ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウイングアーク1st」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウイングアーク1st」に関する情報が集まったページです。

PR:激増する経理業務の負荷を軽減するには? ウイングアーク1stが解説する請求書電子化のススメ
(2024/2/28)

製造IT導入事例:
自動車部品製造メーカーが「MotionBoard」導入、生産性向上でスマート工場推進へ
ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」を三井屋工業が導入した。導入により不良品率が大幅に改善し、生産性が200%向上したほか、カメラ連携機能により映像データを工場のスマート化に活用している。(2023/7/28)

製造ITニュース:
日々の個人業務情報を収集、ウイングアーク1stのデータ管理サービスが機能強化
ウイングアーク1stは、同社のデータマネジメントサービス「Dataring」に、スモールデータを収集して分析精度を高める機能「Dataring SmallData Manager」を追加した。(2023/6/28)

脱・属人的な営業:
「3割退職・目標未達・売上前年割れ」 退職者が出戻るほど成果が出た、データドリブンな営業改革とは
ウイングアーク1stは当時「3割退職・目標未達・売上前年割れ」の三重苦にあえいでいた。個人商店的な昭和の営業スタイルから一転、データドリブンな営業へ脱皮するための改革に力を入れることに。退職者が出戻るほどに成果が出た、営業改革を取材した。(2023/6/12)

「喫煙する社員ゼロに」 上場SaaS企業が“宣言” 採用もやめる
帳票管理ツールを提供するウイングアーク1stが、2025年までに喫煙者の社員をゼロにする方針を発表した。2025年4月以降は、喫煙者の採用も取りやめる方針。(2023/5/31)

製造ITニュース:
ウイングアーク1stと富士通Japanが連携、電帳法対応サービスを提供開始
ウイングアーク1stのデータ分析基盤「Dr.Sum Cloud」と富士通JapanのEDIサービス「Fujitsu 流通EDIサービス TradeFront/6G」が連携を開始した。電子帳簿保存法に対応した「Fujitsu EDIデータ保存・検索サービス」を提供する。(2023/2/7)

IoTで生産プロセスを変革:
PR:ヤマハが楽器工場をスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
モノづくりを継続的に進化させ、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め、成果を生み出しつつあるのが楽器製造大手のヤマハだ。同社の取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションを紹介する。(2023/2/22)

IoTで生産プロセスを変革
ヤマハが楽器工場をスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
モノづくりを継続的に進化させ、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め、成果を生み出しつつあるのが楽器製造大手のヤマハだ。同社の取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションを紹介する。(2023/2/22)

IoTで生産プロセスを変革:
PR:ヤマハが進める楽器工場のスマートファクトリー化、デジタルツインで何を目指すのか
製造業にとって、モノづくりの継続的な進化は永遠のテーマだ。その中で、IoTやデジタルツインの考え方を基にスマートファクトリー化を進め成果を生み出しつつあるのが、楽器大手メーカーのヤマハである。同社のスマートファクトリー化への取り組みと、それを支えたウイングアーク1stのソリューションについて紹介する。(2023/1/6)

脱炭素:
ウイングアーク1st、脱炭素推進に貢献する分析ソリューションを提供
ウイングアーク1stは、同社のBIダッシュボード「MotionBoard」と、GUGENのIoT小型ゲートウェイ「PUSHLOG」を連携させ、カーボンニュートラル推進のために必要な分析を実施するソリューションの提供を開始した。(2022/12/23)

製造マネジメントニュース:
データ活用は「業務改善」レベルが約25%、DX人材などの実態調査結果
ウイングアーク1stは、DX人材とデータ活用に関する実態調査の結果を発表した。自社のデータ活用レベルが「業務改善、オペレーション効率化」とした企業は25.5%で、11.2%は「全く行っていない」と回答した。(2022/12/5)

データ分析に時間かけすぎ? 「分析疲労」に要注意 BIツール提供元が語る、データ活用までつなげるコツ
ウイングアーク1stは、売上高100億円以上の企業の役職者530人を対象にしたデータ活用の実態調査の結果を発表した。半数以上の企業がデータ活用に注力していると答えた一方、一部では分析に時間をかけすぎてしまう「分析疲弊」に陥っていると答える声も上がった。(2022/11/25)

47.6%は「データ分析は現場の社員が実施した方が効率的だ」と考えている:
データ活用担当者の約7割が感じる「分析疲弊」とは? ウイングアーク1st調査
ウイングアーク1stは、DX人材とデータ活用に関する実態調査の結果を発表した。社内の非専門家がデータの活用や分析を実施している企業が約半数だった。(2022/11/18)

営業部の役職者に聞く:
予算達成状況をリアルタイム把握できている営業は何割? 大多数が「データ活用に課題」
営業組織の予算達成状況をリアルタイムに把握できている営業部の役職者は約半数──ウイングアーク1st(東京都港区)が営業部の役職者を対象に実施した調査で、このような結果が出た。(2022/11/16)

最低限の負荷で法制度対応“も”実現:
PR:電帳法、インボイス制度対応とビジネス変革を同時にかなえる最短ルートとは?
法制度対応は企業の義務。いかにスムーズに準備を進めるか、間違いのない対応を済ませるかといった点にまずは集中したいと考えるのは当然だ。しかし、DX機運の高まりにより「コンテンツ(データ)活用」はますます重要視されるようになっており、電帳法、インボイス制度で扱う帳票類も例外ではない。ウイングアーク1stとBox Japanの共創から、隙のない法制度対応とコンテンツ活用によるビジネス変革、その術に迫る。(2022/11/10)

約4割の企業が「免税事業者のままでも2〜3年間は取引を継続する」:
フリーランサーの死活問題「インボイス制度」開始まで約1年 企業の対応状況は?
ウイングアーク1stは、「インボイス制度に向けた企業間取引の電子化に関する対策調査」の結果を発表した。「Peppol」に対応予定の企業は全体の4分の1、約3割が適格請求書発行事業者の登録申請に向けて動いていることが分かった。(2022/9/12)

今日のリサーチ:
営業組織の予算達成状況をリアルタイムに把握できている企業は約半数――ウイングアーク1st調査
売上高100億以上の営業部の役職者583人を対象に実施した「営業組織の予算達成に関する実態調査」の結果です。(2022/8/22)

SaaS企業デスクツアー:
「大人の秘密基地」多数? ウイングアーク1stで働くみんなのデスク環境 写真でチェック
SaaS企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニア、デザイナーなどがどんな環境で働いているかチェックする。今回はウイングアーク1stで働く人のデスク周り。(2022/8/17)

脱炭素:
脱炭素阻む「意識の低さ」と「予算の少なさ」、製造業の実態調査レポート
ウイングアーク1stは2022年7月19日、製造業を対象とした「カーボンニュートラルの実態調査」を発表した。調査からはカーボンニュートラルの重要性が業界全体で広く認識されている一方で、社内での取り組みを推進する上で「予算の少なさ」や「意識の低さ」といった課題を抱える企業が存在する様子が読み取れる。(2022/7/21)

脱炭素:
ウイングアーク1st、サプライチェーンのCO2排出量可視化サービス提供開始
ウイングアーク1stは、サプライチェーンでのCO2を可視化するプラットフォーム「EcoNiPass」の提供を開始した。企業は自社とサプライヤー双方のCO2排出量を連携して可視化できるため、集計や報告業務の負担軽減につながる。(2022/6/22)

製造ITニュース:
BIダッシュボード「MotionBoard」がAWSのAI/IoTサービスと連携
ウイングアーク1stは2022年5月25日、BIダッシュボード「MotionBoard」と、アマゾン ウェブ サービスの展開するAI、IoTサービスを連携したソリューションの提供を開始した。(2022/5/31)

“政府認定クラウドサービス”リスト更新 1社のサービス削除、2社のサービス追加
日本政府がクラウドサービスの認定制度「ISMAP」のリストを更新した。米ServiceNowやウイングアーク1stのサービスを追加。一方、提供元から取り下げの申し出があったとして、1社のサービスを削除した。(2022/3/31)

製造ITニュース:
NECとウイングアーク1stが連携強化、現場改善に向けたデータ活用加速
ウイングアーク1stは2022年3月22日、製造業の現場改善に向けたデータ活用について、NECとの事業連携を強化すると発表した。(2022/3/23)

製造ITニュース:
Python連携実装など機能強化したデータ基盤ソリューションの最新版
ウイングアーク1stは、Python連携などを実装したデータ基盤ソリューションの最新版「Dr.Sum Ver.5.6」の提供を開始した。Pythonプログラムを大量の業務データやセンサーデータとシームレスに連携できるようになる。(2021/10/5)

製造IT導入事例:
工場のIoT化に向け、総合セラミックスメーカーがデータ基盤とBIを導入
ウイングアーク1stのデータ基盤ソリューション「Dr.Sum」とBIダッシュボード「MotionBoard」を、日本特殊陶業が導入した。問題発生時に現場で各種データを見られるため、原因の特定や改善を図ることができる。(2021/8/31)

工場のIoTデータ、現場スタッフがすぐ分析 日本特殊陶業のツール活用
日本特殊陶業は、ウイングアーク1stのデータ基盤ソリューション「Dr.Sum」とBIダッシュボード「MotionBoard」を導入した。生産設備から取得するデータを活用して、稼働率改善を図る。(2021/8/20)

製造ITニュース:
製造現場向けIoTソリューションとBIを組み合わせた作業分析支援テンプレート
ウイングアーク1stは、同社のBIダッシュボード「MotionBoard」と、東芝デジタルソリューションズのものづくりIoTソリューション「Meister Apps 現場作業見える化パッケージ」が連携した作業分析支援テンプレートを開発した。(2021/7/19)

製造ITニュース:
動的オブジェクト実装で3Dマップ機能を強化した、BIダッシュボードの最新版
ウイングアーク1stは、BIダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.6.2」を発売した。3Dマップ機能などを強化し、製造現場におけるリアルタイムな状況把握を支援する。(2021/7/2)

製造ITニュース:
需要予測や在庫適正化のAIソリューション実現に向けてウイングアークが協業
ウイングアーク1stは、製造業でのAI活用推進を目的としたソリューション開発について、ジールおよびデータブリックス・ジャパンと協業する。製造業における需要予測や予知保全、在庫適正化を支援するソリューションを提供していく。(2021/6/28)

運送データを可視化して業務を改善 ウイングアーク1stが「IKZOアナリティクス」を提供開始
ウイングアーク1stは、「IKZOアナリティクス」の提供を開始した。運送会社でのドライバーの不足や時間外労働の上限規制への対応、デジタル化の遅れなどの課題に向けて運送会社のデータを可視化する。(2021/5/21)

製造ITニュース:
クラウド版データ基盤ソリューションに中堅企業向けのプラン追加
ウイングアーク1stは、クラウド版データ基盤ソリューション「Dr.Sum Cloud」に、中堅企業など向けのエントリープラン「Entryライセンス」を追加する。手軽に導入できるため、スモールスタートや迅速かつ簡易的な導入に対応する。(2021/4/27)

ウイングアークが挑む:
オフィスは3分の1に、紙は年間24.8万枚削減──業務フロー改革の軌跡と、残る課題とは?
IT企業のウイングアーク1stは、約1500坪のオフィスの3分の2にあたる約1000坪を撤廃した。並行してペーパーレス化を進め、年間約24万8000枚分、従来の99%相当の紙の削減を実現した。業務フローを見直すことで、単なるペーパーレスだけではなく、時短と工数削減による業務の効率化を実現しているという。コロナ禍において新しい働き方を実現するため、業務フローの再構築をどのように行ったのか、話を聞いた。(2021/3/9)

製造IT導入事例:
鋼管専門卸が情報資産活用のため、データ基盤や帳票電子化ソリューション導入
ウイングアーク1stは、同社のデータ基盤ソリューション「Dr.Sum」、帳票基盤ソリューション「SVF」およびドキュメント管理ソリューション「SPA」を鋼管専門問屋のニッコーが導入したと発表した。(2021/2/5)

製造ITニュース:
IoTやスマート工場向け向けソリューション強化で提携、データサービス創出も
ウイングアーク1stは、東芝デジタルソリューションズと資本、業務において提携した。提携により、両社の人材や技術を交流させ、製造業向けソリューションの強化を図る。また、両社の知見、技術を活用して新たなデータサービスを創出する。(2020/12/2)

製造マネジメントニュース:
QRコードによる加工食品物流の検品時間短縮に関する実証実験を実施
運輸デジタルビジネス協議会は、ウイングアーク1stと共同で、加工食品物流の効率化を目的とした、QRコードによる検品時間短縮に関する実証実験を実施した。伝票明細までをQRコードでデータ化することで、作業時間が短縮した。(2020/6/23)

テレワーク中の企業、どんな設備やツール使ってる?――ウイングアーク1stが実態調査
テレワークを導入中と回答した割合は92%を占め、そのうち45%が全社で実施していると答えた。(2020/5/25)

製造ITニュース:
異なるシステム間を連携し、人とシステムの対話で業務を効率化するツール
ウイングアーク1stは、コミュニケーションツール「DEJIREN」を発売した。異なるシステムやサービスの連携をプログラミングなしで自動化し、人がシステムに依頼して必要なデータの要求や処理を実行するなど、業務効率化に貢献する。(2020/5/18)

