ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ディーゼル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディーゼル」に関する情報が集まったページです。

電気自動車:
EV比率25%へ、マツダが2025年までに3車種、独自開発の専用プラットフォームも
マツダは2021年6月17日、オンラインで説明会を開き、2030年にEV(電気自動車)の販売比率を25%とするための電動化戦略を発表した。(2021/6/18)

月刊乗り鉄話題(2021年6月版)リニア中央新幹線の「列車名」大予想(1):
何になるかな? リニア中央新幹線の「列車名」 新幹線の列車名・愛称のひみつを探る
「のぞみ」「ひかり」「こだま」「はやぶさ」「こまち」「さくら」「みずほ」などなど、新幹線の愛される列車名・愛称の由来とは……。(2021/6/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ランクル14年振りの刷新 「ランクルじゃなきゃダメなんだ」世界で評価される理由
ランクルというクルマは、それを使う地域と使わない地域でとんでもなく評価が違うクルマだ。「池田なぁ、村もオアシスもない巨大な沙漠をクルマで命懸けの横断をするとして、レンジローバーとランドクルーザーがあったらどっちを選ぶ?」。そう聞かれてハタと思ったのだ。(2021/6/14)

そもそも「列車」って何? 1両編成でもなぜ「列」車なのか、実は奥が深い単語です
ディーゼル車なのに「電車」というとシュバッと怒られちゃいますし。(2021/6/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
新型ランクルとソフトウェアファーストなGRヤリス、愛されるクルマづくりは全方位
さて、今週も自動車に関してさまざまな出来事がありました。なんといっても、まずは“ランクル”のフルモデルチェンジです。(2021/6/12)

キター!! トヨタ、新型「ランドクルーザー」初公開 ランクル70周年に14年ぶりのフルモデルチェンジ
顔ごっつい……!(2021/6/11)

21年夏以降の発売:
トヨタ、新型ランドクルーザー世界初公開 14年ぶりの全面刷新
トヨタは6月10日、新型ランドクルーザーを世界初公開した。(2021/6/10)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタTHSは、どうして普及しないのか そのシンプルで複雑な仕組みと欧州のプライド
前回の記事「シリーズハイブリッド、LCAを考えると現時点でベストな選択」を読まれた方の中には、こんな疑問を持たれた方も多いのではないだろうか。「シリーズハイブリッドなんかより、シリーズパラレルで万能なトヨタのハイブリッドシステムを他社も利用すればいいのでは?」(2021/6/7)

5G活用:
PR:製造業に5Gがもたらす価値とは、活用のカギは3つの特徴による「土台の変化」
工場のスマート化を含む製造業のDXへの取り組みが加速しているが、そのネットワーク基盤として注目を集めているのがローカル5Gを含む5G関連技術だ。それでは、具体的に5G関連技術は製造業にどのような変革をもたらすのだろうか。(2021/6/7)

線路は繋がるから楽しい! 全線運転再開した水郡線を走破して、郡山の最高級ブランド米駅弁を食べてみた
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「海苔のり弁887」です。(2021/6/6)

あぁついに……「奥出雲おろち号」引退決定 これからどうする、どうなる? 鉄オタ目線の「まだ間に合うおいしい楽しみ方」
ついに決まってしまいました……。名物トロッコ列車の魅力を再確認し、鉄道ファン目線の「まだ間に合う楽しみ方」をお届けします。(2021/6/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と脱炭素 JR東日本とJR西日本の取り組み
2021年5月26日に参議院で可決した「地球温暖化対策推進法の改正法案」は、地球温暖化対策として、CO2など温室効果ガスの削減への取り組みを求めている。CO2削減では自動車業界の話題が突出しているが、鉄道業界はどのようにしていくつもりだろうか。(2021/6/4)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
チルトローテータのマシンコントロールも可能なICT油圧ショベル、コベルコ建機
コベルコ建機は、チルトローテータのマシンコントロールも可能なICT油圧ショベル「SK135SR-7」を開発し、2021年5月1日に発売した。(2021/6/4)

水郡線全線運転再開 駅弁片手に新緑のローカル線旅
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「奥久慈しゃもべん」です。(2021/6/3)

月刊乗り鉄話題(2021年5月版) 「小田急ロマンスカー」まめ知識(3):
【知ってる?】ロマンスカー10000形 HiSEの「Hi」の意味は?
これを知っておくとロマンスカーミュージアムをもっと楽しめちゃう「小田急ロマンスカーまめ知識」。え? HiSEのHiはハイデッカーじゃない……の? 20000形RSEには「実は双子の兄弟」がいるそうです……!(2021/5/23)

「いま令和……だよね」「ディーゼルの音がたまらん」 いすみ鉄道には「昭和そのまま」がまだたくさん残っていた
いすみ鉄道のレトロさと「人」の魅力が詰まっていました。(2021/5/17)

