ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「矢沢永吉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「矢沢永吉」に関する情報が集まったページです。

動画の世紀:
普及する「AIカメラ」 動画はAIが見てくれる時代に
AIの進化によって、監視カメラで判断するのは人ではなくなりつつある。(2019/12/27)

「第61回輝く!日本レコード大賞」候補に欅坂46、乃木坂46、日向坂46、DA PUMPら 各賞の受賞者が発表に
坂道グループからは3組が選出……!(2019/11/16)

よくわかる人工知能の基礎知識:
自動運転はいつ普及する? いま実現している技術と課題を整理する
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「自動運転」について。(2019/10/23)

【追記あり】矢沢永吉、苦情へのメッセージを削除か 「人の揚げ足ばかり取ってて楽しいですか?」と反論
ライブ中止後の対応に苦情が寄せられていました。(2019/10/13)

矢沢永吉、台風19号で43年ぶりの野音ライブ実現ならず ドリカム、槇原敬之、バックストリート・ボーイズなど公演中止相次ぐ
残念だ。(2019/10/11)

スピン経済の歩き方:
なぜ日産は「技術」をアピールして、「ぶっ壊せ」と言えないのか
日産の業績が悪化している。「ゴーン前会長のことがあったから仕方がないでしょ」と思われている人が多いかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違うところが気になるという。それは、同社のCM「ぶっちぎれ、技術の日産」というコピーだ。(2019/5/21)

「E.YAZAWA」ロゴの誕生秘話が明かされる 展示会「俺 矢沢永吉」横浜会場が5月3日より開催
「広島から横浜に移り住む際に持っていたこぶ茶の缶」も展示。(2019/5/2)

お台場「痛車天国2019」:
軽トラELFがエルフのえるちゃん仕様に!? 「痛車天国2019」五等分の花嫁、エヴァなど痛車写真まとめ
アスカのスクーターが超イカすぅ!(2019/4/7)

機会損失・信頼失墜――「落ちる不安」はもうたくさん:
PR:「落ちないWebサイト」を簡単、確実、低コストで運営する方法
DX(デジタルトランスフォーメーション)のトレンドを背景に、Webサイトは企業にとって不可欠な顧客接点となっている。一方で、SNSの浸透などを受け、サイトへのアクセス数は予想することが難しく、予期せぬトラフィック増に「サイトが落ちる」事態も珍しいことではなくなった。では一体どうすれば、トラフィックの急増にも耐え、機会損失・信頼失墜を未然に防げるWebサイトをコスト効率良く運営できるのか?――ホスティングサービス「ロリポップ!マネージドクラウド」を開発した二人のエンジニアに話を聞いた。(2019/3/1)

GT-Rプレゼント:
日産、大坂なおみ選手をブランドアンバサダーに起用
日産の新しいブランドアンバサダーにプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手(20)が就任した。(2018/9/13)

元SMAP3人が72曲メドレーを生披露 「前前前世」に「ultra soul」、恋ダンスも【楽曲一覧あり】
声を枯らして熱唱しました。(2017/11/5)

稲垣、草なぎ、香取がSNSをスタート 「ユーチューバー草なぎ」の動画は10分で1万7000再生を突破
さすがだ。(2017/11/2)

稲垣・草なぎ・香取の「72時間ホンネテレビ」放送開始! テーマソング「72」を歌う3人の映像からスタート
ついに始まった!(2017/11/2)

「食えなければ飢え死にしなさい」その言葉が紀里谷和明のキャリアに火をつけた 対談小説:鏡征爾
開始10分。紀里谷さんは言った。不意打ちだった。「きみは何を恐れているんだ?」(2017/9/26)

技術の日産:
「やっちゃえ」の次は「ぶっちぎれ」 日産の新スローガン
日産が新スローガン「ぶっちぎれ 技術の日産」を掲げる新ブランドキャンペーンを始めた。(2017/8/7)

50代からは「ネット足長おじさん」になったほうがいいかも
口を出さずに金を出す! 星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2017/2/4)

「この世界の片隅に」の作者が描いた至高の百合漫画「街角花だより」
名作ぞろいのこうの史代ワールドへ。星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2016/12/30)

生きづらさを感じたら迷わずに マイノリティーのための相談窓口を置いておきますね
特に他意はありませんが、星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2016/11/23)

刺激的な出会いや充実した恋愛ができる そう、書店ならね
読書離れに新しい提案を。星井七億の連載「ネットは1日25時間」。(2016/11/13)

自己責任論は本当に「想像力が欠如」しているのか?
ジョン・レノンにごめんなさい。連載「ネットは1日25時間」。(2016/11/3)

「まとめブログ」の責任はどこまで追求されるべきなのか?
「転載しただけ」は無敵のヨロイ? 連載「ネットは1日25時間」。(2016/10/10)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(8):
自動運転技術とは――課題、安全基準レベル、ロボットタクシー、その現状と未来
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。今回は、人工知能によって、人が運転しなくても自律的に動く自動車で使われる自動運転技術について。(2016/12/21)

「リテラシー疲れ」にならないために、情報とは省エネで付き合いたい
情報の背負い過ぎで肩がこっている人たちへ。連載「ネットは1日25時間」。(2016/9/30)

TOKIOとミスチルの歌詞は似ている? 16万曲の歌詞を分析 ヤフー「ビッグデータレポート」公開
TOKIOとMr.Children、矢沢永吉と郷ひろみの歌詞は似ている――そんな「意外な類似性」を浮き彫りにしたビッグデータレポートをヤフーが公開している。(2016/9/5)