全社テレワークを「未来の強み」にどう変える? いま経営者に必要なこと【前編】
新型コロナウイルスの影響で、多くの日本企業が「テレワーク移行」という課題に悩んでいる。先行きの見えない不安が広がる中、いち早く全社テレワークに移行したウイングアーク1stは、どのように移行を実現したのか。実際に見えた課題や対策と併せて聞いた。(2020/4/30)

製造IT導入事例:
精密小物プレス加工企業が生産管理の精度向上のためBIツールを導入
杉並電機は、ウイングアーク1stのBIツール「MotionBoard」を導入した。これにより同社では、生産計画に対する進捗を把握した上で、その日の采配を変更できるようになった。(2020/4/8)

製造ITニュース:
AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールを提供開始
ウイングアーク1stは、AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールの提供を開始した。グリッドのAI開発プラットフォーム「ReNom」上で開発して稼働するAIに対して、実行結果や解析精度をモニタリングする。(2020/3/25)

製造IT導入事例:
三島食品が業務データを可視化でBIツールを導入、品質向上に活用
ウイングアーク1stは、同社のBIツール「MotionBoard」を三島食品が導入したと発表した。導入により、データ分析に要する時間が最大10分の1以下に短縮したほか、リアルタイムに可視化した業務データを活用して、製品の品質向上に役立てている。(2020/3/9)

製造ITニュース:
データ活用ソリューションのパートナー製品としてBIダッシュボードを認定
東芝デジタルソリューションズは、データ活用ソリューション「Meister Apps」のパートナー製品として、ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」を認定した。製造現場のIoTデータを活用するための各種画面を開発なしで構築できる。(2019/11/22)

製造IT導入事例:
工場の滞留在庫を見える化、パナソニック門真工場が在庫適正化ソリューションを導入
ウイングアーク1stは、同社の「在庫適正化ソリューション」をパナソニック門真工場に導入したと発表した。部品や原材料の滞留在庫を判別することで、滞留在庫の金額を工場全体で約15%削減し、業務を効率化した。(2019/11/19)

製造ITニュース:
集計分析プラットフォーム「Dr.Sum」のクラウドサービスが提供開始
ウイングアーク1stは、集計分析プラットフォーム「Dr.Sum」をクラウド上で利用できる「Dr.Sum Cloud」の提供を開始した。クラウド上で高速集計環境を構築可能になる。(2019/8/19)

製造IT導入事例:
切削工具メーカーがBIツールを導入、装置の稼働情報を即時可視化
ウイングアーク1stは、同社のBIツール「MotionBoard」を産業用切削工具メーカーであるユニオンツールが、製造装置のデータをリアルタイムで可視化するために導入したと発表した。(2019/8/13)

製造IT導入事例:
通信機器メーカーがBIツールを導入、生産工程を可視化し残業削減に
ウイングアーク1stのBIツール「MotionBoard」を、富士通アイ・ネットワークシステムズが生産工程のリアルタイム可視化のために導入した。(2019/8/8)

製造ITニュース:
集計分析プラットフォームに、産業機械データに特化した新モデル
ウイングアーク1stは産業機械のデータ活用に特化した、集計分析プラットフォームの新モデル「Dr.Sum Eモデル」を発表した。産業機械から100ミリ秒単位でセンサーデータを受け取り、大量データをリアルタイムに加工処理して高速集計する。(2019/7/17)

製造ITニュース:
トイレ個室の利用分析IoTサービス、月額で利用可能に
MAGLAB、シブタニ、ウイングアーク1stは、メンテナンス不要のトイレ個室利用分析サービス「AirSTATUS for SWITCHSTRIKE Air」を共同開発した。トイレドアのセンサー情報からトイレの空き室状況をリアルタイム表示し、利用時間や回数を分析する。(2019/4/15)

製造ITニュース:
大量データのリアルタイム分析に対応するBIツールの最新版
ウイングアーク1stは、集計・分析プラットフォームの最新版「Dr.Sum Ver.5.1」を発表した。新機能により、ミリ秒単位のストリーミングデータの収集や加工、インメモリエンジンによるリアルタイムデータの高速集計が可能になった。(2019/3/6)

製造ITニュース:
HTML5ベースで描画速度が向上、BIダッシュボードの最新版
ウイングアーク1stは、BI(ビシネスインテリジェンス)ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.6.0」を、2018年12月6日に発売する。HTML5ベースで開発し、従来のFlashと比較して、描画パフォーマンスが向上した。(2018/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。