ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リコー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

組み込み開発ニュース:
プロジェクション技術を応用した車載用HUD向けPGUを量産化
リコーインダストリアルソリューションズは、プロジェクション技術を応用した車載用HUD内部の画像生成ユニットPGUを量産化した。日本精機と共同で開発し、日本精機のDMD方式AR HUDのキーパーツとして採用された。(2021/10/27)

インダクターもワンパッケージに:
リコー電子デバイス、降圧DC-DCモジュールを開発
リコー電子デバイスは、インダクターを内蔵した降圧DC-DCモジュール「RM590シリーズ」を開発、受注を始めた。産業機器や民生機器などの用途に向ける。(2021/9/30)

ICT:
鹿島がVR空間を利用し現場の遠隔管理を実現、点群データや現場映像などを確認可能
鹿島建設は、リコーが開発したVRシステム「リコーバーチャルワークプレイス」の現場への導入を開始した。(2021/9/2)

太陽光:
屋内や日陰でも発電できるフレキシブル太陽電池、リコーがサンプル出荷へ
リコーが屋内や日陰でも発電できる薄型かつ軽量でフィルム形状の有機薄膜太陽電池を開発し、同年9月からサンプル出荷を開始すると発表した。九州大学と共同で開発したもので、センサーなどに用いる独立電源向けのフレキシブル環境発電デバイスとして展開する。(2021/8/23)

リコー、屋内でも発電できる“曲がる太陽電池” 「充電のない世界へ」
屋内や日陰でも効率的に発電できる、曲がる発電デバイスをリコーが出荷へ。「充電のない世界を目指す」(2021/8/20)

低照度や中照度でも効率よく発電:
リコー、柔軟な環境発電デバイスをサンプル供給
リコーは、屋内や日陰などの照度域でも、効率よく発電できる「フレキシブル環境発電デバイス」のサンプル出荷を9月から始める。センサーなどの自立型電源として用いれば、充電や電池交換などの作業が不要になる。(2021/8/20)

組み込み開発ニュース:
リコーが有機薄膜太陽電池を開発、室内から屋外の日陰まで幅広い照度で高効率発電
リコーは、九州大学と共同開発した、薄型かつ軽量でフィルム形状の有機薄膜太陽電池のサンプル提供を2021年9月に開始する。低照度の屋内や屋外の日陰など中照度の環境下まで高効率に発電できることが特徴。IoTセンサーを常時稼働させるためのフレキシブル環境発電デバイスとして自立型電源向けに展開する。(2021/8/19)

リコー電子デバイス R1260シリーズ:
入力最大60Vの降圧DC-DCコントローラー
リコー電子デバイスは、車載、産業機器向けの高耐圧、降圧DC-DCコントローラー「R1260」シリーズを発表した。最大60Vでの動作が可能で、車載や産業用デバイスの電源電圧に直接降圧できる。(2021/8/6)

現場管理:
屋外現場にも対応する薄型・軽量の「42インチ電子ペーパー」をリコーが発売
リコーは、建設現場向けに、薄型かつ軽量で防塵・防水の性能も備えた42インチ電子ペーパーデバイス「RICOH eWhiteboard 4200」を発売した。同時に専用のクラウドサービスも展開し、工事現場と事務所など遠隔にあるデバイス同士での図面や情報の共有も可能になる。(2021/7/29)

組み込み開発ニュース:
「世界初」だらけの42インチ電子ペーパーデバイス、リコーが現場向けに発売
リコーは、建設現場や、工場・プラント、病院などにおける情報共有のデジタル化を推進する42インチの電子ペーパーデバイス「RICOH eWhiteboard 4200」を発売する。同サイズの電子ペーパーデバイスとして、世界最薄となる厚さ14.5mm、最軽量となる5.9kgを実現しており、屋外利用を可能にするIP65の防塵(じん)と防水も世界初だという。(2021/7/19)

書き込み可能な42インチの電子ペーパー PC、スマホと連携可 リコーが企業向けに提供
リコーは書き込み可能な42インチの電子ペーパー端末「RICOH eWhiteboard 4200」を発表した。画面上の手書き文字を認識し、自動でデジタルな文字に変換する機能も搭載。価格は1台43万4000円(税別)から。(2021/7/16)

「MakeLeaps」に新機能 インボイス制度対応の請求書作成が可能に
リコーグループのメイクリープスは、クラウド型請求管理サービス「MakeLeaps」において適格請求書等保存方式(インボイス制度)対応の請求書作成が可能となる新機能を7月から提供開始した。(2021/7/15)

製造IT導入事例:
富士通とリコー、工場全体の生産状況を可視化するシステムを共同開発
富士通とリコーは、工場可視化ソリューションを活用した工場全体生産状況可視化システムを共同開発した。リコーの沼津事業所内のケミカル工場で、既に本稼働を開始している。(2021/7/1)

自然エネルギー:
水道施設が“再エネ電源”に、リコーらがマイクロ水力発電事業をスタート
合同産業とリコーが上水道施設を利用したマイクロ水力発電事業を開始。第一弾として山梨県大月市の上水道施設にシステムを導入し、発電を開始した。(2021/6/30)

「キズナアイ」の裸眼立体映像、献血ルームで公開 画素数は約3.7億
裸眼でバーチャルYouTuber「キズナアイ」の立体映像が視聴できるイベントを、リコーが横浜駅の献血ルームで開催。事前予約すれば、約1分間の立体映像が楽しめるという。(2021/6/29)

FAニュース:
高速生産ラインでの個別印字を実現、「世界最高出力」のインラインプリンタ
リコーは2021年6月23日、専用の感熱メディアと組み合わせることで高速生産ラインでの情報印字を可能にするインラインプリンタ「RICHO FC-LDA Printer 500」を提供開始した。高速搬送される包装材に対して、最大毎分300mで個別に異なる情報を印字できる。(2021/6/24)

会話のキーワードを自動分析、関連イラストをリアルタイム表示 リコー、Web会議を円滑化する新サービス
リコーは6月21日、Web会議の内容を音声認識技術でリアルタイム分析し、会話の中のキーワードと関係するイラストを画面に表示してコミュニケーションを円滑化するサービス「piglyph」(ピグリフ)を発表した。(2021/6/21)

Weekly Memo:
根本は似ている? 複合機からAIへ、リコーが挑む業務特化型のDX支援とは
リコーが新たなDX支援ビジネスを打ち出した。かつて複合機を中心に一大ブームを巻き起こした「OA」を提唱した同社は、データを中心とした新しいビジネスモデルをどう広げようというのか。(2021/6/21)

製造業がサービス業となる日:
リコーが「ハードからデータビジネスへ」、独自AIで事業転換を狙う
リコーは2021年6月17日、独自の自然言語処理AIなどを活用して業務支援を図る新サービス「仕事のAI」シリーズをリリースして、データビジネス事業を本格始動すると発表した。同シリーズの第1弾として、問い合わせ窓口に寄せられたVOCを分析する「RICOH 品質分析サービス Standard for 食品業」を同年7月15日から発売する。(2021/6/21)

3Dプリンタニュース:
フィリピンの非電化地域に3Dピコ水力発電システムを、製造に3Dプリンタ活用
リコーは、社内チームが提案した「フィリピン共和国での3Dピコ水力発電による働く現場のDX支援事業案件化調査」が、JICAの中小企業・SDGsビジネス支援事業に採択されたと発表した。フィリピンの非電化地域で働く現場のデジタル化を目指す。(2021/6/18)

リコー、AI活用のデータビジネスに参入 「ハード中心のビジネスを転換」
リコーは6月17日、AIを活用したデータビジネスに参入すると発表した。企業から受け取った文書などを分析し、得られたデータを基に業務効率化などを支援するサービスを提供する。2025年度までに100億円の売上を目指すといい、山下良則CEOは「ハードウェアビジネスとデータビジネスを組み合わせ、これまでハード中心だったビジネスの転換を図る」としている。(2021/6/17)

光発電素子に特化した蓄電用:
リコー電子デバイス、DC-DCコンバーターICを発売
リコー電子デバイスは、光発電素子に特化した蓄電用の昇圧DC-DCコンバーターIC「R1810シリーズ」を発売した。(2021/6/3)

太陽光:
室内で発電する色素増感太陽電池、リコーが効率を20%高めた新製品
リコーは2021年5月13日、室内照明でも高い発電性能を発揮する固体型色素増感太陽電池モジュール「RICOH EH DSSCシリーズ」の新製品を同月下旬から提供開始すると発表した。IoTデバイス電源向けの太陽電池だ。(2021/5/14)

リコー R5602シリーズ:
Li電池電圧モニター用アナログフロントエンドIC
リコー電子デバイスは、4〜7セルLi電池のセル電圧モニター用アナログフロントエンドIC「R5602」シリーズを発売した。高精度かつ低消費電力の電圧モニターが可能で、Li電池の長寿命化に貢献する。(2021/4/26)

COLMINA 工場最適化ダッシュボードで“はたらく”をよりスマートに:
PR:リコー沼津事業所が実践する工場の見える化戦略
リコーの沼津事業所では生産現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するため、富士通の「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA 工場最適化ダッシュボード」を採用した。工場の見える化で“はたらく”をよりスマートに変革していくための取り組みを紹介する。(2021/6/22)

製造ITニュース:
モバイルデバイスを活用した報告業務効率化サービスを提供開始
リコージャパンは、スマートフォンなどモバイルデバイスを活用して、生産現場の報告業務を効率化するクラウドサービス「RICOH らくらくKAIZENサービス」の提供を開始した。(2021/4/9)

VRニュース:
全方位立体映像を裸眼で見られる「WARPE」、リコーがデジタルサイネージで展開
リコーが現実空間で全方位映像を映し出す投影装置を開発したと発表。この投影技術のブランド名称を「WARPE(ワープイー)」として、2021年3月からWARPEによる立体映像の認知度拡大と市場性の検証をするため、まずはデジタルサイネージ用途でビジネスパートナーを募り、市場探索を始める。(2021/3/9)

リコー、裸眼で全方位から見られる立体映像装置を開発 22年度の実用化目指す
リコーが、全方向から裸眼で立体映像が見られる投影装置を開発したと発表した。回転スクリーンに真下から光を当て、光の残像で立体映像を表示する。(2021/3/8)

リモート会議や店舗での活用を想定:
リコー、全方位から3D映像を見る装置開発 XR市場への参入を模索
リコーは現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置「WARPE(ワープイー)」を開発したと発表した。(2021/3/8)

リコー、Web会議を“丸ごと”記録するクラウドサービス 音声は自動で文字起こし
リコーがWeb会議の音声や画面キャプチャーをクラウド上に一括して保存するサービス「toruno(β版)」の提供を2月2日から始めた。(2021/2/3)

自然エネルギー:
50kW級の小型風力を新開発、ゼファーとリコーらが自家消費向けに
ゼファー、リコージャパン、シルフィードの3社は2021年1月18日、50kW級の風力発電機を新たに開発し、太陽光発電と並ぶ電源として普及させることに共同で取り組むと発表した。(2021/1/20)

情報化施工:
東急建設とリコー、VRで建設現場の合意形成を迅速化する実証実験開始
東急建設とリコーは、VR(バーチャルリアリティー)の技術を活用し、建設する構造物をVR空間で関係者が共有し、施工上の情報共有・合意形成を迅速に行うことで生産性向上を目指す実証実験を行うと発表した。(2020/12/18)

製造マネジメント インタビュー:
コロナ禍で新規製品開発をどう行ったか、リコー発スタートアップの挑戦
リコー発のスタートアップ企業として全天球カメラ「IQUI(イクイ)」を2020年10月から展開するベクノス。同社は2020年3月にペン型全天球カメラの商品化を発表してから、量産開発および生産準備を進め、コロナ禍で制約を受ける中でも無事に製品リリースを成し遂げた。コロナ禍におけるモノづくりの苦労としてどのようなものがあったのだろうか。(2020/12/16)

強度は一般有機感光体に比べ35倍:
有機デバイスのセラミックコーティング技術を開発
リコーは、有機デバイスの機能を保ちながら、耐久性を大幅に向上させることができる「セラミックコーティング技術」を開発した。(2020/12/3)

組み込み開発ニュース:
有機デバイスの耐久性を約35倍にまで向上、リコーが新コーディング技術を開発
リコーは2020年12月2日、有機物の構造を保ったまま、有機デバイスの耐久性を大きく高めるセラミックコーティング技術を開発したと発表。同技術を用いて開発した、「セラミック有機ハイブリッドデバイス」はセラミックコーティングを使っていない有機デバイスと比較して約35倍の耐久性を持つ。(2020/12/3)

情報化施工:
建設現場の360度画像をクラウドで共有、現場の進ちょく確認などを効率化
リコーは、360度画像を活用したデータサービス「RICOH360」向けに「RICOH360 Projects(リコーサンロクマル プロジェクツ)」の提供を開始した。建設現場の状況共有業務を効率化する。(2020/12/2)

製造ITニュース:
リコーとNEC、製造業向け5G活用ソリューションを共同開発
リコーとNECは共同で、リコーの生産拠点にスタンドアロン型ローカル5G環境を構築し、そこで得られた知見を基に製造業向け5G活用ソリューションを開発する。(2020/11/16)

車載機器や産業機器向け:
耐圧42Vの降圧DC-DCコンバーターICを発売
リコー電子デバイスは、車載機器や産業機器に向けた耐圧42Vの降圧DC-DCコンバーターIC「R1271シリーズ」を発売した。(2020/11/12)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
「”会う”意味を更新したい」 リコー、”はたらく”を研究する施設開設 その意義は
人々にとって”はたらく歓び”とは何か――。リコーが”はたらく歓び”を考える施設を開設した。社内外の起業家やクリエイターに向けた次世代ワークプレースと定義づけるこの施設。単なるコワーキングスペースではない。リコーはここで何を見いだしたいのだろうか。(2020/11/5)

組み込み開発ニュース:
電池レスで24時間365日測定可能、固体型色素増感太陽電池搭載の環境センサー
リコーは、固体型色素増感太陽電池を搭載した「RICOH EH 環境センサーD101」と、同センサーで取得したデータの管理システムを発売した。電池や配線がなくても、環境データを24時間365日測定できる。(2020/10/16)

「はたらく」を研究する場:
リコー、光や香りで創造性を高める次世代ワークプレイス開設
リコーは「はたらく」を研究する施設として、次世代ワークプレイス「3L(サンエル)」を11月2日に開設する。研究の第一弾として、チームの創造性を引き出す次世代会議空間を実装する。(2020/10/5)

イノベーションのレシピ:
リコー発スタートアップに見る、新規事業の育て方とアフターコロナのモノづくり
リコー発のスタートアップであるベクノスは2020年9月16日、第1弾製品としてペン型の全天球カメラ「IQUI(イクイ)」を発表した。本稿では、ベクノスが開発した製品とともに、リコーの新規事業への取り組みとコロナ禍におけるモノづくりの在り方について紹介する。(2020/9/18)

ペンにしか見えない全天球カメラ「IQUI」はカジュアル特化の「THETA」か
ペンにしか見えない全天球カメラ「IQUI」(イクイ)が登場した。リコー発のスタートアップカンパニーであるベクノスの製品で、THETAの元開発者がCEOを務めている。(2020/9/17)

FAニュース:
包装材料にも印字可能、毎分300mの性能を持つ高出力レーザーマーカー
リコーは、最大毎分300mの速度で可変画像印字が可能な「高出力レーザーマーカー」を開発した。高速生産ラインの速度に追従しながら、フィルムやラベルに対し、個別に異なる情報の高精細な印字ができる。(2020/9/8)

ウェアラブルニュース:
薄型軽量の両眼視タイプスマートグラス、重量49gは世界最軽量
リコーは、薄型で49gと軽量な両眼視タイプのスマートグラスを開発した。1m先に約30インチの画面を表示できる広い視野角を有している。(2020/8/31)

リコーがテレワークを同社の標準的な働き方に 職種ごとに最適な出社率を設定
リコーは、テレワークを同社の定める「働きがい改革」の一環として標準化する。これに併せて、2020年10月から人事制度を順次変更する予定だ。職種や仕事の内容に応じて最適な出社率を設定し、出社とテレワークを柔軟に組み合わせる。(2020/8/20)

リコー電子デバイス R1801シリーズ:
光発電素子の蓄電用降圧DC-DCコンバーター
リコー電子デバイスは、光発電素子向けの蓄電用降圧DC-DCコンバーター「R1801」シリーズのサンプル受注を開始した。低消費電力ながら高い効率を有しており、最大電力点制御機能や逆流防止回路を搭載している。(2020/8/17)

工場ニュース:
中国の新工場で、複合機の量産を2020年7月から開始
リコーは、中国の新工場で2020年7月から複合機の量産を開始する。IoTや自動化設備の導入などによるデジタルマニュファクチュアリングの推進で、生産性向上を目指す。(2020/7/20)

リコー、ペンタックスのミラーレス移行を否定 APS-C一眼レフのフラグシップモデルを予告
リコーイメージングは7月16日、ペンタックスブランドについて一眼レフカメラを作り続けると発表した。ミラーレスカメラへの移行には否定的な考えを示した。(2020/7/16)

リコー RN5T5610シリーズ:
過酷な温度環境下で各電源系統を制御可能なPMIC
リコー電子デバイスは、産業機器向けシステム電源管理IC「RN5T5610」シリーズを発表した。主要なSoC、FPGAに広く対応し、105℃まで使用できるため、過酷な温度環境で動作するモーター制御機器や組み込み機器用途に適している。(2020/6/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。