ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゆめみ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゆめみ」に関する情報が集まったページです。

キャリアニュース:
エンジニアが選ぶ開発者体験が良いイメージのある企業ランキング
日本CTO協会が、エンジニアが選ぶ開発者体験が良いイメージのある企業ランキング「Developer eXperience AWARD 2022」を発表した。ランキングのトップ3は「メルカリ」「Google」「LINE」だった。(2022/5/19)

日本CTO協会が発表:
企業の「テックブランド力」調査 「Google LLC」を抜き、1位は「メルカリ」に
ソフトウェアエンジニアをはじめとする技術者に調査した企業の「テックブランド力」。上位30社を「Developer eXperience AWARD 2022」の受賞企業として表彰。1位は「メルカリ」だった。(2022/5/18)

エンジニアにとって「理想の環境」を与えてくれそうな企業ランキング 2位はGoogle 1位は?
エンジニアたちにとって、理想的な環境を提供しているイメージがある企業はどこか。日本CTO協会は633人の技術者にアンケートを実施し、エンジニアとしての生産性を高めるための技術やチーム、企業文化などの「開発者体験」が良いと思う企業ランキングベスト30を発表した。(2022/5/11)

「人生100年時代」はスマートモビリティ 大阪南部で実証実験 万博での活用も
「人生100年時代」といわれ、元気に外出したいと考える高齢者が増える一方、市街地から離れた地域は、鉄道やバスなどの公共交通機関が少ない。(2022/3/25)

「人生100年時代」はスマートモビリティ 大阪南部で実証実験 万博での活用も
市街地から離れた地域は、鉄道やバスなどの公共交通機関が少ない。大阪南部地域では「スマートモビリティー」の導入を目指している。大阪府は25年の大阪・関西万博をにらみ、スマートモビリティーの取り組みを後押ししている。(2022/3/25)

ポストコロナの報酬戦略:
給与を社員本人が決める会社 なぜ“崩壊”しないのか?
報酬制度の在り方は、企業の競争力に影響を与えます。テレワーク時代にはこの傾向が一層強まるでしょう。では、どのような報酬制度を導入すれば、効果があるのでしょうか。(2021/8/10)

ゆめみと「最先端のリモートワーク」:
PR:ランチ代1500円を補助して「オンライン勉強会」を毎日開催 株式会社ゆめみがコロナ禍でも「日本一勉強会の多い企業」を目指す理由
リモートワーク環境での「コミュニケーション問題」を解決する奇策がありました。(2021/6/1)

ゆめみと「最先端のリモートワーク」:
PR:社内で「100万円ジャンボ宝くじ」を実施 株式会社ゆめみが「リモートワークの達人」を生み出す制度が斬新すぎた
そんな社内キャンペーン聞いたことない……!(2021/5/25)

ゆめみと「最先端のリモートワーク」:
PR:「精神と時の部屋」でリモートワークの人体実験 株式会社ゆめみの代表がストイックすぎる生活を始めた理由
何もない真っ白な部屋で働き続ける1人の戦士の姿がそこにはありました。(2021/5/19)

「これは絶対幸せ」 “自分の妄想に声をつけてもらえるサービス”で誕生日を祝ってもらったレポ漫画が楽しそう
音声注文サービスにこんな使い方があったとは。(2021/2/25)

PR:デザイン思考、アジャイル……は怖くない! 企業がデジタル変革の“実効力”を高めるためにできること
(2020/12/9)

任天堂、あつ森で公式の島「Ninten島」公開
任天堂がゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」で公式の島「Ninten島」(にんてんとう)を公開した。(2020/11/19)

「あつまれ どうぶつの森」アップデート 8月の毎週日曜夜は花火大会、夢の中で誰かの島に行ける「ゆめみ」も
夢の中で世界中の島をのぞかせてくれる「ゆめみ」も登場します。(2020/7/29)

安藤サクラ、“おやすみ前”に夫・柄本佑を“Matt化”した姿公開 「夢に出そう」「笑えて寝れない」
撮った本人が一番笑ってそう。(2020/7/3)

シンプルにみんなすげぇ! 「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」全力フォトレポート 「鬼滅の刃」コスや銀髪ケモ耳の宇垣美里が話題
行けなかった人も満足できる超絶ボリュームでお届け!(2019/10/27)

PR:全ての会社員の夢「有給取り放題」を実現 株式会社ゆめみが社員に手厚すぎる理由が深かった
「給料を自分で決める」「あらゆる勉強代は会社が全額負担」「仕事しながら世界一周可能」など夢みたいな話が聞けました。(2019/3/11)

履歴書の代わりに“ゲームのやり込み”で審査する「ゲームプレイ採用」、ゆめみが導入 お題はハマると危険なあのゲーム
お題のゲームがマジなやつなので、エンジニア適性をみるのに最適な気が。(2018/11/10)

「バンディットアルゴリズム」を採用:
ゆめみ、機械学習を活用したアフィリエイト広告配信最適化技術をポイントサイトに導入
ゆめみとセレスは、セレスが運営するポイントサイト「モッピー」において、機械学習を活用したアフィリエイト広告配信の最適化技術を導入した。(2018/3/9)

導線に合わせて、適切なコンテンツを配信:
シスコとゆめみ、「店内体験向上ソリューション」を共同で提供
シスコシステムズとゆめみは、小売・流通・施設業界向けに「店内体験向上ソリューション」を提供する。(2017/10/13)

メディアやECサイト運営企業向け:
Webサイトやアプリのクラウド環境最適化サービス、ゆめみが提供開始
アプリの開発を手掛けるゆめみは2017年4月10日、Webサイトやアプリのクラウド環境を見直し、最適化するサービスの提供を開始した。(2017/4/10)

夢のビッグデータ相関発見エンジン、紙のリターゲティング他:
2017年、デジタルマーケティング業界エイプリルフールまとめ
日本のインターネットカルチャーの中で脈々と生き続ける「エイプリルフール」。ユニークなアイデアの中に「最先端」が垣間見られる各社の楽しい「ウソ」をピックアップ。(2017/4/1)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(3):
Javaでの常識が通用しないAndroidにおけるメモリ管理の注意点
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。今回は、Androidアプリのメモリ管理に関して、Javaとはどのような挙動の違いがあるのかをサンプルアプリを通じて解説していきます。(2016/11/25)

2016年、大幅に進化中:
Androidアプリ開発者が知らないと損するAndroid Studio 2.2の新機能5選
2016年5月18日から開催されたGoogle I/Oで、Android Studio 2.2 Preview 1が公開されました。本稿では、大きな機能更新があったAndroid Studio 2.2の魅力を解説します。(2016/6/9)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(2):
知らずに作って大丈夫?Androidの基本的なライフサイクルイベント31選
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。今回は、Androidアプリ開発において必ず押さえておかなければならないライフサイクルイベントについて解説します。(2016/4/4)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(1):
ACTION_OUTSIDEが切り開くAndroidアプリ間連携の可能性
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで、セキュリティやパーミッション、テストのしやすさ、開発効率の向上などを考慮した、実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。初回は、連載の今後を紹介し、アプリ間連携でさまざまなことができるACTION_OUTSIDEイベントの使い方を解説します。(2016/2/4)

コンサルティングから集客支援までワンストップで:
オプトとゆめみ、スマホアプリのコンサルティングで業務提携――LINEビジネスコネクト活用も
オプトとゆめみは2015年12月24日、アプリプロモーションとスマホアプリ・マーケティング施策領域において、業務提携を開始した。(2015/12/25)

オムニチャネル推進の取り組みをワンストップで支援:
ゆめみ、「CX Design Innovation」の提供を開始
アプリ開発/デザイン制作のゆめみは、デザインコンサルティングのU'eyes Designと業務提携し、オムニチャネル推進を支援する新サービス「CX Design Innovation」の提供を開始した。(2015/12/11)

シンクロ率400%……!? 最上もが&綾波レイの2ショットが双子みたいで代わりになれるレベル
夢眠ねむさんは初号機との2ショットを公開。(2015/11/13)

ゆめみ、山や鉾の方角を知らせるAndroid Wearアプリ「京都祇園祭山鉾ロケータβ」をリリース
ゆめみは、京都の祇園祭で現在地から山や鉾の方角を知らせるAndroid Wearアプリ「京都祇園祭山鉾ロケータβ」をリリースした。(2015/7/8)

【超速報】ウソでもゴーストでも今日はオッケイ! エイプリルフールまとめ 2014年
今年もみんなサービス精神旺盛。ウソが多すぎて、ねとらぼ編集部、エイプリルフール疲れ。(2014/4/1)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(終):
スマホでも動く無限横スクロールアクションのブラウザゲームを作る
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく連載。最終回は、総集編として、無限に横スクロールするアクションゲームを、10ステップで作りましょう。キモは当たり判定です。(2013/6/25)

Web&モバイル マーケティング EXPO:
ゲーミフィケーションで自社Webサイトのファンを増やす「Sprocket」
ゆめみが提供する「Sprocket」は、企業のWebサイトにゲーミフィケーションを取り入れ、訪問者のアクセスを促進するツールだ。(2013/5/8)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(4):
JavaScript製とは思えないゲームをenchant.jsで簡単に作るには
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく連載。今回は、手軽にアニメーションを作れるtl.enchant.jsの使い方や、スマホ向けアニメーションのチューニングポイント6つを解説する。(2013/4/25)

