ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タイガーマスク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タイガーマスク」に関する情報が集まったページです。

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「100年に1人の逸材」が変える「100年に1度のAI革命」
AIを活用したいが、上層部の理解を得られず難しい――そんな組織の壁を突破するにはどうすればいい? 大きな変革を得てV字回復を遂げたプロレス業界に学んでみよう。(2019/3/29)

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 終点でよく見る【籠原】には優しさがあふれていた
知らない街を歩いてみたい。(2019/2/3)

黄金聖闘士「双子座のサガ」の純金像、日本マテリアルから発売 「どこへ向かっている」「推しが純金になるとは」と話題に
まさかの『聖闘士星矢』の黄金聖闘士の純金が発売。企画意図を日本マテリアルに取材しました。(2018/11/28)

アニメーター・木村圭市郎さん亡くなる 「サイボーグ009」「タイガーマスク」でキャラクターデザイン・作画監督を担当
今見ても格好良い絵の数々。(2018/10/23)

仮面ライダーの「プロレスマスク」予約受付開始 プロレス仕様のクオリティーを徹底的に追及
著名なマスク職人が作る本物のプロレスマスク。(2018/10/2)

三森すずこ&オカダ・カズチカ、Twitterで交際宣言 「真剣にお付き合いをさせていただいております」
一部メディアが熱愛を報じていました。(2018/1/14)

アニメ多く見る人ほどグッズに投資:
16年秋アニメ、満足度トップは「ハイキュー!!」
話題作の多かった2016年秋のアニメのうち、最も満足度が高かった作品は?――Gzブレイン調べ。(2017/12/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
またか。なぜアントニオ猪木にトラブルが多いのか
“燃える闘魂”でマット界や政界を突き進んできたアントニオ猪木氏の周辺で、お家騒動が勃発した。過去にも会社を経営破たんさせたり、巨額の借金を抱えたり、彼はなぜ何度もトラブルを起こすのか。関係者の話によると……。(2017/6/30)

一大ブームの仕掛け人たち:
タミヤのラジコンはこうしてブームになった
「レーサーミニ四駆」の先駆けとして、1980年代半ばにブームを巻き起こしたタミヤのラジコン(RCカー)。そのブームはどのように作られていったのか。そして、そこにはある他社商品の存在があったこと抜きには語れない。(2016/10/14)

宿敵ミスターXが「タイガーマスクW」で復活! 何度でもよみがえるさ
柴田秀勝が47年ぶりに声を担当、打倒タイガーに執念燃やす。(2016/9/13)

「タイガーマスクW」で初代タイガーの意志を継ぐ高岡拳太郎が復活、旧作ファンも熱くなれそう
追加キャストに草尾毅さん、千葉千恵巳さんらも。10月放送開始。(2016/9/5)

熱さも正義だ! 「タイガーマスク」続編W主人公発表で湘南乃風と大暴れ
OP/EDは湘南乃風。新曲初披露でファンもキャストもボルテージMAX。(2016/8/18)

今度のタイガーは2人! 35年ぶりのアニメ化「タイガーマスクW」10月放送開始
光と闇のタイガーが激突、オカダ・カズチカら実在レスラーも多数登場。(2016/7/22)

完走したい! 東映アニメーション、創立60周年記念で29時間マラソン特番
栄光の60年を完走できるか。(2016/6/1)

サザエさん症候群はコード進行のせい? 昭和のアニソン・特ソンに込められた技法を解説した1冊が登場
懐かしの主題歌330曲を音楽的視点から解析。(2016/4/26)

伝説のプロレスアニメ「タイガーマスク」の新作が制作決定! 光のタイガーマスクと闇のタイガーマスク……だと?
東映アニメーション60周年記念の一環。(2016/3/25)

『名作マンガの間取り』が新版に 「日常」「けいおん!」「時かけ」など追加
2008年7月出版の『名作マンガの間取り』に、新たに26点の間取り図が加わった。(2015/9/8)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

窪田順生の時事日想:
「初代タイガーマスク」が伝授する、中間管理職のストレスを解きほぐす方法
上からは責められ、下からは突き上げられる。中間管理職は板挟みのツラ〜い仕事。そんな悩み多き中間管理職に、あの初代タイガーマスクがストレス解消法を紹介するという。40〜50代男性のヒーローが教える、その中身は……。(2014/12/24)

『鉄腕アトム』から『進撃の巨人』まで、TVアニメの50年を振り返る『日本TVアニメーション大全』発売
1963年から2013年までの50年間に放送されたTVアニメ約3500作品の内容や業界の評価、舞台裏などを作品のカットとともに紹介。(2014/12/17)

アニメ界の重鎮・木村圭市郎76歳がたった1人で描くチャンバラアニメ「GO! SAMURAI」プロジェクトがスタート
Kickstarterで出資を募っています。(2014/10/22)

eBookJapan、講談社の名作全巻セットを50%オフで販売開始
『釣りキチ三平』『ナニワ金融道』『逮捕しちゃうぞ』など根強い人気作品をラインアップ。(2014/8/8)

世界でいちばん強くなりたい! 「最強のラブライバー」こと、レスラー・岡倫之さんのPVからアニメへの愛情がダダ漏れる
「好きなもの」を貫く姿はまさに俺たちの希望。(2014/4/10)

コミケ雲や雷雲消失の怪現象も コスプレ満載、コミックマーケット84リポート!
「進撃の巨人」「艦隊これくしょん」など人気作品から、「うるせぇ、エビフライぶつけんぞ」のネタ系コスプレまで、夏コミフォトリポートをお届けします。(2013/8/13)

アニメビジネスの今:
『鉄腕アトム』の最大の功績は何か――50周年のテレビアニメを振り返る
2013年はテレビアニメ『鉄腕アトム』が放映開始してから、ちょうど50周年にあたる年。日本のテレビアニメの基礎を築いた『鉄腕アトム』の意味を改めて考えてみたい。(2013/1/8)

アニメビジネスの今・アニメ空洞化論:
90年代から空洞化は言われているけど……なぜ若手が育っているのか?
1990年代から言われているアニメ産業の空洞化。しかし、実際には海外へのアウトソーシングがありながらも、若手は育っている。その背景にはアニメスタジオが研修をしっかり行っていることがあるようだ。(2012/11/6)

津田大介×鈴木謙介、3.11後のメディアと若者(3):
「SQ」ってナニ? 震災後に変化したモノ
震災後、日本人の間で「社会に貢献したい」という意欲は強まっているのだろうか。この質問に対し、社会学者の鈴木謙介氏は「強まっていない」と答えるという。その理由は……。(2011/12/14)

ソフビ人形の高額落札ランキング発表 1体およそ200万円のレア商品とは?
オークション検索・比較サイトのオークファンによると、この2年間にネットオークションで最も高値落札されたソフビは「ウルトラQ」のキャラクターだったという。(2011/11/9)

震災後、価値観はどう変わった? 鈴木謙介さんが語る
大震災後、日本人の価値観はどのように変化しているのだろうか。「自分も価値観は変わったと思うが、具体的にはよく分からない」という人も多いかもしれない。そこで調査結果を基に、関西学院大の鈴木謙介准教授が分析。日本人の考えはどのように……。(2011/10/27)

吉田典史の時事日想:
“被災者はかわいそう”と思う心理
東日本大震災が発生してから、2カ月が経過した。この間、多くのメディアは被災地で途方に暮れる人たちを報じてきたが、“かわいそう”なのは被災者だけなのだろうか。困っている人を助けたくなる心理に迫った。(2011/5/20)

「半農半X」 ビジネスコンサルタントと、農業と……:
やりすぎた“チャリティー消費”には毒が出る
毎年チャリティー番組を放送する局があり、この年末年始には児童養護施設にランドセルを届ける“タイガーマスク”が現れた。商品やサービスを買うと、購入金額の一部を寄付する企業も出てきているが、そろそろそうした“チャリティー消費”のあり方を考え直す時期に来ているのではないだろうか。(2011/3/7)

「ネットの中心で、『金をくれ』と叫ぶ」とナンボになるか?
先日、米国のコメディアン・クレイグ・ローウィンさんが、動画投稿サイトYouTubeで100万ドルをおねだりし、実際に100万ドルを獲得したと、世界中で話題になった。実は日本でも「金くれ」と叫んでいる人たちはたくさんいる。(2011/2/1)

ゲッチャTV Gamez出張所:
ツッコミどころ満載でお送りします
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2011年1月26日放送分は、「ぎゃる☆がん」と高橋名人世代「チャンピオンシップ・ロードランナー」の2本立て!(2011/1/31)

寄付したい人と社会福祉施設をつなぐ「お願いタイガー!」 協力者募集中
寄付などの援助を求めている社会福祉施設と協力したい人をマッチングするサイト「お願いタイガー!」がオープン。“タイガーマスク運動”に触発され、個人が開発した。(2011/1/28)

オルタナブログ通信:
医者と患者は友達になれるか?――ソーシャルネットワークのメリットと限界
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、ITにまつわる時事情報などが、約250人のブロガーによって、日々、発信されている。その中から今回は、「タイガーマスク運動」「ソーシャルメディア」「電子書籍」などを紹介しよう。(2011/1/28)