日本の最長距離列車は「新幹線のぞみ」、では「世界の最長距離列車」は何?
シベリア鉄道のロシア号かな……? いえ、ちょっと違います。(2021/5/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
再度注目を集める内燃機関 バイオ燃料とe-fuel
ホンの少し前まで、「内燃機関終了」とか「これからはEVの時代」という声しか聞こえなかった。ところがこの1、2カ月の間に「カーボンニュートラル燃料」の存在がにわかにクローズアップされ始めている。(2021/5/17)

自動車業界の1週間を振り返る:
出そろった2020年度決算、2030年の電動車戦略は見直しを迫られる
1週間、お疲れさまでした。大型連休明けはうまく復帰できましたか? カレンダーに関係なくお仕事だったという方もいらっしゃるのでしょうか。梅雨入りのニュースも聞こえてきて、季節が進んでいるのを感じますね。湿度が高いシーズンが来るのは憂鬱です。(2021/5/15)

自動車メーカー生産動向:
2020年度の新車生産、各社が受けた新型コロナのダメージは
2020年度の自動車産業は、通期で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に左右される1年となった。日系乗用車メーカー8社の2020年度(2020年4月〜2021年3月)のグローバル生産は、全社が前年度実績を下回り、8社合計では前年度比12.1%減と2桁%減となった(2021/5/11)

自宅に鉄道を“開業”! ファン究極の夢、鉄道好き親子がついに叶えた「ガチな自宅鉄道」がマジ楽しそう
いいなぁぁぁ、夢のような暮らし。(2021/5/6)

速ぇぇぇ!! うるせぇぇぇ!!(笑) インドでは「試運転列車」も警笛慣らしっぱなしでド派手に駆け抜ける
これは爆走列車デスカー?(2021/4/23)

単独で走行可能だと!? レトロなレシプロ旅客機「コンベア240」をリメイクした魔改造キャンピングカーがすごい
運転席の無理やり感がすごい。(2021/4/19)

ルネサスやソニーにも影響:
TSMC工場で停電、半導体不足がさらに深刻化か
TrendForceは2021年4月15日、Southern Taiwan Science ParkにあるTSMCの工場「Fab14 P7」で停電が発生したと報じた。それによると停電が発生したのは4月14日で、TSMCは現在、仕掛かり品を含め、被害状況を確認中だという。(2021/4/16)

秋田駅「日本海鰰すめし」(1100円)〜この春、秋田地区の国鉄形気動車が世代交代!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは秋田駅「日本海鰰すめし」(1100円)です。(2021/4/16)

日本のディーゼルカー「こがね」がフィリピンでデラックスに再活躍 「往復6時間」の通勤もこれなら快適!? 
内装がとてもデラックス。(2021/4/7)

【身の回りの数字】知って得する 日本でのマクドナルドの店舗数は?
けっこう増えたり減ったりしてます(2021/4/7)

【身の回りの数字】知って得する アリVS猪木戦のファイトマネーは?
とんでもない金額です。(2021/4/6)

一体何両あるんだ……!! デカい・長い・想像以上に速い、米国の貨物列車「BNSF鉄道」がスケールでかすぎで好き
思わず見続けてしまう迫力。(2021/4/5)

【身の回りの数字】知って得する シャーマン戦車の生産台数は?
ものすごい数を作りました(2021/4/5)

【身の回りの数字】1999年じゃないのはどれ?→「ミッション:インポッシブル2」「マトリックス」「トイ・ストーリー2」
微妙に懐かしい映画たち。(2021/4/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
米国政府にEVシフトも内燃機関への投資も求める!? 自動車の業界団体
1週間おつかれさまでした。新年度がスタートしましたね。エジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船が動き出しましたが、今度は台湾のTSMCの工場で火災が発生したようです。なぜこんなに良くない出来事が重なるのでしょうか……。(2021/4/3)

【身の回りの数字】コミックに登場したのが一番新しいのは?→「アイアンマン」「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ」
ビッグ3の初登場はいつ?(2021/4/3)

バブ、ペケジェーアール、VIPなセルシオ…… アオシマの7月プラモ新製品が昭和世代ブッ刺さりラインアップ
名車ばかりだ♪(2021/4/2)

大井川鐵道で「ホンモノ本線電車運転」できるぞぉぉぉ! 鉄道ファン涙のガチツアー「大井川鐵道探求の旅」発売
運転免許……いるかな? 2021年5月15日、22日実施。(2021/4/2)

【身の回りの数字】知って得する アメリカ軍のM1エイブラムス戦車の燃費は?
猛烈な燃費の悪さ。(2021/4/2)

Googleマップに空港内ARナビや大気品質レイヤーなどのAI採用新機能
Googleが年内ロールアウト予定のAI関連新機能を5つ紹介した。これまで屋外でしか使えなかったARナビ「Live View」を一部の空港やショッピングモールで使えるようになる他、経路検索のUI変更や大気汚染状況や気象を確認できるレイヤー追加などだ。(2021/3/31)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(2):
カーボンニュートラルで石油やLPガスはどう変わる? 運輸業が電動化に望むことは
国土交通省と経済産業省は2021年3月26日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第2回の会合を開催した。同検討会は、2020年末に経済産業省が中心となって発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の実現に向けた自動車分野での取り組みを検討するため、関係する業界からヒアリングを行っている。(2021/3/30)

