速報
» 2004年08月27日 08時40分 公開

NokiaとVodafone、モバイルJava強化計画発表

NokiaとVodafoneは、オープンな次世代モバイルJavaサービスアーキテクチャ仕様の策定を進める。Sunのほか、Orange、Siemens、Sony Ericsson、T-Mobileなどが支持を表明しているという。

[ITmedia]

 携帯電話業界大手のNokiaとVodafoneは8月26日、オープンな次世代モバイルJavaサービスアーキテクチャ仕様の策定を進めると発表した。

 取り組みと仕様の策定はJava Community Process(JCP)内で行われる。今月初旬のJ2ME執行委員会で、この取り組みから出された初のJSR(Java仕様提案)が承認されている。

 この取り組みに対しては、Javaの盟主であるSun Microsystemsのほか、Orange、Siemens、Sony Ericsson、T-Mobile Internationalなどの携帯電話業界各社が支持を表明しているという。これら多くの企業が、この取り組みから生まれる仕様のエキスパートグループのメンバーになる見通し。

 提案されたJSR 248と249は新しいAPI仕様を規定するものではなく、幾つかの新しいコンポーネントJSRと既存仕様の明確化によって、一環したJava APIサービスアーキテクチャを実現し、マルチベンダーの携帯端末でアプリケーションの互換性を保証するものになるという。

 両社はライセンスフレームワークの定義に加わるが、JSR 248と249のTechnology Compatibility Kit(TCK)作成とライセンス供与はSunが引き受ける。

 両社は、この仕様を使って開発者はJava対応携帯端末間で簡単にポーティング可能なソフトを開発でき、機能の充実したJavaアプリの数が増えることになるだろうとしている。

 またモバイルJavaサービスアーキテクチャの管理フレームワークには、セキュリティの強化も含まれる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー