ニュース
» 2004年04月26日 23時59分 公開

中国最大規模の通信見本市「CeBIT Asia」が開幕CeBIT Asia 2004

アジアの国際情報・通信技術の総合見本市「CeBIT Asia 2004」が4月26日に上海で開幕した。注目はやはりワイヤレス・モバイル分野。会場には、NECや松下電器産業といった日本企業の姿もあった。

[杉浦正武,ITmedia]

 アジアの国際情報・通信技術の総合見本市「CeBIT Asia 2004」が4月26日に上海で開幕した。中国最大規模の展示会で、2万3000平方メートルの会場に354の出展社を集める。来場者は29日の閉幕までに5万人を見込む。

Photo 会場となったのは、上海新国際見本市会場

 主催はドイツ産業見本市とハノーバー・フェア―ズ・チャイナ、中国国際貿易促進委員会(CCPIT)。中国およびアジア諸国をターゲットにした、先端の製品が展示されている。具体的な展示分野は、「ワイヤレス・モバイル」「ソフトウェア・インターネットソリューション」「ITセキュリティ&カードテクノロジー」「デジタル家電」など。

Photo 開会にあたり、CCPITのElectronics & Information Industry Sub-CouncilのExecutive Vice Chairman、Li Baosheng氏があいさつを行った
Photo 中国風獅子舞が勇壮な舞を披露するなど、会場にはアジアらしい雰囲気が漂う
Photo 開会が宣言されるとともに、紙ふぶきが降り注いだ

 中でも注目は、やはりモバイル端末。展示会場の入り口付近には中国の携帯キャリア、端末メーカーがひしめいており、多くの実機を展示していた。特に、日本企業であるNECと松下電器産業はホール入ってすぐの場所に陣取って自社端末を展示しており、中国市場にかける意気込みのほどが伝わってきた。

Photo 一番目立つポジションをおさえたのは、NECと松下電器だった

 ITmediaではこれから、3日間にわたり同展示会の様子をリポートする。上記の日本企業ブースの様子や、現地の多様な携帯端末などを紹介する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう