ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「偽情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「偽情報」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

G7サミット、AIの倫理的使用に向けて議論 軍事利用など負の側面へ対応
6月14日の先進7カ国首脳会議(G7サミット)では、AIの悪用防止へ向けた国際連携についても議論が行われる。自動で文章などを作成する生成AIは社会の成長に貢献すると期待されるものの、軍事利用や偽情報の拡散など負の側面も顕在化しており、G7として対応が急務だとの声が強まっている。(2024/6/14)

「世界初」2nmプロセス採用プロセッサも紹介:
「AIを軸に新しい価値創出を目指す」 富士通のAI研究戦略
富士通は2024年6月4日、AI分野における研究戦略発表会を開催し、データセンターの省電力化に貢献するコンピューティング技術や次世代グリーンデータセンター向けプロセッサ「FUJITSU-MONAKA」を紹介した。(2024/6/10)

AI規制と企業戦略【後編】
「AIが及ぼす影響」の評価を求める法案も 各国で進む“AI規制”
生成AIの利用が急速に広がっていることを受けて、AI技術に関する政策や規制の整備が世界各国で進んでいる。欧米をはじめとする主要各国のAI技術に対する向き合い方とは。(2024/6/7)

パリ五輪巡りロシアが妨害工作、トム・クルーズさんの偽音声も 米Microsoftが報告書
7月26日のパリ五輪開幕を前に、ロシアが偽情報や中傷メッセージを拡散して妨害工作をしている手口が明るみに出た。米Microsoftが2日に発表した報告書で指摘した。生成AIで米人気俳優トム・クルーズさんの声を偽造したハリウッド風動画もある。(2024/6/6)

セキュリティニュースアラート:
フィッシングが1200%増加 AIが引き起こすサイバー脅威についてIPAが調査を公開
IPAは、米国におけるAI関連のセキュリティ脅威やリスクの認識についてのレポートを公開した。AIの進化が引き起こす脅威を包括的に分析し、その対策の必要性を提言している。(2024/6/4)

SNS上で展開される偽、誤情報から国と企業を守る:
PR:テリロジーワークスからコンステラ セキュリティ ジャパンへ 新社名に込めた思いと事業戦略の展望
ソーシャルメディアやダークネットの監視・分析分野で大きな存在感を発揮するセキュリティ専門集団のテリロジーワークスは、2024年6月1日に「コンステラ セキュリティ ジャパン」へと社名を変更した。同社の沿革と社名変更に込めた思いとは。(2024/6/3)

OpenAI、ロシアや中国によるChatGPTなどのAIツール不正利用について報告 5件を阻止
OpenAIは、ロシアや中国が国民操作に同社のAIツールを利用したと報告した。5件のキャンペーンを特定し、阻止したとしている。(2024/5/31)

星野源さん「完全なデマ」 憶測をラジオであらためて否定 新垣結衣さんも電話出演し「もう二度とこういうことが起きてほしくない」
星野さんが攻撃を受けてつらい思いをしている姿を隣で見るのが本当につらかった、と新垣さん。(2024/5/29)

「勉強している方がましだ」と思えたらシメタモノですわ:
お悩みその29 仕事で疲れて、勉強のやる気が湧かない(27歳 男性 SE)
アクセルとブレーキを同時にガン踏みするような行為はナーンセーンスですわね。(2024/6/3)

Cybersecurity Dive:
生成AIの悪用が本格化する具体的なタイミングはいつか? IBMが指摘
研究者たちは「AIによって設計されたサイバー攻撃はまだ確認されていないが、サイバーセキュリティ市場でAIシステムが注目を集めるのは時間の問題だ」と述べている。その具体的なタイミングはいつだろうか。(2024/5/25)

AI法規制導入へ政府が「戦略会議」で議論開始 規制強める欧米と歩調合わせる
政府は5月22日、AIの開発や利用に関するルール作りなどを議論する「AI戦略会議」を開き、自動で文章などを作成する生成AIの安全性確保のための法規制導入へ向けた議論を始めた。(2024/5/23)

セキュリティニュースアラート:
日本人はAIに楽観的? ISC2が日本のセキュリティ人材を対象にしたAI関連の調査を発表
ISC2は日本のセキュリティ人材を対象にAIが業務に与える影響を調査した「AI in Cyber 2024: Is the Cybersecurity Profession Ready?」を公開した。これによると、回答者の90%がAIが業務効率を向上させることについて楽観的な見方を示した。(2024/5/23)

