ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モラル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モラル」に関する情報が集まったページです。

三菱電機不正拡大 製造業、相次ぐ品質面の不祥事
日本の製造業で品質に関する不祥事が相次いでいる。自社経営に打撃となるだけでなく、日本のものづくりへの信頼を揺るがしかねない。「実質的に問題がなければいい」という姿勢で定められた手続きを怠るケースもみられ、規範意識や倫理観が問われている。(2022/5/26)

永久凍結「間違い」:
「道徳的に間違っており、とても愚かだ」マスク氏、トランプ氏排除を撤回
電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は10日、買収合意した米短文投稿サイト大手ツイッターの運営をめぐり、トランプ前米大統領のアカウントを永久凍結した対応を撤回する考えを表明した。(2022/5/11)

Metaが手掛けるスパコン開発【第3回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」が直面する環境と倫理の大問題
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、幾つかの問題を抱えていると専門家が指摘する。主な問題は「環境問題」と「倫理問題」だ。(2022/5/9)

電動キックボード「免許不要」で気になるモラルと事故時の補償 ヘルメット「努力義務」に緩和
電動キックボードのルールが大きく変わる。改正道路交通法が成立し、16歳以上については運転免許が不要となり、ヘルメット着用も「努力義務」に緩和される。運転手のマナーやモラル、事故が起きた場合の補償などは大丈夫なのか。(2022/4/27)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ウクライナ戦争が引き起こす企業と投資家の社会的、倫理的ジレンマ
ロシア人に生活必需品を売るべきか――。ウクライナ戦争は企業に難しい課題を投げかけました。企業はESGと倫理的な配慮の間でどうバランスを取るべきでしょうか。フィデリティの取り組みとともにご紹介します。(2022/4/21)

AI・機械学習の用語辞典:
責任あるAI(Responsible AI)とは?
用語「責任あるAI」について説明。倫理的な問題やプライバシー、セキュリティーなどの潜在的なリスクに企業や組織が責任を持って取り組み、作成したAIが安全で信頼できバイアスがないことを保証すること、またはそのための指針として掲げる基本原則やプラクティスのことを指す。(2022/4/7)

初音ミクも登場の音ゲー「プロセカ」の道徳的なガイドラインが「当たり前だけど大事」と話題 「他人を否定する言葉を使うのは避けましょう」
人付き合い全般の手引きにも。(2022/4/6)

Marketing DIve:
ウクライナ戦争で有名ブランドが直面した空前絶後の試練
ロシアとの関係を断ってほしいという消費者の要望は明らかだが、従業員を支援したり一般の人々のために重要な製品を提供したりしたいと考える企業は、道徳的なジレンマに陥っている。(2022/4/6)

スマホゲー「プロセカ」、マナーガイドラインを発表 「まるで道徳の授業」「公式がこれを出すとは」など反響
セガは、スマートフォン向けゲームアプリ「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」(iOS/Android)のマナーガイドラインを発表した。ユーザーからは「公式がこれ出すって…」や「まるで道徳の授業」などの反応が見られた。(2022/4/5)

AI・機械学習の用語辞典:
人間中心のAI(HCAI:Human-Centered AI)とは?
用語「人間中心のAI」について説明。人間の能力を機械(AI)に置き換える「自律的なAI」のアプローチよりも、機械(AI)を使って人間の能力や体験を向上させる「人間中心のAI」のアプローチの方が大切だとする、AIの研究/構築方法に関する考え方を指す。その考え方では、「人間と機械の相互作用」および「人々や社会への倫理的な影響」に関心を向けることも重要視される。(2022/3/30)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(終):
世界で進むAI規制、開発者に求められる競争力とは
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する本連載。第4回は、AI倫理に関する世界の主要なAI法規制やガイドラインと、AI開発者に求められることについて。(2022/3/30)

「線路内で撮った動画がネットでバレて批判」なんて例も掲載 「情報モラル」の教材が真理を突いていると話題
インターネットは世界中の人が見ています。(2022/3/27)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(3):
AIモデル学習の評価時/オペレーション時に発生するバイアスリスク、どう対処する?
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する本連載。第3回は、AIモデル学習の評価時、オペレーション時のバイアスリスクへの対処法について。(2022/3/15)

富士通が"AI倫理影響評価システム"のドラフト版を無償公開 「信頼できるAI」普及を目指す
富士通は、AI倫理ガイドラインに基づいてAIシステムの倫理上の影響を評価する方式を開発した。AIシステムの設計などで考慮すべき項目を網羅的に洗い出す仕組みだ。(2022/2/22)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(2):
AIがもたらす「不公平な結果」を防ぐために開発者は何を考慮すればよいのか
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する本連載。第2回は、データ収集の際に起きてしまうバイアスの発生を防ぐために、AI構築に携わる技術者がとるべき対応について。(2022/2/22)

いずれはセキュリティやプライバシーと同じ扱いに?:
「AI倫理も品質の一部」な時代、AIエンジニアには何が求められるのか 有識者に聞いた(前編)
AI倫理に関してエンジニアは何を知っておくべきなのか、エンジニアには何が求められるのか、AI倫理に詳しい弁護士の古川直裕氏に話を聞いた。前編である今回は、AI倫理とは何か、エンジニアにAI倫理はどのように関わってくるかについて。(2022/2/17)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(1):
なぜ今AI倫理なのか? AIがもたらす「意図しない結果」を防ぐために開発者ができること
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する連載。初回は、AIの普及により浮き彫りになった課題と、AI開発プロセスに内在するリスクについて。(2022/2/16)

全加盟国193カ国が一致
AI関係者は絶対無視できない、ユネスコのAI倫理勧告
ユネスコがAIの倫理的利用に関する勧告を採択した。日本を含む加盟国は、今後強制力のある法整備を進めるとみられる。AIに関わる人や企業がこの勧告を無視することは決してできない。(2022/1/26)

「モルカー」のネット配信や「FF14」で学ぶ道徳など 2021年“ねとらぼで最もRTされた記事”TOP5
2022年もよろしくね。(2021/12/31)

Googleを解雇されたAI倫理研究者、独自研究所DAIR設立 フォード財団などが支援
1年前にGoogleを突然解雇されたAI研究者のティムニット・ゲブル氏が独立したAI研究所DAIR(分散型AI研究所)を設立した。「AIの研究、開発、展開に対するビッグテックの広範な影響に対抗する」としている。(2021/12/3)

徳光和夫、AKB48絡みの“妊娠させられる”発言に医師「倫理的に問題」 巻き込まれた明石家さんまには「貰い事故でいい迷惑」
聞き手を務めた水道橋博士さんも過去に問題発言で謝罪。(2021/11/8)

「ファイナルファンタジー14」サイトで公開された禁止表現一覧が話題に 「すばらしい」「道徳の授業みたい」と称賛集まる
他のネトゲプレイヤーにも参考になる……。(2021/10/30)

見過ごせない「事件」とは:
風雲急の新生銀行TOB 金融庁は「モラル欠如」のSBIを認めてよいのか
SBIホールディングスが開始した、新生銀行へのTOB。地銀再編を巡る大きな動きだが、SBI側が引き起こした「事件」に筆者は着目する。果たしてモラルが欠如した企業に、銀行運営を任せてよいのか。(2021/9/24)

道徳的な配慮もあり? ランサムウェア攻撃の標的になる「理想的な企業」が判明
サイバー犯罪者がランサムウェア攻撃を仕掛ける企業や国には特定の偏りがあることがKELAの分析で明らかになった。サイバー犯罪者が好む標的を知ることで、リスクを認識して対策につなげてほしい。(2021/9/8)

ホワイトハッカー利用の壁
ホワイトハッカーの「倫理的なハッキング」を活用すべし
防衛上の弱点を発見するために部外者に攻撃させるという手法は、軍隊でも活用されている。これをサイバーセキュリティに応用したものがホワイトハッキングだ。だが利用には壁を乗り越える必要がある。(2021/8/20)

SNSの「いいね」は怒りを増幅させるフィードバックループを生む──イェール大学が論文発表
SNSでは“道徳的な怒り”を表す投稿が増える傾向があると、イェール大学の研究者がTwitterの投稿を解析した研究結果を発表した。「プラットフォーマーは集団運動に影響を与える能力を持っていることを自覚するべきだ」としている。(2021/8/16)

米人気セレブたちが続々ワクチン接種の重要性を呼びかけ 「自身のモラルやプロとしての義務」「ワクチン接種が最善」
反マスクや反ワクチンのデモも未だ多い米国。(2021/8/6)

小寺信良のIT大作戦:
アスリートへの誹謗中傷、モラルだけでは止められない オリンピックの勝敗の鍵を握るかもしれないSNS対策
オリンピック選手に対する誹謗中傷問題が浮上している。解決策はあるのか?(2021/7/31)

Web会議の録画、便利で適切な使い方【中編】
Zoomなどの「Web会議」を録画してはいけない倫理的理由と法的理由
Web会議の需要が高まる中、「Web会議の録画」を課題視する企業もある。記録の面で便利な録画だが、幾つかの理由で録画を避けなければならない場合もある。どのような理由か。(2021/7/30)

品質不正問題:
三菱電機が検査不正の調査委員を決定、新事案が判明した可児工場も調査対象に
三菱電機が「品質風土改革に向けた体制」で設置を表明していた調査委員会を構成する外部専門家の委員を決定。委員長は、当初の発表通り西村あさひ法律事務所 パートナーの木目田裕氏が就任し、委員として、慶應義塾大学 教授で企業倫理を専門とする梅津光弘氏、早稲田大学 教授で品質マネジメントを専門とする棟近雅彦氏の2人が加わる。(2021/7/26)

『ロッキング・オン・ジャパン』編集長、小山田圭吾の“いじめ問題”で謝罪 自身がインタビュー担当「倫理観や真摯さに欠ける間違った行為」
小山田さんは「東京2020オリンピック」の開会式で音楽を担当しています。(2021/7/18)

リリース直前、法律違反に気付くことも:
実は無関係じゃない、AI開発者も知っておきたい欧米のAI法規制・倫理と日本の現況
AI利活用が広まる一方、法律や倫理の観点から問題提起されるケースが見受けられるようになった。企業のAIビジネス動向に詳しい弁護士の三部裕幸氏が語る、欧米の法律、AI倫理の動向と日本の現況とは。(2021/7/20)

「死後にデジタルで再現していい?」約6割が反対 理由は「意思確認できない」「死後も働きたくない」
自分の死後、行動履歴やSNSの投稿からデジタル上に再現することに約63%が反対。理由は「本人の意志確認ができない」「倫理的にタブーと感じる」「死後も働きたくない」など。(2021/7/5)

小学生×ニートのモラル皆無なお仕事漫画『テンバイヤー金木くん』が悔しいけど面白い 「転売を憎む作者」が描く転売ヤーの姿
転売知識漫画? アンチ転売漫画?(2021/5/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
人間的な「チャットbot」が引き起こす重い問題とは?
「チャットbot」は機械学習を使ったプログラムによって人間に近い回答をすることも可能だ。ただし人間に近づくと、ある倫理的な問題を引き起こすようになる。その問題とは何か。チャットbot活用の“正解”とは。(2021/5/13)

データの倫理的活用を考える【第5回】
Salesforceも「データの倫理的活用」に本腰 原則を現場に落とし込む方法とは?
経営層がデータを倫理的に扱うと決めても、現場にその意図が伝わらなければ意味がない。どのようにすればよいのか。Salesforceをはじめとする先駆的企業の取り組みを基に考える。(2021/4/13)

データの倫理的活用を考える【第4回】
「データの倫理的活用なんて当たり前」と自信満々な人ほど危険な理由
AI技術のために用意したデータを、企業は倫理的に扱えているのか。データの倫理的活用に自信を見せるビジネスリーダーもいるが、その実態は。(2021/4/6)

データの倫理的活用を考える【第2回】
「法律に違反しないデータ収集」なら何をしても許されるのか?
個人情報などのデータを収集する上でコンプライアンスは間違いなく重要だ。だが法律に違反しないデータ収集であれば問題は一切ないのか。データ保護やデータプライバシーをコンプライアンスと倫理の両面で考える。(2021/3/22)

データの倫理的活用を考える【第1回】
「取れるデータは根こそぎ取る」はなぜ駄目か? 「倫理的データ収集」の重要性
企業のデータ収集や活用における倫理的な正当性に関心が集まる一方で、手に入るデータ全てを当たり前のように取得しようとする企業もある。こうしたギャップを放置したままだと、企業はどのようなダメージを受けるのか。(2021/3/15)

事実関係を解明:
総務省幹部への「高額接待」はあったのか? NTTデータが特別調査委員会を設置
週刊文春がNTTデータの前社長が総務省幹部を接待したと報道。国家公務員倫理法に抵触する疑いがあるという。NTTデータは事実関係を解明するため、特別調査委員会を設置した。(2021/3/10)

NTTと総務省の会食は「おおむね事実」 武田総務大臣がコメント
武田良太総務大臣が、総務省とNTTが会食を行ったとされる件について、調査結果を報告した。谷脇康彦総務審議官は3件、巻口英司国際戦略局長は1件、倫理法令に違反する疑いが高いとしている。谷脇氏は3月8日付で大臣官房付に異動することが決定した。(2021/3/8)

Google、AI倫理チームの共同リーダーを解雇 行動規範違反を理由に
Googleが、昨年12月に解雇した倫理的AIチームの共同リーダー、ティムニット・ゲブル博士に続けて、もう1人のリーダー、マーガレット・ミッチェル博士も解雇した。ミッチェル氏が自ら「解雇された」とツイートした。(2021/2/22)

Google、倫理的AIチームに代わる新チームとその黒人女性リーダーを発表
Googleは、Google AIの倫理的AIチームに代わる「責任あるAIに関する新専門知識センター」の設立と、そのリーダーにマリアン・クローク博士(黒人女性)を指名したことを発表。同社は昨年12月、倫理的AIチームの共同リーダー、ティムニット・ゲブル博士(黒人女性)を解雇した。(2021/2/19)

架空のデータを入力:
フジテレビの「重大な放送倫理違反」、不正な世論調査を招いたのは「ルーティン化」と「丸投げ」か BPOが発表
放送倫理・番組向上機構(BPO)は2月10日、架空のデータが含まれた世論調査を放送したフジテレビのニュース番組について「重大な放送倫理違反があった」という判断を発表した。(2021/2/10)

TechTarget発 世界のITニュース
AWS、AIの偏見を防ぐ「Amazon SageMaker Clarify」を発表 AI倫理問題に対処
AWSが発表した「Amazon SageMaker Clarify」は、機械学習モデルに内在するバイアスを検出する。昨今議論が激化している、AI技術に内在する差別問題への対処を支援する。(2021/1/14)

AI・機械学習の業界動向:
2021年の「AI/機械学習」はこうなる! 5大予測
2020年は、自然言語処理(NLP)のTransformer技術に基づくBERT/GPT-3や、画像生成のディープフェイクが大注目となる一方で、倫理に関する問題がさまざまな方面でくすぶり続けた。2021年の「AI/機械学習」界わいはどう変わっていくのか? 幾つかの情報源を参考に、5個の予測を行う。(2020/12/28)

Googleさん:
Googleを解雇されたAI倫理研究者が指摘していた「大規模言語モデル」の危険性
AI界隈で一目置かれているGoogleの倫理的AIチームリーダー、ティムニット・ゲブルさんが突然解雇されたとツイート。ゲブルさんは黒人女性ですが、発表しようとしていた言語モデルの問題点についての論文が原因のようです。(2020/12/7)

AI・機械学習の用語辞典:
トロッコ問題(Trolley problem)とは?
用語「トロッコ問題」について説明。「多くの人を助けるためなら、1人を犠牲にしてもよいのか」という倫理的ジレンマを問う思考実験を指す。この問題に正解はない。自動運転で注目されている。(2020/11/25)

「人格を備えたチャットbot」への期待と不安【後編】
放送局は「人格を備えたチャットbot」の倫理問題をどう解消したのか
人格を加えたチャットbotには倫理的な問題があるとの声がある。一方で先行事例の中には、少しずつ成功事例も現れ始めた。スポーツ専門チャンネル「Sky Sports」の事例を紹介しよう。(2020/11/6)

「人格を備えたチャットbot」への期待と不安【前編】
“不気味の谷”よりも深刻な「人格を備えたチャットbot」が引き起こす問題
チャットbotに人格を加えると“不気味の谷”現象を引き起こすだけではなく、倫理上の疑問が持ち上がる恐れもある。こうした障害を避けながら、チャットbotの魅力を高めるためにはどうすれがよいのだろうか。(2020/10/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。