ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ラミー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ラミー」に関する情報が集まったページです。

ロッテの酒チョコに新作「アップルブランデー」が登場 洋酒漬けの角切りりんご入り
食べたい!(2021/11/9)

明治の「きのこ・たけのこ戦争」と違ってロッテの「ラミー・バッカス紛争」はパッケージに勝敗が記されている……? ロッテになぜ順位記載したのか聞いた
この時期になると食べたくなる「ラミー」と「バッカス」。勝ったのは……?(2021/10/22)

ラミーに続きバッカスのアイスも登場 「ラミーチョコアイス」「バッカスチョコアイス」
今年も洋酒の香りが楽しめる。(2021/10/3)

贋作師とニセモノを見破る目利きの少女 2人が出会う漫画が美しく胸に響く
ニセモノを見破った少女の正体は……。(2021/7/7)

「アベンジャーズ/エンドゲーム」を191回鑑賞したファンがギネス世界記録 筋肉7キロを犠牲にやり遂げた偉業
ジムに通う時間を削って映画館に通った結果、筋肉が落ちてしまったそうです。(2021/3/30)

冬季限定チョコ「ラミー」「バッカス」の量が減った? パッケージも大きく変化したリニューアルについてロッテに聞いた
新しいタイプと、今までのタイプ、どっちが好き?(2020/10/19)

リアルタイムOS列伝(4):
マイクロソフトが買収した「ThreadX」あらため「Azure RTOS」はまだ実体がない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第3回は、マイクロソフトが2019年4月に買収し、名称を「Azure RTOS」に変更した「ThreadX」を取り上げる。(2020/7/29)

リアルタイムOS列伝(3):
豪華絢爛な採用実績を持つRTOSの老舗「VxWorks」の行く先
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第3回は、現在流通しているRTOSの中で最も古くから使われている「VxWorks」を取り上げる。(2020/6/25)

“液タブ事始め”に最適:
PCを持っていない非クリエイターにも使ってほしい「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」が登場
ワコムが液晶ペンタブレットの「Wacom One 液晶ペンタブレット 13」を1月16日に発売する。クリエイター以外にもターゲットを広げたエントリーモデルの概要をチェックした。(2020/1/7)

Computer Weekly日本語版
IT部門にとってWindows 10は最大・最後のチャンス!?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/4/14)

仕事耕具:
「LAMY2000」にオールステンレスボディの新モデル
独LAMYの人気シリーズ「LAMY2000」にオールステンレスボディの新モデル「LAMY2000 プレミエ ステンレス」が10月に登場する。(2012/9/28)

文具書評:
経理マンの定規が木製である理由――『文具上手』
文具好きなら、ほかの人がどんな道具をどのように使っているか気になるはずだ。そこで、デザイナーや新聞記者、医師などの12人の事例をカラフルな写真とともに180ページで紹介したのが本書『文具上手』である。(2012/9/4)

LAMY Safari、2012年特別カラーはビビッドな蛍光グリーン
DKSH ジャパンは、「LAMY Safari green」を発売した。価格は万年筆が3990円、ボールペンが2625円。いずれも個数限定だ。(2012/6/25)

スマート文具サミット:
万年筆のような電子ペンが欲しい!
文具やガジェット好き6人による座談会の第3回。手書き文字をデジタル化するツールの1つである電子ペンを彼らはどう見ているのでしょう?(2012/5/11)

LAMY、日独交流150周年記念の万年筆「フレンドシップペン」
DKSHジャパンは、日独交流150周年を記念した独ラミーの万年筆「Lamy safari Freundschaft(ラミー サファリ フレンドシップペン)」を5月下旬に発売する。価格は3990円。(2011/4/21)

仕事耕具:
ラミーの「LAMY nexx」、丸いペン先で万年筆ビギナーも
ラミーは、初心者向け万年筆の「LAMY nexx」(ラミーネックス)を発売。丸みを帯びたペン先(Aニブ)を備え、初心者でも使いやすいという。(2009/11/19)

仕事耕具:
LAMY、人気筆記具「サファリ」に2009年限定“ピンク”モデル
ドイツの筆記具メーカーLAMYが「safari(サファリ)」シリーズにピンク色モデルを追加する。(2009/7/29)

万年筆1本作るのに6年――「LAMY ドイツデザインの精緻」展を見てきた
松屋銀座で開催している企画展「LAMY ドイツデザインの精緻」を見てきた。オープニングレセプションに登場した深澤直人氏は、企画展のこだわりやLAMYの魅力について語った。(2009/7/23)

+D Style News:
今年はオレンジ! ラミー「サファリ」2009年限定カラー登場
ラミーの「サファリ」から、2009年限定カラーが登場する。万年筆とボールペンの2種類を用意した。(2009/1/29)

+D Style News:
カリグラフィーペン「ラミー ジョイ」に限定カラー
ラミーのカリグラフィーペンに、クリップがアクセントの限定カラーが登場。(2008/9/12)

+D Style News:
ラミー、深澤直人デザインのボールペン「Lamy noto」
ラミーが新製品「Lamy noto」を発売する。アジア人初となる深澤直人氏を起用し、機能性とデザイン性の融合した一品となっている。(2008/6/16)

ひとりで作るネットサービス:
アルファブロガーになりたくて──アウトプットにこだわる「CREAMU」川下さん
たとえ大ヒットしなくても作り続けることに意味がある。アウトプットすることでしか成長できないから──。ネット、ブログ、音楽といった多くの趣味を持ち、デザイナーである傍らネットサービスの開発も手がける川下さんが目指すものとは。(2008/3/21)

+D Style News:
ラミーの定番筆記具「サファリ」「アルスター」にシックな新カラー
ラミーの筆記具としておなじみの「サファリ」と「アルスター」に新カラーが登場。サファリはつややかなライムグリーンのセットモデル、アルスターは上品な色味のラズベリーカラーモデルを用意。(2008/3/12)

New Generation Chronicle:
力武健次――在野の孔明、問題解決の彼岸にみたプログラムの本質
回を重ねた「New Generation Chronicle」。自分のサイトなどでこの連載について言及する方も増えてきた。そうした方の中から、今回はネットワークセキュリティの研究者、力武健次氏を取り上げる。(2008/2/6)

+D Style News:
ラミー、ユニークなクリップの「ステュディオ」に新モデル
立体感のある独特のクリップと、シンプルなボディラインが美しいラミーの「ステュディオ」に、ツインタイプと限定カラーが追加された。(2007/11/20)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
モノだけでなく、心も満たすリフィル文具
シャンプー、カップ麺、システム手帳、ボールペン……あなたが“リフィル(詰め替え)”をするのはなぜだろう? 「減ったから足さなきゃ」というだけでなく、自分の心も満たしてくれる、そんなリフィルについて考えてみた。(2007/11/1)

ラミー、スタイリッシュに輝く「LAMY CP1 プラチナコート」
ゲルト・ミュラーがデザインを手がけた“LAMY 2000”シリーズの筆記具「LAMY CP1」に、スタイリッシュなプラチナコーティングモデルが登場。(2007/9/25)

+D Style News:
ラミーの人気筆記具「サファリ」に新色モデル
ドイツの老舗筆記具ブランド「ラミー」のロングセラー「サファリ」に新色が登場。(2007/7/10)

+D Style News:
実用性と遊び心を併せ持つ「ラミー」の新作ボールペン&ペンシル
日本シイベルヘグナーは、筆記用具メーカー「ラミー」の新製品「ラミー ピュア」のボールペンとペンシルを、6月より発売する。実用性と遊び心を兼ね備えた筆記用具。(2007/5/8)

達人の仕事術:
2人の起業を支えたのは「Skype」――ヴァルハラワークス・馬場庸行さん
ヨーロッパの文房具を扱うネットショップ「フルークターク」を運営するヴァルハラワークス。この会社を設立した2人を支えたのは「Skype」だった――。(2006/7/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。