ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テキストエディタ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テキストエディタ」に関する情報が集まったページです。

GitHubのAIプログラミング機能「Copilot」がneovimとIntelliJ IDEAでも利用可能に
GitHubのAIプログラミング機能「GitHub Copilot」が、「nervim」と「IntelliJ IDEA」でも利用可能になった。これまでは「Visual Studio Code」のみに対応していた。(2021/11/2)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Visual Studio Code」大人気の訳 新世代のEmacsか
Microsoftが無料で提供するソースコードエディタ「Visual Studio Code」の利用が、なぜ急速に広がっているのか。「新しい世代の『Emacs』だ」との声もある、Visual Studio Codeの本当の実力を探る。(2021/9/30)

Tech TIPS:
プログラマー以外にもおすすめ 「Visual Studio Code」のインストールから基本設定まで
プログラミング用としては、利用者が多いコードエディタの「Visual Studio Code」。拡張機能が豊富で、エンドユーザーや管理者であっても、高機能なテキストエディタとして活用できるものとなっている。特に最近では、ツール類の設定ファイルがJSON形式やXML形式になっている。これらを編集する際にも、Visual Studio Codeは便利だ。(2021/7/30)

「IDEは使わない」が最多:
理想の開発環境にはどのツールが最適? パーソルキャリアが「理想の開発環境に関するツール・サービス調査」を実施
パーソルキャリアは「理想の開発環境に関するツール・サービス調査」の結果を発表した。それによると、使いたいエディタでは「サクラエディタ」がトップ。使いたいIDEを聞くと「IDEは使わない」が最も多かった。(2021/5/28)

ITエンジニアが使いたいエディタトップ10 「Visual Studio Code」は3位 1位は?
ITエンジニアが最も使いたいエディタは?──パーソルキャリアがランキングを発表。1位は「サクラエディタ」、2位は「秀丸エディタ」だった。(2021/5/27)

Microsoftのソースコードエディタ「Visual Studio Code」【前編】
無料エディタ「Visual Studio Code」大人気の理由 “新世代のEmacs”か
月間1400万ユーザーを誇るソースコードエディタ「Visual Studio Code」。なぜ人気なのか。ユーザーの声を基に、その理由を探る。(2021/5/2)

Tech TIPS:
【Windows 10】キミは「メモ帳」アプリの実力を知らない?
「メモ帳」アプリは、Windows 10の標準テキストエディタだが、制約も多いため、意外と使われていないようだ。それでも、ちょっとしたテキストファイルの編集やログファイルの閲覧には便利なアプリだ。そこで、「メモ帳」アプリの便利な機能や使い方を幾つか紹介する。(2020/2/17)

メガソフト、ダークモードにも対応したiPad/iPhone向けテキストエディタ「LiquidLogic」最新版
メガソフトは、iPad/iPhone用テキストエディタ「LiquidLogic」の最新版を公開した。(2019/12/9)

「notepad.exe」よりも更新が容易に
「メモ帳」がMicrosoft Storeにひっそり登場 .exe版はWindows 10で終了?
「Microsoft Store」から「Windows Notepad」(メモ帳)を入手して使えるようになった。その背景には何があるのか。(2019/10/6)

「MIFES」のメガソフト、iOS用高機能テキストエディタ「LiquidLogic」発表
LiquidLogicは、iPhoneで原稿を書くとき、常に難題だった「全角スペース入力問題」が解決されている。(2019/5/29)

コードレビューに役立つ:
GitHubが「Atom 1.37 beta」公開、レビューコメント用の新機能を追加
GitHubは、オープンソースのテキストエディタ「Atom 1.37 beta」を発表し、コードに対するコメントを処理する際の便利な機能を追加した。エディタ横のドックにレビューコメントを表示したり、コメント行をドックにdiff表示したりできる。(2019/4/24)

CloseBox:
iPhoneとMacを行き来して原稿を書く方法
iPhone用テキストエディタをお探しの貴兄に。(2019/4/19)

PDFに重ねて書ける、Windows向けメモアプリ「AxelaNote」 ブラウザやテキストエディタにも順次対応
PDFを一切改変せず、書類上にメモを書き込める――こんなWindows向けアプリ「AxelaNote」を、首都大学東京発のベンチャー企業トランスレコグ(東京都港区)が開発・公開した。(2018/6/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の2018年秋アップデートは「コピペ」がもっと便利に
2018年秋に配信予定の次期Windows 10大型アップデート「Redstone 5(RS5)」のプレビューとなるWindows 10 Insider Previewに、新機能が続々登場。実際に新ビルドを導入し、ポイントを解説する。(2018/5/24)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(20):
Linuxの定番テキストエディタ「vi」をマスターしよう(3)編集と置き換え/チュートリアル編
前回に続き、Linuxのターミナルで使用するテキストエディタ「vi(vim)」の操作を紹介します。今回は、ファイルの編集と検索、置換の基本操作です。最後に、チュートリアルと日本語ドキュメントのサイトも紹介します。(2017/12/20)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(19):
Linuxの定番テキストエディタ「vi」をマスターしよう(2)検索/オプション活用編
「vi(vim)」は、ターミナルで使用する「テキストエディタ」です。前回は起動と終了、カーソル移動を中心とした基本操作を紹介しました。今回は、ファイルの編集時にはもちろん、閲覧のみの場合でも便利な「検索」と「オプション」の使用方法について簡単な例で紹介します。(2017/12/13)

