ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゆめみ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゆめみ」に関する情報が集まったページです。

PR:全ての会社員の夢「有給取り放題」を実現 株式会社ゆめみが社員に手厚すぎる理由が深かった
「給料を自分で決める」「あらゆる勉強代は会社が全額負担」「仕事しながら世界一周可能」など夢みたいな話が聞けました。(2019/3/11)

履歴書の代わりに“ゲームのやり込み”で審査する「ゲームプレイ採用」、ゆめみが導入 お題はハマると危険なあのゲーム
お題のゲームがマジなやつなので、エンジニア適性をみるのに最適な気が。(2018/11/10)

「バンディットアルゴリズム」を採用:
ゆめみ、機械学習を活用したアフィリエイト広告配信最適化技術をポイントサイトに導入
ゆめみとセレスは、セレスが運営するポイントサイト「モッピー」において、機械学習を活用したアフィリエイト広告配信の最適化技術を導入した。(2018/3/9)

導線に合わせて、適切なコンテンツを配信:
シスコとゆめみ、「店内体験向上ソリューション」を共同で提供
シスコシステムズとゆめみは、小売・流通・施設業界向けに「店内体験向上ソリューション」を提供する。(2017/10/13)

メディアやECサイト運営企業向け:
Webサイトやアプリのクラウド環境最適化サービス、ゆめみが提供開始
アプリの開発を手掛けるゆめみは2017年4月10日、Webサイトやアプリのクラウド環境を見直し、最適化するサービスの提供を開始した。(2017/4/10)

夢のビッグデータ相関発見エンジン、紙のリターゲティング他:
2017年、デジタルマーケティング業界エイプリルフールまとめ
日本のインターネットカルチャーの中で脈々と生き続ける「エイプリルフール」。ユニークなアイデアの中に「最先端」が垣間見られる各社の楽しい「ウソ」をピックアップ。(2017/4/1)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(3):
Javaでの常識が通用しないAndroidにおけるメモリ管理の注意点
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。今回は、Androidアプリのメモリ管理に関して、Javaとはどのような挙動の違いがあるのかをサンプルアプリを通じて解説していきます。(2016/11/25)

2016年、大幅に進化中:
Androidアプリ開発者が知らないと損するAndroid Studio 2.2の新機能5選
2016年5月18日から開催されたGoogle I/Oで、Android Studio 2.2 Preview 1が公開されました。本稿では、大きな機能更新があったAndroid Studio 2.2の魅力を解説します。(2016/6/9)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(2):
知らずに作って大丈夫?Androidの基本的なライフサイクルイベント31選
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。今回は、Androidアプリ開発において必ず押さえておかなければならないライフサイクルイベントについて解説します。(2016/4/4)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(1):
ACTION_OUTSIDEが切り開くAndroidアプリ間連携の可能性
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで、セキュリティやパーミッション、テストのしやすさ、開発効率の向上などを考慮した、実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。初回は、連載の今後を紹介し、アプリ間連携でさまざまなことができるACTION_OUTSIDEイベントの使い方を解説します。(2016/2/4)

コンサルティングから集客支援までワンストップで:
オプトとゆめみ、スマホアプリのコンサルティングで業務提携――LINEビジネスコネクト活用も
オプトとゆめみは2015年12月24日、アプリプロモーションとスマホアプリ・マーケティング施策領域において、業務提携を開始した。(2015/12/25)

オムニチャネル推進の取り組みをワンストップで支援:
ゆめみ、「CX Design Innovation」の提供を開始
アプリ開発/デザイン制作のゆめみは、デザインコンサルティングのU'eyes Designと業務提携し、オムニチャネル推進を支援する新サービス「CX Design Innovation」の提供を開始した。(2015/12/11)

シンクロ率400%……!? 最上もが&綾波レイの2ショットが双子みたいで代わりになれるレベル
夢眠ねむさんは初号機との2ショットを公開。(2015/11/13)

ゆめみ、山や鉾の方角を知らせるAndroid Wearアプリ「京都祇園祭山鉾ロケータβ」をリリース
ゆめみは、京都の祇園祭で現在地から山や鉾の方角を知らせるAndroid Wearアプリ「京都祇園祭山鉾ロケータβ」をリリースした。(2015/7/8)

【超速報】ウソでもゴーストでも今日はオッケイ! エイプリルフールまとめ 2014年
今年もみんなサービス精神旺盛。ウソが多すぎて、ねとらぼ編集部、エイプリルフール疲れ。(2014/4/1)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(終):
スマホでも動く無限横スクロールアクションのブラウザゲームを作る
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく連載。最終回は、総集編として、無限に横スクロールするアクションゲームを、10ステップで作りましょう。キモは当たり判定です。(2013/6/25)

Web&モバイル マーケティング EXPO:
ゲーミフィケーションで自社Webサイトのファンを増やす「Sprocket」
ゆめみが提供する「Sprocket」は、企業のWebサイトにゲーミフィケーションを取り入れ、訪問者のアクセスを促進するツールだ。(2013/5/8)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(4):
JavaScript製とは思えないゲームをenchant.jsで簡単に作るには
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく連載。今回は、手軽にアニメーションを作れるtl.enchant.jsの使い方や、スマホ向けアニメーションのチューニングポイント6つを解説する。(2013/4/25)

ゆめみの社員がワークショップに参加:
ウォンツの因数分解――ゲームクリエイター水口哲也氏による「未来構想力ワークショップ」レポート
ゲームデザインの考え方を使えばゲーム以外のサービスも産み出すことができる――。ゲームクリエイター水口哲也氏の持論は、ゲーミフィケーションのコンセプトと非常に近しいものに感じられます。そんな水口氏のワークショップにゆめみの社員が参加しました。さて、その結果は? ゆめみの深田浩嗣氏がレポートします。(2013/4/11)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(3):
enchant.jsで重要なスプライトとシーンを使うには
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく。今回は、スプライトの3つの基本操作、スプライトシート、シーンの扱い方を解説。最後に「もぐらたたきゲーム」を作ってみよう(2013/4/1)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(2):
enchant.jsでスマホ向けゲームを作り始めるための基礎知識
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく。今回は、enchant.jsでゲームを作るための準備の仕方や、サンプルアプリのソースコードを実例に基礎文法などを紹介(2013/2/6)

ゲーミフィケーションのデザイン:
マズローの欲求5段階説とゲーミフィケーション
ゲーミフィケーションにおいて重要な「リワード(報酬)」設計を、マズローの欲求5段階説から考える――。ゆめみの深田氏は、マズローの欲求5段階説のうち、「承認の欲求」「自己実現の欲求」をいかに満たすかが、リワード設計のポイントだと主張します。(2013/1/23)

ゲーミフィケーションのデザイン:
3種類のリワードを使いこなせ、「マネタリーリワード」「インナーリワード」「ソーシャルリワード」
人を動かす「リワード(報酬)」とは何か――。ゆめみの深田氏は、金銭、自己実現、承認の3つの欲求を満たすリワードをデザインすることが、ゲーミフィケーション設計のポイントだと説明します。(2012/12/14)

enchant.jsでHTML5+JavaScriptゲーム開発入門(1):
enchant.jsでゲームを作る7つの利点と5つの注意点
大人気のHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジン「enchant.js」を使ってゲームアプリを作る方法を解説していく(2012/12/3)

ゲーミフィケーションを設計するために:
ゲーミフィケーションフレームワークについて(2)
ゲーミフィケーションの導入を指南する連載の第2回です。前回に引き続き、ゆめみの深田氏が解説します。(2012/11/16)

ゲーミフィケーションを設計するために:
ゲーミフィケーションフレームワークについて(1)
現在展開しているサービスにゲーミフィケーションのコンセプトを導入するには、何をどのような手順で考えればいいのでしょうか。ゆめみの深田氏が解説します。(2012/10/18)

ユーザーのエンゲージメント計測ツール:
Webサイトのエンゲージメントを計測する無料ツールを発表、ゆめみ
ゆめみは「来訪頻度」「クチコミ度」「滞在度」などからユーザーのエンゲージメントを計測するツールを発表した。(2012/10/4)

ゲームの力が会社を変える:
ゲーミフィケーションとは何か?(前編)
ループス・コミュニケーションズの岡村健右氏が解説するゲーミフィケーション入門。言葉こそ新しいものの、実はわたしたちにとって非常に馴染み深い概念なのです。(2012/9/14)

ゲーミフィケーションはマーケティングを変えるか:
BadgevilleのCEO直撃インタビュー:ゲーミフィケーションは中小企業も取り入れられる
ゲーミフィケーション先進企業Badgeville CEOのKris Duggan氏へのインタビューを通じてゲーミフィケーションをビジネスやマーケティング取り入れる上でのポイントを紹介する。(2012/8/31)

ゲームの理論をECサイトに――リンクら4社がゲーミフィケーションセミナー開催
ゲーミフィケーションの要素をECサイトに生かすためのノウハウを紹介するセミナーを6月13日に開催する。(2012/5/23)

イベントレポート:
受託開発は本当にオワコンか? SI業界の未来を前向きに考える
Webサービス全盛の今こそ、エンジニアリングについて本気で語るイベント、「これからのエンジニアリングの話をしよう」第1回レポート。未来の受託業界を担うベンチャー企業のエンジニアが集まってパネルディスカッションを行った。(2012/3/19)

マーケティング責任者に聞く:
東京マラソンでも仕掛け作り スポーツブランドの独自性を打ち出すニューバランス
スポーツ用品メーカーのマーケティングやブランディングに対する考え方は一般消費財メーカーとは異なる点が少なくないという。ニューバランスのマーケティング戦略から読み解く。(2012/2/28)