パチンコになったアニメから、私たちは何を学ぶべきか?
ピーク時には30兆円だったパチンコ市場は、衰退の一途をたどっている。貸金業法の改正により個人の借入総額は低く抑えられ、さらに中小ホールは淘汰されている。その衰退の陰で売り上げを伸ばしているのは、パチンコ店と一心同体の遊技メーカーである。(2011/1/25)

ねとらぼ:
「慈善団体に寄付した人に、iPad 2差し上げます」
「3000円以上どっかの慈善団体に寄付した人から、抽選で1名に、新型iPadプレゼントしようと思います」――こんな粋な提案が注目を浴びている。(2011/1/18)

Weekly Access Top10:
「いまいち萌えない」あの娘を萌え萌えに
神戸新聞社の「いまいち萌えない」あのイラストに、pixivユーザーも注目。萌え萌えに生まれ変わった作品が800件近く投稿されている。(2011/1/17)

「何が必要か、事前に施設に問い合わせを」 “タイガーマスク運動”受け、児童養護施設協議会が「お礼とお願い」
「子どもや児童養護施設には何が必要なのか、事前に施設にお問い合わせいただくとうれしく存じます」――児童養護施設にランドセルなどを寄付する“タイガーマスク運動”の広がりを受け、全国児童養護施設協議会が「お礼とお願い」と題した文書を公開した。(2011/1/14)

ねとらぼ:
「ムスカを愛するVIPPER」、ランドセルと「ラピュタ」DVD寄付
VIPにムスカスレを立てた「ムスカを愛するVIPPER」が、児童養護施設にランドセルとラピュタのDVDを贈った。(2011/1/11)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
外部環境の悪いなかで底堅い展開
(2011/1/11)

それゆけ! カナモリさん:
カルビーが小売店運営に乗り出す理由
ポテトチップスで有名なカルビーが、小売店運営に乗り出すという。そこにはアンテナショップとしての機能はもちろん、ほかにもさまざなな意図が隠されていると筆者は推測する。(2010/10/27)

新連載・35.8歳の時間:
なぜ無酸素で8000メートル峰を登るのか――登山家・小西浩文
世界には8000メートル超の山が14座存在している。酸素と気圧は平地の3分の1、気温は平均マイナス35度の世界に、登山家の小西浩文氏は無酸素で頂上を目指している。なぜ彼は危険を冒してまで、山に登り続けているのだろうか。(2010/2/16)

一撃デザインの種明かし(9):
師走を乗り切れ! 超速イケてる年賀状素材作り
師走の忙しい中、忘れてはならないのが年賀状作り。自分の写真を使った年賀状用画像作りの便利で面白いテクニックを14選紹介します!(2009/12/25)

初心者歓迎! 懐かしのアニソン演奏合宿ツアー再び
2泊3日の河口湖畔特訓合宿でアニソンをバンド演奏できるレベルまで上達!?(2008/9/8)

プロレスラー坂田亘も思わずハッスル! 「テイルズ オブ ヴェスペリア」発売記念イベント
東京・秋葉原にあるヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで、本日発売のXbox 360用ソフト「テイルズ オブ ヴェスペリア」の発売記念イベントが開催。会場にはプロレスラーでタレントの坂田亘さんも駆けつけ、イベントを大いに盛り上げた。(2008/8/7)

「サンデー」&「マガジン」キャラクターがセガプライズに登場
(2008/3/18)

富士フイルム、顔検出技術をWebアプリに APIも公開
「FinePix」の顔検出技術がWebアプリに――富士フイルムは、画像から顔を自動で検出し、ぼかしを入れたりスタンプで隠せる「顔シークレット」を公開した。顔検出技術を応用したアプリを作成できるAPIも公開する。(2008/1/15)

保田隆明の時事日想:
付けヒゲが密かな人気――オトコの中に眠る変身願望
かつらメーカーが作る、使い捨ての“付けヒゲ”が人気だという。先日試してみたところ、かなり印象が変わることに驚いた。男性が簡単に“変身”気分を味わえる商品には、ビジネスチャンスが眠っているのでは?(2007/9/27)

井上真央、相武沙季、野際陽子はあのケータイ:
ドラマで使われるケータイたち 2007年夏──au編
人気の俳優やタレントが多数出演する、夜9時から0時ころに放映されているテレビドラマには現代生活に欠かせない携帯電話が多数登場する。このテレビドラマに登場する携帯電話を実際に視聴してチェックした。今回はau編だ。(2007/8/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。