ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ウイングアーク1st」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ウイングアーク1st」に関する情報が集まったページです。

製造IT導入事例:
鋼管専門卸が情報資産活用のため、データ基盤や帳票電子化ソリューション導入
ウイングアーク1stは、同社のデータ基盤ソリューション「Dr.Sum」、帳票基盤ソリューション「SVF」およびドキュメント管理ソリューション「SPA」を鋼管専門問屋のニッコーが導入したと発表した。(2021/2/5)

製造ITニュース:
IoTやスマート工場向け向けソリューション強化で提携、データサービス創出も
ウイングアーク1stは、東芝デジタルソリューションズと資本、業務において提携した。提携により、両社の人材や技術を交流させ、製造業向けソリューションの強化を図る。また、両社の知見、技術を活用して新たなデータサービスを創出する。(2020/12/2)

製造マネジメントニュース:
QRコードによる加工食品物流の検品時間短縮に関する実証実験を実施
運輸デジタルビジネス協議会は、ウイングアーク1stと共同で、加工食品物流の効率化を目的とした、QRコードによる検品時間短縮に関する実証実験を実施した。伝票明細までをQRコードでデータ化することで、作業時間が短縮した。(2020/6/23)

テレワーク中の企業、どんな設備やツール使ってる?――ウイングアーク1stが実態調査
テレワークを導入中と回答した割合は92%を占め、そのうち45%が全社で実施していると答えた。(2020/5/25)

製造ITニュース:
異なるシステム間を連携し、人とシステムの対話で業務を効率化するツール
ウイングアーク1stは、コミュニケーションツール「DEJIREN」を発売した。異なるシステムやサービスの連携をプログラミングなしで自動化し、人がシステムに依頼して必要なデータの要求や処理を実行するなど、業務効率化に貢献する。(2020/5/18)

全社テレワークを「未来の強み」にどう変える? いま経営者に必要なこと【前編】
新型コロナウイルスの影響で、多くの日本企業が「テレワーク移行」という課題に悩んでいる。先行きの見えない不安が広がる中、いち早く全社テレワークに移行したウイングアーク1stは、どのように移行を実現したのか。実際に見えた課題や対策と併せて聞いた。(2020/4/30)

製造IT導入事例:
精密小物プレス加工企業が生産管理の精度向上のためBIツールを導入
杉並電機は、ウイングアーク1stのBIツール「MotionBoard」を導入した。これにより同社では、生産計画に対する進捗を把握した上で、その日の采配を変更できるようになった。(2020/4/8)

製造ITニュース:
AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールを提供開始
ウイングアーク1stは、AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールの提供を開始した。グリッドのAI開発プラットフォーム「ReNom」上で開発して稼働するAIに対して、実行結果や解析精度をモニタリングする。(2020/3/25)

製造IT導入事例:
三島食品が業務データを可視化でBIツールを導入、品質向上に活用
ウイングアーク1stは、同社のBIツール「MotionBoard」を三島食品が導入したと発表した。導入により、データ分析に要する時間が最大10分の1以下に短縮したほか、リアルタイムに可視化した業務データを活用して、製品の品質向上に役立てている。(2020/3/9)

製造ITニュース:
データ活用ソリューションのパートナー製品としてBIダッシュボードを認定
東芝デジタルソリューションズは、データ活用ソリューション「Meister Apps」のパートナー製品として、ウイングアーク1stのBIダッシュボード「MotionBoard」を認定した。製造現場のIoTデータを活用するための各種画面を開発なしで構築できる。(2019/11/22)

製造IT導入事例:
工場の滞留在庫を見える化、パナソニック門真工場が在庫適正化ソリューションを導入
ウイングアーク1stは、同社の「在庫適正化ソリューション」をパナソニック門真工場に導入したと発表した。部品や原材料の滞留在庫を判別することで、滞留在庫の金額を工場全体で約15%削減し、業務を効率化した。(2019/11/19)

製造ITニュース:
集計分析プラットフォーム「Dr.Sum」のクラウドサービスが提供開始
ウイングアーク1stは、集計分析プラットフォーム「Dr.Sum」をクラウド上で利用できる「Dr.Sum Cloud」の提供を開始した。クラウド上で高速集計環境を構築可能になる。(2019/8/19)

製造IT導入事例:
切削工具メーカーがBIツールを導入、装置の稼働情報を即時可視化
ウイングアーク1stは、同社のBIツール「MotionBoard」を産業用切削工具メーカーであるユニオンツールが、製造装置のデータをリアルタイムで可視化するために導入したと発表した。(2019/8/13)

製造IT導入事例:
通信機器メーカーがBIツールを導入、生産工程を可視化し残業削減に
ウイングアーク1stのBIツール「MotionBoard」を、富士通アイ・ネットワークシステムズが生産工程のリアルタイム可視化のために導入した。(2019/8/8)

製造ITニュース:
集計分析プラットフォームに、産業機械データに特化した新モデル
ウイングアーク1stは産業機械のデータ活用に特化した、集計分析プラットフォームの新モデル「Dr.Sum Eモデル」を発表した。産業機械から100ミリ秒単位でセンサーデータを受け取り、大量データをリアルタイムに加工処理して高速集計する。(2019/7/17)

製造ITニュース:
トイレ個室の利用分析IoTサービス、月額で利用可能に
MAGLAB、シブタニ、ウイングアーク1stは、メンテナンス不要のトイレ個室利用分析サービス「AirSTATUS for SWITCHSTRIKE Air」を共同開発した。トイレドアのセンサー情報からトイレの空き室状況をリアルタイム表示し、利用時間や回数を分析する。(2019/4/15)

製造ITニュース:
大量データのリアルタイム分析に対応するBIツールの最新版
ウイングアーク1stは、集計・分析プラットフォームの最新版「Dr.Sum Ver.5.1」を発表した。新機能により、ミリ秒単位のストリーミングデータの収集や加工、インメモリエンジンによるリアルタイムデータの高速集計が可能になった。(2019/3/6)

製造ITニュース:
HTML5ベースで描画速度が向上、BIダッシュボードの最新版
ウイングアーク1stは、BI(ビシネスインテリジェンス)ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.6.0」を、2018年12月6日に発売する。HTML5ベースで開発し、従来のFlashと比較して、描画パフォーマンスが向上した。(2018/11/27)

製造ITニュース:
生産スケジューラーとMESアプリケーションの連携で「工場の見える化」実現
アスプローバの生産スケジューラー「Asprova」と、ウイングアークのMESアプリケーション「MESOD」が連携し、「工場の見える化」を短期に実現するソリューションを提供する。(2018/9/20)

製造IT導入事例:
パナソニック草津工場が見える化、BIダッシュボードを活用
ウイングアーク1stは、パナソニック アプライアンス社が同社のBIダッシュボード「MotionBoard」を草津工場に導入したと発表した。4M3Hの変化点など全25項目の製造管理指標を見える化し、IoTへの取り組みを進める。(2018/8/16)

ウイングアーク1st MotionBoard:
パナソニック アプライアンス社、25項目の工場指標をBIダッシュボードで見える化
ウイングアーク1stは、パナソニック アプライアンス社が家庭用燃料電池「エネファーム」を製造する草津工場(滋賀県草津市)で、BIダッシュボード「MotionBoard」を導入したことを発表した。(2018/8/3)

B2Bマーケティング、今この人に聞きたい:
ウイングアーク1st深尾 茂氏が目指す「技術」「営業」に次ぐ3本目の柱としての「マーケティング」
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティング中心の経営を実践するB2B企業を訪ね、そのチャレンジについて聞く。(2018/7/3)

DMS2018:
現実的「見える化」ツールで改善活動を拡張、初出展のウイングアーク1st
ウイングアーク1stは「第29回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2018、2018年6月20〜22日、東京ビッグサイト)に初めて出展。BIダッシュボード「MotionBoard」を基軸とした製造現場の見える化ソリューションと、クイックスタートMES(製造実行システム)アプリケーションの「MESOD」を提案した。(2018/6/26)

ウイングアーク1st/シムトップス:
設備を止めずに導入可能、すぐに効果を体感できる製造業向けIoTソリューション
ウイングアーク1stは、シムトップスと共同で製造業向けIoTソリューション「MotionBoard for MC-Web CONTROLLER」を開発し、販売を開始した。(2018/6/4)

製造ITニュース:
生産設備の予知保全システム構築ソリューション、3社連携で開発
東京エレクトロン デバイスと金沢エンジニアリングシステムズ、ウイングアーク1stは、共同開発した「IoT&AIシステム構築ソリューション」の提供を開始した。データ収集環境や設備の状態診断、可視化までを開発なしで構築できる。(2018/5/28)

