ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VAIO C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VAIO C」に関する情報が集まったページです。

VAIO、「VAIO C15」カスタムオプションに“広視野角フルHD液晶”パネルを追加
VAIOは、同社製スタンダードノートPC「VAIO C15」のカスタムオプションに「広視野角フルHD液晶パネル」の追加を行った。(2017/3/23)

VAIO、延期となっていた「VAIO C15」イエロー/ブラックモデルの発売日を確定
VAIOは、8月25日に延期がアナウンスされていた「VAIO C15」イエロー/ブラックモデルの発売日告知を行った。(2016/10/27)

VAIO C15のイエロー/ブラックモデルが発売延期に 製造上の理由で
VAIOが7月26日に発表した「VAIO C15」のうち、9月1日に受注開始としていたイエロー/ブラックモデルの発売延期がアナウンスされた。(2016/8/25)

これ、好き?:
VAIO新モデルは“感性で選ぶ”ファッショナブルPC「VAIO C15」
デザイン特化の15型ノートPCがVAIOから登場。スペックにこだわらないなら、雑貨や服のように「I like it.」(これ好き!)でPCを選ぶのもあり?(2016/7/26)

15.5型ノートPC「VAIO C15」登場 ツートンカラーで「個性的」「愛着感じる」デザインに
VAIOが15.5型のノートPC「VAIO C15」の受注をスタート。ツートンカラーの4種類を用意する。(2016/7/26)

個性的なデザインの15.5型ノートPC「VAIO C15」、税別6万円台から
VAIOが税別10万円を切るA4ノートPCを投入。外装にIMRフィルムを採用したツートーンデザインが目を引く。(2016/7/26)

Core i搭載で4万円台から:
レア感がたまらない14型ノート――“モダンジオメトリック”な「VAIO C」の誘惑
VAIOには通常店頭で見かけるモデルのほか、直販限定のレアなモデルが存在する。今回は直販だけの14型ノートPC、しかもプレミアムデザインの「VAIO C(CA)」をじっくり試した。(2012/4/11)

8名様にプレゼント:
VAIO C、WiMAXルータが当たる!――読者プレゼントキャンペーン「冬の陣」スタート
2012年最初のプレゼントキャンペーンは、14型ノートPC「VAIO C」やNECアクセステクニカ製のWiMAXルータなど豪華賞品を用意しました。奮ってご応募ください!(2012/2/9)

2012年PC春モデル:
基本性能をアップした15.5型スタンダードノート――「VAIO C」
15.5型のスタンダードモデル「VAIO C」は、春モデルでCPU性能を強化。店頭向けモデルにブラックカラーが加わった。(2012/1/25)

2011年PC秋冬モデル:
VAIOノートに装着して裸眼3D立体視が楽しめる――「3Dパネル」
ソニーがVAIOノート用のオプションとして、手軽に裸眼3D立体視が行える「3Dパネル」を発表。BDドライブ搭載のVAIO S(SA/SB)、VAIO S(SE)、VAIO C(CB)に対応する。(2011/9/27)

2011年PC秋冬モデル:
女性向けのスペシャルデザインも登場したスタンダードノート――「VAIO C」
天板に集光材を用いて“光るボディ”を実現した15.5型ノートPC「VAIO C」は、CPUやHDDを強化。直販限定のCTOメニューには、はなやかな「エレガントフラワー」とシックなモダンジオメトリック」の新デザインが登場した。(2011/9/27)

2011年PC夏モデル:
“光るボディ”のスタンダードA4ノートPCに新色を追加──「VAIO C」
「VAIO C」シリーズは、外装に集光材を用いた光るボディが特徴のA4ノートPCだ。2011年の夏モデルでは、実売15万円前後の安価なモデルがラインアップされる。(2011/6/7)

性能もキラリと光るか?:
新型「VAIO C」徹底検証(後編)――新素材の蛍光ノートをじっくりテストする
集光材によって“電源なしで光る”ボディを実現した新型「VAIO C」。その斬新かつ目立ちまくる外観に、性能面はついていっているのか、各種テストで実力に迫った。(2011/4/6)

節電しながら目立てます:
新型「VAIO C」徹底検証(前編)――“電気なしでボディが光る”個性派ノート
電源いらずでボディを光らせるという、一風変わったノートPCがソニーから登場した。この新型「VAIO C」なら、無駄な電気を使わず、電飾のような光彩感が楽しめる。(2011/4/5)

2011年PC春モデル:
“光るボディ”と豊富なカラバリ、外部GPUやUSB 3.0搭載のスタンダードA4ノートPC──「VAIO C」
ソニー「VAIO C」シリーズは、高い性能と美麗なデザインが特徴のスタンダードA4ノートPC。Sandy Bridge世代のCPU、外部GPU、15.5型ワイドの液晶ディスプレイ、そして豊富なカラーバリエーション+新機軸の“光る”ボディを採用する。(2011/3/8)

2010年PC春モデル:
Core i全面採用と8色展開で勝負する14型ワイドノート――「VAIO C」
デザインとパフォーマンスの両立を図る14型ワイドノートPC「VAIO C」の2010年春モデルは、ボディをそのままに、中身をCore i世代に一新。カラバリも増強した。(2010/1/18)

デザインよし、性能よし、価格よし:
Windows 7世代の“欲張り”オールインワンノート――新生「VAIO C」に魅了される
デザイン重視のノートPC「VAIO C」が、Windows 7発売とともにフルモデルチェンジ。性能もコストパフォーマンスも兼ね備え、見た目も中身も「実力派」に進化した。(2009/11/5)

2009年PC秋冬モデル:
5色で展開する14型ワイドノートPC――「VAIO C」
デザイン重視の14型ワイドノートPC「VAIO C」シリーズは、ボディデザインを刷新し、新たに5色のカラバリを用意した。(2009/10/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。