ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「海外」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「海外」に関する情報が集まったページです。

NECプラットフォームズ、国内4キャリア&デュアルSIM対応のLTEルーター「Aterm MR10LN」発売
NECプラットフォームズは、4月8日にSIMロックフリーのLTEモバイルルータ「Aterm MR10LN」を発売。国内4キャリアや海外の利用バンドに対応し、デュアルSIMカードスロットや最大21時間連続通信可能な大容量バッテリーを搭載する。(2021/3/3)

スマート工場最前線:
技術者が行けない! タイでの新製品量産を遠隔立ち上げしたOKIデータの挑戦
COVID-19により人の移動が制限される中、従来は技術者を派遣していた海外工場での量産立ち上げなどが行えない状況が生まれている。こうした中で、新規設計製品の量産立ち上げを完全リモートで行い成功したのがOKIデータである。カラーLEDプリンタ戦略製品の遠隔立ち上げへの取り組みを紹介する。(2021/3/2)

PayPay、LINE Payの国内事業を吸収へ 海外はLINE Payに統一
ヤフーの親会社Zホールディングスは3月1日、スマートフォン決済「PayPay」に「LINE Pay」を統合させる方針を示した。2つのサービスが統合されれば、国内で最大手となる見通し。(2021/3/1)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
Clubhouseに関わるAgoraとZoom、2人の中国系創業者の意外な接点
ブームは一段落したが、現在も順調にユーザー数を伸ばす音声SNS「Clubhouse」。当初は、海外SNSを制限する中国でもアクセスできたため、関係者が試し、論評し、模倣する結果となっている。またアプリの音声技術を提供する中国企業「Agora(声網)」と、Zoomの創業者の意外な接点も見えてきた。(2021/2/25)

「Twitterのアカウントを乗っ取られた」 海外から不審なログイン、自分のアカウントからはじき出され……実体験漫画に反響
2要素認証など対策を。(2021/2/25)

製造業IoT:
海外法人への5Gソリューション展開を目指し、13社がコンソーシアム「5GEC」設立
富士通、NEC、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、AGCなど13社は、「海外法人5Gソリューションコンソーシアム(5GEC)」の設立に向け、基本合意した。各企業のネットワーク技術や販売網などを生かして、海外に拠点を持つ企業向けに、安定した5Gプライベート網やソリューションなどを提供する。(2021/2/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
電通が史上最大の巨額赤字……高くついた「のれん代」の恐ろしさ
電通グループが15日に発表した2020年12月期の通期決算によれば、当年における最終赤字は同社としては史上最大の1595億円となった。しかし本業では黒字である。最大の要因は、海外事業における「のれん」の減損損失1403億円だ。(2021/2/19)

家電メーカー進化論:
トルコ家電メーカーとの合弁へ海外家電事業を移管、日立GLSは何を目指すのか
日立グループで家電製品の開発販売を行う日立グローバルライフソリューションズ。2020年12月には、海外家電事業をトルコの家電大手アルチェリクとの合弁会社へ移管すると発表した同社は、何を目指しているのだろうか。“オープンな協創”をテーマに同社の描く未来を、取締役社長の谷口潤氏に聞いた。(2021/2/18)

SaaS型ERPならではの強みを生かす
2層ERP戦略が海外拠点のガバナンス強化とビジネス迅速化に貢献する理由
海外拠点に現地の商習慣や法制度に適応したERPを導入するのは合理的な選択だが、製品選定や導入を現地任せにしてしまうと、経営面でさまざまな不都合が生じる。この課題を解決する方法とは。(2021/3/5)

世紀のバカゲー「ペプシマン」を現代向けにリメイク!? 海外ファン制作のデモ動画が超クオリティ
オリジナル版は一部で1万円以上の値が付くレアものです。(2021/2/17)

家電メーカー進化論:
家族型ロボットへ出資した、日立GLSの目指す未来
日立グループで家電製品の開発販売を行う日立グローバルライフソリューションズ。同社は2020年12月に、家族型ロボットの製造販売を行うスタートアップ・GROOVE Xとの資本・業務提携し、また海外家電事業をトルコの家電大手アルチェリクとの合弁会社へ移管すると発表した。同社の目指す未来を取締役社長の谷口潤氏に聞いた。(2021/2/17)

TWICE・サナ、コブクロの「卒業」新MVに登場 生まれ育った大阪から韓国へ、背景とともに移り変わる表情に海外勢も感涙
コブクロとサナさんの3人で泣かせにきてる!(2021/2/13)

画面と時間の争奪戦……動画配信サービス、独自色で国内勢攻勢
コロナ禍で存在感を増したのが動画配信サービスだが、Amazon Prime VideoやNetflixなどの海外勢が先行しているが、ここにきて国内の動画配信サービスも独自色を打ち出しながら、顧客の取り込みに攻勢をかけている。(2021/2/12)

画面と時間の争奪戦……動画配信サービス、独自色で国内勢攻勢
このコロナ禍で存在感を増したのが動画配信サービスだが、アマゾンプライムビデオやネットフリックスなどの海外勢が先行しているイメージだ。ここにきて国内の動画配信サービスも独自色を打ち出しながら、顧客の取り込みに攻勢をかけている。(2021/2/12)

auの「迷惑メッセージ・電話ブロック」、海外からの着信を拒否可能に
KDDIのauスマートパス・auスマートパスプレミアム会員向けのサービス「迷惑メッセージ・電話ブロック」で、海外からの着信を任意で警告・拒否できる機能を追加した。(2021/2/8)

産業動向:
清水建設が北米のエンジニアリング会社を買収、株式の取得額は約5億円
清水建設はこのほど、北米のエンジニアリング会社Perigon Internationalを買収した。今回の買収を弾みに、今後はさらに北米での事業拡大に取り組み、長期ビジョン「SHIMZ VISION 2030」で示した連結売上利益の事業構成「海外25%:国内75%」の実現を目指す。(2021/2/8)

ドコモがオープンRANや5Gソリューションを海外展開 柔軟で拡張性の高いネットワークを
NTTドコモは、オープンRANの海外展開を目的とした「5GオープンRANエコシステム」の構築を発表。NVIDIA、Qualcomm、NEC、富士通などと協業する。海外拠点を持つ法人に5Gソリューションを提供することを目的とした「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」も設立する。(2021/2/4)

製造業のローカル5Gを促進 NECらがサービス提供に向けたコンソーシアムを設立
NECらは、海外に拠点を持つ法人に向けて、ローカル5Gなどのプライベート網を通じて5Gソリューションを提供することを目的とした「海外法人5Gソリューションコンソーシアム」の設立に向けて基本合意した。(2021/2/4)

受け入れがたい問題に直面
「海外で発生したロックダウン」による影響から学んだ教訓
自国や自社にロックダウンが生じていなくても油断はできない。海外のロックダウンがIT部門を悩ませることもある。何が起きたのか。(2021/2/2)

パナソニックの太陽電池生産終了 国内各社に逆風 システム開発で活路
価格競争力を高めてきた中国などの海外メーカーに押され、かつて世界シェア上位にいた国内勢が厳しい環境に置かれている。(2021/2/1)

木魚を鳴らしてAC/DCやQueenを熱唱 洋楽をカバーするお坊さんが海外で人気 その背景を聞いた
仏具で奏でるハードロック。(2021/1/30)

【漫画】海外の友人から送られてきた謎の動画 カメラが収めた「不気味な儀式」の正体にほっこり
これはお腹いっぱい。(2021/1/30)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
夜間の自撮りにも便利 Huaweiスマホ用「Ring Light Case」を使ってみた
Huawei「Mate 40 Pro」と「Mate 40 Pro+」用の「Ring Light Case」が海外で販売されている。本体から給電を受ける形で動作するのでちょっとした撮影に便利だ。実際にRing Light Caseを使ってみた。(2021/2/1)

芸能界の“Netflix詣で”急加速 魅力的な世界配信と高額ギャラ
エンタメ業界で、Netflixが民放キー局にも負けない存在感を放っている。世界中で配信されるので、俳優・女優にとっては米ハリウッドをはじめとした海外へのアピールにもなる上、出演ギャラも高いためだ。(2021/1/27)

外貨決済の“隠れコスト”とは? トランスファーワイズが複数通貨対応デビットカード
日本人にとって“コストの塊”だった海外送金や外貨支払いが、次第に変化してきている。高コストなSWIFTを利用しない国際送金サービスとして、認知度が高まっているトランスファーワイズは1月26日、同社の複数通貨対応口座から支払いが行えるデビットカードの提供を発表した。(2021/1/26)

PR:渡航できなくても海外ビジネスを加速 クラウドのセキュリティ対策は「HENNGE One」が強い味方に
(2021/2/3)

10.1型タブレット「TCL TAB 10s」がau限定で発売 2万2720円のWi-Fiモデル
FOXが、TCL製のタブレット「TCL TAB 10s」を国内で投入する。au +1 collection専用のオリジナルモデルとして、全国のauショップやauオンラインショップで取り扱う。海外版よりスペックを抑えることで、2万2720円(税別)という価格を実現した。(2021/1/21)

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

工場ニュース:
ベトナムで標準ポンプの製品組み立てを行うノックダウンセンターの稼働開始
荏原製作所は、ベトナムで標準ポンプの製品組み立てを行うノックダウンセンターの稼働を開始した。グローバル生産体制、サプライチェーンの強化により、海外市場での標準ポンプ事業の競争力を高める。(2021/1/19)

ガンプラ、海外売上が約5割 人気拡大の理由をBANDAI SPIRITSに聞いてみた
近年海外での人気が高まっていました。(2021/1/18)

東京ガス・内田高史社長 再生エネ 洋上風力発電に力
当社を取り巻いている環境は、デジタル化、顧客の価値観の変化・多様化、エネルギー自由化、脱炭素化の4つに集約される。これらを進めつつ、海外事業もより注力していく。(2021/1/17)

「エヴァ」綾波レイの姿で「残酷な天使のテーゼ」“英詞版歌唱”する動画が海外でジワジワ注目集める
3曲目となるカバー歌動画「集結の園へ」が公開されました。(2021/1/15)

非・王道のビジネスモデル:
常識にとらわれない! 逆張りの欧米スタートアップ3社
いつの時代でも、大きな成功を収める新規事業は、常識にとらわれないビジネスモデルを展開して新たな市場を切り開いてきました。海外に目を向けると、いまどのようなスタートアップが注目されているのでしょうか。(2021/1/15)

OPTiM INNOVATION 2020:
音声や画像で遠隔作業を支援可能なSaaSと映像取得で役立つスマートデバイス
兼松コミュニケーションズは、遠隔地から現場の作業者に指示が行えるオプティム製のSaaS「Optimal Second Sight」とさまざまなデバイスを組み合わせたサービスの開発を進めている。近年は、国内の事業所から海外の現場で働く作業員に指示が送れるサービスの開発も手掛けている。(2021/1/14)

エンワールド・ジャパン調べ:
コロナ禍のボーナス、外資系・グローバル企業で変化はあった?
新型コロナウイルの影響を大きく受けた2020年。外資系企業などではボーナスの支給額に変化があったのだろうか。人材紹介会社のエンワールド・ジャパンが、外資系企業と海外でもビジネスを展開する日系企業を対象にアンケートを実施した。(2021/1/8)

「るるぶONE PIECE」で“脳内大航海” 物語の舞台に似た世界のスポットをガイド
「ONE PIECE」の物語の舞台と似た世界各地のスポットを、旅行ガイド「るるぶ」編集部が案内する初のコラボムック「るるぶONE PIECE」が実現。「なかなか海外旅行ができない今だからこそ、麦わらの一味気分で『脳内大航海』へ出航してみてください」(2021/1/7)

政府、機密や技術守る資格創設へ 研究成果の海外流出を防ぐ
政府が、先端技術の海外流出防止などを目的として、機密や技術情報の取り扱いに関する資格の創設を年度内にも具体化させる方針を示した。(2021/1/7)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
海外に行きたくてどうしようもなくて「C-POP」に行き着いた
日本にいても楽しめる、現地のことを探します。(2021/1/7)

世界の投資マネーが「日本に集まる」理由 マネックスグループ社長・松本大
 コロナ禍で世界経済が歴史的な落ち込みを記録した2020年だったが、株式市場では日経平均株価はバブル後の最高値を更新、米国のダウ工業株30種平均も初の3万ドル超えを果たした。コロナとともに迎える21年の市場はどうなるのか。マネックスグループの松本大(おおき)会長兼代表執行役社長CEO(57)は、海外の機関投資家による「日本買い」が市場を支えるとみる。そして気になる暗号資産(仮想通貨)のビットコインの買い方についても語った。(聞き手・中田達也)(2021/1/6)

川崎重工に不正アクセス、一部情報流出の恐れ 「痕跡がなく、高度な手口によるもの」
川崎重工業が、海外経由で日本国内のデータセンターへ不正アクセスがあり、一部の情報が外部に流出した可能性があると発表した。(2020/12/28)

情報漏えいの可能性:
川崎重工に不正アクセス 「本来発生しないはず」タイ拠点からの接続が見つかる
川崎重工業が、国内拠点のサーバが不正アクセスを受け、一部の情報が海外拠点から外部に流出した可能性があると発表。本来発生しないはずのタイの拠点から日本国内のサーバへの接続が見つかった。(2020/12/28)

チャレンジャーバンクのレボリュート、銀行口座からの入金に対応
送金や海外決済、外貨両替などの機能を持つ金融アプリ「レボリュート(Revolut)」は12月24日、国内銀行口座からの入金に対応したと発表した。これまでは、入金はデビットカードまたはクレジットカードに限られていたが、チャージの選択肢が広がった。(2020/12/24)

なんだ天使か! りゅうちぇる、ダークブラウンの短髪姿でかわいい“美少年”に若返ってしまう
海外のホームドラマにいそう。(2020/12/24)

厚労省、テレワークガイドラインを見直し 休日・深夜の連絡を抑制へ
テレワークガイドラインの見直しに向け、有識者が提言書をまとめ、厚労省に提出した。海外の事例を基に、時間外の業務連絡にルールを設けることなどを盛り込んでいる。(2020/12/23)

チャレンジャーバンクのレボリュート、10円からの貴金属取引提供開始
送金や海外決済、外貨両替などの機能を持つ金融アプリ「レボリュート(Revolut)」は12月23日、金および銀の取引機能を提供開始したと発表した。10円から取引可能で、リアルタイムの市場データを用いて売買できる。(2020/12/23)

海外撮影の山下智久、カナダからの帰国を報告 チャレンジ続ける姿勢に「イルミより輝いてる」と称賛集まる
今回の撮影は「忘れる事のできない貴重な経験」になったとも。(2020/12/21)

アフターファイヤーってレベルじゃねぇぞ! ジェットエンジンを搭載した魔改造「ニュービートル」が海外オークションに出品 最大出力1300馬力以上
後方のジェットの存在感、ヤバすぎ!(2020/12/21)

ゆりやん、アリアナMVの完コピにまたも挑戦 海外ネット民「いったい何を見せられたんだ」
KAKUGARI……?(2020/12/18)

マンション業界の秘密:
オフィスもマンションも買い手市場に変わる コロナ前と同じ状態には戻れない
 いよいよ新型コロナに対応したワクチンの接種が海外で始まった。期待通りの効果があるとすれば、いずれコロナ禍は世界的な規模で収まるはずだ。しかし、それにはまだ1年以上かかりそうな気配である。(2020/12/16)

TrackPointを初搭載:
ThinkPadブランドのChromebookが日本上陸 AMDプロセッサを搭載して9万5000円(税別)から
海外では幾つか発売されていたThinkPadブランドのChromebookが、ついに日本でも発売される。Chrome OS搭載のThinkPadとしては初めて、ThinkPad独自のポインティングデバイス「TrackPoint」も搭載している。(2020/12/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。