ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「例文」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「例文」に関する情報が集まったページです。

「Gatebox」量産モデル、発売延期から1年の成果 「音声合成は3回やり直し」、武地CEOに聞く舞台裏
3Dキャラクターと一緒に暮らせるという「Gatebox」の量産モデルが10月11日に発売。発売延期から1年、LINEのAIアシスタント「Clova」との連携や、合成音声の採用など機能追加した最新モデルがベールを脱ぐ。武地CEOに1年の成果を聞いた。(2019/10/11)

IT基礎英語:
三人称単数としての「they」、性別多様化の時代に対応
theyは三人称複数のはず。だけど、その用法が変わってきているのだ。(2019/9/26)

「滅殺開墾ビーム」で「滅」を覚える小学生……!? 推しの言葉で漢字の宿題を仕上げた「痛ノート」が楽しい
どうか先生が寛容でありますように。(2019/9/4)

「遅刻遅刻!」食パンくわえて走る大学院生 パッと見ベタな少女漫画風“言語学ラブコメ”がシュール
世界の広さを感じさせる1本。(2019/8/8)

「鍵垢」「パクツイ」「ツイ廃」 実は辞書に載ってるTwitter用語はどれ?
「何語載せても大丈夫!」なデジタル辞書「スーパー大辞林3.0」。(2019/8/12)

「often」と「sometimes」どっちが頻度高い? コアラで英単語を使い分けるイラスト、「授業で使いたい」と好評
「sholud(はずだ)」と「can(あり得る)」の差などを視覚的に説明。(2019/6/19)

「行けたら行きます」は「絶対に果たされない約束」の意 辞書にないコトバを収録した『妄想国語辞典』があるあるだらけ
映画「カメラを止めるな!」主演の濱津隆之さんの撮りおろしグラビアも収録しています。(2019/6/11)

若い女子の処世術的な褒めを「俺に気があるのか」と勘違いしてしまう問題 “クリーンなおっさん”になる方法を誰か教えてくれ
恐怖! 32歳男性、交流会で褒められまくる。(2019/4/26)

NHK基礎英語が異世界転生ラノベに!? 「女子中学生がドラゴンから王子を救う」物語の狙いをNHK出版に聞いた
この英語なら、吾輩の脳を浸食する隙があるというものよ。(2019/4/6)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
その企画書、読みにくいのはフォントが原因かも? ビジネスパーソンのためのフォント選び(前編)
フォントやデザインの世界を案内する連載「デジタルネイティブのためのフォントとデザイン」。今回は、企画書やプレゼン資料など「ビジネス書類のフォント選び」について解説します。(2019/2/28)

ペコちゃんがうんこ漢字ドリルとコラボ!? 奇抜な組み合わせについて担当者に聞いた
意外と食品コラボが多い、うんこ先生。(2019/2/27)

「うんこ漢字ドリル」が「うんこ学園」に進化 公式サイトオープン
うんこを通して学べるコンテンツを提供。(2019/2/8)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマート加湿器とスマートスピーカーの相性を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカーからの操作にも対応したTaoTronicsの超音波加湿器「TT-AH023」を紹介する。(2019/2/6)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(49):
「初めての会社選び、どうすればいいの?」――就活でお悩みの学生の皆さんへ
「どの会社に入れば良いのだろうか」――就活生なら、誰もが悩むことだと思います。そこで、長期的な「キャリア」の視点で会社選びを考えます。(2019/1/16)

深層学習で日中翻訳:
プロ翻訳者並みの精度を達成した日中機械翻訳エンジン、みらい翻訳とNICTが共同開発
みらい翻訳は情報通信研究機構(NICT)と共同で、日中機械翻訳エンジンの精度を向上させた。プロの翻訳者と同等の翻訳精度を備えるという。企業向けに提供している機械翻訳クラウドサービスのエンジンに採用する。(2019/1/15)

新しく提案された「システム」の漢字が秀逸 「確かにシステム」「天才だ」「採用で」
すごくありそうな感じ(漢字)です。(2019/1/14)

「しのびこんだ研究所には……」例文が全部怪談な『一行怪談漢字ドリル』 小学3年生版が登場
例文の怖さも少しアップ。(2018/12/6)

音声認識率で世界第2位の評価:
複数話者でも個別に音声をテキストへ、日立が音源分離技術を製品化
日立製作所は会話音声をテキスト化する「音声書き起こし支援サービス」の販売を開始した。雑音が含まれていたり、複数人の音声が重なっていたりしても、話者を識別して、話者ごとに分離したテキストを生成できる。(2018/10/17)

「屋根をからかう」「しみじみしなさい」ってどういう意味? 関東甲信地方の紛らわしい方言
「骨がおっかける」って、別の意味で怖い。(2018/10/14)

もふもふのパンダ写真と一緒に、ことわざ・慣用句を学べる! 参考書「パンダでおぼえる ことわざ慣用句」登場
ゆる〜く学ぶ。(2018/6/12)

お気に入りを見つけよう! “こだわり”から選ぶiPhone Xケース(後編)
ケースの種類が豊富なのがiPhoneの魅力。しかし「数が多すぎて選べない」という人もいるだろう。そこで、こだわりポイント別におすすめの「iPhone X」ケースをご紹介する。今回は「手帳」「革」「ファンシー」「キャラ」「レア」にこだわってみよう。(2018/6/10)

「あなたに似た声」、なんのために?
あなたは自分の声のコピーを持ってますか? わたしは2つ持ってます。(2018/6/8)

ちょっとコワいけど読みたくなっちゃう 例文が全て「怪談」になっている小学生向けの漢字ドリルが登場
あの漢字ドリルの次はコレ?(2018/5/25)

「ソフトバンクセレクション」10周年記念iPhone Xケース登場 「うんこ漢字ドリル」コラボと“鉄アレイ”をラインアップ
スマートフォンケースを始めとするデジタルアクセサリーのブランド「SoftBank SELECTION」が、2017年に設立10周年を迎えた。それを記念して「うんこ漢字ドリル」とのコラボレーションケースと、重さ約10kgの鉄アレイ型ケースを発売。うんこ漢字ドリルとのコラボでは、非売品の「ビッグうんこ先生ケース」が抽選で当たるキャンペーンも実施する。(2018/5/17)

ものになるモノ、ならないモノ(77):
「スマートスピーカー」の中にある「人工知能」は何をしているのか、作り方から理解する
世界の名だたるプラットフォーマーが開発に力を入れる「スマートスピーカー」。どのような手順でどんな処理が行われているのかは完全にブラックボックスだ。「スマートスピーカーを理解するには、自作するのが早道」と提唱する開発者に話を聞いた。(2018/5/16)

『うんこ漢字ドリル』の続編『うんこ漢字ドリル テスト編』発売 より漢字を身につけやすく
例文もパワーアップ。(2018/3/17)

「目でも指でも読める文字」が画期的 点字に線を足してフォントとしてデザイン
Twitterで受けた指摘を取り入れつつ、実用化を目指しています。(2018/3/13)

帯には「六甲おろし」:
ファンの愛で誕生 「阪神タイガース」仕様の国語辞典
三省堂が「阪神タイガース」仕様の国語辞典を発表。インパクトの強い装丁に仕上げた。作った狙いは?(2018/1/19)

広島でも1%未満:
「牡蠣」を漢字で書いてほしい ドリル制作の狙いとは?
広島県が制作した「牡蠣(かき)」の漢字だけを練習するドリルが話題に。ユニークなドリルに込めた狙いを聞いた。(2017/12/27)

歴史における「天下統一」とは何を指しているのか?
何をしたら天下統一なの?(2017/12/20)

Google Homeプログラミングを始めよう:
DialogflowでGoogleアシスタント対応アプリを作成しよう
Dialogflowと呼ばれるツールを使い簡単なアプリを作成しながら、Googleアシスタントアプリ作成の基礎知識を見ていこう。(2017/12/8)

10代女子が選ぶ今年の流行語、3位に「ンゴ」
10代女子が「今年流行した」と思う言葉は、1位が「インスタ映え」、2位が「熱盛」、3位が「ンゴ」――こんな調査結果が発表された。(2017/11/16)

あの「うんこ漢字ドリル」がお菓子になったよ! うんこ先生と“べん強”できるグミとソフトキャンディー発売
グミはうんこ先生の形をした“うん!コーラ味”。(2017/11/6)

「うんこ漢字ドリル」がお菓子に
バンダイは、累計発行部数276万部突破(2017年7月時点)の漢字ドリル「うんこ漢字ドリル」をモチーフにしたグミとソフトキャンディを発売する。(2017/11/6)

『バカ売れ法則大全』発売:
「バカ売れ」誕生を予感させる“熱”とは
「バカ売れ」商品を生み出すには何が必要なのか。コピーライターの川上徹也氏によると、商品を売りたい、良さを伝えたい、という「熱」だという。どういうことか。ヒット商品の事例からポイントを聞いた。(2017/11/6)

Over the AI ―― AIの向こう側に(16):
モノマネする人工知能 〜 自動翻訳を支える影の立役者
最近の機械翻訳の発展には目を見張るものがあります。なぜ、ここまで進化しているのでしょうか。AI(人工知能)による翻訳、通訳を取り上げ、その発展の理由を探ってみると、その根底には、あるパラダイムシフトが存在していたことが分かりました。(2017/10/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「ねぇ Google」というファインプレー Google Homeを設置して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はスマートスピーカー「Google Home」導入記の後半をお届けする。(2017/10/23)

データローミングに初対応 “海外でも使える全部入り”ケータイ「A5505SA」(懐かしのケータイ)
渡航先でもEZwebやEメールが利用できるデータローミングにau端末で初対応した「A5505SA」。三洋初の100万画素カメラに電子コンパス、FMラジオ、ダイレクトプリントなど様々な機能を備えた「全部入り」ケータイでした。(2017/10/9)

「シャーロック・ホームズ」全作品を翻訳した英語学習法 TOEICにはオーバースペックな“最強単語帳”の作り方とは?
語彙力こそパワー。(2017/9/28)

PR:無料で使える翻訳機能が「Simeji」に登場! 英語翻訳の精度も向上
バイドゥの「Simeji」に翻訳機能が追加。これまで有料版で提供していた翻訳機能をリニューアルし、無料版でも使える。どんなシーンで役に立つのだろうか?(2017/9/19)

東プレによる「タイピング大会」のオンライン予選がスタート 東京ゲームショウで決勝
優勝者には「Amazonギフト券10万円分」などが提供されます。(2017/8/6)

Twitter、フォロー外のツイートを勧める機能「You might like」を一部ユーザーでテスト 対象者から困惑の声多数
「興味のないツイートばかり勧められる」「お節介すぎる」といった意見が目立ちます。(2017/7/28)

「あれはUFOですか? いいえ、米軍の秘密兵器です」 学研プラスがムー監修の英会話本を出版
これさえあれば、エリア51でも対応できそう。(2017/7/14)

さすがは「うんこ漢字ドリル」、うんこの詰め込みっぷりが一味違うぜ! タイアップイベントがナンジャタウンで開催
「聖なるうんこ」で「うんこ城」の「うんこドラゴン」を倒すアトラクションなど登場。うんこばっかりだな!(2017/7/7)

普段使わない表現ばっかじゃねえか! 「うんこ漢字ドリル」から考案した架空の教材「中二病漢字ドリル」がゾクゾクする
中二病と勉強の両立。(2017/6/29)

例文全てに「うんこ」を使用する『うんこ漢字ドリル』に待望(?)の大人版誕生 女性セブンの付録で
好評につき予想外のコラボレーション。(2017/6/13)

スキマ時間で英語が身に付く? カシオの「デジタル英会話学習機」を試す
通勤・通学などのスキマ時間を使って、紙の教材やスマホアプリで英語を学んでいる人は多いが、こんな専用ガジェットがあるのをご存じだろうか。今回はカシオが発売した最新モデルを実際に試してみた。(2017/5/31)

水曜インタビュー劇場(ぶりぶり公演):
2カ月で180万部! 『うんこ漢字ドリル』がバカ売れしている理由
文響社の『うんこ漢字ドリル』が売れている。すべての例文に「うんこ」が登場していて、小学生はゲラゲラ笑いながら学習しているという。同社は参考書をつくったことがないのに、なぜこのようなドリルをつくることができたのか。担当編集者に話を聞いた。(2017/5/31)

「これはタカシですか?」「いいえ、それはゴキブリです」 とある英語学習アプリの例文が狂気しかない
タカシ「とても美味しいコーラですね(しょうゆを飲みながら)」(2017/5/21)

英語を学ぶならロボットもいいね――カシオの「Lesson Pod」入門
(2017/5/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。