ニュース
» 2004年10月22日 23時16分 公開

10月16日〜10月22日:5分で分かる、今週のモバイル事情

携帯電話の多様化が進んでいる。超小型の「premini」や多彩な形状のドコモPDC端末に続き、ツーカーから“黒電話を意識”した超シンプル端末が登場。

[斎藤健二,ITmedia]

“液晶もなし”シンプルを極める「ツーカーS」

 ツーカーは、ディスプレイも電話帳機能も省いた携帯電話「ツーカーS」を開発。11月中旬から発売する(10月18日の記事参照)。電話の受発信だけに機能を絞り、「黒電話のようなカンタンさを実現した」。

 開発担当者によると、ターゲットは主に高齢者(10月21日の記事参照)。操作から長押しを排除し、電源もスライドスイッチとした。着信音なども1種類で“設定という概念”が存在しない。

携帯向けカメラが4M、5M時代に突入

 韓Samsungは、500万画素CCDカメラを搭載した携帯電話を発表した(10月21日の記事参照)。ペンタックスと共同開発したカメラモジュールを採用している。以前発表した光学3倍ズーム付き携帯電話とは異なり、外見は普通の携帯電話だ。本体は上下に伸び縮みし、カメラ部を隠すこともできる。

 同時期に、三菱電機は独自開発のCCDを使った記録画素4Mピクセルの携帯向けカメラモジュールを発表した(10月20日の記事参照)。富士写真フイルムのスーパーCCDハニカムと同様に、有効画素数の2倍の記録画素を持つ。2005年の3月から量産する。

携帯シェアトップのNokiaが日本本格参入

 携帯電話の世界シェア33%を持つ北欧の巨人、Nokiaが日本市場に本格参入する。W-CDMA/GSMに対応した「Nokia 6630」を、自社ブランドとボーダフォンブランドで年末から展開。「初のマスマーケット向け端末」と期待する(10月19日の記事参照)。全世界に向けて端末を供給するNokiaにとっては、W-CDMAの普及が追い風だ。

 併せて、Nokia 6630上のアプリケーションプラットフォーム「Series 60」の、開発トレーニングも始まった(10月21日の記事参照)。Javaなどに比べ自由度が高く、セキュアなアプリケーションを開発できることから、エンタープライズ用途での利用が期待されている。

WPC EXPOで語られたauデザイン成功の理由

 10月20日から東京ビッグサイトでWPC EXPOが開催された。携帯キャリアの出展はKDDIとDDIポケットのみだったが、講演では「au design project」のキーパーソンが登場した(10月21日の記事参照)

 「(携帯電話のデザインにかかわったことで)携帯電話が分かってきてしまった。最近の端末を見て“完成度が高いし、悪くない”と感じ始めたのはまずい」。出席者の一人、au端末のデザインも手がける岩崎一郎氏はこう話した。メーカーの常識で考えないところに、au design projectの成功の理由があるのかもしれない。

さて、来週は?

 来週は28日にKDDI、29日にドコモが中間決算を発表する。1X WIN端末の最新稼働台数なども明かされる予定だ。

 31日には、800M/2GHzの両周波数に対応した1X WIN対応CF型データ通信カード「W02H」が発売される(10月21日の記事参照)。auショップでは取り寄せ扱いとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう