速報
» 2004年11月15日 19時25分 公開

IntelとLG、WiMaxとWiBroの統合化で合意

[IDG Japan]
IDG

 IntelとLG Electronicsの幹部は11月15日、無線ブロードバンドのインターネットアクセス国際標準に関して協力していくことで合意した。

 この合意により両社はIntelが後押しするWiMax (Worldwide Interoperability for Microwave Access) 標準と、韓国のWiBro (Wireless Broadband) 標準を合体させる作業に取り組む。LG Electronicsの広報担当者によれば、Intelのクレイグ・バレットCEOとLGの 金雙秀氏がソウル市内のホテルで会談して決まったという。

 WiMaxとWiBroは、同じ基礎標準であるIEEE802.16の別バージョンに基づいている。WiMaxは数十キロメートル離れた場所にある受信装置に数十Mbpsの信号を送ることができる。一方、WiBroは1Mbpsの信号を最高時速70キロメートルの移動体に送信することができる。

 「BWA(ブロードバンド無線アクセス)標準を一つにまとめることで、送受信機、システムへの無駄な投資を避けることができ、消費者はBWAサービスを低価格で享受できる」とLGの広報担当者は述べている。

 WiBroシステムの導入は、韓国ではかなり進んでおり、政府はWiBroの認可をKT、SK Telecom、Hanaro Telecomの3社に与えるものとみられている。

 一方、WiMaxはIntelがこの技術をサポートした最初のチップであるRosedaleのサンプル出荷を始めたところ。同社は今年9月、試験サービスが2005年中に始まるとの見通しを明らかにした。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう