ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「WX02A イエデンワ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WX02A イエデンワ」に関する情報が集まったページです。

Y!mobileのPHSが“幕引き”へ 2023年3月末で「PHSテレメタリングプラン」を終了
Y!mobileの「PHSテレメタリングプラン」(組み込み機器向け)が2023年3月末をもってサービスを終了することになった。これにより、Y!mobileのPHSサービスの完全終了が決まった。(2019/4/24)

1人でも設営可能 小型・軽量で自動化が進んだソフトバンクの災害時用基地局
ソフトバンクが最新の災害対策装備を使った臨時基地局の設営訓練を行った。訓練には、社内公募した災害時復旧要員が参加。専門外の人員が、災害時の活動内容を確認した。(2016/3/10)

“固定電話”を3G回線で「スゴい電話」 SIMフリー、Wi-Fiルータ機能搭載
3G回線で通話できる固定型電話「スゴい電話」が登場。「イエデンワ」のエイビットがハードウェアを開発。SIMロックフリーとなっている。(2015/11/17)

月額980円から:
ルーターにもなる固定電話型ケータイ――エックスモバイルが「スゴい電話」を発売
どこからどう見ても固定電話なケータイ「スゴい電話」を、エックスモバイルがSIMカードとセットで発売。電話機としてはもちろん、無線LANルーターとしても利用できる。開発は「イエデンワ」でおなじみのエイビットが手がけた。(2015/11/16)

保存版:
IT時代ならではの“これは便利”な防災グッズ
災害大国ニッポン――日本に住んでいれば、地震や台風といった災害への備えは常にしておきたいところ。本記事では、ITに関連した「普段からできる」災害対策グッズを4つ紹介しよう。(2014/3/7)

ソフトバンク、イー・アクセス、ウィルコムが合同防災訓練を実施――気球基地局などを公開
ソフトバンク、イー・アクセス、ウィルコムのグループ3社は、合同の災害対策訓練を実施し、基地局車や気球を使った空中基地局などが公開した。3社そろっての訓練開催は今回が初めて。(2014/2/27)

ウィルコムの「イエデンワ2」「PORTUS for Biz WX02S-H」がクラウドPBXに対応
ウィルコムの「イエデンワ2」と「PORTUS for Biz」がクラウドPBX(構内交換機)サービスの「agile Cloud PBX」および「BIZTEL」に対応。導入企業内の内線通話が可能となった。(2013/9/18)

ウィルコム、「だれとでも定額パス」「イエデンワ2」を7月31日に発売
ウィルコムは、他社スマホでもPHSの“だれ定”が利用できるBluetoothアダプター「だれとでも定額パス」と、固定電話のようなPHS電話機「イエデンワ2」を7月31日に発売する。(2013/7/18)

「だれスマ」は月々1980円から:
「LCCとして、大きなニッチを狙う」――ウィルコムのスマホ・PHS戦略
ウィルコムが7月4日、新商品/サービス発表会を行った。7月1日に更正手続を完了し、ソフトバンク子会社となったウィルコム代表取締役社長の宮内謙氏は、「LCC(ローコストキャリア)として、これからも大きなニッチを狙っていく」と宣言した。(2013/7/4)

ウィルコム、イエデンワ第2弾「イエデンワ2 WX05A」の発売を延期!発売時期未定で決定次第アナウンス予定
ソフトウェアの開発遅延が原因としています。(2013/5/27)

“家電”型PHS「イエデンワ」に新モデル 固定回線でも使える
固定電話のようなデザインと使い勝手のPHS「イエデンワ」新モデルは、固定回線でも使える。(2013/3/5)

5月下旬発売:
ウィルコム、固定回線にもつながる据え置き型PHS「イエデンワ2」を発表
ウィルコムは、据え置き型PHS「イエデンワ WX05A」を5月下旬に発売する。新たに固定回線への接続にも対応し、PHSとのデュアル待受も行えるようになった。(2013/3/5)

据え置き型PHS「イエデンワ」の第2弾 固定回線にも接続可能
PHSだけど据え置き型という斬新さで話題になったイエデンワに新モデル登場。(2013/3/5)

イエデンワも企業の内線電話に――クラウド型FMCサービス「BIZTEL」がウィルコム端末に対応
PBX装置を設置することなく、携帯やスマホを内線電話として使えるようにするリンクのクラウド型FMCサービスが、ウィルコム端末に対応。固定電話のようなPHS「イエデンワ」も内線電話として利用できる。(2013/3/1)

ウィルコムの「イエデンワ」が宮城県の各種施設に採用
ウィルコムの据え置き型デザインをしたPHS電話機「イエデンワ」が宮城県の各種施設に採用されている。県内の学校、保育所、県・市町村機関などに982台設置し、災害をはじめ緊急時の連絡手段や地域コミュニティとの連携手段に活用する。(2012/9/4)

LG夏モデルが食べられる!福岡にできた期間限定カフェ「Optimus Cafe @ palomagrill」に行ってきた【レポート】
LGエレクトロニクス・ジャパンが福岡・今泉にて2012年7月21日(土)〜8月19日(日)まで期間限定で行っているカフェ「Optimus cafe@palomagrill」に来店してみました。(2012/8/1)

ウィルコム、災害時に販売店の「イエデンワ」を無料開放
ウィルコムは、災害によって他の通信手段が使いにくくなった場合、全国554カ所のウィルコムプラザに設置されている「イエデンワ」を無料開放すると発表した。(2012/3/8)

教育機関向け震災対策プロジェクト:
ウィルコムの「イエデンワ」、葛飾区が小・中学校などに300台導入
ウィルコムは、日本教育新聞社の「教育機関向け震災対策プロジェクト」を通じて、「WX02A イエデンワ」を東京都葛飾区の小・中学校などへ合計300台を提供する。(2012/1/30)

ウィルコムの「イエデンワ」、三鷹市すべての小中学校に設置
ウィルコムは、エイビット製のPHS端末「WX02A イエデンワ」が東京・三鷹市の小中学校に採用されたことを発表した。市内の全22校に各2台づつ提供される。(2012/1/12)

ITmediaスタッフが選ぶ、2011年の“注目ケータイ&トピック”(編集部後藤編):
一番そそられたのは“テンキー付きAndroid端末”
各キャリアからさまざまなスマートフォンが登場した2011年。その中で一番そそられたのは、スマホとフィーチャーフォンのいいとこ取りともいえる“テンキーを搭載したAndroid端末”だった。(2011/12/31)

ITmediaスタッフが選ぶ、2011年の“注目ケータイ&トピック”(ライター坪山編):
ガラ+グロ、モバイルIP電話、公衆無線LAN――スマホ元年に見たアレ・コレ・ソレ
2011年こそ「スマホ元年」だと感じた1年だった。国内メーカーもスマートフォン市場に続々と参入し、機能、サイズ、デザインなどさまざまな面から選べるモデルが増えた。一方で、モバイルIP電話の増加や、トラフィック増に伴う問題も見られた。(2011/12/26)

旅するイエデンワ:
ウィルコムの据え置き型PHS「イエデンワ」をあえて携帯しちゃう人が続出
ウィルコムの据え置き型PHS端末「イエデンワ」をあえて外へ持ち出し、楽しんじゃう人が続出。Twitterには「#旅するイエデンワ」も。(2011/12/6)

どちらも乾電池で駆動:
ウィルコム、「イエデンワ」を11月25日に発売――「安心だフォン」は12月3日から販売開始
ウィルコムは、エイビット製のPHS端末「WX01A 安心だフォン」と「WX02A イエデンワ」の発売日を発表した。イエデンワは11月25日から、安心だフォンは12月3日から販売を開始する。(2011/11/24)

小寺信良「ケータイの力学」:
災害に対してケータイやスマホができること
東日本大震災では、ケータイやスマートフォンを使ったソーシャルメディアの活用が注目を集めた。今後もITを生かした災害対策が進むと思われるが、一方で、ITやソーシャルメディアを使わない・使えない人たちとの情報格差も生まれつつある。(2011/10/11)

固定のふりしてPHS、ケーブルフリーで移動も自由に――「イエデンワ WX02A」
据え置き型の電話機と見まごうようなPHSが登場。据え置きタイプの使い勝手はそのままに、部屋から部屋へと自由に持ち運んで使える。(2011/9/21)

10機種29色で登場:
“2台目”ニーズをとことん追求、超小型や据え置き電話機型、スマホの着信を取れる個性派モデルも――ウィルコムの秋冬モデル
「だれとでも定額」が100万契約を突破するなど、2台目需要の喚起が大当たりしたウィルコム。秋冬モデルは、2台目、3台目のニーズを追求したモデルを軸に展開。フリスクサイズの超小型端末や、スマホとBluetooth接続すると“発着信できるハンドセット”として使える端末など、個性派端末も投入する。(2011/9/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。