“応用力”をつけるためのLinux再入門(18):
Linuxの定番テキストエディタ「vi」をマスターしよう(1)基本操作編
「vi」は、ターミナルで使用する「テキストエディタ」です。ほとんどのLinux環境に備わっており、設定ファイルの編集にviを使うように設定されているコマンドもあるため、最低限の操作は知っておく必要があります。(2017/12/6)

AI・機械学習のクラウドサービス:
これから始める人のための最新Cognitive Services入門
「AIの民主化」、全エンジニアがAIを活用する時代を迎えようとしている。多彩なAIサービスをWeb API形式で提供するCognitive Servicesでは何ができるのか? この記事で必要十分な基礎知識を素早く獲得しよう。(2017/10/20)

Dev Basics/Keyword:
Emmet
EmmetはHTML/CSSの入力を爆速で行えるようにするツールであり、数多くのテキストエディタでプラグインの形などでサポートされている。(2016/11/29)

Dev Basics/Keyword:
Vim
Vimは、古くからUNIX系統のOSで使われてきた「vi」というテキストエディタの系譜に属するプログラマーの手によくなじむテキストエディタだ。(2016/11/16)

スマホで便利な環境構築手順書:
VimをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Vimエディタとは何か、Vimのインストールとアンインストールについて解説。Vimを使い始める参考にしてほしい。(2016/7/21)

モノがなければ作ればいいじゃない:
ESCキーを割り当てた無線フットスイッチを作ってみた
Vimで便利なBluetoothフットスイッチを、ロボコン経験者に作ってもらった。工作過程の解説付き。(2016/7/8)

ITエンジニアの未来ラボ(11):
秀丸・xeyes・iOSシミュレータが動く! Windows 10、Xamarin、Cognitive Servicesの最新機能と活用例――de:code 2016基調講演
「de:code 2016」基調講演に、米マイクロソフト シニアバイスプレジデント兼チーフエバンジェリストのSteven Guggenheimer氏が登壇。最新の製品や技術、さらにはその活用例をデモショーケース形式で披露した。(2016/6/10)

ペンディングペインアイテムや新APIを提供:
“Nyan Cat”を見ながらコーディングできるAtomエディタ 1.6
GitHubは、カスタマイズ性が高いオープンソースのテキストエディタの最新安定板「Atom 1.6」を公開した。(2016/3/18)

米国EDN/EE Timesが選ぶ注目の企業・技術:
最も注目すべき企業にNXP――ACE Awards 2015
米国EDNとEE Timesが、その年の最も注目すべき企業・技術(製品)を独自に選出する「Annual Creativity in Electronics(ACE) Awards」。今回は、最も注目すべき企業としてNXP Semiconductosが選ばれた。(2015/9/2)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio Codeの使い方、基本の「キ」
Microsoft発のクロスプラットフォームなテキストエディタ、「Visual Studio Code」の使い方の基本をまとめる(バージョン1.25対応)。(2018/7/17)

GitHub、テキストエディタ「Atom 1.0」を正式リリース
きたぁああああ!(2015/6/26)

GitHubのオープンソースエディタ「Atom」がバージョン1.0に
GitHubのクリス・ワンストラスCEOがサイドプロジェクトとして始めたテキストエディタ「Atom」がパブリックβリリースから約1年で正式版に当たるバージョン1.0になった。(2015/6/26)

秀丸エディタに脆弱性、任意のコードを実行される恐れ
バッファオーバーフローの脆弱性が見つかり、対処策などがリリースされている。(2015/4/2)

秀丸エディタにバッファオーバーフローの脆弱性
IPAは、サイトー企画製テキストエディタ「秀丸エディタ」におけるバッファオーバーフローの脆弱性を公表した。(2015/4/2)

WZソフト、プログラマ向け機能を強化したテキストエディタ「WZ EDITOR 9」
WZソフトウェアは、同社製テキストエディタ「WZ EDITOR」シリーズの最新版「WZ EDITOR 9」ダウンロード版の販売を開始した。(2015/3/25)

メガソフト、構造解析エンジンを備えた高機能テキストエディタ「MIFES 10」を正式告知
メガソフトは、同社製テキストエディタ「MIFES」シリーズの最新版「MIFES 10」を発表した。(2015/2/12)

WindowsユーザーのためのMac入門:
第4回 メール環境の移行は一筋縄ではいかない(後編)
前回に続き、メール環境をWindows PCからMacBook Airに移行する方法を解説していく。OutlookとWindows Liveメールに続き、今回はThunderbirdと秀丸メールのメールクライアントの移行などを行う。(2015/2/4)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 Technical Previewのインストール方法と注意点
Windows 10のインストール方法についてまとめておく。特にUEFIモードでのインストールには注意が必要なので補足しておく。(2015/2/2)

