画:
テープドライブ編
最近、データのバックアップ手法として、ハードディスクやDVDやMOなどの光/光磁気メディアへのバックアップなどのソリューションが登場している。しかし、今なおバックアップソリューションの主役といえばテープである。今回は、テープドライブの特性をハードディスクと比較しながら、導入に向けて検討したい。(2006/7/10)

コンタクトセンターが企業の顔になる:
テレビ会議で実現する「現場感覚」の新たな形
電話やFAXなどコンタクトセンターで活用する既存のチャネルではコミュニケーションにどうしても限界がある。「会って話す」という最も優れたコミュニケーションを遠隔地からでもバーチャルに実現できるのがテレビ会議システムかもしれない。(2006/2/9)

3G World Congress&Exhibition 2005:
新型フルブラウザに無線LAN携帯も〜アジア最大の3G展示会が開幕
香港でアジア最大規模の通信展示会が開催された。HSDPAなどの最新の無線技術や無線LAN携帯、携帯向け放送など注目のトピックを紹介しよう。(2005/11/18)

シスコがデモセンターを開設、「こんな使い方もできる」とひらめく場に
シスコシステムズは、東京・赤坂の同社オフィス内に「カスタマー・ブリーフィング・センター(CBC)」を開設した。(2005/4/14)

ファイアウォール問題をクリアしたテレビ会議システム
ノルウェーと米国に本拠を置き、テレビ会議システムを提供するTANDBERG(タンバーグ)がファイウォールの問題を解決した「Expressway」をリリースした。(2005/2/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。