ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「開発者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

NVIDIAが「Omniverse」を拡張 新USDベースの「Connector」 や開発者向けフレームワークなどをリリース
NVIDIAが、3次元仮想空間再現ソフトウェア「NVIDIA Omniverse」を拡充する。新しい開発者向けのフレームワークやツールなどを公開する他、新しいアプリやプラグインも用意する。(2022/8/10)

3分インタビュー:
「夏場のリュック、蒸れるし暑い……」 開発者の経験から生まれた「COOLOOP アイスメッシュフレーム」とは?
厳しい暑さが続くなか、通勤時の暑さ対策グッズが好調だ。ネッククーラー、手持ち扇風機などの商品が並ぶ中、リュックの暑さ対策グッズを発見。「COOLOOP アイスメッシュフレーム」を開発した経緯を聞いた。(2022/8/3)

アウトドアや日常に:
ドンキ、機能別にこだわったバッグを発売 開発者「11種類も作ってしまいました」
ドン・キホーテは8月1日、「長時間背負ってもムレないリュック」など11種のバッグを発売する。アウトドアやフェス、日常などのさまざまなシーンで使えるデザインと機能を備えた。(2022/7/31)

Google Playの開発者ポリシー更新 不快な広告禁止やプライバシー保護強化など
Androidアプリストア「Google Play」の開発者向けポリシーが更新される。スキップできない全画面広告の禁止やVPNの悪用などを禁止する。早いものは8月31日発効だ。(2022/7/29)

シフトレフト実現に役立つ:
シフトレフト実現を左右する「静的アプリケーション診断ツール」、3つの誤解とは
Mendは静的アプリケーションセキュリティ診断ツール(SAST)に関するよくある3つの誤解を解説した。シフトレフトを実現しようとする開発者を邪魔しないツールが望ましいという結論だ。(2022/7/29)

Google、ChromeでのサードパーティーCookie廃止開始を2024年まで延期
Googleは、ChromeブラウザでのサードパーティーCookieサポートの完全廃止開始期日を2024年後半に延期した。サードパーティーCookieに代わる「プライバシーサンドボックス」のテスト期間がもっと必要だという開発者からのフィードバックを受けてのことだ。(2022/7/28)

「PS VR2」は装着したまま周囲が見える SIEが新機能紹介
SIEは26日、PlayStation公式ブログで「PS VR2」の新機能「シースルービュー」などを紹介した。ゲームの開発者は近日配信する最新システムソフトウェアでこれらの機能を試せるという。(2022/7/27)

iOS 16で対応する「Matter」とは? スマートホームに与える影響は?
Appleが6月に開催した年次開発者会議WWDC 2022において、次期iOS 16では「Matter」をサポートすると発表しました。GoogleのAndroidやNestシリーズも今秋、Matterをサポートする予定です。Matterが広く普及すれば、スマート家電の相互利用が可能になっていくのです。(2022/7/26)

臭いが2万6000分の1に:
生ごみが臭わない“冷やすごみ箱” ヒット商品は「ある家庭の冷凍庫」から生まれた
中西金属工業がこのほど発売した“冷やすごみ箱”「CLEAN BOX(クリーンボックス)」が話題になっている。ごみを凍らせることで細菌の繁殖とにおいを抑制する冷凍ごみ箱だ。ありそうでなかったこの商品が生まれたきっかけとは? 開発者に、話を聞いた。(2022/7/23)

近大の情報学部長:
「プレステの父」久夛良木健に聞く 「決断が遅い企業経営」に陥る理由
プレステの「父」とされている開発者の久夛良木健さんが、4月に近畿大学の情報学部長に就任した。なぜ、大学教育に力を入れようとしているのか。71歳になってからの新たな挑戦について聞いた。(2022/7/22)

命令型プログラミングと宣言型プログラミングを比較する【後編】
命令型プログラミングと宣言型プログラミング 選ぶならどっち?
「命令型プログラミング」と「宣言型プログラミング」には幾つかの違いがある。開発者が意識すべき違いと、どちらを採用するのかを判断する際の比較点をまとめた。(2022/7/18)

Javaライブラリ選択時の7大ポイント【第4回】
“使えないJavaライブラリ”はそもそも選び方が駄目だった?
Javaアプリケーション開発で特定の機能が必要になった場合、開発者はライブラリを使用するか、自分で機能を実装するかを選択できる。自分のニーズに合った方法を選ぶには何を重視すべきなのか。(2022/7/14)

ラーメン二郎の写真から“レンゲだけ”消す技術が意味不明だけどすごい なぜ消すのか開発者に聞いた
消した跡には麺やスープがしっかり補完。どうなってるの……。(2022/7/8)

