連載
» 2004年08月23日 17時24分 公開

ケータイカメラ画質研究ラボ:描画力は今ひとつ。発色は良好〜「V402SH」 (1/4)

“閉じたままテレビ”がウリの中堅機種「V402SH」。130万画素CCDを使ったカメラ性能はシンプルだ。ディテールの描画力は今ひとつだが、発色はなかなかいい。

[荻窪圭,ITmedia]

 シャープの製品ラッシュはすごい。ボーダフォンのV3、V4、V6、V8とすべてに投入しているのみならず、この間「V602SH」が出たと思ったらすぐ「V402SH」である。

回転2軸スタイルをとっているため、サブディスプレイはなく、普段はスピーカーが見えるだけのシンプルなデザインだ

 ただV402SHは光学2倍やオートフォーカスといったハイエンド機ならではの機能は備えず、シンプルな130万画素CCDでパンフォーカスだ。その分、分かりやすくて扱いやすい。

 でも回転2軸式のディスプレイは装備し、ディスプレイをひっくり返してセットしたまま2.2インチのQVGA大画面デジカメとして使えるヨコ撮りモードを備えるなど、上位モデルの特徴はしっかり受け継いでいる。

 撮影モードはほかのシャープ製ボーダフォン端末と同様、写メールモードと壁紙モードとデジタルカメラモードに分かれている。デジタルカメラモード時は本体を開いて撮ったときは縦位置で、デジカメスタイルでヨコ撮りしたときは横位置で画像が記録される。正確にいえば画像は横位置で記録され(画面には960×1280と表示されるが、ここは正確に1280×960としてほしかった)、縦位置のときは画像内のExif情報で回転して撮ったことが正しい値で示される。そのためEXIF対応ブラウザではちゃんと縦位置で表示されるのだ。これはなかなかいい。

カメラは底面ヒンジ近くになり、レンズの両脇にマクロ切り替えスイッチとモバイルライトがある。小さめのレンズは指で触りやすいので注意
ビューワーポジションのデジカメスタイルで撮るときはちゃんと画面表示も横向きになる。表示切り替えを行って全画面表示にすると構図をきちんと確認できる
ビューワーポジションでもメニュー表示だけは縦。これを側面のズーム、シャッター、メニューボタンで操作する

 デジタルカメラモード時の撮影画像サイズは、最高サイズの1280×960のほか、XGA(1024×768)、VGA(640×480)が用意されている。

 カメラの起動は3つの方法がある。1つは開いた状態で左上のボーダフォンライブボタンを長押し。2番目はメニューからモバイルカメラの選択。3番目は側面にあるシャッターボタンの長押しである。ディスプレイをひっくり返したビューワーポジションで撮るときは3番目の方法を使う。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう