レビュー
» 2005年01月07日 02時34分 公開

刷新された操作性に注意「902SH」(3/3 ページ)

[斎藤健二,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

こちらも操作性一新──アドレス帳

 頻繁に使うメニューで、もう1つ気になるのがアドレス帳だ。入力項目は、姓名、ヨミ、電話番号×3、Eメールアドレス×3、グループ、郵便番号、国、都道府県、市町村、番地、メモ、誕生日、フォト、着信音/ムービー、シークレット設定と多彩。

 ただし検索方法は、「ヨミ順」「グループ順」「あかさたかな順」の3種類しかない。

 「ヨミ順」ではヨミの順にたて一列に並び、ダイヤルキーでヨミを入力するとインクリメンタルサーチが行われる。つまり「サ」と入力するとサ行の頭が表示され、続いて「イ」と入れると「サイ」の頭に……と順に表示されるわけだ。

 「あかさたかな順」ではダイヤルキーによるショートカットは用意されておらず、十字キーで目当てのアドレスを探すことになる。

 アドレス帳表示の先頭には、常に「新規作成」と「オーナー情報」(自局番情報など)が表示され、場所を取っているのは少々もったいないところだ。

インクリメンタルサーチは便利だが、あかさたかな順との併用ができないのはもったいない

シャープ製なれど、国際標準対応への慣れが必要

 ノキアやモトローラ、ソニー・エリクソンなど海外メーカー製端末が多い中(9月28日の記事参照)、国産端末としての期待もあるシャープ製902SH。ただしその操作性は一新され、これまでのシャープ端末に慣れたユーザーも再熟練を要す。

 ボタン配置やメニューの内容が変わっただけでなく、メニュー操作の考え方が変わったのがやっかいだ。

 十字キーで操作して決定キーで選択。クリアキーで戻る。細かな設定はサブメニューから──。これが従来の日本の携帯電話の操作系だった。902SHはウイザード形式でステップをたどりながら、その遷移には左右ソフトキーを使うイメージだ。特にメール作成でその傾向が強い。

 ソフトキーは、左が「Yes」や「メニュー」などに割り当てられ、右が「No」「戻る」などネガティブ系の操作となっている。雰囲気としては、Nokia製端末やPDC時代のパナソニック製端末に近い。

 ボーダフォン3G端末の中では貴重なQVGA対応端末だが、メニューの構造がそれを生かしていないのも気になる。

 なお操作に対する反応は若干のもたつきも感じるが、操作感をスポイルするほどではない。

 ともあれ、スペック面では現行携帯電話の最高峰に位置するのは間違いない。操作性の違いに慣れることができれば、貴重な選択肢となるだろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー