ニュース
» 2005年01月13日 14時03分 公開

Samsung、振って操作する携帯「SCH-S310」を開発

Samsungが“振って操作する”携帯電話を開発した。3軸の地磁気センサーと3軸の加速度センサーを搭載。端末で数字を描くと短縮ダイヤルに、上下に振ってスパムメール削除が可能だという。

[ITmedia]

 Samsungは、“振って操作する”携帯電話「SCH-S310」を開発した。3軸の地磁気センサーと3軸の加速度センサーを搭載することで、こうした操作が可能になったという。

 SCH-S310。振って操作したり、端末で空中に文字を描ける

 SCH-S310はスライドボディの携帯電話。端末を上下2回に振る動作で迷惑メールを削除可能。MP3プレイヤー利用中には上下に動かすことで選曲を行え、カラオケではタンバリン代わりにもなる。

 ほかにも、端末で数字を描くと短縮ダイヤルにアクセスしたり、端末で○や×を描くと「好き」「嫌い」といった言葉を表示する機能も備える。

 Samsungは、この技術の応用で、ペンやキーなしでの文字入力や筆跡を使った認証が可能になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう