ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「統合的品質管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「統合的品質管理」に関する情報が集まったページです。

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
推薦図書から考えるデジタルトランスフォーメーションの進め方
経済産業省のDXの加速に向けた報告書では、DXの実践的な手法として「GQM+Strategies」が紹介されています。組織目標と目標達成戦略のマネジメントなどに活用されるこの手法をDXに活用すると、どのような効果が得られるのか? その可能性を探ります。(2021/4/9)

製造業DX:
PR:日立ハイテクやパナソニックはDXにどう取り組んだか、「稼ぐチカラ」に必要なもの
MONOistが2020年12月14〜15日にかけて開催した「MONOist IoT Forum 2020」で、セールスフォース・ドットコム インダストリーズトランスフォーメーション事業本部の鹿内健太郎氏が「未来を自ら生み出すためにすべきこと」をテーマに登壇し、製造業の競争力向上をテーマに講演を行った。本稿ではその様子をレポートする。(2021/1/20)

モノづくり最前線レポート:
「現場」「完璧」「集団」主義が示す日本のモノづくり力
インターモールド2019(2019年4月17日〜20日、東京ビッグサイト青海展示棟)の基調講演に、住友電気工業 副社長 生産技術本部長で自動車事業本部長の西田光男氏が登壇。「日本のモノづくり 〜世界に誇る強い現場づくり〜」をテーマに同社のワイヤハーネスでの生産革新の事例などを含めて説明した。(2019/5/24)

はぁぁかっけぇぇ……GT-RとZに「生誕50周年記念モデル」登場 歴代モデルの貴重写真で振り返る
「50th Anniversary」は2020年3月末まで販売。歴代モデルもそれぞれかっこいいですね。【歴代モデルフォトギャラリー31枚】(2019/4/18)

品質保証の本質とIoTの融合(1):
日本製造業の品質保証が抱える問題、解決の方向性を示す
2017年後半から検査不正問題や製造不良による事故の発生が相次ぎ、高品質をウリとする日本製造業ブランドを揺るがしかねない状況です。そこで本連載では、これまで日本製造業では品質保証をどう行ってきたのか、品質保証における問題は何かといった点に注目し、問題解決の方策について各種手法や最新技術の活用、組織マネジメント論の面から取り上げます。(2019/2/26)

ものづくり白書2018を読み解く(後編):
日本製造業の逆転シナリオは“脱自前主義”、「ものづくり白書」の提案
日本のモノづくりの現状を示す「2018年版ものづくり白書」が公開された。本稿では、本文の第1部「ものづくり基盤技術の現状と課題」の内容を中心に、日本の製造業の現状や主要な課題、課題解決に向けた取り組みなどを2回に分けて紹介する。後編では、主要課題の解決を経営主導で実施していくための対応策などを紹介する。(2019/2/14)

いまさら聞けない「アフター市場収益化」入門(2):
欧米から遅れる日本製造業のアフタービジネス、山積する課題を照らす
アフターマーケットという事業領域を大別すると、修理保守に使用する部品を供給する事業と、その部品を利用して保守メンテナンスを実施するサービス要員の派遣事業に分かれるが、部品ビジネスには難しい課題が山積している。日本とグローバル製造業のアフターマーケットへの取り組み方を比較しつつ、部品ビジネスの課題を解説する。(2019/2/6)

3D設計推進者の眼(33):
3D CADと連携する公差解析ツールを使って計算してみる
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は互換性の方法と不完全互換性の方法について説明するとともに、SOLIDWORKSで使える公差解析ツールを使ってみる。(2018/7/27)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(13):
“モノづくりの神髄”を理解すれば、必ず原価は下げられる!【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。原価低減活動に役立つ“モノづくりの神髄”を紹介する3回シリーズの中編となる今回は、「リードタイム短縮」について考えます。(2016/9/27)

