連載
» 2004年08月23日 17時24分 公開

ケータイカメラ画質研究ラボ:描画力は今ひとつ。発色は良好〜「V402SH」 (4/4)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

室内での撮影

 では室内での撮影といこう。蛍光灯下での小物撮影から。

 蛍光灯の色かぶりはきれいに補正されていて色はいい感じ。ただディテールのシャープさがやや欠けているのは残念。右下に特に画質低下が見られるのはおそらく個体差で、一般の製品ではそんなことはないはずだ。

 白熱灯下でも色はきれいに補正されていて、暗部の落ち込みもない。全体にエッジがざらつきディテールが潰れ気味なのは残念。

 ロウソク下での撮影も見てみよう。

左はオート、右は「夜景モード」

 オート時は全体に増感によるノイズが派手に浮いていてちょっといただけない感じだ。夜景モードだとノイズが抑えられ、夜景っぽい黒の締まりも見られる。

左上がライチフルーツ、右がチェリー、下がブルーベリー

 V402SHはモバイルライトの点灯カラーを設定できるので、標準的なライチフルーツと、派手なチェリー(赤)とブルーベリー(青)で撮ってみた。

 ややノイズは浮くが、この点灯カラー設定は面白い。

左は通常、右は「接写モード」。モバイルライトに接写モードが付いたのは要注目。点灯カラーの変更は「点灯設定」の中にあるので色を変えるにはちょっと深い階層へのアクセスが必要だ

 マクロモードにして近距離撮影を行い、ライトを点灯させてみた。通常だと近くのものが白飛びしてしまって見づらいが、接写モードで弱い光で点灯させるとマクロにはちょうどいい光量になる。

 接写モードは説明書によると約5センチということだが、実際にはもうちょっと後ろにピントの山がきていた。

中堅機種ならではのシンプルさがいいかも

 V402SHの動画機能は「アクションスナップモード」で、120×88ピクセルのNancy形式のみ。ムービー写メールにも未対応だ。動画面ではやや劣る。

外部記録メディアはminiではなくフルサイズのSDカードを採用している

 まあ総じてテレビやFM機能がウリの中堅クラスの機種だけあってカメラ機能もシンプル。V602SHのような光学ズームやオートフォーカスは持たないけれども、その分シンプルで機能も分かりやすく、速度も十分にあるので気軽にサクサク撮るにはいい。ディスプレイをひっくり返せばビューワーポジションでデジカメスタイルの撮影も可能だ。

 画質的には、発色はいいけれどもディテールの描写力はあまり高くないという結果が出たが、シャープならではの画質は継承しているので、中堅機種として気軽に使うなら何の問題もないだろう。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう