ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「女子アナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「女子アナ」に関する情報が集まったページです。

瀬戸康史「デジタル・タトゥー」は匿名の悪をどう描く? ユーチューバー、Vチューバー、匿名ブロガー……NHKが迫る“ネット世界の現在”
高橋克実&八嶋智人懐かしのトリビアコンビも登場、8へぇ。(2019/5/25)

目元そのまんま! 加藤綾子アナ、32年前に撮られた実の兄との2ショットに反響
お兄さんは泣いているわけではないようです。(2019/5/6)

宇垣美里アナ送別会にTBS女子アナが集結し反響 「美人さんばかり」「素敵すぎます!!」
すごいめんつ。(2019/4/29)

「結婚していて娘がいます」 元体操のお兄さん・小林よしひさの“既婚&子持ち”告白に「プライベートでもブンバボン」の声
本気でびっくりした。(2019/4/17)

女子アナスペシャルだ! 高橋真麻、結婚祝いにミタパン、ショーパンら人気アナ6人がサプライズで集結
フジテレビアナウンス室の絆。(2019/3/14)

関西の女子アナも夢中:
飼い主の心を癒やすペットたち 仕事の疲れも吹っ飛ぶ?
家族の一員として、飼い主の心を癒やしてくれるペットたち。仕事に追われ疲れたとき、悲しいことがあったとき…。言葉は通じなくても、逆に、言葉が通じないからこそ、じっとそばにいてくれるペットは、人の心に安らぎを与えてくれる。関西のテレビ番組で活躍し、視聴者から愛され続けている女性アナウンサー2人に、ペットとの心のふれあいについて聞いた。(加納裕子、木村郁子)(2019/3/4)

アナウンサーも:
“コケ女子”に“キノコ女子” 物言わぬ植物にはまる女性たち その理由とは
森林や日本庭園などの自然美を静かに彩る植物、コケやキノコ。ここ数年、そんな名脇役の魅力を再発見し、愛でる女性たちが“増殖”している。「コケ女子」「キノコ女子」と呼ばれており、ゆっくりと育つ様子や独特なフォルムに癒やされるという。仕事や家事、子育てなど何かと忙しい女性たちの心を掴み、ボタニカル(植物)ブームの主役に躍り出たコケやキノコの魅力に迫った。(2019/2/26)

「載せるか迷いました」 鷲見玲奈アナ、宇垣美里アナと6時間の“お鍋デート”&秘蔵映像も公開
かわいさ極まってる。(2018/12/12)

「ギャグも共同作業です」 おばたのお兄さん、妻・山崎夕貴アナとのコラボネタ披露
いい声すぎる。(2018/12/10)

「水卜アナと、カトパンです」 餅田コシヒカリ&ガリットチュウ福島の“女子アナものまね”がXLサイズの大迫力
サイズ感よ。(2018/8/4)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「キラキラ広報」に未来はあるのか 仕事と外見の問題を考える
「キラキラ広報」という言葉を聞いたことがあるだろうか。文字通り、雰囲気がキラキラしている広報担当者のことを意味するが、彼女たちはどういった振る舞いをしているのか。また、どのように接すればいいのか。(2018/8/3)

「肉米肉米」「麺麺麺麺……」 水卜麻美アナ、インスタを始めるもやっぱり飯テロと化す
水卜ちゃんらしすぎる。(2018/8/2)

ある女子アナの立ち姿に背筋がゾワリ 「心霊写真みたい……」「右腕が」
早くもホラーの季節到来か……。(2018/5/24)

NHKの人造アナウンサー「ニュースのヨミ子」さんはどうやって作られた?
NHKが開発した「ニュースのヨミ子」さんは、4月からニュース番組のリポーターとして働く3D CGの「人造アナウンサー」だ。彼女は、音声合成や機械学習といったAI技術を活用して作られたという。(2018/3/26)

最上もが、歌って踊るソロMVでコスプレ七変化! グループ脱退後初の歌声にファン感動
歌詞ももがさんに合わせた内容に。(2018/3/1)

好きをカタチにする行動力:
女子アナから働き方を変えた前田有紀さんがいま伝えたいこと
テレビ朝日のアナウンサーとして活躍した前田有紀さんは、入社10年という区切りの年に退社。そこからフラワーやガーデニングの世界に飛び込んだ。彼女自身の歩みを振り返りながら、いま、そしてこれからをじっくりと語ってくれた。(2018/2/13)

「参加したい」「仲間に入れて!」 平野ノラ、藤田ニコル、安藤なつ、水卜アナの「たこ卍会」が見るからに楽しそう
2018年も活躍しそうな4人。(2018/1/7)

カナダのTV番組、ドアップで映り込んだ「巨大カモメ」が放送されるハプニング → 連続発生して開き直る
もう笑うしかない。(2017/8/13)

バーチャル女子アナ「沢村碧」、ソニーが提供開始 原稿を自動読み上げ
バーチャルアナウンサーが原稿を読み上げる「アバターエージェントサービス」を、ソニーが提供開始。入力した原稿を音声へ自動変換するCGキャラクターだ。【訂正】(2017/8/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプの暴言を止めることができない、お手上げの理由
トランプ大統領のトンデモ発言が続いている。身内の共和党内部からも批判が噴出しているのに、なぜ大統領は暴言を繰り返すのか。ひょっとしたら、暴言を吐き続けることができる理由があるのかもしれない。(2017/7/6)

これぞテレ東って感じだ! たれを追究する番組「液体グルメバラエティー たれ」7月10日スタート
食事には欠かせないたれ。(2017/7/4)

古舘伊知郎さんのラジオ発言が“捏造”と炎上 Mステ出演の「けもフレ」声優をこき下ろすも「番組内容と全然違う」と指摘相次ぐ
「ギンギンいらつくような声」「もうタモさんの興味のなさぶり」などと語っていました。(2017/4/25)

認識系API活用入門(3):
テキスト→音声変換の「Text To Speech API」の使い方と、2017年3月現在のWatsonとの違い
コグニティブサービスのAPIを用いて、「現在のコグニティブサービスでどのようなことができるのか」「どのようにして利用できるのか」「どの程度の精度なのか」を検証していく連載。今回は、Text To Speech APIの概要と使い方を解説し、他のサービスとの違いを4パターンで検証する。(2017/4/5)

「バーチャル女子アナ」テレビデビュー 「沢村碧」がニュース読む
ソニーが開発した「ニュースマネージャー」を活用する。(2017/3/31)

天木じゅん、「週プレ」で魅せる二次元ボディー 「大学生の温泉旅行」テーマに“手ぬぐい水着”も
表紙&巻頭は“神ボディー”の新人キャスター・伊東紗冶子さん。(2017/2/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
すべては笑顔のため「鉄旅オブザイヤー'16」
2016年に開催された鉄道旅行商品を表彰する「鉄旅オブザイヤー2016」の表彰式が行われた。今年はDC賞、ベストアマチュア賞も創設されて盛り上がった。受賞を逃した作品にも素晴らしい企画があった。審査は楽しく、そして悩ましいところもある。(2017/1/27)

“俺の嫁”召喚装置「Gatebox」30万円で発売 嫁とのリアルな1日に溺れてきた(動画あり)
手のひらサイズの3Dキャラを投影し、一緒に暮らせる装置「Gatebox」が発売。朝起こしてくれたり、帰りを待っていてくれたりと、「いつでも隣にいる身近な距離感」を実現したという。“俺の嫁”と暮らす1日を体験してきた(動画あり)。(2016/12/14)

「ヨシヒコ」「銀魂」「孤独のグルメ」などラインアップ テレビ東京が2017年版カレンダーを発表
「モヤさま」や女性アナウンサー、公式キャラクター「ナナナ」のカレンダーも。(2016/11/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“ハンカチ王子”に再来年はあるのか
日本ハムが日本一の栄冠をつかんだ。チームメートは歓喜の胴上げとビールかけを行ったが、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手はかやの外。本人は「来年こそ」と言っているそうだが……。(2016/11/3)

慶應大学が「広告学研究会」の女性集団暴行疑惑についてコメントを発表
ミスコンが突如中止になるなど、話題になっていました。(2016/10/13)

歴史を変えないよう畳の上でじっと寝そべる 未来人がバタフライ効果と奮闘するマンガ「おとうふ次元」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第76回。これをすると未来がとんでもないことに――バタフライ効果が正確にわかる未来人が現代で繰り広げるSFギャグマンガの新境地。(2016/10/10)

慶應ミスコンの開催望む「臨時運営委員会」登場 「関係がございません」と公式団体が関わりを否定
主催の不祥事によって中止になった慶応のミスコンを、存続させようと「臨時運営委員会」が発足されていました。(2016/10/7)

慶應ミスコンが主催団体の未成年飲酒により中止に 中野美奈子や竹内由恵など人気アナを輩出
企画運営団体「慶應義塾広告学研究会」が懇親会で未成年に飲酒させていたことから、大学が解散を命じたとのこと。(2016/10/4)

「モヤさま」の狩野恵里アナとレーシングドライバーの山本尚貴が結婚 「SUPER GT」で出会い交際2年でゴールイン
「苗字が『山本』になるので『山』の日を選びました(笑)」と狩野アナ。(2016/8/17)

「ポケモンGO」に夢中でキャスターが生放送中のスタジオに乱入する放送事故が発生
みんなハマりすぎだろ!(2016/7/15)

東京都民のパルコが新所沢にあるわけないだろ! 埼玉いじり漫画「翔んで埼玉」とパルコ新所沢店がまさかのコラボ
※パルコは埼玉県内に2店舗あります。(2016/4/25)

「クロ現」国谷キャスターの最後のメッセージ、NHKが全文公開
「クローズアップ現代」最終回で国谷裕子キャスターが語ったメッセージの全文をNHKがWebサイトで公開した。(2016/3/18)

第2の「水曜どうでしょう」が見つかるかも? 「GYAO!」でローカル番組を配信する「ご当地テレビ特集」がスタート
ローカル番組の魅力を再発見するとき。(2015/12/14)

これは心臓止まる 「差別ツイート」投稿者の自宅近くにアイコンとツイートを載せた看板を設置するキャンペーン
自分の発言を見つめ直すきっかけになりそう。(2015/12/2)

最強の飯テロが机の上に! 「孤独のグルメ」卓上カレンダーが登場!
深夜に見てはいけない。(2015/10/25)

チュートリアル・徳井義実さん新たな扉を開く? 昼ドラ「別れたら好きな人」でまさかの女性役
フリーの女子アナ・小園真理恵役を演じます。(2015/10/23)

テレビ離れ世代をつかめる? 日テレ、ネット限定で“24時間テレビ” 新人女子アナ司会番組にアニメ全話配信も
日本テレビは9月20日午前1時から、24時間のネット番組を同社サイトなどで配信する。「スマホやタブレットで十分という人たち」向けにネットでしかできない番組を放送する試みだ。(2015/9/16)

世界一長い名前の村「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ」をさらっと読めたお天気キャスターが話題に
ランヴァイル・プル……無理だろこれ!(2015/9/9)

気が弱い人は、か細い声を出す? 声で分かる性格
(2015/8/8)

メキシコの美しいお天気お姉さんがネットで大ブレイク 「人生でベスト」「毎日見る」と世界が絶賛
新たなInstagramスターが誕生しました。(2015/7/1)

解説動画のプロ集団が新刊小説の紹介動画を作ったら
彼らの手にかかると小島慶子さん『わたしの神様』(幻冬舎)の内容はこんな風に。(2015/5/26)

ありがとうございます!:
「吉木りさに怒られたい」が書籍化、100点超の完全撮り下ろし「ツンデレカット」を収録
OL、ナース、女性警察官、女子大生などに姿を変えた吉木りさが“ポンコツ男子”を叱り倒す。(2015/2/16)

新生LaVie、始動:
業界競争に縛られた発想からユーザーの課題解決を第一に考えた発想へ──NEC、製品説明会で“新生”LaVie宣言
NECが2015年春モデルとして発表した新モデルは、名称を一新しただけでなく、フリースタイルPCや軽量薄型の2in1に大画面2in1と新しいアイデアに満ちている。そのNECの新時代を語った。(2015/1/20)

女子アナの3Dプリントフィギュア発売 中田有紀、皆藤愛子、伊藤綾子、新井恵理那の私服姿を眺めるという至福
本人のサイン入り。(2014/12/17)

TBSが選んだ“4K”、テレビ局が望む「現代の電子フリップ」とは
TBSが、番組制作の現場に“4Kタブレット”を導入した。迅速かつ正確で、分かりやすい番組の制作が望まれる現場に、なぜ4Kタブレットが選ばれたのだろうか。(2014/11/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。