ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「温家宝」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「温家宝」に関する情報が集まったページです。

伊吹太歩の時事日想:
欧米の有名大学に、中国から“億単位”の寄付が次々と……一体なぜ?
中国の実業家が、欧米の有名大学に巨額の寄付をするケースが増えている。自国の大学に寄付しないことに対して“ネット民”が怒りの声を上げているが、この寄付がひいては中国の外交にとって、プラスの影響を及ぼす可能性があるのだ。(2014/9/18)

伊吹太歩の時事日想:
中国メディアで働くために必須の「政治思想テスト」をやってみた
情報統制が行われている中国では基本的に報道の自由はない。さらに国内メディア関係者の思想を統制するために、2014年からテストが義務付けられるようになった。その問題を見てみよう。(2014/1/9)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/9)

企業はセキュリティの防御層を厚くせよ、Check Point社長が脅威を解説
Check Pointのバーレブ社長は、企業の内外に潜むセキュリティ脅威に「いまだに多層的な対策が十分に講じられていない」と指摘する。(2013/5/21)

伊吹太歩の世界の歩き方:
米国 VS. 中国、サイバー戦争になったら勝つのはどっち?
ニューヨークタイムズ紙などの大手メディアをはじめ、アップル、ジープ、Facebookと続くハッキング攻撃。米国では、海外からの攻撃を受けたら宣戦布告なしに「先制攻撃」できると確認したというが……。(2013/2/28)

「我々も中国からハッキング攻撃を受けた」とWSJ、被害は明らかにせず
New York Timesが中国からサイバー攻撃を受けたと報道したことを受けて、Wall Street Journalも同様の攻撃を受けたと伝えた。複数の米メディアが狙われたもようだ。(2013/2/1)

New York Times紙に不正侵入、攻撃手法で対策の課題も明らかに
New York Timesが温家宝首相の不正蓄財疑惑をきっかけに中国のハッカーに不正侵入されたと報道。また、Symantecは「ウイルス対策ソフトだけでは不十分」と言い切った。(2013/2/1)

ビジネスニュース:
中国で製造業が失速か?
急成長してきた中国の製造業にも、さすがに陰りが見えてきたのだろうか。2012年第2四半期における中国経済の成長率は、2009年以降最も低い値となる7.6%だった。(2012/8/6)

ちきりんの“社会派”で行こう!:
外国の“くだらない情報”こそ読んでみたい
インターネットの広まりで、他国の情報にも簡単にアクセスできるようになりました。しかし、距離は近くなったとはいっても、異なった言語間での意思疎通が活発に行われているように見えません。ちきりんさんはそれを実現するための「自動翻訳プログラム」に期待しているようです。(2011/5/30)

キライになるほど日本がスキ――中国若手作家が語る日本熱
中国で「それまでの世代と感性が違う」と言われる、“80後(1980年代生まれ)”の若者たち。日本のマンガやアニメに触れて育った世代でもあるため、日本に対して持つ印象もほかの世代と異なっている。そんな80後世代の青春小説作家・落落氏に、中国での日本熱について尋ねてみた。(2011/3/22)

「Twitterは中国に100%自由な言論空間を与えた」――トップツイーター安替氏の視点
「国内での言論活動が制限されている」と言われる中国だが、一方でTwitterなどのメディアを駆使して、自由に情報発信しているネットユーザーたちが存在していることはあまり知られていない。国際大学GLOCOMが行ったシンポジウムでは、そんな先駆的ネットユーザーの1人である安替氏が中国のネット言論空間の実情について語った。(2010/10/26)

「憤青を日本に輸出しててワロタ」──尖閣問題、中国ネットユーザーの反応は
尖閣諸島問題に対し、中国の人々の実際の反応はどうなのだろうか。ネットの内と外、またネットのコミュニティーによっても温度差があるのが実際のようだが──。(2010/10/1)

藤田正美の時事日想:
中国が“拡張主義”に走れば……日本はどう対応すればいいのか
尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり、日本政府が揺れている。レアアースの輸出差し止め、大手ゼネコン社員の拘束、謝罪と賠償といった中国の圧力に対し、日本はどのように対応すればいいのだろうか。(2010/9/27)

山谷剛史のアジアン・アイティー:
中国をよく知る中国メーカーが作った電子ブックリーダーを買っちゃった
どうやら中国でも電子ブックリーダーが流行しているとのこと。「え、Kindle? iPad? それとも?」と思いきや、意外とまじめなブツらしい。コンテンツ以外は。(2010/7/28)

ほぼ全文:
“普天間”と“政治とカネ”の問題が政権を揺るがせた――鳩山首相、退陣表明演説
鳩山由紀夫首相は6月2日、民主党の緊急両院議員総会で退陣を表明した。2009年秋の歴史的な政権交代から8カ月、鳩山氏はどのような思いのもと政権運営し、今後の政権にどのようなことを期待しているのか。退陣演説の詳細をお伝えする。(2010/6/2)

中国ビジネス最前線:
今年の長者番付が発表、資産10億元の学生富豪も
中国大陸出身者の長者番付が発表された。昨年の103位から一気にトップに上り詰めたBYDの総裁や、わずか5000元で起業した学生ベンチャー社長などが顔を並べた。(2009/10/7)

中国ビジネス最前線:
中国、風力を新エネルギー産業の軸に
風力発電を新エネルギー産業の要とする中国は、2020年までに風力発電容量の目標を現状の10倍である1億キロワット以上に引き上げるとしている。(2009/5/18)

Weekly Memo:
中国のIT情報強制開示 撤回の落とし所
中国政府が導入を計画しているIT製品の技術情報の開示を義務付ける制度をめぐって、日本政府などが撤回を求めている。はたして落とし所はどこにあるのか。(2009/5/11)

中国ビジネス最前線:
トヨタ自動車が中国市場へ積極攻勢
自動車産業が世界的な低迷を続ける中、トヨタは成長市場である中国へのシフトを打ち出して販売数の増加を狙う。(2009/2/27)

中国ビジネス最前線:
金融危機でチャンス? 急成長する中国の文化産業
経済危機などの影響で経済成長が鈍化する中、ネットゲームや映像など中国の新たな文化産業が急速な発展を遂げつつあるという。(2009/1/26)

中国ビジネス最前線:
中韓共同でアニメ産業発展基地を建設
中国、韓国が900億円を投じ、アニメおよび漫画産業の発展に向けた国家プロジェクトが動き出した。目指すは「アジアのハリウッド」という。(2008/11/20)

成長を続ける香港、日本経済にメリットも――香港貿易発展局
2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の悪夢から回復した後、5年連続でGDP成長率を伸ばした香港。次の市場として中国を狙う日本企業にとって心強いパートナーになるという。(2008/9/22)

藤田正美の時事日想:
なぜ温家宝首相はヒトに“優しい”のか? 
大衆が喜びそうな政策を実行して、国民からの点数を稼ごうとするポピュリズム。さまざまな問題を抱えている中国では、このポピュリズムで難局を乗り切ろうとしている。しかしこのポピュリズム手法……危険性もはらんでいるようだ。(2008/6/16)

藤田正美の時事日想:
中国の超大国願望
中国の成長エンジンが止まらない。世界中の資源を買い漁る背景には、影響力を強めようという狙いがある。超大国「中国」が誕生すれば、どのような余波が日本に及ぶのか。(2007/4/18)

中国とインドが協力すればグローバルITをリードできる――温首相
中国の温家宝首相が、インドのIT産業の中心地であるバンガロールを訪問した。ビジネスチャンス拡大をにらみ、両国のIT産業は接近しつつある。(2005/4/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。