高根英幸 「クルマのミライ」:
SKYACTIV-Xは見切り発車か確信犯か 最新のICTに熟成を委ねたマツダの強かさ
小改良されたSKYACTIV-X。この新世代のガソリンエンジンについては、まだまだ伝え切れていない情報が多い。誤解や曲解、勘違い、無知ゆえの受け売りによる間違った情報も、巷(ちまた)にあふれている。(2021/3/29)

船も「CASE」:
CASEは自動車以外にも、陸海空のモビリティで自動運転や電動化の市場拡大
富士経済は2021年3月25日、自動車以外のモビリティでのCASE△△(※)△△対応に関する市場調査の結果を発表した。調査対象はフォークリフトやゴルフカートなど陸のモビリティ、船舶など海のモビリティ、航空機や“空飛ぶタクシー”など空のモビリティだ。(2021/3/26)

普段は入れない「JR東日本 秋田総合車両センター」へ潜入! ワックワクで楽しい“オンライン”工場見学してみた
国鉄型の名車「583系」だ〜!! 1時間半ずっと見続けちゃうやつです。(2021/3/25)

松阪駅「元祖特撰牛肉弁当(紀勢貨物と桜)」(1500円)〜日常と非日常が重なることで、一層輝く伝統駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは松阪駅「元祖特撰牛肉弁当(紀勢貨物と桜)」(1500円)です。(2021/3/23)

材料技術:
ミドリムシ由来の「世界初」バイオジェット燃料が国際規格取得
ユーグレナは2021年3月15日、同社が微細藻類の一種である「ユーグレナ(和名:ミドリムシ)」を用いて生産したバイオジェット燃料について、国際規格への適合が認められたと発表。航空機へのバイオジェット燃料供給体制の確立に向けて前進した。(2021/3/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
バッテリーEV以外の選択肢
バッテリーEV(BEV)やプラグインハイブリッド(PHV)などの「リチャージ系」は、自宅に充電設備がないともの凄く使いにくい。だから内燃機関はしぶとく残るし、ハイブリッド(HV)も然りだ。ただし、カーボンニュートラルにも目を配る必要はある。だから、それらを補う別のエネルギーを開発しようという機運はずっと前から盛り上がっている。(2021/3/22)

新設の専用データセンターも「ほぼ満床」:
国内パブリッククラウド市場“急成長”は本当か? AWSやAzureも利用のデータセンター、日本に巨額投資の背景は
日本のパブリッククラウド市場が急成長の局面を迎えている。データセンターを手掛けるエクイニクスは新たに大規模ベンダー向けの拠点を新設したが、現時点で既にスペースは満床だという。その背景に何があるのか。国内におけるニーズの変化や各ベンダーの動きから読み解く。(2021/3/18)

月刊乗り鉄話題(2021年3月版):
特別ゲストは堀井雄二さん 奇跡のコラボ「流氷物語号×『オホーツクに消ゆ』」聖地巡礼レポート
「乳首の色で意見が分かれてもめた」という伝説の真相も……!? 熱すぎる濃厚ツアーでした。(2021/3/12)

ハイエースをベースに設計:
セミダブルマットレスを導入したキャンピングカー「KUMAQ」 レンタル会社が受注開始
キャンピングカーのレンタルを行うDream Drive(ドリームドライブ)は、新モデルの「KUMAQ(クマキュー)」の受注を開始したと発表した。(2021/3/10)

自動車業界の1週間を振り返る:
「新車全てEV」「エンジンに投資しない」という欧米勢、熱効率50%に尽力できる日本勢
週末です! 1週間、おつかれさまでした。今週もさまざまな自動車関連のニュースがありましたね。モノづくりに関するニュースではありませんが、BMWの日本法人に関する報道がちょっと気になりました。(2021/3/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
旅行業界注目の「マニアックSIT」、鉄道サークル企画の豪華客車貸切ツアーから考える
鉄道旅倶楽部が企画した豪華客車「サロンカーなにわ」の貸切ツアーが大成功に終わった。国鉄時代に大阪地区で製造された「サロンカーなにわ」は、お召し列車の実績もあり、乗っておきたいファン憧れの車両だ。「SIT」とは特別な目的に絞った旅を指し、低迷する旅行業界のなかでも堅調で注目されている(2021/3/5)

ブレーキの歴史と未来(2):
燃費への貢献だけでなく違和感の解消も不可欠な「回生ブレーキ」
このコラムでは、自動車に乗っている人だけでなく、道路の近くにいる全ての人やモノを守るために欠かせないブレーキについて、自動車関係の企業で働く現役エンジニアの視点で解説します。今回は回生ブレーキや回生協調ブレーキなど、環境対応車向けのブレーキシステムについて紹介します。(2021/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。