ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Valencia」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Valencia」に関する情報が集まったページです。

頼りにするのは“Piledriver”と“Streamroller”:
「第2世代FXは2012年。28ナノプロセスは2013年」──AMD、2013年までのロードマップを公開
AMDは、2月2日(現地時間)に米国で「AMD Financial Analyst Day」を行い、2012〜2013年におけるロードマップを明らかにした。(2012/2/3)

高密度と優れたコストパフォーマンス:
PR:最大16コアのAMD Opteron 6200シリーズを搭載したデルの最新のサーバが登場
AMD Opteronプロセッサを搭載するデルの「PowerEdge」サーバの新モデルが発表された。新CPUの特長を最大限に生かしたPowerEdgeサーバは、ユーザーに優れたパフォーマンスとコストメリットを提供するという。日本AMDとデルの担当者がその魅力に迫る。(2011/12/12)

元麻布春男のWatchTower:
2011年のAMDは“APU”で総攻撃
AMDが2010年のFinancial Analyst Dayを開催した。金融アナリスト向けだが、最新ロードマップと“決意”を示す重要な機会。今回はどんな決意を示しただろうか?(2010/11/15)

元麻布春男のWatchTower:
Hot Chips 22で示されたAMDの次世代CPU“ブル&ボブ”
米国で開催された「Hot Chips 22」で、AMDは「Bulldozer」「Bobcat」に関する講演を行った。そのスライド資料に次世代CPUコアの“新事実”はあるのか?(2010/8/30)

AMD、最大12コア搭載の4P対応「Opteron 6100」シリーズ発表
日本AMDは、3月29日にOpteronの新シリーズ「Opteron 6100」シリーズを発表した。2P、4Pシステムの構築が可能で、上位ラインアップでは12コアを搭載する。(2010/3/29)

元麻布春男のWatchTower:
Analyst Dayで分かった「Bulldozer」の強味
Nehalem、Westmereと世代更新が進むインテルに対し、AMDは「2011年」まで待ちの構え。その2011年に大きく変化する新世代CPUの概要が明らかになる。(2009/11/13)

イスタンブールは前倒しの6月デビュー:
AMD、サーバ向けCPUのロードマップを発表
Opteron誕生6周年を迎え、AMDが2011年までのデータセンター向けプロセッサ製品のロードマップを発表した。(2009/4/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。