ゆめみの社員がワークショップに参加:
ウォンツの因数分解――ゲームクリエイター水口哲也氏による「未来構想力ワークショップ」レポート
ゲームデザインの考え方を使えばゲーム以外のサービスも産み出すことができる――。ゲームクリエイター水口哲也氏の持論は、ゲーミフィケーションのコンセプトと非常に近しいものに感じられます。そんな水口氏のワークショップにゆめみの社員が参加しました。さて、その結果は? ゆめみの深田浩嗣氏がレポートします。(2013/4/11)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(3):
enchant.jsで重要なスプライトとシーンを使うには
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく。今回は、スプライトの3つの基本操作、スプライトシート、シーンの扱い方を解説。最後に「もぐらたたきゲーム」を作ってみよう(2013/4/1)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(2):
enchant.jsでスマホ向けゲームを作り始めるための基礎知識
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく。今回は、enchant.jsでゲームを作るための準備の仕方や、サンプルアプリのソースコードを実例に基礎文法などを紹介(2013/2/6)

ゲーミフィケーションのデザイン:
マズローの欲求5段階説とゲーミフィケーション
ゲーミフィケーションにおいて重要な「リワード(報酬)」設計を、マズローの欲求5段階説から考える――。ゆめみの深田氏は、マズローの欲求5段階説のうち、「承認の欲求」「自己実現の欲求」をいかに満たすかが、リワード設計のポイントだと主張します。(2013/1/23)

ゲーミフィケーションのデザイン:
3種類のリワードを使いこなせ、「マネタリーリワード」「インナーリワード」「ソーシャルリワード」
人を動かす「リワード(報酬)」とは何か――。ゆめみの深田氏は、金銭、自己実現、承認の3つの欲求を満たすリワードをデザインすることが、ゲーミフィケーション設計のポイントだと説明します。(2012/12/14)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(1):
enchant.jsでゲームを作る7つの利点と5つの注意点
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく(2012/12/3)

ゲーミフィケーションを設計するために:
ゲーミフィケーションフレームワークについて(2)
ゲーミフィケーションの導入を指南する連載の第2回です。前回に引き続き、ゆめみの深田氏が解説します。(2012/11/16)

ゲーミフィケーションを設計するために:
ゲーミフィケーションフレームワークについて(1)
現在展開しているサービスにゲーミフィケーションのコンセプトを導入するには、何をどのような手順で考えればいいのでしょうか。ゆめみの深田氏が解説します。(2012/10/18)

ユーザーのエンゲージメント計測ツール:
Webサイトのエンゲージメントを計測する無料ツールを発表、ゆめみ
ゆめみは「来訪頻度」「クチコミ度」「滞在度」などからユーザーのエンゲージメントを計測するツールを発表した。(2012/10/4)

ゲームの力が会社を変える:
ゲーミフィケーションとは何か?(前編)
ループス・コミュニケーションズの岡村健右氏が解説するゲーミフィケーション入門。言葉こそ新しいものの、実はわたしたちにとって非常に馴染み深い概念なのです。(2012/9/14)

ゲーミフィケーションはマーケティングを変えるか:
BadgevilleのCEO直撃インタビュー:ゲーミフィケーションは中小企業も取り入れられる
ゲーミフィケーション先進企業Badgeville CEOのKris Duggan氏へのインタビューを通じてゲーミフィケーションをビジネスやマーケティング取り入れる上でのポイントを紹介する。(2012/8/31)

ゲームの理論をECサイトに――リンクら4社がゲーミフィケーションセミナー開催
ゲーミフィケーションの要素をECサイトに生かすためのノウハウを紹介するセミナーを6月13日に開催する。(2012/5/23)

イベントレポート:
受託開発は本当にオワコンか? SI業界の未来を前向きに考える
Webサービス全盛の今こそ、エンジニアリングについて本気で語るイベント、「これからのエンジニアリングの話をしよう」第1回レポート。未来の受託業界を担うベンチャー企業のエンジニアが集まってパネルディスカッションを行った。(2012/3/19)

マーケティング責任者に聞く:
東京マラソンでも仕掛け作り スポーツブランドの独自性を打ち出すニューバランス
スポーツ用品メーカーのマーケティングやブランディングに対する考え方は一般消費財メーカーとは異なる点が少なくないという。ニューバランスのマーケティング戦略から読み解く。(2012/2/28)

位置ゲー「MyTown」の連携店舗、さらに拡大
ゆめみが運営する位置情報ゲーム「MyTown」の日本版iPhoneアプリで、新たなキャンペーン参加企業。カプリチョーザ119店舗と、レストランカラオケ・シダックス301店舗がゲームと連携する。(2011/12/14)

位置ゲー「MyTown」、ダイヤモンドダイニング系列173店と連携
ゆめみが運営する位置情報ゲーム「MyTown」と、ダイヤモンドダイニング系列の173店舗が連携する。ゲーム上でのタイアップ広告や店舗誘導も視野に連携を試みる。(2011/12/7)

ゆめみ、位置情報ゲーム「MyTown」の日本版iPhoneアプリを提供――大手コンビニなど12企業が連携
米国で400万ユーザーを持つ位置情報ゲーム「MyTown」の日本版iPhoneアプリの提供をゆめみが開始する。日本向けのオリジナル要素を取り入れ、日本企業12社との連動企画も展開する。(2011/11/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。