人工知能ニュース:
話者の感情分析もできる、開発者向け音声認識AIエンジンプラットフォーム
アドバンスト・メディアは2022年7月7日、同社の音声認識AI技術をアプリケーションに組み込んで活用できる開発者向けプラットフォーム「AmiVoice Cloud Platform」の説明会を開催した。自社のアプリケーションに音声認識エンジンを利用したサービスや機能を実装できる。(2022/7/8)

クラウド関連ソフトウェアエンジニアの平均年収は約2370万円、6割以上がフルリモートワーク 米国でO'Reillyが調査
米国でクラウドを活用したソフトウェアデベロッパーやアプリケーション開発者などの平均年収を米O'Reillyが調査。リモートワークの割合や、資格と給与の関係についても調査結果を出した。(2022/7/6)

命令型プログラミングと宣言型プログラミングを比較する【中編】
命令型プログラミングと宣言型プログラミングの「ソースコード」の違いとは?
「命令型プログラミング」と「宣言型プログラミング」のソースコードには、それぞれの仕組みに基づいた違いが現れる。開発者が意識すべき両者の違いを取り上げる。(2022/7/6)

Microsoft肝いりの「Project Volterra」とは【前編】
Mac mini似だけじゃない MicrosoftのArm搭載PC「Project Volterra」の特徴は?
「Project Volterra」は、MicrosoftがAI関連開発者向けに開発したArmプロセッサ搭載デバイスだ。Appleの「Mac mini」に似た見た目からは分からない、Project Volterraの本当の特徴を探る。(2022/7/2)

本当に届けたい人たち:
なぜ女子の半分が泳いでないの? ジェンダーレス水着の開発者が語った“忘れられない光景”
フットマークのジェンダーレス水着が話題になっている。性の悩みだけでなく、さまざまな理由で「肌を隠したい」生徒のニーズに対応するのが狙い。開発者にその背景を聞いた。(2022/7/1)

Rustの人気やDockerの普及が鮮明に:
最も愛される言語、最も報酬の高い技術が示す開発トレンドの不変と激変、Stack Overflow年次調査
Stack Overflowは2022年の年次ソフトウェア開発者調査の結果を発表した。よく使われている技術や愛されている技術、年収の高い技術、雇用や勤務形態などの最新動向が明らかになった。(2022/6/30)

命令型プログラミングと宣言型プログラミングを比較する【前編】
いまさら聞けない「命令型プログラミング」「宣言型プログラミング」の違いとは?
「命令型プログラミング」「宣言型プログラミング」は、それぞれ異なる設計思想を持つプログラミング体系だ。両者の仕組みや、開発者が実施すべき作業の違いを解説する。(2022/6/30)

Microsoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【後編】
開発者が「Microsoft Dev Box」を使わない理由を“クラウドIDEの苦悩”から探る
開発者向けのクラウドサービスは「Microsoft Dev Box」だけではない。「クラウドIDE」はその代表例だ。開発者がクラウドIDEを受け入れているかどうかを知ることは、Microsoft Dev Boxの成否を占う上で参考になる。(2022/6/30)

アプリ乱立の収束も割り切って進める:
「まず経営幹部が作った」、ノーコード開発で1万7000のアプリを生み出したLIXILは、アプリ開発の民主化をどう進めてきたか
LIXILは「全従業員が開発者」を目指し、ノーコードアプリ開発ツールの全社展開を進めている。2021年10月に始まったこのプロジェクトで、既に約4000人の従業員が約1万7000のアプリケーションを開発した。(2022/6/27)

「ポケモンSV」3Dモデル制作の裏側も ゲーム開発者イベント「CEDEC 2022」、セッション一覧を公開
コンピュータエンターテインメント協会が、ゲーム開発者向けのオンライン講演イベント「CEDEC 2022」のセッション一覧を公開した。ゲーム「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」の3Dモデル制作環境など、計100以上のセッションを配信する。(2022/6/24)

Social Media Today:
マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介したデジタルマーケターのための主な発表をおさらいしてみよう。(2022/6/24)

PCI Express 7.0は2025年にリリース予定 現行5.0の4倍にあたる転送速度を実現
PCI-SIGが開発者会議「PCI-SIG Developers Conference 2022」において、次期PCIe仕様となるPCIe 7.0を2025年に仕様策定を完了する予定だと発表した。(2022/6/23)

レゴで「ガンダム00」の「ガンダムキュリオス」を再現 変形までする力作に驚嘆の声
もうお前がガンダム開発者だ。(2022/6/23)

ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【中編】
ソフトウェア開発者はもう不要か 「AIによるソースコード生成」の衝撃
ソフトウェア開発者にとって、技術の進化への追従は重要だ。単に新技術に関するスキルを身に付ければよいというわけではない。技術進化が「ソフトウェア開発」という仕事そのものに及ぼす影響も注視する必要がある。(2022/6/23)

Microsoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【前編】
Windows 365ベースのクラウドワークステーション「Microsoft Dev Box」とは?
Microsoftが開発者向けに提供するクラウドワークステーションの「Microsoft Dev Box」。開発者はMicrosoft Dev Boxを使うことで、何ができるようになるのか。機能と特徴を説明する。(2022/6/23)

無償ではない:
GitHubが、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」を個人開発者向けに一般提供開始
GitHubは、同社がAIペアプログラマーと呼ぶコーディング支援ツール「GitHub Copilot」を、個人開発者向けに一般提供開始した。企業向けのライセンスは、2022年中に提供開始するという。(2022/6/22)

DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第3回】
「macOSをDaaSで利用」が現実に それでも喜んではいけない理由
Appleは開発者に対して、「macOS」をDaaSで利用する選択肢を設け始めている。ただし、この動きが一般ユーザーまで広がるかどうかは不透明だ。その背景とは。(2022/6/22)

Javaのよくあるランタイムエラーの5大原因【第2回】
Javaエンジニアがうんざりする「リソース不足」問題と対処法
「Java」アプリケーションで発生するランタイムエラーが発生する原因は、開発者のミスだけではない。主な原因のうち「リソース不足」を取り上げ、その対策を紹介する。(2022/6/21)

Pythonの年次開発者調査結果が公開:
Pythonの3大Webフレームワーク「Flask」「Django」「FastAPI」で急成長しているのは?
Python Software FoundationとJetBrainsは、共同で実施した年次Python開発者調査の結果をまとめた「Python Developers Survey 2021 Results」(2021年Python開発者アンケートの結果)を発表した。(2022/6/20)

Snowflake、新アプリケーション群を発表 トランザクションデータの統合分析や開発者向け機能などをリリース
Snowflakeは、トランザクションデータと分析データを統合活用できる「Unistore」や、ネイティブアプリの開発や収益化が可能になるフレームワーク、Pythonのサポートを中心とした開発者向け機能などをリリースし、データプラットフォームを拡充した。(2022/6/21)

UI開発を支援、開発環境構築済みのクラウドPCを提供:
デベロッパーが注目したいMSの開発関連技術「.NET MAUI」「Microsoft Dev Box」の威力とは
Microsoftは開発者向けカンファレンス「Build 2022」で発表したツールやサービスのうち、Visual Studioユーザーにとって要注目の技術「.NET MAUI」と「Microsoft Dev Box」を紹介した。さらに「Azure Deployment Environments」とArm64対応の「Visual Studio」も取り上げている。(2022/6/13)

房野麻子の「モバイルチェック」:
【全機能まとめ】「iOS 16」で何が変わるのか
日本時間6月7日早朝から行われた開発者イベント「WWDC22」で、アップルはこの秋と見られるiOS 16で導入される新機能を公開した。(2022/6/11)

おにスゴい!:
まるで小学生が考えた! 規格外おにぎり「スゴおに」好調 エキナカ「NewDays」が込めた思い
その見た目やボリュームから、「おにぎりなのに面白い」「開発者の中に小学生がいるんじゃないか」とSNSで話題になった「スゴおに」。1年間で26種類を販売し、累計約137万個・約4億3000万円を売り上げ、一躍主力商品に躍り出た。コロナ禍にあって、駅や鉄道の利用者は減少。エキナカを中心に展開するNewDaysも暗い影響を受けるなか、スゴおには社員たちのある思いから生まれたという。開発担当者に聞いた。(2022/6/10)

「Xbox Game Pass」でリリース前のゲームをプレイできる「Project Moorcroft」
Microsoftはリリース前のゲームのデモ版を体験できる新プログラム「Project Moorcroft」を発表。「Xbox Game Pass」加入者向けに2023年中に提供を開始する。開発者はプレイデータを取得できる。(2022/6/10)

WWDC22:
Appleのイベントで感じたリアルとアナログの適度なバランス そして日本の存在感
AppleのWWDC22がスタートした。2022年はオンラインだけでなく、一部の開発者やメディアなどが本社のApple Parkに招かれ、ハイブリッド形式で行われている。現地に飛んだ林信行氏が見たものとは?(2022/6/10)