米国でDevOpsが浸透している「本当の理由」:
『The DevOps 逆転だ!』著者に聞く、「DevOps」や自動化よりも大切なこと
前回は国内DevOpsトレンドをけん引してきたベンダーキーパーソンによる座談会により「DevOpsとは何をすることか」を明確化した。今回はそこでの話も基に、『The DevOps 逆転だ!』の著者の一人、ジョージ・スパッフォード(George Spafford)氏に話を聞いた。(2016/3/4)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第5回 “事実の見える化”から“行動の測る化”へ
最終回となる今回は、営業活動における目標と実績のバラツキを抑えるために「マネジメント」が果たす効果を「測定」という視点から考察する。(2014/10/21)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(4):
効果的な原価低減推進の考え方【前編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回から3回にわたり「効果的な原価低減推進の考え方」についてお伝えします。(2014/9/10)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
IT業界における30年間の経験を生かし日本の次世代リーダーを育成する
外資系企業で働き「日本は最高だ」と感じた。日本のことを正しく海外に伝え、海外のことを日本に伝える。次世代リーダーの育成から日本を元気にしたい。(2014/2/12)

実践! IE:現場視点の品質管理(18):
現場の管理監督者必見! 品質管理に必要な注意事項とは?
本連載で品質管理の考え方、進め方などを紹介してきましたが、今回はそれらをまとめて、品質管理に携わる現場監督者に要求される注意事項を紹介します。(2014/1/21)

実践! IE:現場視点の品質管理(14):
品質管理に必須の統計的手法「X-R管理図」「P管理図」の作り方
生産現場の品質管理に使われる「X-R管理図」「P管理図」は、実際にはどうやって作ればいい? サンプルを基に手を動かして覚えよう。(2012/9/5)

電子ブックレット(製造マネジメント):
IEにおける「品質管理」の考え方とは/IEにおける「品質管理」の本質と歴史的経緯
IE(インダストリアル・エンジニアリング)において、生産工程で考えるべき「品質」の基本とは? TQCの歴史的経緯などを踏まえながらモノづくりの現場が心得るべき事柄を順を追って解説します。(2012/8/13)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
「世界標準」で戦う――コマツ
連結売上高1兆9817億円(2012年3月期)の80%以上を海外売上が占めるコマツ。日本企業の中でもグローバル化の優等生と言われるこの企業は、どのようにして現在の企業体を作り、また進化させようとしているのだろうか?(2012/5/28)

松岡功のThink Management:
プロジェクトマネジメントの本質
今回は、プロジェクトマネジメントについて考えてみたい。キーワードは「顧客満足」である。(2012/2/9)

“明るく・楽しく”!? 環境配慮型設計・現場の心得(3):
“TPD”を実践しないとどうにもならない?――「正しい設計のフロントローディング」と「全社的製品設計」
これからの日本のモノづくりにはTPD(Total Product Design)がカギ。「全社的に」を実践するための役割分担を整理してみた。(2011/11/18)

実践! IE:現場視点の品質管理(4):
製造現場の品質管理 “5M”カイゼンの心構え〔前編〕
製造過程の品質を左右する5つの要素“5M”。それぞれに安定と品質向上のための秘訣(ひけつ)があります。業務にまい進していると忘れがちな心構えもあらためて読んでおきましょう。(2011/8/1)

実践! IE:現場視点の品質管理(3):
あなたが品質管理で果たすべき役割は何か
製造現場で実施する製品管理を中心とした品質管理の基本を解説する。組織における品質管理の在り方から先人の教訓まで、筆者の経験とノウハウを紹介。(2011/6/10)

実践! IE:現場視点の品質管理(2):
IEにおける「品質管理」の本質と歴史的経緯
IEにおける品質管理のあり方とその本質とは? 歴史的背景を見ながらその意義に迫ります。(2011/5/13)

実践! IE:現場視点の品質管理(1):
IEにおける「品質管理」の考え方とは
生産工程で考えるべき「品質」の基本とは? TQCの歴史的経緯などを踏まえながらモノづくりの現場が心得るべき事柄を順を追って解説します。(2011/4/5)

本質から分かるタグチメソッド(1):
本当の「タグチメソッド」を誤解していませんか?
コトバばかりが先行している感のあるタグチメソッド。あなたは本質を誤解していませんか? SN比や直交表だけではない本当のタグチメソッドを知ろう(2010/7/30)