買い専だけじゃもったいない! コミケサークル参加のススメ
発信する側からしか見えない世界がある。連載「ネットは1日25時間」。(2016/9/1)

フジテレビはどうして「自己満足」から抜け出せないのか?
アニメを充実させればいいんだよ(暴論)。連載「ネットは1日25時間」。(2016/8/20)

「百合」は少女ばかりではない! 「社会人百合」の魅力を伝えたい
自他ともに認める極度の「百合厨」の星井七億連載コラム「ネットは1日25時間」。(2016/7/21)

男児置き去り事件が浮かび上がらせた「イメージ探偵」たち 印象だけで誰かを犯人扱いしてしまわないために
私たちは印象論から脱却できるのか。連載「ネットは1日25時間」。(2016/6/25)

MCバトルブームから考える、若者たちの「言葉」に対する意識の高さ
若者は本当に「ボキャ貧」化しているのか? 連載「ネットは1日25時間」。(2016/6/5)

YouTuberにあこがれる子どもから、可能性の芽を摘まないために
子どもはみんなダイヤモンドの原石です。連載「ネットは1日25時間」。(2016/5/21)

非常事態にこそ思い出したい、ネット上での「おはし」を考える
デマの拡散には気を付けましょう。連載「ネットは1日25時間」。(2016/5/1)

コンテンツは質より量? 24時間テレビは「感動わんこそば」だ
地球を救う「愛」もだいぶおやすくなりました。連載「ネットは1日25時間」。(2016/4/24)

「トカゲのおっさん」を殺す「ネットいじめ」の深刻さ
「ノリ」という怪物にならないために。連載「ネットは1日25時間」。(2016/3/28)

「落寸号令雷」に学ぶ陰謀論 巻き込まない方法、巻き込まれない方法
この記事にやましいところは何もありません! 連載「ネットは1日25時間」。(2016/3/13)

LGBTを扱った映画が、映画界に新たな歴史を作り、古典となっていく
キャロルはいいぞ……。連載「ネットは1日25時間」。(2016/2/21)

かつての存在感を失った「2ちゃんねる」の明日はどっちだ
連載「ネットは1日25時間」。今回の記事はマターリ読んでください。(2016/2/11)

なぜAmazon.co.jpには「どうしようもないレビュー」がついてしまうのか?
星井七億の連載コラム「ネットは1日25時間」。そのレビューは「あなた自身への評価」かも。(2016/2/1)

「死ね」が口癖になっている人に、直接理由を聞いてみたらいろいろ分かった
連載「ネットは1日25時間」。その言葉のナイフは何のために研いでいますか?(2016/1/9)

ネットにはびこる「謝らせないと死ぬ病」の治し方とは?
連載「ネットは1日25時間」。本当にその人はあなたに謝る必要がありますか?(2016/1/3)

観客が誰もいない中でライブするクリエイトのCMで話題 「とにかく苦労している次世代アイドル」小池美由さんは、超がつくほどポジティブでまっすぐ
話しているうちにいつの間にか引き込まれる魅力があります。(2015/12/26)

本当にオワコン? ネット世代における「紅白歌合戦」の存在意義
連載「ネットは1日25時間」4回目のテーマは年末恒例のあの番組について。(2015/12/19)

ネットは1日25時間:
日本映画を世界に売り込むなら「少女マンガ原作」にしよう!
少女マンガこそ日本のエンタメのルーツなのだ。(2015/11/28)

ネットは1日25時間:
「組体操」で大怪我をした僕が、「組体操」問題を語ってみよう
答えは学習指導要領にあるのかもしれない。(2015/11/6)

ネットは1日25時間:
人間こわい! 「電車内ベビーカー問題」が解決する日は本当にくるのか?
ちょっと長いダイイングメッセージだと思って読んでいただければ幸いです。(2015/10/29)

YAZAWAと桃太郎は混ぜちゃダメだろ! 星井七億さんの童話などを台無しにしたパロディー小説が書籍化
11本の書き下ろし作品を含む、全37作品を収録しています。(2015/4/18)

江戸時代の天才占い師が辿り着いた究極の開運法とは? 人生が変わるものの見方21問
どんなものの見方をすれば明るく生きられるか? ベストセラー作家・ひすいこたろう、この10年の集大成を紹介します。(2014/11/13)

ナレッジワーキング!!:
もしも「松田聖子のディナーショー」をプロデュースするなら?
「マーケティング」というと、とっつきにくいイメージがあるかもしれません。でも、馴染みのある分野の戦略を考えてみると、とたんに分かりやすくなるものです。(2014/8/20)

石川温のスマホ業界新聞:
ワイモバイルが月額2980円の新料金プランを発表――寺尾洋幸COO「インターネットの楽しさを届けたい」
3大キャリアより低価格な新料金プランで差別化を図るワイモバイル。第4のキャリアとしてスタートを切るにあたり、どのような戦略で市場を勝ち抜こうとしているのだろうか。(2014/7/25)

「マイルドヤンキー」論への違和感 “再発見”する東京の視線と、大きな物語なき後のなにか
大阪で起きた「ボンタン狩り」が話題になりもする2014年、注目を集めるワードが「マイルドヤンキー」。だがこの言葉に作家の堀田純司さんは違和感を表明する。隠然たる「日本のリアル」を東京の視線が勝手に見失い、勝手に再発見した気になっているだけではないか。(2014/5/23)

本屋探訪記:二足のわらじ的ブックカフェ「Brown’s Books & Cafe」は下北沢にある
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は下北沢の「Brown's Books & Cafe」を紹介する。(2014/2/3)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。