「PaaS」を解剖する【第1回】
アプリ開発者に「PaaS」が大人気な“納得の4大理由”
アプリケーション開発の効率化に役立つ「PaaS」(Platform as a Service)。その魅力とは何なのか。PaaSの主要な4つのメリットを説明する。(2022/6/10)

Gartner Insights Pickup(260):
開発者によるクラウドのセルフサービス利用、混乱をもたらすわけではない
開発者のインフラ管理は、オールオアナッシングの命題ではない。本稿では、開発者によるクラウドのセルフサービス利用に関するポイントを紹介しよう。(2022/6/10)

「WWDC22」から見えたAppleの狙い “ゲームとクルマ”の攻略は実現するか
アップルの開発者会議「WWDC22」が開催中だ。WWDCとしては3年ぶりに「リアルでの開催」とオンライン開催をセットにしたイベントになったが、色々と示唆にも富んでいた。基調講演と、その後に得られた情報を加味し、今回のアップルの発表を分析してみよう。(2022/6/9)

Google、「Android 13 Beta 3」公開 “プラットフォームの安定版”段階に
Googleが次期モバイルOS「Android 13」の「Beta 3」をリリースした。「プラットフォームの安定版」になり、開発者はアプリの最終的なテストが可能だ。7月に「Beta 4」が出て、正式版は今秋の計画だ。(2022/6/9)

Azure Functionsにも対応予定:
Contrast Securityが、AWS Lambda用脆弱性検査ツールを無償で提供開始
Contrast Securityがサーバレスの脆弱性ツールを正式リリースした。AWS Lambdaに対応し、最小権限構成をはじめとしたチェックを行う。開発者がセルフサービスで利用できる。(2022/6/9)

ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【前編】
“コーディングができるだけのソフトウェア開発者”はもう要らない
企業がソフトウェア開発者の採用を推し進める中、ソフトウェア開発者が採用を勝ち取るには、ただ「コーディングができる」だけでは足りないと考える向きがある。ソフトウェア開発者が身に付けるべきスキルとは。(2022/6/9)

iOS 16の新ロック画面で注目すべき4つの設定
米Appleが開発者向けカンファレンス「WWDC22」で発表したiPhone向けの新OS「iOS 16」。新しいロック画面でこれまで以上に壁紙、時計や日付をカスタマイズできるようになった。その具体的な内容と使い方をおさらいしたい。(2022/6/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Air」や「M2チップ」だけじゃない Appleが3年ぶりに世界中の開発者を集めて語った未来
抽選制ながらも約3年ぶり本社に開発者を招待して行われたAppleの「Worldwide Developer Conference 2022(WWDC22)」。今回は「Apple M2チップ」と、同チップを搭載する新しい「MacBook Air」「MacBook Pro(13インチ)」といったハードウェアの新製品も発表された。発表内容を見てみると、おぼろげながらもAppleが描く未来図が浮かんでくる。(2022/6/8)

Appleがスマートホーム共通規格「Matter」に今秋対応 iOS 16やiPadOS 16で利用可能に
年次開発者会議「WWDC 2022」で、Appleがスマートホーム共通規格「Matter」への対応を発表した。今秋リリース予定のiOS 16やiPadOS 16の「ホーム」アプリで、対応製品を制御できるようにするという。(2022/6/7)

「WWDC22」まとめ M2搭載MacBook Air/Pro、iPhoneがMac用Webカメラ化、Mac値上げショック
米Appleが6月6日から(現地時間)開催している開発者会議「WWDC22」。新型「Macbook Air」やiOSの新バージョンなど、ハード・ソフト問わずさまざまな発表があった。ITmedia NEWSで公開した記事を基に、WWDC22の発表内容をまとめる。(2022/6/7)

macOSとの機能統一が進む「iOS 16」「iPadOS 16」 Appleの狙いとは
米Appleの開発者会議「WWDC22」が開幕した。基調講演では、新しいプロセッサ「M2」やそれを搭載した「MacBook Air」など、ハード面での新たな発表も注目されたが、大きな関心を呼んだのはやはり、アップルの各デバイスに向けたOSの新機能であろう。(2022/6/7)

WWDC22で発表された「iOS 16」「iPadOS 16」「watchOS 9」を5分でおさらい
米Appleが6月6日(現地時間)に開発者向けカンファレンス「WWDC22」で発表した「iOS 16」「iPadOS 16」「watchOS 9」の概要をまとめた。iOS 16はロック画面が大幅にアップデート。iPadOS 16はmacOSに近い形態で使えるようになる。(2022/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。