製造ITニュース:
既存設備をすぐにIoT化できる製造業向けソリューション
ウイングアーク1stとシムトップスは、設備を停止せずに設置でき、導入後すぐに効果を体感できる製造業向けIoTソリューション「MotionBoard for MC-Web CONTROLLER」を発売した。(2018/5/23)

りそな銀行がBIツール「MotionBoard Cloud」導入、Salesforceの営業データ活用へ
りそな銀行は、営業力強化に導入した「Salesforce」に蓄積した情報を活用するため、ウイングアーク1stの「MotionBoard Cloud」を採用。2018年6月に、営業担当者やマネジャー、本部のスタッフなど、2200人が利用を開始する。(2018/5/22)

製造ITニュース:
BIからAIへ、BIダッシュボードでAIを活用したデータ分析・予測
ウイングアーク1stとグルーヴノーツは、BIダッシュボード「MotionBoard」と機械学習プラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」を組み合わせて、簡単にAIを用いたデータの分析・予測ができる新製品を発売した。(2018/5/16)

東京エレクトロン デバイスなど3社が連携:
ユーザー負担を抑え、予知保全を実現できるIoT&AIシステム構築ソリューション
東京エレクトロン デバイス、金沢エンジニアリングシステムズ、ウイングアーク1stの3社は、生産設備の予知保全を実現する「IoT&AIシステム構築ソリューション」を開発し、提供を開始する。(2018/5/11)

製造ITニュース:
BIダッシュボードがディープラーニング解析プラットフォームに対応
ウイングアーク1stは、同社のBIダッシュボード「MotionBoard」が、ABEJAが提供するAI解析プラットフォーム「ABEJA Platform」に対応したと発表した。連携によってデータ活用が容易になり、製造業の予防保全や検品といった作業自動化に貢献する。(2018/3/12)

製造IT導入事例:
産業用機械メーカーがBIツール採用により、生産情報の現場改善を実施
ウイングアーク1stは、東芝機械がスマートファクトリー向けプラットフォームを構築する上で、全社共通のBI基盤として同社のBIツール「MotionBoard」を採用したと発表した。(2018/2/1)

製造IT導入事例:
文書電子化ソリューション導入で、ペーパーレス運用を推進
ウイングアーク1stは、同社の文書電子化ソリューション「SPA」を松井製作所が導入したと発表した。これにより松井製作所では、世界各地の拠点からすぐに技術資料にアクセスしたり、セキュアな状態で資料を一元管理できるようになった。(2017/12/21)

図面をペーパーレス化して世界中からセキュアに閲覧――松井製作所、ウイングアークの「SPA」を導入
国内外65拠点でビジネスを展開する松井製作所は、全社共通の情報共有基盤としてウイングアーク1stの電子活用ソリューション「SPA」を導入。設計図面や技術資料などをセキュアに一元管理する情報ガバナンス体制を構築した。(2017/12/7)

ウイングアーク1st スカイディスク:
ウイングアークとスカイディスク、製造業向けEMSとAIの連携で協業
ウイングアーク1stとスカイディスクが提携。製造業向けMES「MotionBoard」とスカイディスクの「SkyAI」を組み合わせ、製造現場における改善を支援する。(2017/11/24)

富士ゼロックス 紙帳票による保全可視化ソリューション:
手書き文字認識技術を活用し、紙帳票による効率的な設備保全を実現
富士ゼロックスは、同社独自の手書き文字認識技術による帳票処理支援ツール「ApeosWare Record Link」と、ウイングアーク1stのBIツールを組み合わせた「紙帳票による保全可視化ソリューション」の提供開始を発表した。(2017/8/10)

製造ITニュース:
手書き文字認識技術で紙帳票による設備保全を効率化するソリューション
富士ゼロックスは、独自の手書き文字認識技術による帳票処理支援ツール「ApeosWare Record Link」と、ウイングアーク1stのBIツールを組み合わせた「紙帳票による保全可視化ソリューション」の提供を開始した。(2017/7/31)

ウイングアーク1st MotionBoard:
リアルタイムアラートやBOM表現に対応したBIダッシュボードの最新版
ウイングアーク1stは、情報活用ダッシュボードの最新版「MotionBoard Ver.5.7」の提供を2017年5月17日に開始すると発表した。(2017/4/19)

ウイングアーク1st Dr.Sum EA/MotionBoard:
丸善食品工業がBI基盤として集計・分析プラットフォームを導入
ウイングアーク1stは、丸善食品工業が同社のBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「Dr.Sum EA」と「MotionBoard」を採用したことを発表した。(2017/2/2)

ウイングアーク1st/小松工業 MotionBoard Cloud:
アルミ冷間鍛造専門メーカーがクラウドBIダッシュボードを導入
ウイングアーク1stは、アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業が、同社のクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入したと発表した。(2017/1/18)

製造IT導入事例:
業務用食品製造企業、ERPデータの分析・集計ツールを導入
ウイングアーク1stは、丸善食品工業がERPに集約される売り上げや在庫、原価などのデータを分析・集計するためのBI基盤として、同社のBIツール「Dr.Sum EA」と「MotionBoard」を採用したことを発表した。(2017/1/14)

製造IT導入事例:
アルミ冷間鍛造専門メーカーがクラウド型BIツールを導入
ウイングアーク1stは、製造現場の作業日報と実績管理業務を改善するため、アルミ冷間鍛造専門メーカーの小松工業が同社のクラウドBIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を導入したと発表した。(2016/12/22)

製造ITニュース:
機械設備を簡単にIoT化しモニタリングできるソリューションを連携
ウイングアーク1stは、同社の情報活用ダッシュボード「MotionBoard」とシムトップスの機械設備管理システム「MC-Web CONTROLLER」を連携すると発表した。旧式の機械設備でも簡単にIoT化でき、リアルタイムモニタリングが可能になる。(2016/8/18)

ウイングアーク1st MotionBoard Cloud:
“カイゼン”を支援するIoTソリューションにクラウド型BIダッシュボードを提供
ウイングアーク1stは、萩原電気のIoTソリューションに同社クラウド型BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」を提供することを発表した。(2016/6/8)

クラウドサービスとパッケージで:
IoTデータのリアルタイム可視化も――ウイングアーク1st、BIツール「MotionBoard」最新版を発表
ウイングアーク1stは、BIツール「MotionBoard」の最新版をクラウドサービスとパッケージ製品、それぞれでリリースすると発表した。(2016/3/31)

製造ITニュース:
“製造現場見える化ツール”にIoT対応機能を追加、リアルタイム性も
ウイングアーク1stは主力のBIツールである情報活用ダッシュボード「MotionBoard」と集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」の新製品を発表した。IoT対応などを強化し製造業の「製造現場見える化」推進に向け提案を強化していく。(2016/3/31)

ウイングアーク1st Dr.Sum EA:
あすか製薬、高速データ処理が可能な自由度の高いBIツールを採用
ウイングアーク1stは、同社の集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」を、あすか製薬が導入したことを発表した。(2016/3/7)

製造IT導入事例:
BIツール導入により、誰もが簡単に使えて自由度の高いBI基盤を構築
ウイングアーク1stは、同社の集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum EA」をあすか製薬が導入したことを発表。あすか製薬では、誰もが簡単に使えて高度な分析にも対応できるBI基盤を構築し、現場で活用しているという。(2016/3/3)

ウイングアーク1st MotionBoard:
iPadとBIツールを連携し、生産現場でのリアルタイムモニタリングを実現
ウイングアーク1stは、富士ゼロックスマニュファクチュアリングが、同社のBIダッシュボード「MotionBoard」を導入したと発表した。(2016/2/29)

製造IT導入事例:
複合機部品の製造ラインにBIツールを活用したモニタリングシステムを構築
ウイングアーク1stは、富士ゼロックスマニュファクチュアリングが、鈴鹿事業所の生産現場に同社のBIダッシュボード「MotionBoard」を導入したと発表した。2015年8月より、複合機部品の製造ラインで活用を開始した。(2016/2/26)

製造マネジメントニュース:
製造業向け業務システム分野で協業を開始、生産管理システムの機能を強化
日立システムズとウイングアーク1stは、中堅・中小規模製造業向けの業務システム分野で、包括的協業を開始した。その第1弾として、「FutureStage 製造業向け生産管理システム」と帳票システム「SVF」を融合させ、機能を強化した。(2015/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。