WZソフトウェア、電子書籍出力もサポートしたテキストエディタ「WZ Writing Editor 2」
WZソフトウェアは、同社製テキストエディタ「WZ Writing Editor」シリーズの最新版「WZ Writing Editor 2」を発表。新たにEPUB3形式出力などをサポートしたほか、表示フォントの高画質化なども行われている。(2014/12/8)

メガソフト、ソースコード編集向きの解析エンジンを備えたテキストエディタ「MIFES 10」(仮称)ベータ版を無償公開
メガソフトは、同社製テキストエディタ「MIFES」シリーズの次期新バージョン「MIFES 10」(仮称)の公開テスト版を無償で公開する。(2014/11/27)

テキストエディタ「EmEditor」に連続攻撃、更新チェックでマルウェア感染の恐れ
「EmEditor」サイトに悪意のあるファイルが置かれ、更新チェックを行ったユーザーがマルウェアに感染した恐れがある。同サイトでは直前に改ざん攻撃も発生していた。(2014/8/21)

一人情シス・イシノにきく Chromebook導入のカギ:
Google PCだと「ワード」や「エクセル」が使えない!?
Chromebookにはテキストエディタや画像編集などさまざまなアプリが用意されている。しかし、“Google PC”であるがゆえに立ちはばかる壁があった。それはMicrosoft Officeで作成したファイルを編集できない、というもの。果たしてChromebookはこの壁を超えられるのか?(2014/8/12)

ESEC2014 開催直前情報:
Armadillo+DeviceSQLでユビキタスとアットマークテクノが協業、産業分野へ
ユビキタスとアットマークテクノは、組み込みプラットフォーム「Armadillo-800」および「Armadillo-400」シリーズに最適化したデータ管理ソリューション「Ubiquitous DeviceSQL SDK for Armadillo」を開発。業務産業系組み込みシステム向けデータ管理ソリューションとして2014年6月下旬に販売を開始する。(2014/5/8)

英文チェッカー「Ginger」にAndroidキーボード版 ネイティブ英語にリアルタイム修正
英文ライティングツール「Ginger」のAndroid向けのキーボードアプリがリリースされた。入力した英文をリアルタイムに正しいスペルや文法、こなれた表現に修正していく。iOS向けには3月末にテキストエディタとして提供予定。(2014/2/4)

Kindle Fire HD仕事便利帳:
タスクを全部書き出せば、記憶のモヤモヤがあっさり解消
何かやり残していること、忘れていることがあるようでモヤモヤする……。そんなときは、頭に浮かんだことを全部「ColorNote Notepad Notes」に書き出してしまおう。(2013/8/21)

MicrosoftのSkyDriveにGIFアニメ対応やテキストエディタなどの新機能
SkyDrive.comがアップデートされ、複数のファイルをまとめて共有する機能や、テキストファイルを編集できる軽いエディタ機能などが追加された。(2013/7/31)

Tech TIPS:
Windows 8に[スタート]ボタン/[スタート]メニューを追加する(秀丸スタートメニュー編)
Windows 8では、[スタート]メニューから[スタート]画面へと変わり、操作方法が大きく変わった。そのため、使いにくく感じる人も多いようだ。スタート・メニューを追加するソフトウェアがいくつか提供されているが、その中から秀丸エディタで有名なサイトー企画が提供している「秀丸スタートメニュー」を紹介する。(2013/5/24)

エレコム、Windows 8用のテキストエディタアプリ「ELECOM Text Editor」を公開
エレコムは、Windows 8用テキストエディタ「ELECOM Text Editor」の無償公開を開始した。(2013/2/12)

エディタ「MIFES」にTwitter/Facebook投稿機能 β版無償公開
テキストエディタ「MIFES」最新バージョンのパブリックβ版が公開された。TwitterとFacebookへの投稿機能が特徴。(2012/10/30)

CloudFoundryで始めるPaaS構築入門(2):
オリジナルのCloud Foundryサイトを構築する
この連載では3回に分けて、「Cloud Foundry」というオープンソースパッケージを用いて、Platform as a Service(PaaS)のためのインフラストラクチャを構築する方法について解説します。(2012/6/22)

Evernote、Mac版とiOS版をアップデート
Mac版のサムネイルビューがiPadと同じようなカードビューになり、iOS版のテキストエディタが改良された。(2012/5/10)

内田洋行の無線プレゼンシステム「wivia2」、iOS/Androidに対応
内田洋行は、無線LAN対応のプレゼンシステム「wivia2」をバージョンアップする。iOS/Androidに対応し、各端末に保存しているデータをプロジェクターやディスプレーに投影可能とした。(2012/4/27)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第4回 Windows 8 Consumer Preview版リリース
Windows 8の新しいベータ版、Consumer Preview版がリリースされた。スタート・メニューがなくなったWindows OSの使い勝手は?(2012/3/7)

いまさら聞けないVim(11):
サーバ上でVimを使用することを考えた設定
前回までは、ユーザー自身のPCでVimを使うことを前提にして、解説を進めてきました。今回は、sshでサーバにログインし、そのサーバ上でVimを使うことを考えた設定ポイントを解説します(編集部)(2012/2/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。