連載
» 2005年01月28日 16時22分 公開

オーシャンズ12「2週間だけ、時間をやる」Mobile&Movie 第147回

映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは有名俳優が勢揃いの「オーシャンズ12」。オーシャンたちが使うのはどんな端末?【ネタバレ注意】

[本田亜友子,ITmedia]
作品名オーシャンズ12(OCEAN'S TWELVE)
監督スティーブン・ソダーバーグ
制作年・製作国2004年アメリカ作品


 ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、ジョージ・クルーニー、アンディ・ガルシア、マット・ディモンと、主役級のハリウッドスターが集結した前作「オーシャンズ11」。このメンバーに、キャサリン・ゼダ・ジョーンズが加わって、ゴージャス感アップした「オーシャンズ12」。今回の舞台は、アメリカを飛び出してヨーロッパへ。

 以下、ネタバレがありますので、これから観る予定の人は注意してください!

 ラスベガスのガジノ王・ベネディクトから、大金を盗み出したオーシャンのチーム。山分けした後、リーダーのダニー・オーシャンはテスと復縁、イエンはプール付きの屋敷で美女と豪遊、マロイ兄弟は故郷で婚約パーティと、それぞれ穏やかな日々を過ごしていました。そんなある日、憧れのホテル経営者となったラスティの携帯電話に着信が……。

「2週間だけ、時間をやる」

 それはオーシャンたちに大金を盗まれ、復讐に燃えていたベネディクトの声でした。ベネディクトは、2週間以内に盗んだ自分の金を利子をつけて、1億6000万ドルを渡せと迫ってきたのです。ベネディクトは事件から3年もの間、オーシャンたちの行方を執拗に追い続け、やっとすべてのメンバーの居所を把握したのです。

 もし、金を用意できなかったら、「これまでに築いてきた幸福な生活がすべて壊してやる」と脅すベネディクト。こうして、やむをえない事情で、オーシャンたちはまたチームを組み、大金を奪うプロジェクトに着手することになったのです。

 しかしアメリカでは、ラスベガスのカジノの1件で有名になりすぎて、そうそう標的を見つけることができません。オーシャンたちは、情報屋の手引きで次のターゲットをオランダの大富豪に定めました。チームを引き連れてやってきたオーシャンは、念入りな計画を立てます。

 ただ、いつもは冷静なラスティがどこか落ち着かない様子。実はラスティの昔の恋人がオランダにいたのです。そのイザベルは、国際警察機構の敏腕捜査官。追われる立場と知りながら、イザベルに会いに行ってしまうラスティ。ラスティがオーシャンの一味であることを知り、イザベルも接触を試みます。

 久しぶりの再会に、ラスティは胸ときめかせますが、イザベルのほうはオーシャンたちの動きを探るのが目的。ラスティは、イザベルの尋問をはぐらかしていましたが、やはり浮ついていたよう。知らないうちに、ラスティの携帯電話が持ち去られていたのです。しっかりと携帯電話の着信、メモリをチェックするイザベル。

「ラスティの携帯よ」

 ラスティ宛てにかかってきた電話にも、何食わぬ声で出ます。

「あんたは誰だ」

「ニコールよ」

 偽名で彼女になりすまし、ラスティに伝言するふりをして、計画を聞き出したのでした。オーシャンズのターゲットを知ったイザベルは、先回りして罠を仕掛けます。ベネディクト、イザベル、さらには同業者のライバルまで現れて、オーシャンたちは四面楚歌。最高のチームワークを発揮して、計画は成功するのでしょうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう