ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W53K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W53K」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

写真で解説する「W64K」
「W64K」は2007年秋冬モデルのW53Kのコンセプトを継承したスタンダードなコンパクトワンセグモデル。背面パネルの全面にメタリック調パーツを使用し、鏡面仕上げのような“派手目”なデザインが特徴だ。(2008/6/5)

開発陣に聞く「W53K」:
スタンダード端末「W53K」に見る京セラの“こだわり”
 W44Kのイメージをそのままに、ワンセグを搭載したauの京セラ製スタンダードモデル「W53K」。機構上は約1年前に登場した「W51K」の後継モデルとなり、なんとW51Kから4.6ミリも薄くなった。(2008/1/17)

au「W53K」発売、“フルサポートコース”での新規価格は1万円台後半
auのスリムワンセグ端末「W53K」が関東・九州エリアで発売された。au買い方セレクトのシンプルコースを選択した際の価格は3万9980円。フルサポートコースを選択すると1万8900円になる。(2007/11/22)

厚さ15.4ミリのスリムワンセグ「W53K」、11月17日から順次発売
KDDIは、2007年au秋冬モデル第2弾「W53K」(京セラ製)を11月17日から順次発売する。(2007/11/16)

井川遥を“その気に”させた、スリムワンセグ「W53K」
11月下旬に発売されるauの京セラ製端末「W53K」。発売を前に、井川遥さんが出演するCMが発表された。黒と白の世界に“2人の井川遥”が登場し、これまでにない表情の井川さんを見ることができる。(2007/11/14)

写真で解説する「W53K」
京セラの人気端末「W44K」のコンセプトを踏襲し、厚さ15ミリ台のスリムな回転2軸ボディにワンセグ機能を搭載した「W53K」。基本スペックを充実させ、スタンダードモデルとしての使い勝手をさらに改善した。(2007/10/16)

ハーフミラーにイルミが美しく浮かぶ“15.4ミリのスリムワンセグ”――「W53K」
京セラ製の「W53K」は、厚さ15.4ミリのスリムな回転2軸ボディにワンセグを搭載するWIN端末。ハーフミラー処理された背面には、有機ELによる多彩なイルミネーションが浮かび上がる。(2007/10/16)

携帯秋冬モデルが続々JATE通過──シャープ製の「SH905i」、京セラ製の「W53K」
2007年秋冬モデルと思われるドコモ向けの「SH905i」、au向けの「W53K」がJATEを通過した。(2007/9/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。