ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「気がきく人」の習慣」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「「気がきく人」の習慣」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「気がきく人」の習慣:
「お疲れさま」とあんぱんの効果とは
もしも、あなたがリーダーを任されたら、部下の働きをねぎらい、小さな気遣いにも気付いてあげられるでしょうか? 部下のモチベーションを下げることなく組織が円滑に動くためには、リーダーにこそ「おもてなしマインド」が必要なのです。(2014/9/5)

「気がきく人」の習慣:
信長をうならせた、利休の「粋なはからい」とは?
もしもあなたが“営業マン”だったら……? 1回目の商談では余韻を残すため、仕事の話はしないで帰りましょう。売ろうとして焦ってはいけません。まずはお客さまと向き合い、相手をじっくり観察するのです。(2014/8/29)

「気がきく人」の習慣:
人を喜ばせるための3つの条件
“目は口ほどに物を言う”――。人間は言葉に出さずとも、表情ひとつで思っていることが相手に伝わります。いくら声を整えても、笑顔が素敵でないと歓迎されていない印象が残ってしまいます。おもてなしの基本は「笑顔」なのです。(2014/8/22)

「気がきく人」の習慣:
「特別なことは一切しない」――ディズニーが徹底した“日本の気遣い”とは
同じ部署で同じように仕事をしているのに、評価される人とそうでない人がいます。その差は、ささいなところにあります。どうすれば大切な人やお客さま、仲間を喜ばせる仕組みが作れるか、考えてみましょう。(2014/8/15)

「気がきく人」の習慣:
ゲストにさらなるハピネスを――ディズニーが重視する4つの基準とは
ディズニーの強みは、ストーリーを共有して生まれる共鳴する心です。マニュアルにとらわれることなく、ゲストにハピネスを提供することを最優先とします。ゲストの笑顔を見て喜びを感じ働くことに誇りを持つ。金銭的な報酬とは別の、働く人への気づかいとなるのです。(2014/8/8)

「気がきく人」の習慣:
相手の「良いところ」を探す
人は、悪いところのほうが目につきやすいもの。しかし、視点を変えて相手の良いところを見つける習慣を付けると、チームが活性化します。人は、自分の存在が認められることで喜びを感じるのです。(2014/8/1)

「気がきく人」の習慣:
怒った相手を味方にする方法
お客さまが機嫌を損ねたときは、「決まりですから」とルールで押し切ろうとしてはいけません。誠意を持って対処することで、相手の気持ちも変わっていくのです。(2014/7/25)

「気がきく人」の習慣:
三越の理念に学ぶ“まごころの精神”――耳と目と心で「聴く」
接客の心得として、「お客さまの立場に立って考えること」とは、よく言われます。しかし、お客さまが本当に望んでいることを見抜くのは至難の業です。(2014/7/18)

「気がきく人」の習慣:
「また、あなたに会いたい」――始まりと終わりの気づかいが大切
大切なことは、お客さまを迎えるときと、送るときに、小さな気づかいを積み重ね、感動していただくことです。(2014/7/11)

「気がきく人」の習慣:
目の前の人は「一番大切な人」――気がきく人の考え方
伝わるか伝わらないかにかかわりなく、まごころを込めて接していれば、人を喜ばせることができ、仕事もプライベートもうまくいくのです。(2014/7/4)

「気がきく人」の習慣:
気がきく人は「他人」を喜ばせ、きかない人は「○○」を喜ばせる
94歳で亡くなったやなせたかしさん。彼の「人生はよろこばせごっこ」という言葉に、「気がきく人」の真髄が詰まっていました。(2014/6/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。