ものになるモノ、ならないモノ(96):
音楽生成AI「Suno」「Udio」「Sonauto」を制作者視点でレビュー。音楽制作のカタチは変わるのか
ChatGPTをはじめとする生成AIが注目を集める中、生成AI技術を使って音楽を自動で生み出すWebサービスが続々と登場している。音楽生成AIの実力はどのようなものなのか。音楽制作事業者としての視点で、生成AIが生み出す音楽を考察する。(2024/5/23)

Evernote日本法人の解散、「アプリ終了」との誤解につながる サービス改悪、告知不足がユーザー離れに拍車
オンラインメモサービス「Evernote」の日本法人、エバーノート(東京・中央区)が解散する。政府の機関誌である官報で公表した。突然の公表にユーザーからは戸惑いの声が相次ぐ。中には「サービス終了」とのデマもある。(2024/4/26)

CFO Dive:
「欧州 AI法」がついに成立 罰金「50億円超」を回避するためのポイントは?
AIの活用や規制について包括的に定める「AI法」が欧州議会で可決された。今後のAI規制の世界標準となる可能性が高く、厳しい罰則もある。企業が留意すべきポイントとは。(2024/4/25)

スピン経済の歩き方:
スバル、山崎製パン、キリン……相次ぐ“事故” 問題の根っこに何がある?
2月にはスバルや山崎製パン、4月にはキリンビールの工場でも、事故死が発生している。なぜ今、「工場死」が相次いでいるのか。(2024/4/24)

河野太郎は「親中」「媚中」なの?──河野大臣が公式WebでQ&A公開 「コロナワクチン後遺症の責任」などに回答
河野太郎は「親中」「媚中」なのですか?──河野太郎デジタル大臣は、自身の公式ブログで「河野太郎に関するFAQ」という記事を公開した。フェイクニュースの拡散抑止が目的と思われる。(2024/4/18)

Microsoft、中国のAIによる選挙操作を具体例で再警告
Microsoftは、中国が地政学的利益を高めるために世界の有権者の分断化を実験し、AIコンテンツを強化していると警告した。台湾総統選挙中にSNSに投稿された偽画像などの具体例を紹介している。(2024/4/7)

台湾で大きな地震 便乗してXに“インプレゾンビ”わく デマにも注意
4月3日午前8時58分ごろ、台湾近海を震源とする大きな地震が発生した。台湾気象台によると、震源のマグニチュードは7.2で、台湾中部の花蓮で最大震度6強を観測したという。(2024/4/3)

「そこまでするなら、仕返しします」 物騒なタイトルと思いきや……島に移住した大学生の“ご近所トラブル”にほっこりする人続出
これはうれしい仕返し。(2024/3/30)

この頃、セキュリティ界隈で:
「死別詐欺」「訃報海賊」にご用心 人の死に付け込んでクリック稼ぐ 自分の訃報を載せられた事例も
他人の死に付け込んで故人をしのぶ人をだまそうとするでっち上げの訃報や、クリック稼ぎを目的とするまだ生きている人の死亡記事が、ネット上で拡散して問題になっている。これらの問題は「死別詐欺」「訃報海賊」などと呼ばれているという。(2024/3/28)

完全に別人だ! 思わず二度見するメイクの仕上がりに称賛の声 「すごい」「感動する」
メイクだけでこんなに変わるとは。(2024/3/28)

セキュリティニュースアラート:
クラウドストライクが2024年の脅威レポートを公開 クラウド狙いの攻撃が激化
クラウドストライクは「クラウドストライク2024年版グローバル脅威レポート」を発表した。脆弱なクラウド環境への攻撃増加やステルス性とスピードを重視したサイバー攻撃が急増すると指摘している。(2024/3/27)

父親が昔使ってたPCくれた→まさかのWindows3.1時代の98ノート 懐かしの画面とデバイスが「新鮮」「貴重」と話題
今見ると、トラックボールの位置すごいな……。(2024/3/27)

男性「おでこの薄さが気になる」 → 美容室でのお任せ大変身に「髪の毛が増えた?」と驚きの声
髪型でこんなに印象が変わるのか……!(2024/3/27)

掟破りのドリフト! プラレールの線路を無限に横滑りし続けるハチロクに「クッソワロタ」「作り方を知りたい」の声
単線ドリフト!(2024/3/27)

Xが非営利団体CCDHを提訴した裁判、Xの訴えは全面却下 Xは控訴へ
イーロン・マスク氏がオーナーのXが非営利団体CCDHを提訴した裁判で、連邦地裁はXの訴えを却下した。CCDHによる不正確な報告書のせいで数千万ドルの収入が失われたという訴えだったが、判事は提訴の目的は将来の批判の抑止だと指摘した。(2024/3/26)

「胸にグッときた」 あの有名なジャケット写真を再現したくて…… 日本人を救ったまさかの“神対応”が話題
一生の思い出になる出来事。(2024/3/26)

不燃ごみで出せないフライパン → 夫「それくらいなら曲げれるわ」 パワーで解決した光景に「怪力すぎ」「やばすぎる笑」
ゴミのルールは自治体によって違うので捨てる際は確認しましょう。(2024/3/26)

「2+2=4」と指導しただけで“とんでもない事態”に…… “1200万再生”の海外ショートドラマが考えさせられる
7年前の作品ですが、今でも通じるところがあります。(2024/3/26)

父「3時目安に行きます(3時)」 “コーラスみたいな文字化け”メッセージに共感多数(そうだね)
「コーラス」という表現が美しくて良すぎる……。(2024/3/26)

おいおい、これって……! 見せびらかしたくなる「雨雲レーダー」にネット興奮 「ドラゴンボール見つけられそう」
AirTagを同期させて魔訶不思議アドベンチャーしたい。(2024/3/26)

100円の収納グッズがたくさん! ニンテンドースイッチ周りの“ゴチャゴチャ”をすっきり片付けるアイデアに「こういうの助かる」
これは取り入れたい!(2024/3/26)

「オタマトーン」と“まさかの物体”でマイケル・ジャクソンの名曲を再現 「何でも楽器になる時代がきました」
なんていうすてきな再現。(2024/3/26)

LOWYAの「食器7点セット」が1人暮らしスタートにピッタリ 大小のボウルと皿とマグカップで4300円
最低限の食事はこれで間に合う。(2024/3/26)

耳に干せる「洗濯物の耳飾り」がかわいいと話題 マンション風の什器に並べて飾る発想が天才的
まるごと欲しくなっちゃう。(2024/3/26)

衝撃料理“サメの心臓の刺し身”が興味深過ぎる 「レバ刺しのような味わい」
レバ刺しが恋しい人に良さそう。(2024/3/25)

爪に文房具が付いた“ありえない”ネイルアートが730万回再生!「テストこれで受けよう」【海外】
本当に使えちゃうなんて。(2024/3/26)

ホロライブ・雪花ラミィが休止期間中の出来事を明かす 「がんリスク検査で全部引っ掛かって死ぬんだと思った」
実際はほぼ問題なかったようです。(2024/3/25)

マクドナルドの新CM、関東版と関西版で大きな違いが…… 公式が明かした事実に「知らなかった」の声
イントネーションも関西弁寄りです。(2024/3/25)

大きな大根を“生後2カ月の赤ちゃん”と並べたツーショットが「豊作ですね!」「センスが最高」の声
ほぼ同じ大きさだ。(2024/3/27)

こんなに印象変わるのか! 一重や奥二重の人にこそ映える“盛りメイク”が「参考になる」と話題
一重とか奥二重のメイクって難しいんですよね。(2024/3/25)

サンリオ人気キャラ、斬新な髪型セット方法に注目集まる 「衝撃的すぎる」「弛まぬ努力に涙出てきた」
あのツンツンヘアーはこうやってできていたのか……。(2024/3/25)

マクドナルド、難易度高すぎる謎ゲー「ポテ通し」が話題 「なんだこれw」「ムズすぎる」
プレイ画面がシュールすぎる。(2024/3/24)

なんてダイナミックな……! 現役漁師が不屈の精神で作った「昔の漁師飯」に90万再生の反響 「めっちゃ感動した」
撮影に要した日数はなんと4日!(2024/3/24)

「知らなかった!」 “余った天ぷら粉”の活用方法が目からウロコ 老舗洋菓子店のレシピが簡単で参考になる
天ぷら粉は天ぷら専用かと思ってた……。(2024/3/24)

「ここに一平がいる」 大谷翔平インスタ、水原一平氏の写真“ほぼ削除”も……「唯一残された1枚」が話題
「消さないで」という声も。(2024/3/24)

ドアに入った男性が……消えた!? “6800万再生”の海外ドッキリに「何年たっても笑ってしまう」「誰も傷つかないイタズラ」
タネ明かしで納得。(2024/3/24)

GUの“新作2990円ワンピ”がコスパ高い! 着回ししやすい「バンドカラーワンピース」が全4色で登場
羽織りとしても着られます。(2024/3/24)

“雑草まみれ”だったのに……! プロの手で“衝撃の変化”を遂げる庭が「本当にすてき」と40万再生【英】
これがプロの仕事か……!(2024/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。