ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

MVNOが成長するのに“足りていないこと” 「格安スマホ」激動の10年を振り返りながら議論
モバイルフォーラム2024で実施したパネルディスカッションを紹介する。テーマは「格安スマホから10年、これからのMVNOにユーザが望むこととは」。大手キャリアの値下げでMVNOは苦境に立たされたが、まだ成長するチャンスはあるという。(2024/4/19)

イケア、550点以上の商品を値下げ 収納家具やキッチン雑貨など
5月にも値下げ予定。(2024/4/12)

Y!mobile、オンラインストアで「AQUOS wish3」を一括3980円に MNP&シンプル2契約で
Y!mobileオンラインストアは、4月11日に「AQUOS wish3」を値下げ。MNPかつシンプル2 M/L契約で一括価格が7920円のところ3980円(税込み)になる。(2024/4/11)

エプソンダイレクト、一部PC/ディスプレイ製品の価格を値下げ 最大約34%引き
エプソンダイレクトは、同社製PCおよび一部ディスプレイ製品の価格改定を実施した。(2024/4/9)

ドコモ、「iPhone 14 Pro Max」を最大4万4000円割引 「AQUOS wish3」を2万2000円に値下げ
NTTドコモは、4月9日以降に「AQUOS wish3」を値下げ。「オンラインおトク割」「5G WELCOME割」なども内容を変更し、「iPhone 14 Pro Max」「Xperia 1 IV」などを割り引く。(2024/4/9)

楽天モバイルがApple Watch Series 8/SEを値下げ 楽天市場店にて
楽天モバイルは、楽天モバイル公式 楽天市場店での「Apple Watch」シリーズを値下げ。「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」「Apple Watch SE(第2世代)」が対象で、最大2万4160円(税込み)値下げしている。(2024/4/4)

イトーヨーカ堂、食料品71品目を平均10%値下げ プライベードブランド商品も拡充
4月1日より実施(2024/4/2)

法令改正で「Galaxy Z Flip5」の価格はどれくらい変わった? ドコモ、auの最安値【3月29日最新版】
「電気通信事業法第27条の3」に関する省令が2023年12月27日に改正されたことで、Galaxy Z Flip5の価格はどう変わったのか。ドコモとauの価格を比較。ドコモは3月29日にGalaxy Z Flip5を値下げしている。(2024/3/29)

ドコモが「Galaxy Z Flip5」を約13.9万円に値下げ、iPhone 15 Proで最大3万3000円割引も 29日から
NTTドコモは、3月29日以降に「Galaxy Z Flip5」を13万8820円へ値下げ。「オンラインおトク割」「5G WELCOME割」なども内容を変更し、iPhoneシリーズなどを最大3万3000円割引する。(2024/3/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
オフピーク定期券「値下げ」の迷走、なぜ売れない? どうしたら売れる?
JR東日本は3月5日、「オフピーク定期券」のサービス拡充と値下げを発表した。割引率が約10%から約15%になり、ポイントサービスも拡充される。すでに20万人の利用者がいるが、報道によると予想を下回っており、値下げでテコ入れするらしい。値引きすれば売れるのか。(2024/3/23)

「Meta Quest 2」値下げ、過去最安の3万1900円に
米MetaのVRヘッドセット「Meta Quest 2」が、Amazonや家電量販店だけでなく、Metaの公式ストア含め値下げされている。対象は128GBモデルで3万1900円で販売。これは発売当初の販売価格を下回っており、Quest 2にとって過去最安となる。(2024/3/21)

ドコモ販売ランキング:iPhone 14が1位をキープ、値下げのXperia 10 IVも上昇【3月4日〜3月10日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。3月4日〜3月10日の期間は、「iPhone 14(128GBモデル)」が1位をキープした。(2024/3/16)

石野純也のMobile Eye:
月額1万円超えで200GBは誰向け? イオンモバイル新料金プランの狙い MVNOで中・大容量プランの競争が激化
MVNOのイオンモバイルが、4月1日に料金プランを改定する。中容量帯の30GBから50GBを値下げするとともに、60GB〜200GBのデータ容量を選択可能にする。背景には、データ使用量の増加や、シェアの利用が拡大していることがあるという。(2024/3/16)

イオンモバイルが大容量プランを値下げ+200GBまで拡大 プラン激増でも「迷わない」ワケ
イオンリテールが、「イオンモバイル」の料金プランを4月1日から改定する。30GB、40GB、50GBのプランを値下げし、60GB〜200GBの大容量プランを追加する。3月21日からは、シェアプランの上限回線数を5回線から8回線に拡大する。(2024/3/15)

ドコモ、「Xperia 1 IV」「Galaxy A54 5G」などを値下げ iPhone 15 Plusも2万2000円割引
NTTドコモは、3月15日以降に「Xperia 1 IV」「Galaxy A54 5G」「arrows N」のオンラインショップ価格を値下げ。「オンライン限定 機種購入割引」では「iPhone 15 Plus」などを最大2万2000円割引する。(2024/3/15)

JR東、「オフピーク定期券」を10月から値下げへ 利用者拡大を目指す
JR東日本は、3月25日以降で有効開始となる「オフピーク定期券」において、購入金額に対して5%のJRE POINT還元を開始する。10月からは、通常の定期券より約15%割安な価格への改定も予定するなど、発売から1年を機に、「オフピーク定期券」のさらなる普及を目指す。(2024/3/11)

JR東、「オフピーク定期券」で5%ポイント還元 10月には値下げも 普及目指し“割安感”アピール
JR東日本は5日、「オフピーク定期券」の普及に向け、3月25日以降に有効となるものについて購入時にJRE POINTで5%還元すると発表した。10月には値下げも実施する。(2024/3/5)

ドコモ、「Xperia 10 IV」「Galaxy A23 5G」「Galaxy S22」を値下げ 3月6日以降
NTTドコモは、3月6日以降に「Xperia 10 IV」「Galaxy A23 5G」「Galaxy S22」のオンラインショップ価格を値下げ。これに伴い「いつでもカエドキプログラム」のユーザー負担額などが変更される。(2024/3/5)

M2版「MacBook Air」値下げ 最大3万円安く
米Appleは3月4日、新型「MacBook Air」を発表したのにあわせ、旧モデルであるM2チップ搭載モデルの価格を改定した。なお、M2モデルのラインアップは13インチのみとなっている。(2024/3/5)

ドコモオンラインショップ、「Xperia 5 IV」を値下げ 一括13万7280円→12万6280円に
ドコモオンラインショップが「Xperia 5 IV」を値下げ。1万1000円安くなった。2月29日までは一括13万7280円(税込み、以下同)だったが、値下げ後は一括12万6280円に。(2024/3/2)

中国Alibaba Cloud、過去最大の値下げ発表 最大55% AI顧客獲得狙う
中国Alibaba Cloudが、一部製品価格を最大55%引き下げると発表した。AIソフトウエア開発者などヘビーユーザーの獲得競争が激化する中、これまでで最も大幅な値下げとなった。(2024/3/1)

知らないと損!?業界最前線:
高齢者の聞こえをサポートする「ミライスピーカー」に2万円を切る新型が登場 低コスト化できた理由とは?
高齢者などのテレビの音が聞き取りにくい課題に対応するミライスピーカーに、新モデルの「ミライスピーカー・ミニ」が2月29日に登場した。曲面スピーカーの仕様・構造は従来品から変えずに、約3割の値下げを実現。値下げの背景や従来品との違い、今後の狙いをCTOとCMOに聞いた。(2024/2/29)

無印良品のレトルトカレー23品目が値下げ
無印といえばカレー、カレーといえば無印ってくらいレトルトカレーが潤沢。(2024/2/28)

ブランドを傷付けないために知るべき、ダイナミックプライシング「9つのポイント」
消費者の価格に対する視線が厳しくなっている昨今、値下げしようにもなかなか取り組みにくい環境に企業が直面している。その中で注目を集めるのがダイナミックプライシングだ。今回の記事では、その注意点や効果を高めるための9つのポイントを解説する。(2024/2/28)

ドコモ、iPhone 14(128GB)を値下げ 14/14 Plusの割引額変更も
NTTドコモは、2月22日以降に「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」の価格や割引額を変更。これに伴い「いつでもカエドキプログラム」の実質負担やオンラインショップの価格をはじめ「5G WELCOME割」などの割引額が変更になる。(2024/2/23)

ゆうちょ銀行、硬貨取扱料金を値下げ 100枚まで無料に 4月1日から
ゆうちょ銀行は、窓口での各種手続きで硬貨を持ち込んだ際、枚数に応じて発生する「硬貨取扱料金」を改定すると発表した。現在は1〜50枚までが無料、51枚以降は有料としているが、4月1日からは100枚まで無料にする。(2024/2/22)

楽天モバイル、iPhone 15シリーズやiPhone 13を最大1万7000円値下げ 最大3万3000円相当の還元も
楽天モバイルは、iPhone 15シリーズやiPhone 13を最大1万7000円値下げ。キャンペーンやプログラムを更新し「Rakuten最強プラン」と対象「iPhone」をセットで購入すると最大3万3000円相当の割引やポイント還元を行う。(2024/2/21)

ドコモ、中古「iPhone 11/12」「iPhone XR/XS」を値下げ 割引増額も
NTTドコモは、2月22日以降以降に「docomo Certified(ドコモ認定リユース品)」の「iPhone 11」「iPhone 12」「iPhone XR」「iPhone XS」を値下げし、「5G WELCOME割」「端末購入割引」でも割引額を増額する。(2024/2/21)

ドミノ・ピザが「アメリカン」などピザ3種値下げ! 持ち帰りで790円〜に
追加料金でモッツァレラチーズとトッピングの一部が1.5〜2倍になる新商品「もっとシリーズ」も登場。(2024/2/19)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの家族割引で感じた2つの不安要素 「解約抑止」と「黒字化」を両立できるか
家族や複数回線、光回線の契約といった条件付きの割引は提供してこなかった楽天モバイルが、「最強家族プログラム」を提供する。もとの料金が安いため、そこからさらに値下げになるインパクトは大きい。ただし解約抑止効果があるかは未知数だ。(2024/2/17)

auがオンラインショップ限定の「Galaxy S23 Ultra(512GB/1TB)」を3.3万円値下げ au PAY 残高還元キャンペーンも開催
KDDIが運営する「au Online Shop」において、「Galaxy S23 Ultra(512GB/1TB)」の販売価格が3万3000円値下げされる。また、同ショップでは本機種を含む対象モデルを機種変更で購入すると3500円相当のau PAY残高を還元するキャンペーンも行う。(2024/2/16)

PS5、10〜12月期に過去最高820万台を販売 今後、廉価版や値下げの可能性は?
「PlayStation 5」の販売台数が、2023年10〜12月期に四半期としては過去最高となる820万台に達した。ソニーグループが14日の第3四半期決算説明会で明らかにした。(2024/2/14)

法令改正で「Pixel 8」の価格はどれだけ変わった? ドコモ、au、ソフトバンクの最安値【2月10日最新版】
「電気通信事業法第27条の3」の省令が改正されて、Pixel 8の価格はどう変わったか。ドコモは実質負担額をやや値上げ。auとソフトバンクは一括価格を値下げし、実質負担額もMNPなら100円を切っておりお得だ。(2024/2/10)

ドコモ販売ランキング:盤石のiPhone 15、実質値下げのiPhone 14が猛追【1月29日〜2月4日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。1月29日〜2月4日の期間は、「iPhone 15(128GB)」が1位を獲得した。(2024/2/10)

ソフトバンクが「Pixel 8(128GB)」「Xiaomi 13T Pro」を値下げ MNPなら2年で実質24円に
ソフトバンクが2月9日、「Pixel 8(128GB)」「Xiaomi 13T Pro」を値下げした。11万4480円から9万4320円に一括価格を変更。MNPで契約して2年後に端末を返却すると、実質負担額は24円になる。(2024/2/9)

ソフトバンク、モバイル事業は前倒しで黒字化 宮川社長は“楽天モバイルの支援”にも言及
ソフトバンクは2月7日、2024年3月期第3四半期決算を発表した。国の要請による「携帯4割値下げ」以降、赤字続きだったモバイルの売上高がこの第3四半期に反転して増収に。質疑応答では、プラチナバンドを獲得した楽天モバイルを支援する意向を宮川社長が示した。(2024/2/7)

auが「Pixel 8(128GB)」を値下げ MNPで実質47円に
auの「Pixel 8(128GB)」が値下げに。一括価格が9万3600円になる。MNPやUQ mobileからの番号移行だと2万2000円の割引が受けられ、2年間の実質負担額は47円になる。(2024/2/7)

IIJmio、折りたたみスマホ「Mode1 RETRO II」と中古美品「iPhone SE(第3世代)」を販売 一部値下げも
IIJmioサプライサービスが、P-UP製スマートフォン「Mode1 RETRO II」と中古美品「iPhone SE(第3世代)」を販売開始。HTC製スマートフォン「HTC Desire 22 pro」、中古美品「iPhone 11」を値下げする。(2024/2/1)

ドコモ販売ランキング:iPhone 15が1位をキープ、値下げのXperia Ace IIIが7位に【1月15日〜1月21日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。1月15日〜1月21日の期間は、iPhone 15(128GB)が1位を獲得した。(2024/1/27)

OpenAI、“怠けにくい”「GPT-4 Turbo」プレビューリリースや値下げを発表
OpenAIは、11月に発表した「GPT-4 Turbo」のプレビュー版をリリースすると発表した。「GPT-4」が怠け者になってきたという苦情を受け、怠けにくくしたという。公式版は数カ月中にリリースする計画だ。(2024/1/26)

IIJが「moto g52j 5G SPECIAL」と中古美品「iPhone 12」を販売開始 「iPhone 12 mini」の値下げも
IIJmioサプライサービスは、モトローラ製スマートフォン「moto g52j 5G SPECIAL」と中古美品「iPhone 12」を販売開始。あわせて、「OPPO A77」「AQUOS sense6 」と中古美品「iPhone 12 mini」を値下げする。(2024/1/18)

楽天モバイル契約で「iPhone 14(128GB)」を2万円値引き 「Xperia 10 V」「AQUOS sense7」なども値下げ
楽天モバイルの「Rakuten最強プラン」とセットで「iPhone 14(128GB)」を購入すると2万円値引きするキャンペーンを実施。「Xperia 10 V」「OPPO Reno9 A」などAndroidスマホも値下げする。(2024/1/17)

スピン経済の歩き方:
「値下げで過去最高益」のイオンが、賃金を上げなければ非常にマズいワケ
「値下げ」は消費者にとって喜ばしい話のようだが、実は日本全体の視点で考えると、あまり喜ばしい話ともいえない。その理由は……。(2024/1/17)

イケアが130点以上の商品を値下げ ソファやシェルフ、キッチン雑貨など
例えばソーデルハムン 3人掛けソファセクションは5000円値下げに。(2024/1/9)

古田雄介の週末アキバ速報:
4万円切りのGeForce RTX 3060カードや1万円切りの105Wソーラーパネルが買える3連休
年が明けて流通が動き出しつつも、成人式までは年末年始セールも続く。今週買えるグラフィックスカードの特価品や、年初から注目度が格段にアップした値下げ品に注目したい。(2024/1/6)

MetaのVRゴーグル「Meta Quest 2」が価格改定 128GBモデルは税込み3万9600円から
Metaは2023年12月31日(米国時間)、Meta Quest 2を値下げすると発表した。2024年1月1日(日本時間)より、128GBモデルが3万9600円、また256GBモデルが4万6200円となる(いずれも税込み)。(2024/1/1)

auの一部スマートフォンで価格改定 Xperia 1 IVは約7万4000円の値下げ【更新】
12月27日から、auの一部スマートフォンの価格や実質負担額を改定した。「スマホトクするプログラム」適用時の実質負担額を、一部機種で上げている。Pixel 8(128GB)、Xperia 1 IV、Redmi 12 5G、Galaxy A54などは一括価格を下げている。(2023/12/27)

ドコモ、iPhone 13とarrows Weを値下げ 割引施策の終了も
ドコモオンラインショップは、12月27日以降に価格などを変更。「いつでもカエドキプログラム」適用時の負担総額や早期利用特典金額の変更、「5G WELCOME割」「オンライン限定 機種購入割引」の内容変更を行う。(2023/12/27)

ドコモ、12月27日以降に中古端末を価格改定 iPhoneは値下げ
NTTドコモは、12月27日以降にdocomo Certified(ドコモ認定リユース品)の価格を改定。「端末購入割引」ではiPhone XSで実施していた割引を終了する。(2023/12/26)

楽天モバイルが「Galaxy Z Flip4」「AQUOS sense6s」を値下げ キャンペーンでさらに1万2000円相当分還元
楽天モバイルは、楽天モバイル公式 楽天市場店で対象端末を値下げ。「Galaxy Z Flip4」は13万9800円(税込み、以下同)から9万9000円、「AQUOS sense6s」は3万9800円から3万2989円となる。(2023/12/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。