世界で勝つ 強い日本企業のつくり方:
グローバルサイトの課題 組織・文化の壁をどう解消するか
4回にわたってグローバルサイトの構築法を述べてきた。最終回は世界規模でマーケティングコミュニケーションを展開する企業が直面する組織・文化の壁について、実例を交えて解説する。(2010/7/22)

シックスシグマの落とし穴(1):
例題で理解する「そもそもシックスシグマって何だっけ?」
シックスシグマは改善のための重要ワード。でも、どう導入すればいいのか、どう考えるかを理解していますか? 簡単な例題から確認を(2009/11/10)

今こそ攻めのIT投資を:
業務改革の原動力となるのはやはり「ヒト」
いかなる経営者にとっても、企業の利益の最大化と継続的な成長こそが最大の関心事といえる。それを実現するための経営手法の1つがBPMである。日本企業への普及に向けて“草の根活動”を行う日本BPM協会の横川省三事務局長に、BPM導入の勘所を聞いた。(2008/9/5)

三方一両得のIT論 IT部門がもう一度「力」をつける時:
【第12回】疲弊するIT部門(5)〜「気付きのスパイラル」戦略
企業システムのあちこちでおこるIT部門とユーザー部門の見解の相違。立場も言い分も真っ向からぶつかる。しかし、これからのシステムを考えるとき、システムと業務のギャップを埋めることから糸口を切り開かなければならない。(2008/5/28)

エンタープライズ2.0時代の到来:
「敷居の低さ」が企業の知を「カイゼン」する
せっかく導入した情報共有ツールだが、なかなか使われないのが実情。システム導入の担当者は頭を柔らかくしてみよう。「こんな適当で大丈夫なのか」というくらいのガバナンスの方が、社内の情報共有はうまくいくのかもしれない。(2007/8/17)

J-SOX法対策の死角となるか? IT統制の標的 第8回:
新興ベンチャー危うし!?
内部統制においてネックになると見られているIT部門。加えて、新興成長企業自体も問題視されている。そこには、世間でもてはやされている多くのIT企業が含まれているのだ――。(2006/12/18)

マネジメントイニシアチブ時代に向けて――7つの提言:
提言4:組織のマネジメントOSを構築せよ
今回は「提言マネジメントイニシアチブ時代に向けて――本企画では7つの提言について順次、解説している。今回は「提言4」として、「組織のマネジメントOSを構築せよ」がテーマ。(2006/6/15)

寄って立つところを明確にして人間力を磨け
Japan Enterprise Modeling User会の松本聰会長に聞く。(特集:顧客満足度ナンバーワンSEの条件)(2005/6/19)

情報システム用語事典:
QC活動(きゅーしーかつどう)
quality control activities(2004/10/8)

情報システム用語事典:
プロセスアプローチ(ぷろせすあぷろーち)
process approach(2004/8/22)

情報マネジメント用語辞典:
ISO 9000(あいえすおー 9000)
アイエスオー 9000 / アイソ 9000 / イソ 9000(2004/8/1)

情報活用経営とビジネスインテリジェンス(1):
「経営計画」はレビューに始まる──変化を察知し環境適合する“生物型経営管理”とは
「今日、企業の経営にITは欠かせない」という。その一方で、実際のIT化に苦労している企業も少なくない。本連載では近代的マネジメント手法/経営分析手法と、情報技術の関係性を解説しながら、“経営情報化の本質”について考察していく(2004/5/18)

システム部門Q&A(7):
バランスト・スコアカードで業績が上がるか?
バランスト・スコアカードが注目されており、これに合致した分析ツールもさまざまなベンダから提供されている。しかし実際に企業に導入するには、どうすればいいのだろうか。(2004/4/14)

情報システム用語事典:
TQM (てぃーきゅーえむ)
total quality management / ティーキューエム / 総合的品質管理(2004/4/12)

情報システム用語事典:
TQC(てぃーきゅーしー)
total quality control / ティキューシー / 総合的品質管理 / 全社的品質管理(2004/4/12)

TOC──全体最適による業務改革戦略ガイド(3):
TOC導入のポイント
(2001/12/1)

TOC──全体最適による業務改革戦略ガイド(1):
サプライチェーンの原点TOCとは何か
(2001/10/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。