ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W44K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W44K」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

開発陣に聞く「W53K」:
スタンダード端末「W53K」に見る京セラの“こだわり”
 W44Kのイメージをそのままに、ワンセグを搭載したauの京セラ製スタンダードモデル「W53K」。機構上は約1年前に登場した「W51K」の後継モデルとなり、なんとW51Kから4.6ミリも薄くなった。(2008/1/17)

法人ニーズにも対応する「W44K II カメラなしモデル」、10月25日から販売開始
KDDIは10月25日から、厚さ15.3ミリのビジネスユーザー向けWIN端末「W44K II カメラなしモデル」を発売する。(2007/10/24)

写真で解説する「W53K」
京セラの人気端末「W44K」のコンセプトを踏襲し、厚さ15ミリ台のスリムな回転2軸ボディにワンセグ機能を搭載した「W53K」。基本スペックを充実させ、スタンダードモデルとしての使い勝手をさらに改善した。(2007/10/16)

KDDI、情報漏えい対策を施したビジネスモデル「W44K II」を発売
KDDIは、遠隔操作による端末管理に対応し、カメラ機能を除外したau携帯電話のビジネスモデル「W44K II」を発売する。(2007/10/1)

スリム携帯「W44K II」にカメラなしモデル
KDDIは、厚さ15.3ミリのスリムWIN端末“W44K II”からカメラ機能を省いたビジネスユーザー向けモデル「W44K II カメラなしモデル」を発売する。法人向けサービスアプリが標準で備わり、遠隔制御によるデータ削除などに対応するセキュリティ機能を備える。(2007/10/1)

「W44K II」「A5526K」開発陣インタビュー:
“スリムなau端末”を担う京セラのベストスリムゾーン戦術
人気の薄型端末「W44K」のマイナーチェンジモデル「W44K II」と、そのコンセプトを継承した1X端末の「A5526K」。薄さと使いやすさを併せ持ち、幅広い層に支持がある両端末について、開発背景を担当者に聞いた。(2007/9/11)

「W44K II」「A5526K」、新規価格は1万円前後
auの京セラ製スリムケータイ「W44K II」と「A5526K」が都内量販店の店頭に並んだ。新規価格はW44K IIが9240円、A5526Kが1万290円でどちらも1万円前後となっている。(2007/6/1)

KDDI、京セラ製「W44K II」「A5526K」を5月末から順次発売
KDDIは、京セラ製WIN端末「W44K II」を5月30日から、同1X端末「A5526K」を5月31日から順次発売すると発表した。(2007/5/30)

人気のスリムケータイ「W44K」がバージョンアップ――「W44K II」
15.3ミリというスリムさが人気の「W44K」が、新たなカラーバリエーションで登場。フォーミーホワイト、ブレイシングブルー、プレシードブラウンの3色をラインアップする。(2007/5/22)

「912SH」など携帯夏モデル、続々JATE通過
ソフトバンクモバイルのハイエンド機と思われるシャープ製端末「912SH」、ドコモの富士通製端末「F904i」、auの京セラ製端末「W44K II」など、2007年夏モデルとしての登場が予想される端末が続々JATEを通過した。(2007/4/2)

東芝、ソニエリ、京セラ製の一部au端末に不具合──修正ソフトを公開
KDDIは3月27日、東芝製の「W44T」「W44T II」「W44T III」「W45T」「W51T」「W52T」、ソニエリ製の「W32S」「W41S」「W42S」および京セラ製「W44K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/27)

「W44K」開発陣インタビュー:
「W44K」は京セラにとっての新たな一歩──“WIN最薄”が生まれるまで
厚さ15.3ミリ──auの秋冬モデルの中で最も薄いのが京セラ製のWIN端末「W44K」だ。基本的なトレンドスペックを搭載したうえで、どれだけ薄くできるかに挑戦したという本機について、開発陣に話を聞いた。(2007/1/15)

携帯販売ランキング(11月20日〜11月26日):
注目の“巨頭対決”、制したのは?
冬商戦を目前にした先週末、注目の新端末が多数発売された。初登場の「SO903i」「W44K」「911SH」「910SH」らは何位にランクインしただろうか。(2006/12/1)

WIN最薄の「W44K」、新規は1万円台後半から
京セラ製のWIN最薄端末「W44K」が、23日から順次販売開始となった。25日の発売を控える都内量販店には、新規価格で1万円台後半という販売予価が掲示された。(2006/11/24)

厚さ15.3ミリ、WIN最薄の京セラ製「W44K」発売――11月23日から
KDDIは、京セラ製のWIN端末「W44K」を11月23日から順次発売する。厚さ15.3ミリとauの秋冬モデルでは一番薄いWIN端末となる。(2006/11/22)

au秋冬モデルの“ここ”が知りたい「W44K」編:
日本語入力機能は進化したのか──「W44K」
15.3ミリというWIN最薄ボディにハーフミラーのパネルをあしらった京セラ製の「W44K」。「Advanced Wnn V2 Ex」を装備した日本語入力機能は、使い勝手が向上しているのか。(2006/10/10)

「SH903i」がJATEを通過
シャープ製のNTTドコモ向けFOMA端末「SH903i」とLG電子製の「L601i」、京セラ製のau向け端末「W44K」がJATEを通過した。(2006/9/1)

写真で解説する「W44K」
京セラ製端末「W44K」は厚さ15.3ミリという極薄デザインが特徴のWIN端末。強化ガラスを使った液晶パネルや、ハーフミラー処理されたサブディスプレイなど、高いデザイン性と実用性を兼ね備えた。(2006/8/28)

auの秋モデルを今日から試せる──KDDIデザイニングスタジオに実機登場
KDDIは、「DRAPE」「W47T」「W44K」を除く9機種の新モデルをKDDIデザイニングスタジオで展示している。実際に機能を試すことが可能だ。(2006/8/28)

厚さ15ミリの最薄WIN──「W44K」
京セラ製の「W44K」は、厚さ15ミリの極薄WIN端末。背面はスタイリッシュなハーフミラー仕上げだ。(2006/8/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。