位置ゲー「MyTown」の連携店舗、さらに拡大
ゆめみが運営する位置情報ゲーム「MyTown」の日本版iPhoneアプリで、新たなキャンペーン参加企業。カプリチョーザ119店舗と、レストランカラオケ・シダックス301店舗がゲームと連携する。(2011/12/14)

位置ゲー「MyTown」、ダイヤモンドダイニング系列173店と連携
ゆめみが運営する位置情報ゲーム「MyTown」と、ダイヤモンドダイニング系列の173店舗が連携する。ゲーム上でのタイアップ広告や店舗誘導も視野に連携を試みる。(2011/12/7)

ゆめみ、位置情報ゲーム「MyTown」の日本版iPhoneアプリを提供――大手コンビニなど12企業が連携
米国で400万ユーザーを持つ位置情報ゲーム「MyTown」の日本版iPhoneアプリの提供をゆめみが開始する。日本向けのオリジナル要素を取り入れ、日本企業12社との連動企画も展開する。(2011/11/2)

「基本無料」でビジネスをする方法――ソーシャルゲームのマネタイズ戦略
ソーシャルゲームやスマートフォンのアプリ市場の一部で共通しているのが、「基本無料だが別の方法で課金を行う」というビジネスモデル。特にソーシャルゲームには、長く遊んでもらう秘訣、価格設定など、さまざまなノウハウがある。『ブラウザ三国志』などを手がけた椎葉忠志氏らが語る「マネタイズの勘所」とは……?(2011/9/9)

“衝動買いメディア”だった携帯電話、でもこれからは――スマホ時代のEC像を探る
スマートフォンへのユーザーシフトが進む中、モバイルECのあり方はどう変化するのか――。モバイルサービスに特化した総合開発企業、ゆめみのソリューション担当者が、同社の手がけたECサイトのデータを交えつつスマートフォンECの“傾向と対策”を語った。(2011/7/13)

運用コストが削減:
PR:安定稼働し開発が容易――モバイルECサイトを支えるニフティクラウド
モバイルに特化した開発・制作会社の「ゆめみ」が同社のSaaS型EC構築サービス「Mercury on Cloud」の基盤として採用した「ニフティクラウド」。その背景について、ゆめみの柴田氏と大橋氏にニフティ自身がインタビュー!(2011/6/20)

PSP向けSFデジタルノベル「planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜」、東北関東大震災のチャリティ版として5月12日に発売
2009年にプロトタイプのイベント会場限定で発売されたPSP向けSFデジタルノベル「planetarian〜ちいさなほしのゆめ〜」が、「東北地方太平洋沖地震被災地チャリティー版」として復刻発売に。パッケージも、チャリティ版オリジナルデザインとなり、利益は被災地の義援金に充てられる。(2011/3/28)

ゆめみ、携帯向けソーシャルアプリの開発支援サービスを開始
ミクシィに続いてモバゲータウンのDeNAも1月に参入するなどソーシャルアプリ市場が盛り上がりを見せる中、ゆめみがソーシャルアプリの開発支援サービスを開始する。(2010/1/5)

夏季限定、北海道で「巡音ルカ」曲のメロディ流すバス
路線バスから「巡音ルカ」の人気曲「トエト」のメロディが――北海道の沿岸バスが夏季限定で、「トエトのレトロなメロディバス」を運行する。(2009/6/26)

モバイル向けサイトデザインのノウハウとは――ゆめみが書籍で紹介
(2008/12/24)

「働きやすい」を形に イマドキの福利厚生:
「生野菜の手渡し」で、健康と会話のキッカケ作り――ゆめみ
11月の総務特集ではイマドキ福利厚生を追いかけます。第1弾は携帯コンテンツを手がける企業ゆめみ。厳選した野菜と加工品を全従業員に配布しています。配られた社員たちの反応は――?(2008/11/5)

ゆめみ、Apacheモジュール「mod_ktai」シリーズに画像変換モジュールを追加
(2008/10/30)

試験利用中:
ゆめみ、コンプライアンス強化のためWebメール導入を検討
ゆめみは、企業コンプライアンスとメールセキュリティ強化のため、Webメールの導入を検討し試験運用を開始している。(2008/6/20)

NEWS
ゆめみ、SaaS型Webメール導入でモバイルセキュリティ対策
既存メール環境を維持しながら並行して試験運用を実施できることを条件にリサーチを進めた結果、feedpath Zebraを採用。全社導入のファーストステップとして部門利用を開始した。(2008/6/17)

ゆめみの携帯メルマガサービス「Sweetマガジン」に動画投稿機能追加
(2007/12/12)

携帯メルマガが累計100万種類 「Sweetマガジン」
(2007/10/18)

ワイヤレスジャパン2007:
絵文字・デコメ必須――PCとは別世界のケータイEC
最強の販促ツールは絵文字入りHTMLメールで、敬語を使わない“なれなれしい”文面の方が売れる――携帯電話向けECは、PC向けとは異なる独特な性質があるようだ。(2007/7/19)

ゆめみ、モバイル向けバイラルCMマーケティングサービス「クチモバ」に参画
(2007/4/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。